フォト
無料ブログはココログ

リンク

その他

2024年2月22日 (木)

暖房時の室外機音

24022200

一時は気温が高くなって春のような陽気でしたがまた冬に戻りましたね。

エアコンの暖房もフル稼働ではないでしょうか。

そこで「なんだか室外機の音が気になる・・・」なんてことはありませんか?

うなり音が響くとか・・・

インバーターエアコンってどこかできいたことあるのではないでしょうか。

現在ではほとんどのエアコンがインバーターを搭載しています。

この”インバーター”は簡単に言うと室外機の内部にあるコンプレッサー(冷媒の圧縮機)の回転を速くしたり遅くしたりするための装置。
(エアコンの場合)

コンプレッサーが速く回ればその分、冷暖房能力が高くなります(ただし電気もたくさん使う)。

逆に遅くなれば能力が落ちて室温を安定させたり電気を節約することができます。

インバーターが世に出る前はオンとオフしかなかったので暖房の効きはよくないし、室温が上がったり下がったりムラも大きかったものです。

現在、南関東ではインバーターにより年中エアコンのみで生活することが可能になっていますね。

しかし暖房がフル稼働する今時は特に室外機の音が気になりませんか?

「ブーン・・・・」なんて音が響き続けることがあります。

冷房の時は気にならなかったのに・・・

その理由はコンプレッサーの回転が高くなっているため。

とくに暖房では冷房よりも回転を高くすることに加え、長時間その状態を維持するためです。

なぜ暖房ではそのようなことになるのか・・・

そこには必要とする熱の移動量が関係しています。

夏に冷房を使用するとき、元の室温が32℃だったものを27℃程度へ下げると涼しく快適に過ごせますね。

下げた温度は5℃です。

それが暖房では室温が15℃程度(場合によっては10℃前後)から24℃などと10℃ほど上げなければなりません。

また室温と外気温の差が大きいため、室温が下がりやすく、外気から熱の汲み上げもしづらい状況。

そのためコンプレッサーを冷房よりも高回転に長時間回す必要があります。

これが暖房時に室外機の音が大きいと感じる原因。
(冷房に比べ電気代が高くなるのもこれが原因)

機種によっても振動や音の大きさに差があります。

また建物によってはコンプレッサーが、ある回転数になったとき共振して部屋に大きく響き渡るような現象が起きることもあります。

そのほかには暖房時に室内機から「キンキン」とか「キーン・・・」という音が聞こえてくる機種があります。

これはコンプレッサーの吐出音が冷媒管を伝わって聞こえるもの。

暖房ではコンプレッサーが吐出した高温高圧のガス状冷媒を直接室内機へ送るためこのようなことが起きることがあります。

しかしその機種特有の問題の場合があり消すことができない症状だったりします。

これらのように暖房では音が大きく感じることが多くなります。

ある程度はしかたのないことですね。

ただし気になって過ごせないとか、ご近所迷惑なほどであれば何か対策をする必要があります。

Katoairconservice_mark160

2024年2月 5日 (月)

雪で道路の交通機能マヒ!

なんだこりゃ~(グーグルマップ)
グーグルマップでは高速道路通行止め
急に道路(一般道)が動かなくなったと思ったら各高速道路に通行止めマークがぎっしり。

たいした積雪ではない段階で通行止めするとは・・・

その影響は甚大。

一般道は早い段階で大渋滞となり交通機能がマヒ。

トラックの運転手さんもかなりお怒りのご様子。

緊急車両もすんなりとは通れません。

冬用タイヤなどを装着した車は通行させるとか融通はきかないものなのでしょうか?

なんだかやることが極端ですね。

これから雪が降るたびこんなことになったらたまりませんが。

なんだかへんな風潮を感じます。

Katoairconservice_mark160

2024年1月23日 (火)

ホームページのアドレスが変わりました

ホームページアドレスの変更
このたび当店ホームページ(このブログではなく)のアドレスを変更いたしました。

新しいアドレスは
http://aircon.la.coocan.jp
こちらになります。

なお変わったのはアドレスだけで内容はまったく同じです😅

変更の理由は以前にも書きましたがプロバイダのドメイン登録サービス終了によるもの。

このサービス、よほど需要がなかったのだと思いますが途中で辞められると困りますね。

90年代からniftyを使っていますがサーバー変更でドメインが変わったこともありこの時も手間がかかりました。

もう少しはユーザーの視点に立って考えてくれるとよいのですが・・・

Katoairconservice_mark160

2024年1月19日 (金)

9V電池は高い

こちらはいつもエアコンの点検や電気工事などに使用しているテスター(回路計)
使用しているデジタルテスターとアナログテスター
電圧、電流、抵抗、コンデンサ容量、周波数、その他とさまざまなものを計測でき便利なものです。

先日、現場で使用しているときにふと
「しばらく電池の交換してないなぁ🤔」
と思い調べることにしました。

アルカリ電池を使用しているので万一液漏れで腐食していたら目もあてられません。

デジタルテスターは
デジタルテスターの電池は9V
9V電池1つで動いています。

液漏れはありませんでした😄

アナログテスターは
アナログテスターは単三形電池2本と9V電池を使用
単三形電池2本と9V電池1コです。

こちらも液漏れなし😄

いつ電池を交換したのか覚えていませんが単三は推奨使用期限が2029年とまだまだ余裕。

しかしデジタルとアナログの9V電池は両方とも
9V電池の推奨使用期限が2021年と古い
2021年の1月。

あれまぁ、3年もオーバーしてました😅

これはさっそく新しい電池に交換しようと買いに行くと・・・

安いもので1つ¥500。

ちょっとよさそうなものは¥900ほど。

ずいぶんと高くなったような・・・

世の中ほとんどすべての値段が上昇中ですからね。

そして使用期限を見ると2025年とか1年ほどしかありません。

これまた9V電池はずいぶん寿命が短いですね。

しばらく電池の前で買うかどうしようか考えた挙句、買わずに退店。

代わりにこれをネット通販で購入しました。
充電式9V電池を購入
充電式の9V電池です。

値段は1つ¥950ほどでアルカリとあまり変わりません。

メーカーは東芝なので海外製の出どころのわからないものより信頼があります。

以前から別のものに同じ電池を使用していたので充電器は手持ちのものがそのまま使用可能。

ニッケル水素電池です。
9Vのニッケル水素電池
いまではリチウムイオン電池の9Vタイプもありますが発火や、場合によっては電池の内臓回路によりノイズが出る可能性があるので避けています。

ノイズで測定器に支障が出たら困るので。

それにリチウムイオンは火災事故が多いのでやむを得ない場合を除き使用しないのが賢明かと。

作業車にある充電式ドリルドライバーや照明用などのリチウムイオンバッテリーは作業が終わったら工具から外して金属製の箱にしまっています。

さて話は戻りましてこれで9V電池を定期的に買う必要はなくなりました。

このほかにも壁内を調べるセンサーなどにも9V電池を使用しているのでこちらも今後充電池に変えていくことになるでしょう。

Katoairconservice_mark160

2024年1月11日 (木)

作業車のタイヤを新品へ

作業車のタイヤがそろそろ寿命なので交換することにしました😊

あと数か月もすればスリップサインが出てしまう程度まですり減っていたので雪が降る前に交換したほうがよいと判断した次第です。

とはいってもいつも使用しているタイヤは商用バンの一般的なものではなく浅い雪道でも走れるタイプ。

毎回頼んでいるタイヤ屋さん(チェーン店ではない)へ行き注文すると翌朝入荷するとのことで時間を予約し向かいました。

タイヤ交換作業中
タイヤ交換作業中
到着すると”待ってました”とばかりに5人位で即座にジャッキアップしウマを掛け作業開始。
(レースのピットインさながら😆)

この作業車、もう12年近く使っており走行は約15万キロ。

ところどころサビも増えてきました😅

交換完了。
新品のタイヤ装着
新品のタイヤは気持ちいいです。

溝が深いため普通のタイヤよりグリップがよく、雨の水たまりでも問題なく走れます。
新しいタイヤの溝
ちょっとした積雪であればタイヤチェーンを着けなくても困ったことはありません。

それがこのタイヤを使い続けている理由なんですが。

ただ難点はちょっとウルサイところ。

走るとゴー・・・という音がするのでバス停の近くになるとみんな「バスが来た」と思ってこちらをジロ👀

バスじゃなくてスイマセン😅

あとちょっと燃費が・・・

それでも安全性やその他の点でこのタイヤがいいかなと思っています。

Katoairconservice_mark160

2023年12月13日 (水)

まじか、独自ドメインサービス終了

ニフティさんからこんなメールが届きました。
ニフティから届いた独自ドメインサービス終了メール
まじか・・・なんてこったい😮

何かというと独自ドメインの管理サービスを終了するというもの。

現在当店のホームページで使用しているアドレスは”http://kato-aircon.com/”ですがこのドメイン”kato-aircon.com”をいままでニフティの管理サービスで使用してきました。

そのサービスが来年3月で終了するとのこと。

このままこのドメインを使用したければ別の管理会社へ移管する必要があります。

しかし昨今、独自のドメインを取得する意味も薄らいで、別にアドレスなんかはどうでもいいような気がします。

もしかすると利用者も少なくなってきてサービス廃止になったのかもしれません。

そこで今後本来のサーバードメインに戻そうと思っています。

試しに本来のサーバーアドレスにアクセスしたら”403 Forbidden”と出てしまい見れません。

どうやらそちらのほうはgoogleにクロールされないようにドメイン取得後に消してしまったようです。

まずはコピーして復活させる必要がありますね。

でもまあホームページ内のHTMLを大分修正しないといけないので時間がかかりそうです🤔

修正とアップロードが済んだらこのブログからのリンクも修正します。

また余計な仕事が増えてしまった😅

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2023年12月 9日 (土)

水漏れの原因は・・・

早もう12月。

今年も残りあと少しですね。

9月に水漏れ点検を行ったお客さんより、先日ようやくメーカーによる無償の修理が受けられたというメールをいただきました。

今回はその経緯についてです。

エアコンは2021~2022年初頭と思われる時期に某量販店にて購入・設置されたもの。
エアコンは2021年製
まだ2~3年しか経っていません。

製造年の下に71という数字がありますが、冷房能力7.1kW(23畳用)を表しています。

それを当店にて2022年2月に室外機移動かさ上げ工事(こちらの記事)

そして同年12月に室外機の風向調整板を取り付けました(こちらの記事)

ちなみに室外機とそのすぐ裏のパイプ以外は当方で一切触っていません。

今年の8月にその室外機に接続されている2階の室内機から水漏れとのこと。

その状況の画像をお客さんから送っていただきました。
水漏れを起こしている室内機
壁に梱包用テープみたいなものが貼ってありますが、真下にはピアノが置いてあるため濡れないようにシートなどがかけてありそれを固定しているものです。

少し大きくすると
ルーバーに水滴がたくさんついている
ルーバーにはたくさんの水滴がついており、一部はそこから滴下しています。

この状態を見てドレン排水不良(ドレン管の詰まりなど)による水漏れではなく他の可能性があると判断し点検に伺うことになりました。

― 当店による水漏れ点検 ―
(諸事情により点検は20日ほど後に)

その間、点検までに水漏れが起きたのは計3回で夜に発生したとのこと。

うーん・・・となるとやはりあれかも・・・🤔

漏れが多いときは小さなバケツ半分程度に水がたまったそうです。

部屋の冷え具合はとくに問題ないとのこと。

そして点検当日。

ガス漏れ(冷媒不足)の可能性があると予測していたのでまずは室外機の接続部を点検。
(この部分は当方で昨年2月の室外機移動の際に接続しなおしてますので)
室外機の接続部に漏れはない
ここには漏れはありません。
(ひと安心)

使用しているのは冷媒漏れを検知するリークディテクターで年間数グラムの漏れを発見できます。

1番あやしいと思われる室内機へ。

吹き出し口付近を検査すると、
室内機の熱交換器にガス漏れ発見
徐々にLEDが緑から黄色そして赤へと点灯し漏れを発見。

室内機の熱交換器に小さな穴が開いて微量の冷媒が漏れています。

冷房時の温度測定をすると吸い込み温度が31℃、吹き出し温度が21℃で温度差は10℃。

一般に冷房は8℃差以上あれば正常と言われますが、冷房能力7.1kWで10℃差はものたりない。

しかも立ち上がりが遅い。

やはりガス漏れによる冷媒不足の症状です。

そしてこの冷媒不足や漏れが水漏れを引き起こしたと判断しました。

なぜ冷媒が不足したり漏れると水が漏れるのかは説明が大変なので省略します。

こちらのエアコンは初めの画像の通り製造が2021年でした。

そして熱交換器のような主要部品はメーカー保証が5年間あります。

なのでこれにて点検終了。

メーカーへ連絡して無償修理を受けていただくようお話ししました。

― メーカーの点検結果 ―

お客さんからメールで報告があり、メーカーからは
「ガス圧と送風口からの風の温度は問題ありません、(ガス漏れ測っていないのに)ガスは漏れていません」
と言われたそうです。

あれまぁ・・・真っ向から全否定されてしまった感じ?😅

― 量販店へ相談 ―

エアコンを購入・施工した量販店へ相談すると
「ドレンパイプが詰まっていると思います」
と言い張られたそうです。

それを量販店に直すよう依頼をしたところドレン管は詰まっておらずどこも問題なし。

・・・水の漏れ方が詰まりの感じではないですからねぇ。

たらいまわしにされてさすがにこれではお客さんもたまったもんじゃありません。

― 再度メーカーへ ―

その後、再度メーカーに強くクレームを入れるとようやくガス漏れ検査をしてもらえたそうで、熱交換器からのガス漏れを認め無償交換修理へ。

― メーカーによる修理 ―

時すでに11月末です。

その時の画像をお客さんが送ってくれました。
メーカーによる熱交換器の交換修理
熱交換器の取り替え作業中。

まだピアノに養生がされてますね。

熱交換器
熱交換器
熱交換器は修理ができないためアッセンブリ交換になります。

これを有償修理で行うとたいへん。

室内機の脱着工賃、交換工賃、部品代、真空引きガスチャージで7~9万円はかかります。

なので熱交換器のガス漏れは購入から5年以内でないと修理しない(有償ではしない)ことがほとんどでしょう。

外された熱交換器の裏側
熱交換器の裏側にオイルと思われるシミ
丸の部分のフィンにオイルと思われるシミがあります。

付着しているオイルは冷媒と共に漏れ出たコンプレッサーオイル(冷凍機油)です。

オイルの流出量が多い場合にはドレン排水と一緒に外へ出て地面などにオイルが付いていることもあります。

しかしようやく修理が終わったようでなによりです😊

長い道のりでしたね。

エアコンは教科書通りにガス圧や温度を測定しても正確な冷媒量は判断できません。

水漏れというとすぐにドレンの詰まりを思い浮かべますが、それだけに囚われてはいけません。

これまでの経過なども含め総合的に考える必要があります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2023年11月20日 (月)

故障したルーバーモーターの中

先日のルーバーモーター交換修理で取り外したモーターを分解してみようと思います😊

点検時に確認した症状は内部で回っている振動はするが出力軸が動かない状況でした。

モーター
故障したルーバーモーター
モーターの中心と回転部がズレているということは内部にギヤが入っていることが想像できます。

開けてみるとやはりギヤが
モーターを開けるとギヤがたくさん
しかも思ったよりたくさんあります。

かなり減速しているようです。

ギヤは樹脂なのでこれのどこかに不具合がありそうですね。
ギヤのどこかに不具合が

おかしな部分が見つかりました。
ギヤのおかしな部分が見つかった

見やすいように一旦ギヤ部分だけ本体から取り外しました。
モーターからギヤを取り外した

横から見ると
ギヤがすり減ってなくなっている
ギヤがすり減ってなくなってました。

おそらくこの部分のギヤには負担が大きくかかっていたのでしょう。

長期の使用で徐々に摩耗して歯飛びを起こすようになり、それが元でさらに摩耗してツルツルに。

それに加え周囲に比べて小さいギヤ(歯数が少ない)なので噛み合っている大きなギヤより摩耗が早まります。

ルーバーを手でグイっと動かしたりするとこのような樹脂製のギヤは簡単に摩耗してしまうので取り扱い注意です。

どうしても手で動かす必要がある場合は、ゆっくりとモーターの機嫌を伺うようにしましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2023年10月24日 (火)

ネットがつながらない

何をするにしても現在では欠かせなくなったインターネット。
インターネット

しかし先日、突然ネットがつながらなくなりました🤔

メールを受信しようとしてもログインできず😱

ブラウザを起動しても”インターネットにつながっていない”旨の表示。

OSのアイコンも”インターネット接続なし”になってます。

モデムを再起動するとこんどはインターネットへの接続ランプが点かなくなりました。

モデムがいつも熱くなっているのでとうとう壊れたか?

とりあえずプロバイダへ緊急の電話をしましたがなぜか途中で切れてしまいます。

携帯(別のプロバイダ)からプロバイダの不具合情報を見ようとしましたがそのページだけアクセスできず・・・

ということはアクセス集中。

これはプロバイダ側の不具合で集中しているのだろうと判断しこの日はそのままにしました。

翌朝、モデムを見るといつも通りインターネットに接続できているようです。

PCの電源をいれるとOSは”インターネットアクセス”になっていました😄

やっぱりプロバイダ側の不具合でした。

その他の情報ではかなり広範囲に接続できなくなっていたようです。

とりあえずひと安心😊

ところでネット復旧後にある変化が・・・

ここ数か月(半年近く?)メールの送受信にすごく時間がかかっていました。

1通のメールに数メガバイトの大きさがあってもそれは問題ないのですが、容量に関係なく何通も受信したり送信したりするとフリーズしているのではないかと思うほどの遅さ。

たった数十キロバイトのメール受信に1分くらいかかることも🤔

近々にメールサーバーの管理会社(プロバイダとは別会社)へ問い合わせをしようと思ってました。

ところがネット復旧後は何通でもサクサク送受信。

もしかしたら以前よりプロバイダ側の機器に不具合があったのかもしれませんね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2023年10月20日 (金)

UR住宅の配管穴

先日行った取り外し作業のひとコマ。

引っ越しの業者さん(の下請け?)にエアコンを設置してもらったそうですが・・・

配管穴のパテをはがします。
配管穴のパテをはがす
お客さんによるとこれを施工した業者さん曰く、
「パテ埋めの仕上がりに工事の善し悪しがでる」
と言ったそうですが、私が見た限りではとてもうまいとは思えない埋め方でしたけど😅

ま、人それぞれセンスが異なりますからね。

それはどうでもいいとして、配管穴の中
配管穴の中
これは経験不足の業者さんかな・・・

画像を拡大します。
配管穴の中をアップで
穴の中央辺りに下から突き出た水切り板がついてますね。

”水切り板”というのが正しい名称かは知りませんが、当方が35年以上前(駆け出しの会社員時代)に当時の上司から教えてもらった呼び名です。

画像でもわかる通りドレンホース(排水ホース)にくい込んだ状態なのでホースが潰れてしまったり、持ち上げられて逆勾配となっています。

この部分でホース内に水が滞留しやすくなるため長期間使用すると雑菌によりヌメヌメのスライムが溜まって詰まります。

この水切り板、UR住宅ではよく付いているものなのですが、エアコンの配管を通す際は取り外さないと室内機から水漏れするなどの不具合につながります。

こういった基本的なことを知らない業者さんが多くなりました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

より以前の記事一覧