フォト
無料ブログはココログ

リンク

その他

2022年6月28日 (火)

MADE IN JAPAN はどこへやら

あるお宅で新品のエアコン取り付け工事をしていると・・・
新品室内機の冷媒管接続部にキズがある
室内機の冷媒管接続部にキズがあります。

画像を拡大すると
キズの画像を拡大
変色しているだけのようにも見えますが爪で探ると明らかに線状の溝があります。

この部分は室外機につながる冷媒管(銅管)が接続されるのですが、その冷媒が漏れないように密着するところです。

ここにキズがあるとリークする可能性があります。

しかし確実に漏れるかどうかはある程度の期間(数か月から数年)使用してみなければわかりません。

そのことをお客さんへ伝えると「そのままで付けてください」とのことで作業は続行することになりました。

なにかあったときのためにこの状態をお客さんにも撮影保存していただきました。

このようなキズは日本メーカーが海外生産をするようになってから増えた感じがします。

工作技術も落ちているでしょうし、なにしろ部品工場で製作している人は自分が何を作っていてどのように機能するか理解していないと思われます。

そしてメーカーも下請け企業から来た部品を何も確認せずそのまま組み立てて出荷しているのではないでしょうか。

こうしたことは特定のメーカーや部品の話ではありません。

全体的に品質の低下を感じます。

この業界における”MADE IN JAPAN”は過去の栄光に過ぎません。

がっかりというか、やるせなさを感じます。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年6月13日 (月)

先行隠蔽配管への設置は見合せ中

建物にあらかじめ冷媒管やドレン管、電線を埋設しておくことを先行隠蔽配管または単に隠蔽配管、先行配管などと呼びますがこれらへのエアコン設置工事は現在見合わせております。

理由は、
・冷媒管の気密試験が行われていない。
・冷媒管にねじや釘打ち等で穴が開いていることがある。
・冷媒管が途中でメカニカル接続されていることがある。
・冷媒管が途中で潰れていることがある。
・冷媒管の施工が不適切で接続が困難。
・使用されている冷媒管のメーカーおよび仕様が不明。
・ドレン管の排水試験が行われていない。
・ドレン管の種類、施工が不適切で接続が困難。
・埋設された電線の種類が不適切。
等々・・・

要するに隠蔽配管がいい加減な施工で使えるものか不明ということにあります。

冷媒管の気密試験はかなりの高圧力をかけて行いますが、たまに”試験した”という業者もいます。

しかし何の証拠もない口だけの”試験した”になんの説得力もありません。

ルームエアコンしか施工したことのない業者が気密試験や窒素ガスを扱えるとは思えません。

そこへエアコンを設置してその後もし冷暖房が効かないなどの不具合があればどうなるか・・・

まずエアコンを設置した業者が点検を行うことになります。

それでわからなければもう大変。

隠蔽配管を施工した業者(建設業者)、エアコンを設置した業者、エアコンメーカー等で総点検、協議しなければなりません。

それはもう長時間、長期間を費やすことになるわけです😱

先行配管されたパイプ類は壁、天井、床を壊さなければ点検することも入れ替えることもできません。

なので新しく家を買う方、建てる方は先行隠蔽配管は避けたほうがいいですよ。

必ず将来困ることになります。

そして先行配管が使用できない場合は最終手段として”可能であれば”壁に穴を開けて露出配管する方法があります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年5月16日 (月)

電源コードの取り回し

エアコンの入れ替え工事の依頼をいただき、新しく取り付けるエアコンを購入される前に撤去工事に伺いました😊

建物はマンションの一室。

なぜ一度に撤去から取り付けまでしないのか?

そりゃ、できればそのほうが出張も一度で済み効率的です。

理由はお客さんがネットで購入予定のエアコン室内機が重量級だから。

もし壁の強度が不足していて設置できなかったときに返品できないと困ってしまうからです。

結果は
壁の強度不足で重い室内機は取り付けられない
強度不足で重い室内機は取り付けられないことが判明しました。

それにしてもいままで使用されていたボードアンカーは抜けて室内機が落下するので禁止されているタイプです。

しかも荷重のかかる上部は3個だけ😆

いままで落ちなくてよかったですね。

過去にあるマンションで落下したエアコンの点検修理に伺いましたが、そこにもこれと同じボードアンカーが使用されていました。

そのことをブログにアップしたのですが、なんとそれを施工したのはあるメーカーの指定工事店。

そちらのお客さんはそのブログ記事を合わせてメーカーへ連絡したそうです。

マンション全体の新築時にオプションで設置されたものだったのでエアコン全台をメーカー保証で設置し直すという大掛かりなことになったとのこと。

こりゃ、メーカーさんの恨みを買ったかもしれませんね😅

でもこれが事実だから仕方ない。

その後このメーカーさんは据付説明書に従わない施工をしていたらエアコン本体の保証も一切しないというずいぶん極端なことを言うようになりました。
(本件が原因かは不明です)

おっとっと・・・

本題はこれではありませんでした😆

撤去した室内機の背面を見ると
室内機背面の発砲断熱材に潰れている部分がある
発砲断熱材につぶれたところがありますね。

背面上部は結露を起こすため落ちてきた水滴がドレンパンへと流れるように排水溝があります。

下部は配管スペースになっています。

このつぶれたところは
室内機背面に電源コードが挟まっていた
このように電源コードが挟まっていた跡です。

これは取り付け工事をした人の不注意です。

室内機を設置する際にはこのようなことがないように確認する必要があるんですよ。

当店へ取り付けを依頼したお客さんは私が室内機設置の最後あたりに背面を鏡でライトをあてて覗いているのを見た方も多いのではないでしょうか。

”なにを見ているのだろう”と思われるかもしれませんがコードのほかテープ類が思わぬところへ入り込んでいないかチェックしているんです。

それが問題なければ室内機下部を押さえてセットアップ完了するわけです。

この確認を怠ると上の画像のようなことになります。

もちろんつぶれているのは断熱だけではありません。
室内機背面と据付板に挟まれてコードが潰れている
背面の排水溝部分と金属の据付板に挟まれてコードもつぶれてます。

ショートの危険がありますね。

それにもう少しコードが上にあがっていたら結露水が伝わって漏れ出ていたことでしょう。

できる限り問題の起こらないように施工するには時間と手間がかかります。
(至極当然のことです)

数をこなさなければならない業者さんには難しいことでしょう。

施工が速いからプロだなんて思わないほうがいいですよ。

私もその昔、会社に使われていたときには速さを重視していたのでよくわかります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年5月13日 (金)

テーピングの力加減

あるところでエアコン取り外し工事を行っていると、
エアコン取り外し工事をおこなっていると・・・
あら~、これは再使用にはきびしいかな?

こちらのエアコンは新品で購入されどこかの工事店で取り付けてもらい今回が初めての移設とのこと。

通常であれば冷媒管は再使用を前提に考えるのですが・・・
冷媒管の断熱材が大きくへこんでいる
断熱材がかなりへこんでますね😆

どうしてこうなったのかというと、
パイプのテーピングがきつすぎる
周囲のテーピングがきつ過ぎたためです。

画像の手前に見えるのはドレンホースの断熱材。

締め過ぎたテープでドレンホースに押されて冷媒管の断熱材がつぶれていました。

しかもその部分だけではなく全体的に断熱がつぶれて薄くなってしまっています。

室内機の補助配管との接続部も
室内機の補助配管との接続部もテープを締め過ぎ
テープを締め過ぎて断熱材がペラッペラ😆

これでは断熱の意味も薄れて周囲に結露を起こしやすくなります。

テープの巻かれていたところと巻かれていなかったところでは
テープの巻かれていたところと巻かれていなかったところでは断熱材の太さが異なっている
太さが異なります。

このまま放置して取り付けるまでの間に少しでも元に戻るといいのですが・・・たぶんムリ。

テーピングはテープの素材や断熱材の種類、場所により力加減を調整しながら巻く必要があります。

なんとかのひとつ覚えのようにがむしゃらに巻けばいいというものではありません。

エアコン工事は通り一遍のことをすればいいというものではなく、ひとつひとつの行動に考えをめぐらして施工しなければなりません。

これは何事にも共通するものだと思います😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年4月29日 (金)

メールはやっぱり手入力

メールソフト
当店で使用しているメーラーは昔からOutlookです。

文章のひな形とかは作っていないのでこちらから送信するメールはすべてその都度打ち込んでいます😅

現在のバージョンでは2、3文字程度打つと以前使用した文面が自動で表示され打ち込む手間が結構省けて楽。

しかしふと気付いたのですが・・・

タイピングの速度が遅くなってるような。

しかも打ち間違いも増えてるし😆

指がうまく動かない・・・

そう、楽をするから知らず知らずのうちに衰えていたわけです。

これはなんにでも言えることですね。

頭も体も使わなければどんどんと衰えてしまいます。

ということでメーラーの自動入力はオフにして全部手入力に設定し直しました。

タイピング速度はだいぶ元に戻ってきたのを実感しています。

便利で高機能は結局のところ大きなお世話だったようです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年4月27日 (水)

作業が混んできました。

今年はなんだか暑くなるのが早いような気がしますがいつもの通り作業の依頼が増え始めました😅

現時点で長時間を要す作業は6月になります。

また6月というと”梅雨”

一戸建てなど雨のかかる場所では天候により延期になることもあります。

お待たせして申し訳ございませんが宜しくお願いいたします😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年4月 6日 (水)

倉庫移転・・・しかし

先日、借りている倉庫を閉鎖するので退去してくださいとの郵便が届きました😱

しばし呆然・・・

よく考えてから次のところを探そうかとも思ったのですが・・・

のんびりしているともしかして同じく退去する人達にいいところを先にとられてしまう可能性がありますね。

すぐに倉庫会社に電話。

別のところを紹介してもらい、10分ほど考えてから決めました。

いままで以前当店の事務所を構えていた宮前区だったのですが町田市内に決定。

宅急便で鍵が届いたので周囲の資材店などの調査も兼ねて見に行きました。

到着して鍵を開けると・・・

きたない~😆

内部はいちめん砂ぼこりが付着してました。

今までのところは新規オープンで入ったのでピカピカだったのですが。

このままでは使う気がしません🤔

さっそく作業車から水と紙ウエスを持ってきて掃除。

1時間以上かけて壁、戸の内側、床、棚を拭き上げました。
倉庫を掃除して使う準備が整った
ふぅ~疲れた😅

こんなことするつもりできたわけではないんですがねぇ。

とりあえずこれで使用する準備が整いました。

倉庫は若干まえよりも広くなったので少し余裕ができそうです。

ふと天井を見ると・・・あれ?

なんだか隙間から光が漏れてきています。

よく見ると屋根の端が変形しているような。

これでは台風などの風雨の際、雨水が入り込んでくるかもしれません。

砂ぼこりが多かったのもこれが原因かもしれません。

外から見たら屋根が凹んでいます。

倉庫会社に電話してこのことを伝えると同じヤード内に空きがあり移動する方法もあるとのこと。

エェー、せっかく掃除したのにまたやるの?それだけは勘弁願います🙏

どうやら何年か前の強力な台風のときに看板が飛んできてぶつかった跡らしいですが。

ヤード内の移動はお断りして、どのように対応するか連絡待ちとなり倉庫移転はしばらく延期です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年3月25日 (金)

なにこの外し・・・素人?

引っ越し業者の取り外したエアコンの設置で伺ったのですが・・・
まるで素人が外したようなエアコン
でたー!😆

室内機にパイプがつながったまま取り外され運ばれてきました。

お客さんの話では若い人が取り外しをしていたとのこと。

これじゃまだ取り外し工事の途中といった感じなので取り付ける前に余計な作業をしなければなりません。

まったくだれがこんな工事の仕方を教えるんですかねぇ🤔

この状態で室内機を運搬すると本体のパイプが折れて熱交換器ごと取り替えなければならなくなったり、排水用のドレンパンが割れたりして大掛かりな修理になることがあります。

冷媒管の先端を見ると
冷媒管の先端は梱包用テープで巻かれている
梱包用のテープで巻いてます😆

これでは冷媒管内に残留オイルがあると流れ出てしまうおそれがあります。

ベテランの専門の人ならおわかりと思いますが暖房時期だから助かったんでしょう。

うーん🤔、室外機のバルブはちゃんとキャップしているのか気になりますねぇ。

どれどれ👀、
室外機のバルブはシールテープで巻いてあった
だめだこりゃー

水道など接続部ねじに使用するシールテープを一巻きだけで封止しているつもりのようです。

これじゃ簡単に取れてしまうし、ずれたり破れたりすることが容易に想像できます。

このテープはとても薄くて粘着性がありませんからね。

バルブの口から砂埃などが入ったらエアコン故障の元。

その後、パイプ電線類を取り外して異常がないことを確認し取り付け工事を行いました。

幸い試運転では問題はありませんでした。

引越し屋さんに手数料請求しようかしら😁

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年2月12日 (土)

作業車のスパークプラグ交換

使用している作業車(スズキのエブリイ、軽バン)がそろそろ10年。

走行距離も117000kmになります。

1世代前の型なのでエンジンはすでに全車搭載されなくなったK6Aというちょっと扱いにくい高回転型のものが載っています。

そしてこのK6A、排気バルブが熱で小さくなってしまうという持病があるんですよ。

メーカーもそのことは把握しているので使っているエブリイも10年または200000kmまで保証されているようです。

どうやらこの症状点火系の不具合(劣化)でも悪化することがあるようですね。

前回スパークプラグをディーラーで車検時に交換してから20000kmほど走ったのでそろそろ替えたほうがいいようです。

軽自動車はそもそもエンジンの回転が普通車よりも多いのでプラグの寿命はかなり短め。

そこへもってきて高回転型エンジンとなれば尚更😅

5速のMT(NA)ですが加速時4000回転位でギアチェンジしていると周囲の車についていけません😆

まあ5000回転以上でチェンジして3000回転を下回らないような感じじゃないとダメなんですよ。

2000回転からアクセルを踏んでもヌメーとした加速しかしません。

そもそもレース仕様も視野に入れた設計のエンジンでショートストロークなんです。

ブンブン回して走る感じなので街乗りにはイマイチ。

これではプラグの寿命が短いわけです。

車屋さんに行って交換してもらってもいいのですが面倒なので自身で作業することにしました。

ネット通販で購入したのはこれ
購入したスパークプラグ
なにやら高級そうな箱に入ってます。

やっぱり着火性能と長寿命を兼ね備えたものを選びました。

箱から出すとまた箱😆
3本のスパークプラグ
気筒数の3本です。

プラグ交換なんて15年ぶりくらいかな🤔

昔は2サイクルに乗っていた時期があったのでそのころはしょっちゅう”かぶった”だの”熱価”がどうとか脱着をしてましたがね。

今どきのエンジンでそんなこと不要です。

さて作業開始。

助手席のシートを上げて
プラグホールをエアダスターで吹く
カバーとイグニッションコイルは外してあります。

古いプラグを外す前に用意したエアダスターでプラグホール内のごみを吹き飛ばします。

エアーはコンプレッサーからではなく窒素ボンベからとりました😁

古いプラグを3本とも外します。
古いスパークプラグを外したプラグホール
なんだか3本ともかなり固かったですよ。

ねじ山が崩れてるんじゃないかと思うくらいです。

ディーラーでしか脱着してないはずなんだが🤔

外したプラグ
取り外したスパークプラグ
電極はそれほど傷んではないようでした。

1本だけやけにネジの部分が黒いですね。

新しいプラグ
これから取り付ける新品のプラグ

プラグギャップは
プラグギャップは調整無用
調整無用ですね。

締め付けは
スパークプラグの箱に締め付けトルクが書いてある
トルクが書かれてますがトルクレンチは持っていないので角度締めで行います。

でもこの15~20N・mってエアコンの細い2分管のフレアと同じ位(18N・m)のトルクです。

わたしからすると”え、そんなに緩くていいの?”って感覚です。

そんなに弱くて繊細ならばちょっとしたことでトルクがズレてしまうので角度締めのほうがよっぽど正確なような気がしますが。

手で回して止まったところからレンチで1/2回転(180度)締めればOK。

締め付け完了
新品のスパークプラグを取り付けた
でも・・・

1/3(120度)位回転したところで硬くなってこれ以上回すと20N・mどころか締め過ぎになるのでそこで完了としました。

これをきっちり1/2回転したら間違いなくオーバートルクでねじ山潰してスッポ抜けます。

やっぱりエンジンの状態によって回転角が違うんでしょうね。

そこは臨機応変で。

もしかしてディーラーさんきっちり角度締めしたのかな?

それでねじが渋くなっていたのかも・・・

イグニッションコイルを付けて
イグニッションコイルを戻して

カバーを付けたら完了
プラグ部分のカバーを戻して
窒素ボンベを出したついでにタイヤにも規程圧まで入れておきました。

しかしこの車、
エンジンルームから地面が見える
昭和時代の車みたいにエンジンルームから地面がよく見えます😆スカスカ

交換後走った感じは以前のプラグがダメになっていたわけではないので大きな変化はありません。

少し加速が楽になった(車が軽くなった)ような感じです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2022年1月26日 (水)

さすがにアップできず・・・

先日、他の業者が施工したエアコンの修正作業を行ったのですが・・・

新築のお宅で数週間前に設置したばかりのエアコンの仕上がりにご不満ということで調査に伺い、施工が悪く機能上問題があるためいろいろと直すことになりました。

指摘するとキリがないので使用に支障がない程度に修正を行いました😅

それをブログにアップしようと記事を書き終えたのですが・・・ちょっと待てよ・・・🤔

取り付けたのがあまりにも最近なので施工した業者も覚えているはず。

設置状況も特殊な部分があり見ればわかることでしょう。

支障がない程度の修正といっても指摘事項が多く長め記事と写真でしたがアップすることをやめて消去しました😂残念。

このように是非見てもらいたいことであっても載せられないものがあるんですよね~。

書く前もやめたほうがいいかな?と少し思いましたが文面を当たり障りの無いようにすれば何とかなるかと。

でもやっぱりムリですね😆

他社施工不良の修正や取り付け直しはなかなか記事にできません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

より以前の記事一覧