フォト
無料ブログはココログ

リンク

その他

2020年3月24日 (火)

作業車、えっ!また?

作業車のオドメーター(積算距離計)をみるともうすぐ88888km。

見逃さないように・・・

あ、キター!
作業車のオドメーターは88898km
あれ?

見逃した~🤣

まあそれはいいとして二日後の作業の帰り・・・
坂道を登っているとスピードメーターの脇にピカッとなにか点灯。

燃料の警告灯か?と目をやると一瞬”これなんだっけ”と見慣れないものが。

また出たエンジンチェック😱
作業車のエンジンチェックランプ点灯
昨年末にも点灯してO2センサーを1本交換。

もう1本も壊れたか?今度は価格が高いほうだよなぁと思いつつディーラーへそのまま直行。

向かう途中、どういうわけかラジオが故障していきなり爆音国会中継!😲
ボリュームが利かずあわててスイッチOFF。
議員さん力が入ってマイクをつかんだのかと思いましたよ。

やっぱりね~、こういうことは重なる説が発動。

到着してチェックしてもらうと
サービスマン「今回は触媒装置の異常が出てました」

O2センサーではなかった。
でも触媒装置ってもっと高額なのでは・・・

サービスマン「コンピューターのプログラム書き換えをするのでそれで様子をみてください」

なんだか書き換えで症状が出なくなることがあるらしいです。
まずは様子見で次に同じ異常が出たら修理とのこと。

ふぅ、とりあえずセーフ😅

いっぽうラジオは純正で今回2回目の故障。
直すほどのものではないので市販のものに取り替えようかと思案中です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年3月 9日 (月)

これ効くのかな?(ウイルス対策)

あいかわらずマスクが入手困難ですね。

使い捨てのものを洗剤で洗って何度も再利用してますが、なんだか段々と呼吸が楽になってきたような?

こりゃもう薄くなってマスクとしての機能がなくなってきてますよ😅

まあそれでもしないよりはマシでしょう。

わたくし花粉症のためマスクなしで外出すると大変なことになります。
花粉症の人はマスクの効果を実感できますよね。

先日「マスク売ってないかなぁ~」(ないとはわかってますけど)と立ち寄ったドラッグストアに売っていたのがこれ。
ウイルスシャットアウト

効果のほどはわかりませんが売り切れ入荷待ちのマスク売り場にぶら下がっていたので一つ買ってみました。
(買い占めはご法度ですので)

これを首からかけていると顔の周囲のウイルスを無効化することができるそうです。
効果は30日程度持続。

こういうのって効果がわからないからなんとも・・・

でもこういうときには打てる手はすべて打つのが後悔のない対処だと思っています。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年2月27日 (木)

こまめに手洗い(コロナ対策)

新型コロナウイルス対策にみなさん取り組まれていることと思います。

マスクや消毒用エタノールは本当に手に入りませんね。
当方も残りもわずかとなってきました。

ただでさえ供給不足へ更に買占めや横流しで店頭に並ぶことはないようです。

屋外では手を洗うこともままならないですね。

そこで当面の対策として
手洗いに使用している加圧式噴霧器
加圧式の噴霧器です。

何かしらの洗浄や作業車の洗車などに使っているのですが、水道水を入れてノズルを外せば手洗いにも使えます。
たまに薬品入れるのでさすがに飲めませんが😅

作業車の後部に積んでおけばどこでも手が洗えて便利。
液体せっけんも積んでます。

この噴霧器はハンドルをロックできるようになっているので水を出っ放しにできます。

4リットルと容量が少ないので毎日のように水を入れなければなりませんが、そのほうが一定の塩素がのこって水質が悪くならないので安全でしょう。

こまめな手洗いで感染や拡散の予防です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年2月22日 (土)

新型コロナウイルスへの対応

日本でも広がり始めた新型コロナウイルス。

いままで様子を見ていましたが、さすがにこれはまずい状況になってきました。
(できればこの件には触れずに済めばと思っていたんですが・・・)

今後当店としても状況に応じた対応を実施いたしますのでご理解の程宜しくお願い致します。

これから先心配されることのひとつに感染がねずみ算式に増えて社会全体が停滞してしまうことがありますね。

いまはマスクや消毒用アルコールなどが不足して困っていますが、それどころかこれからは物流が滞ることもありえます。

すでに中国のインバウンド消費を目当てにしていた企業はたいへんな打撃を受けていることと思いますが、製造業なども中国からの輸入に頼っているところが多くますますきびしくなります。

これらは当店のようなところでも資材の調達ができなくなるなど無関係ではありません。

なにしろこのウイルスは未知の部分が多いということで、エアロゾル感染や物などに付着し物流とともにどの程度移動するのかよくわかりません。

見えない脅威ですね。
電車で通勤、通学している方は戦々恐々とされていることでしょう。

とにかく早く収まってくれることを願います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年1月14日 (火)

いまさら青色申告会に入会

青色申告会に入会

今年もそろそろ確定申告の季節が近づいてきました。

当店開業以来、ずっと同じ税理士事務所へ申告をお願いしてきましたが突如、青色申告会に入会することになりました。

というのも・・・

今年に入り帳簿の整理をしていると仕分けのわからないところがあったので税理士さんの携帯へ電話したところ
「お客様のご都合により・・・」
あれ?

事務所に電話を入れると
「現在使われておりません・・・」
なんと!

これはやばいよ・・・音信不通。

よし事務所に直接行ってみよう。
車で1時間近くかかりますが様子をみなければ判断がつきません。

そして着いてみると・・・事務所が空っぽ。

おわった~😱

これから新たに税理士事務所を探すなんてとてもじゃないけど無理です。
税理士報酬のやたら高いところはいくらでもありますが安いところを探すのは時間的に間に合いません。

それにまたこういうことになると面倒です。

もちろんいままで青色申告でしたが一瞬、白色申告も頭をよぎりました。

そこで知り合いのエアコン同業者に聞いたところ「毎年青色申告会でやってるよ」というのでさっそく調べて入会。

税理士事務所に依頼していた時は会計ソフトに打ち込んだものをプリントアウトして必要書類を添えてやってもらってましたが、青色申告会の手順がさっぱりわかりません。

相談会なるものがあって行ってきました。

受付して待つこと約1時間近く、結構混んでます。

入会の説明を受けた時に後日相談会があるので”会計ソフト(出納入力済み)を入れたPCを持ってきていただければ・・・”と言われてました。

ようやく呼ばれ
「入会したばかりでどうのようにしたらよいのかわからないんですけど・・・」とPCを取り出すと
「会計ソフトの扱いに関する相談は受けておりません・・・」
あらら、どうやら勘違いされてしまったようですね。

入会説明の時とは別の方だったので”うゎ~PCオンチのおっさん来たョ”と思われたのでしょう😅

決算書を画面に出力すると「あ、ここまで済んでいるのであれば・・・」と申告手続きに必要な書類を教えていただき短時間で終了。

結局いままでとやり方はほとんど変わりありませんでした😊

何度か足を運ぶ煩わしさはありますが、税理士事務所にお願いするより費用は安くすむと思います。

しかし今回はちょっと焦りました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年1月 1日 (水)

謹賀新年

謹賀新年 あさひをうける富士
[あさひをうける富士]

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年12月30日 (月)

今年もありがとうございました。

横浜市都筑区の夕日
[横浜市都筑区の夕日]

はやいもので令和元年もおわりですね。

”加藤エアコンサービスの作業記録簿”としてこのブログを開設・運用していますが、実際のところ当店のような個人事業では現場での工事や修理の作業以外にしなければならないことがたくさんあります。

いままでもそうですが、それらも含め幅広く掲載していきますのでこれからも宜しくお願い致します。

今年も当店をご利用いただきましたお客様、そして当ブログをご覧くださった方々、まことにありがとうございました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年12月29日 (日)

タイヤチェーン巻いてみた

これからの季節、たまに積雪なんてことがあるので
タイヤチェーンを巻いた
作業車のタイヤに滑り止めチェーンを巻いてみました。

横浜、川崎などは雪が積もって滑り止めが必要になるのはあっても年に1度か2度くらい。
めったにチェーンのお世話にはなりません。

ところが突然の雪でチェーンをいざ出すと絡まっていたり、付け方を忘れてしまうなんてこともありえます。

そんなことのないように練習を兼ねて巻きました。

とくに問題もなくすんなり巻けましたが、そりゃ雪がなければ簡単ですよね。

雪の積もる中チェーンを脱着するのは大変です。

また幹線道路に出ると雪がなくてそのたび外したり付けたり・・・
冷たさで手は痛くなるはズボンは濡れるはでたまりません。

作業車のタイヤはトラック用なので昔からあるラダーチェーンってものです。
雪がないところではそりゃもうガタガタガタガタ・・・耐えられない振動がきます。

乗用車みたいに気の利いたチェーンは着かないし・・・

なのでできれば使いたくないんですよね。

タイヤはトラック用でも
マッド&スノー
一応マッド&スノー。

スタッドレスタイヤほどの走破性はもちろんありませんが少しの雪であれば平気です。
水たまりを走行しても普通のタイヤよりハンドルを取られないメリットもあります。

季節ごとにスタッドレスタイヤに履き替える手間も大変ですし、滑り止めが一度も必要ない冬だって珍しくありません。

そこでこのマッド&スノーが年中つけっぱなしにできて便利。
走行音が大きいですけどね。

しかしタイヤの溝がすり減ってそろそろスノータイヤとしては限界が近くなってます。
サマータイヤとしてはまだまだ溝があるので来年秋ぐらいには履き替えかな~

今冬もチェーンを使わずすみますように・・・😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年12月25日 (水)

努力の跡

あるお客さんのお宅へ訪問したところ・・・
床に置いた電気器具と配線
これを見せてくれました。

これなんだと思います?

電気のコンセントやらスイッチやらが電線でつながれてますね。

なんかの実験装置のようにも見えます。

じつはこれ第二種電気工事士の技能試験に向けて練習用に作られたものです。

こちらのお客さん、最近この電気工事士の資格を取得されました。

その努力の痕跡ですね。

国家資格である第二種電気工事士は筆記試験を受けて合格すると次に技能試験を受け、それも合格できれば各都道府県へ申請して免状交付を受けることができます。

技能試験の出題は単線図といって簡素に書かれた図面を元に必要な電線、器具を用意し制限時間内に完成させるというものです。

初めて単線図を見た人はこれがどうして画像のような実配線になるんだろう?と戸惑うと思いますね。

それを頭の中で複線(実際の配線)に置き換えて実物を組み立てます。
人によっては複線図を書いてから施工するかもしれません。

なにしろ制限時間がうまいこと設定されていて、割と急いでやってもギリギリだったりするんですよ。

練習し始めは必ず時間オーバーします。

なんどもなんども組み立ててはばらしてを繰り返しようやく時間内に正確にできるようになります。

そしてミスをすると落とされるポイントがあるのでそこは確実に仕上げます。

例えばレセプタクル
レセプタクルの配線
電球の受口ですが・・・

電線をねじ止め接続してますが、ここでのポイントは電線の巻方向、どの程度巻かれているか、ねじの頭からはみ出してないか、極性(交流にも極性があります)、その他・・・

いまどきレセプタクルなんてほとんど見かけませんが、他の施工にも通じるものが含まれているため現在でも使われているんでしょうね。

わたしが電気工事士を取得した三十数年前もレセプタクルが使われてました。

実際の現場では使ったことも見たこともありませんが😅
(あったかな?・・・記憶にない)

もしかしたらホームセンターに技能試験練習する人が購入するので売ってるかもしれませんね。

なんだかなつかしい気分になりました。😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年12月24日 (火)

作業車なおった!

先日、使用している作業車のエンジンチェックランプが点灯したことを載せました。

そして今回修理が完了!

壊れていたのはO2センサー
故障したO2センサー
これです。

部品と工賃で約3万円でした。

エンジン排気管に2つ付いているうちの1つが壊れていました。

ディーラーのサービスマンから聞いた話では当方と同じ車種でも初期型はこのO2センサーが1つしか付いていなくて、それが故障するとエンジンがかからなくなったり止まったりしたそうです。
その初期型を以前使ってました😅 いまは最終型。

初期型にはリコールや不具合が多くてディーラーへ何度も預けましたねぇ。
なので初期型は避けたほうがいいと考えてます。

そしていまはセンサーが2つあることで片方が故障してもエンジンが止まることは回避できるようですね。

ちょっと余談ですが・・・

家庭用エアコンもできれば初期型というか初期ロットのものは避けたほうが無難です。

エアコンメーカーは火が出るとか人命にかかわるような不具合はリコールしますが、それ以外の不具合は知っていてもユーザーからクレームが入るまで放置。

指摘があると無償で改良された部品に交換したり追加したりします。
理由も言わず「無料で直します」というときがあやしいですよ。

でもたしかサービス期間が決められていてそれを過ぎるとたとえメーカーの不備だとしても有償になるんではないかと・・・(定かではありません)

後発ロットでははじめから改良部品が搭載されている可能性が高くなります。

話は車に戻りましてこれでまたしばらくは安心して走れます。

現場へ向かおうとしたらエンジンかからないではシャレになりませんからね。

作業車の管理とメンテナンスも仕事のうちです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/