フォト
無料ブログはココログ

リンク

2021年10月17日 (日)

リモコン受光部の汎用品使用に向けて

みなさんこんにちは😊

今回はリモコン受信部(赤外線受信モジュール)に関する実験。

リモコンが本体側の受光部の不良で利かなくなり、しかもメーカー基板部品が終了していてやむを得ずエアコンまるごと買い替えということが多々あります。

メーカーに受信モジュールまでの部品データなどは無いようで何が合うのかは不明です。

そのため以前より「汎用品での修理を・・・」と依頼はあったのですがお断りしていました。

しかしこの程度の故障で買い替えというのもどうなんだ?🤔

ということでパワー系(電力を多く消費するところ)でもないので対応を検討することにしました。
(パワー系だと万一事故が起きると火災になるケースがありますからね😅)

それにはまず安くて入手しやすい部品できちんと機能するのか確かめる必要があります。

まずは余っていたエアコンメーカー純正基板に付いているものから動作を確かめます。
赤外線受信モジュールをテスト中
左上にあるのは直流安定化電源です。

ここから右側の基板にある受信モジュールに電圧を加えてリモコン(今回は照明用😅)を操作したときに出力される波形を手前にある簡易型オシロスコープで見てみました。

そしてこちらがこのたび入手した汎用品の受信モジュール
入手した汎用品の赤外線受信モジュール
8個入り😄

中身は
赤外線受信モジュール
小指の先よりも小さな部品です。

こちらの部品もテストしてみます。
汎用品の赤外線受信モジュールをテスト中

結果は・・・

エアコンメーカー付属のもの
エアコンメーカー付属赤外線受信モジュールの出力波形
こんな感じ。

続いて汎用品
汎用品赤外線受信モジュールの出力波形
ほとんど同じですね。

汎用品の方が動作していないときの出力電圧が少し高くなっています。

計測したところこちらの方が内部抵抗が低いのでそのためかと思われます。

とりあえず使用できることは確認できました😄

問題と思われるのは端子の並び(VCC、GND、OUT)が異なるところ。

足をクロスに曲げてメーカー基板にうまく合わせるしかないですね。

機種によっては合わないことも考えられますが。

これで受光部不良での買い替えも減らせると思います😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年10月10日 (日)

ときどき勝手に暖房になる

冷房を使用しているとときどき勝手に暖房になるという点検依頼をいただきました😊

室内機はこちら
ビルトイン形の室内機
めずらしいビルトイン形です。

詳しく症状をお聞きすると冷房時に突然熱風が吹き出すとのこと。

こうなると室外機の異常が疑われますね。
点検する室外機
お客さんも技術系の方で”四方切替弁”あたりではと仰っていて当方もそれをメインに考えていました。

まずは室外機のカバーを外して・・・

うわぁ😱
カピカピに干からびたヤモリが端子台についている
カピカピに干からびたヤモリが端子台についていますョ。
(一応自主規制によりボカシがかかってます😅)

ちょうど室内外のシリアル信号線(赤色)の端子に胴体が接触しています。

内部を見るため更にカバーを外します。
室外機のカバーを更に外す

内側からヤモリを見てみると
ヤモリのアゴ部分が本体金属へ接触
アゴの部分が本体金属部に接触しています。

エアコンの金属部はアースされているため大地と同電位。

そのため信号線に接触した胴体からアゴにかけてそれなりに対地電圧が加わります。

それで感電死・・・
感電して死んでしまったヤモリ
かわいそうなので埋めてあげるそうです。

四方切替弁を点検したところ異常はなし。

どうやらヤモリが接触することでシリアル信号に乱れが生じて勝手に暖房運転をしたようです。

端子台のファストン端子は
腐食した端子台のファストン端子
電食を起こして腐食しています。

外して見ると
腐食したファストン端子を外した
結構ボロボロです。

ちょっと触ると
腐食して折れたファストン端子
簡単に折れてしまいました。

しかしこの端子部は基板から直接つながっているので部分的に交換できません。

また汎用品としては売られていないロック機構の付いた大電流にも耐える高強度なものです。

リード線とケーブルの線を直接接続する方法もありますが現段階では好ましくありません。

少しここで考えました。

室内機がビルトインタイプなのでこの先基板が壊れた際、部品の出荷が終了していると修理不能で本体交換工事となり高価な本体と工事代が問題となります。

普通の壁掛形とは違い高価なんですよね。

そこで基板を今のうちに新品に交換してできるだけ寿命を延ばす方法をお勧めしました。

お客さんの了解をいただき部品を取り寄せて修理です。

取り替えるのはこの基板
室外機の基板を取り替える

取り外した基板と取寄せた新しい基板
取り外した基板と新しい基板
袋に入っているのが新しい方です。

パワー系の放熱板が新しい方にも付いた状態なので楽です😄

交換して試運転
基板交換して試運転
四方切替弁の動作も問題なく終了です。

取り外した基板はまだ使えるのでお客さんへ渡しました。

他の部屋にも同容量の同じ機種が付いているとのことで保管しておけば万一の時には安心です。

エアコンは隙間だらけなので虫などの侵入で故障してしまうことはたまにあります。

近頃では端子台部分に入られないようにするためかスポンジパッキンが付いている機種も見かけますね。

メーカーも少しずつ改良をしているようです😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年10月 8日 (金)

木造一戸建てで左後ろ配管

木造一戸建てへエアコン取り付けの工事です😊

数年前にもご依頼いただいたお客さんのお宅へ2台のエアコン増設へ伺いました。
(いつもありがとうございます😄)

そのうちの1台。
エアコンの取り付け前
ここへ室内機を取り付けます。

取り付けるのは新品
新品の室内機
まずは壁に据付板を取り付けて配管穴を開けるのですが・・・

壁の中に柱があって右後ろへ配管穴を開けることができません。
柱があり右後ろに配管穴を開けられない
エアコンは基本的には本体の右後ろに配管穴を開けるようにできているのですが今回は左後ろに開けることにしました。

穴を開けたらそこへスリーブ(筒)を取り付けて
配管穴を開けてスリーブ取り付け
右後ろ配管であればここで室内機を引っかけるのですが左後ろではその前に準備があります。

ドレンホース(排水用ホース)の差し替え。

室内機に付属のドレンホース(本体右側)を外して
室内機本体のドレンホースを外して
本体左側のドレン接続口へ取り付けます。

左側の口にはゴム栓があるので
ドレンパンのゴム栓
これを右側の口へ取り付けます。

左側にドレンホースを取り付け
ドレンパンにドレンホースを取り付けねじで固定
抜け止めのネジで固定。

このように排水が流れやすいように配管の取り出し方向へ合わせてドレンホースを左右差し替えます。

室内機の引っかけ準備ができたらフレア加工した冷媒管を外側から差し込みます。
外側からフレア加工した冷媒管を差し込む
左側配管の場合は本体背面に冷媒管の接続がくるため。

これが右後ろ配管であれば屋外側で接続できます。(このほうが施工が楽)

接続位置を計測してそこに合うように曲げます。
スプリングベンダーを使って冷媒管を曲げる
急角度に曲げるので銅管のツブレ防止にスプリングベンダーを使用しました。

室内機を掛けて配管接続し断熱。
配管接続して断熱
断熱材の周囲をビニルテープ、コーテープ、防湿テープの順に重ねて巻きます。

本体裏に隠れる部分ですが結露することがあるためこのようにします。

ドレンホースがストレートに穴に入っているのが確認できますね。

電線等の処理も終わったら浮かしていた室内機を定位置へ
配管するため浮かしていた室内機を定位置へ

その他こまかな作業が終わったら前面の化粧パネルを取り付けます。

このエアコンはダイキンのrisoraという機種で化粧パネルが別梱包になっていました。
前面の化粧パネルが別梱包
パネルのデザインや色を選べるのでこのようになっているようです。

パネルを取り付けて
前面の化粧パネルを取り付け
このようになりました。

床とクローゼットの扉に合わせてこのデザインを選んだそうです。

risoraのいいところはデザインとやっぱり室内機の薄さですね。

壁への負担も小さくなかなかよいです。

フィルター自動掃除機能が付いていないところもGood😄
(このことはわかる人にしかわからないですね)

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

«どこまで信用するか・・・