フォト
無料ブログはココログ

リンク

2021年7月28日 (水)

標準的な入替工事で

エアコンの入れ替え工事を行いました😊

その前に余談ですが、まだ使えるのにこの時期にエアコンを入れ替えるのは余程の理由がなければやめましょう。

工事を進めていったところで何かの不具合に出くわして中止になってしまったり、本体の初期不良で延期になったりすると運が悪ければ一夏エアコンなしの生活を送ることになるかもしれません。

取り外したエアコンを戻そうにも処分するためにパイプを切断してしまっていることもあるので容易ではありません。

戻せたとしても通常の取り付けよりも高額な費用になる可能性もあります。

さて、撤去するのはこちら
撤去する室内機

室外側は
パイプがヨレヨレ
大規模修繕でもあったのでしょうか?パイプがヨレヨレです。

それとも取り付けた時からこんな感じだったんでしょうか🤔

室内機を下ろしてみると
室内機を下ろして据付板を見ると
またやってるよ~😆

何を言ってるかわかりませんよね。

固定用の公団ボルトの部分
室内機固定用の公団ボルトの部分
裏に何かありますねぇ

据付板を外すと
化粧用の樹脂ワッシャーが付いたまま
白い丸いものが付いてます。

これはエアコンを取り付けないときに使用する化粧用の樹脂ワッシャーです。

厚みが3mm程度ありこれを取り去らずにエアコンを付けるとその分壁から浮いてしまうので手前に傾いた状態になります。

また樹脂は滑りやすいので設置後に振動や手入れの衝撃で動いて室内機が傾いてしまうことがあります。

まあよくそんなことも知らずにエアコン屋なんてやってますねー🤣こわいこわい
(ていうか考えればわかるでしょうに)

樹脂ワッシャーを外して新しいエアコンの据付板を取り付け
新しいエアコンの据付板を取り付け
ナットには鉄ワッシャーを付けました。

本来はボルト固定に加え補強のために下部もねじを2本程度打って固定すると確実ですが今回はお客さんのご都合でそれはしませんでした。

設置後の室内機
設置後の室内機

室外側
屋外側のパイプと室外機
こんな感じで完成です。

経験不足というか何も知らない工事屋さんが増えてきたような気がします。

ルームエアコンの業者ってほとんどは”未経験の助手アルバイト → 独立開業下請け業者”なんて流れですからね。

そりゃお客さん側も不安ですわ😆

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年7月17日 (土)

一戸建てに新規取り付け

戸建て住宅への新規取り付け工事の様子です😊

室内機設置場所
室内機設置場所
現在の標準的な室内機のサイズは幅が80cm弱、高さは約30cm弱位です。

でもこちらは窓やカーテンレールで幅も高さも標準的なものでは設置できません🤔

お客さんには高さが25cm程度のものをネットで購入していただきました。
(当店ではエアコンの販売はしていませんので😅)

カーテンレールに吹き出し口のルーバーがあたらない高さに設定し据付板を付け、配管用の穴を開けます。
(穴あけは壁内や外壁に柱、電線、配管類などがないか確認してから行います)
据付板の位置を決めたら配管用の穴を開ける
外壁にセンタードリルが出たらいったん止めて。

念のため外壁側を確認
外壁に出たセンタードリル
問題ありませんね。

外壁にセンタードリルが出たかどうかは何度もやっていれば感覚でわかるようになります。

見えなくてもドリルのどの部分が何を切断しているか音と手ごたえで感じるわけです。

初心者にありがちなのは外壁が開く瞬間を感知できず勢いあまってドリル本体が壁にドンッとぶつかってしまうこと。

外壁側を開けきる少し手前で力を抜き回転を上げて貫通させます。

ここには書きませんがそのほかにもいろいろコツがあるんですよ。

画像はありませんが穴あけ後はスリーブ(筒)を入れて虫や外気が入るのを防ぎます。

また外壁がモルタルのためスリーブがメタルラス(モルタル内に張ってある金属の網)に電線や銅管が接触することを防ぐ役割もあります。

電線が接触してメタルラスに漏洩電流が流れ電熱線のように過熱して火災になるという事故は昔から知られていて電気工事士の資格を取得する際には今でも学ぶと思います。

現在では漏電遮断器の設置が義務付けられているので火災に至るというのはあまりないかもしれませんが。

室内機設置完了
室内機設置完了
コンセントにあるアース端子へ室内機から出した接地線を接続しました。

「漏電遮断器があればアースは接続しなくていい」という持論を展開する電気屋さんがたまにいますが電気をよく学べばそれが間違ったことだとわかります。

室外側も完成
室外機には移動や転倒防止にコンクリート台を使用
この室外機が軽く、1階の突き出し部分の屋根に設置したため台風などで転倒や移動をしないようにコンクリート台を使用しました。

心配していた窓の開閉も当たることなくOK😄

試運転開始
試運転開始
お客さん立ち合いでチェックしていただき問題はありませんでした😊

戸建て住宅のエアコン工事は天候に左右されます。

この日も途中で雨が強く降り中断しながら行いました。

雨がやまなければ延期になることも。

こればかりはどうにもなりませんね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年7月13日 (火)

予定を組むことが難しい状況

徐々に暑さが増してきましたね😆

「そうだ、去年からエアコン壊れてた!」という方、もう遅いかもしれません。

タイミングよく電話が入って点検に行かれることもありますが8月下旬頃まで新たに予定を組むことができない状況となっています。

また、古くなったから取り替えるというエアコンの入れ替え工事は春や秋に行うもので真夏にすることではありません。

たまにあるエアコンの初期不良😱にあたると目も当てられませんよ。

エアコンなしで夏を乗り切ることになるかもしれません。

業者を選ぶにもみんな忙しくてそれどころではない状況です。

今の時期に暇で「すぐ行きます!」なんて業者がいたらそれはそれで???ですが😅

ご予約いただいているお客様にはお待たせして申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

«エラーが変わった・・・マルチ