フォト
無料ブログはココログ

リンク

2020年3月29日 (日)

隠蔽配管でのエアコン入替(下見)

今回は隠蔽配管(先行配管)がされているお宅でのエアコン入替工事です。
場所は横浜市。ご依頼をいただき有り難うございます😊

建物建築時にエアコン用のパイプや電線を壁や天井、床下内に埋め込まれたものを隠蔽配管とか先行配管といってエアコン本体の入替工事となったときなにかと問題になります。

新しいエアコンはある有名量販店で購入されたそうですが、いままで付いていたものと電線やパイプの長さが合わないため施工まではできないと断られたそうでこちらへ連絡をいただきました。

まあ当店もなんでも工事するというわけではありません。
このような場合はまずは下見に伺って施工可能か判断します。

特に隠蔽配管は工事業者によって配管方法がまちまちでひどい場合は一度しか使用できないようなものもあります。

状況は・・・

室内機
これから入れ替えをする室内機の設置状況
とりあえず普通についてます。

まず一番心配なのはドレン管(排水管)がどう施工されているかです。
これで施工不能と判断することが一番多いですね。

でも室内機のところから覗いてもどうなっているのか全く見えません。

コンセントを外すと
コンセントを外すとドレン排水管が奥に見える
奥の方にドレン管が見えました。

拡大
硬質塩ビ管に差し込んであるドレンホース
硬質塩ビ管が壁内に配管され、そこに室内機のドレンホースが差し込んであります。

ドレンホースは断熱材が剥ぎ取られてます。
この部分は結露が起きていることは間違いないでしょう。

硬質塩ビ管はVP25ですが、この部分はVP30を使用すべきところ。
VP30であればドレンホースの断熱材をはがさなくてもそのまま差し込むことができます。

これはドレンの施工がちょっと難しいですね。
でもなんとかなりそうです。

電線と銅管は接続して延ばせば大丈夫そうです。
量販店の工事屋さんは電気工事士の資格があったとしても店側から電線相互の接続が禁止されてます。
それで断られたんです。

端子台の接続は・・・
ひどい電線の接続
電線押さえのバンドは無視して不使用。

電線は中身の心線が見えて危険!
こうなるのは電線の皮むきに電工ナイフではなくカッターナイフを使用したからです。

このエアコンはむかしの日立製。
内外渡り線(室外機と室外機を結ぶ電線)が4心(4本)でどの線にも100Vの電圧がかかります。

次に室外機
隠蔽配管に接続された室外機
こちらも普通に付いています。

なんとなく予感がするのでカバーを開けると
室外機のカバー内で電線を差込形コネクタで接続してある
案の定、差込形コネクタで不足した電線を継ぎ足してます。

施工した人はこれでいいと思っているんです。
こういうことを平気でするから劣化による事故になるんですよね。
そりゃ店側も接続禁止にしますわ。

銅管はそのまま足りるので電線だけ接続し直せば大丈夫そうです。

隠蔽配管での入替工事はお断りすることが多いのですが今回は可能と判断しお引き受けしました。

次回工事の様子をアップします。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年3月26日 (木)

落ちかけのエアコン修理

エアコンの右側面が壁から浮いてきて落ちそうになっていると点検、修理の依頼をいただきました。(都内)
ありがとうございます😊

状況は
室内機が外れかけて傾いている
傾いているのがわかるでしょうか?

向かって右側が壁から浮いてきています。

工事をしたのは引越し屋さんの下請けエアコン業者のようです。

ふとコンセントを見ると
エアコンのアースが接続されていない
アースが接続されてません。

あー、これだけで他にもいろいろありそうな予感・・・🤔

脚立に登って上からのぞくと
室内機の据付板を固定しているねじが抜けている
ねじが抜けてますね。

建物はマンションなのですが、室外機とつなぐパイプを通すための配管穴は梁の高さに開いている珍しいタイプ。
そのため本体裏に配管穴があり室内機を一度下ろさないと据付板の取り付け直しができません。

しかもその穴(長さ1mほど)の中でパイプが接続されているためエアコンをいったん全部取り外して取り付け直すということになりました。

バルコニーに設置された室外機とパイプ
バルコニーにある室外機とパイプ
配管化粧カバーの端末部分にパーツがありません。

これではカバーのフタがスライドして下がってしまったり外れて風で飛んだりします。

パイプのテープ巻き部分はぐにゃぐにゃと曲がって無理につながっていました。

とりあえず動作を確認したらガスを室外機に戻すポンプダウン開始。

室外機のカバーを開けると
室外機の端子台部分はひどい接続状態
こりゃかなりひどいですね。
室内機側もそうとうなもんでした。

作業しながらパイプを見ると
冷媒管が折れているように見える
これはきっと折れてます。

断熱材を切って
冷媒管が折れていた
やっぱり。

これだけ潰れていると冷媒の流れが阻害されて効率などが落ちます。

修理見積もりにパイプ交換も入れていたのでよかった。

パイプの取り外しが終わって室内機を下ろすと時期的に出ないはずの水が出てきます。
お客さんに聞くと冷房や除湿は去年から使ってないとのこと。

どこかにドレンの逆勾配がありそこに去年の夏からの水が溜まっていたということになります。

据付板は
引掛け部分が変形した据付板
中央の引掛け部分が手前に変形してますね。

この部分は本体に引っ掛かっておらず室内機天板裏にあたった状態で付いてました。
それなりの経験者であれば感覚的な違和感で気が付くはずですけどね。

ねじの抜けていた部分
石膏ボードに打たれたねじが抜けている
3本打ってありましたが抜けてます。

内1本は角度を変えて強度を高めたつもりでしょうか?

配管穴を覗くと
配管穴が逆勾配
室内の穴の40cm奥にコンクリート躯体(梁)に開いた穴がみえますが明らかに室内側の穴が低い。

この逆勾配で水が溜まっていたんです。

点検の際にこちらの娘さんが「なんか、カンッ!て音がする」と言っていたのを思い出しました。
通常は逆勾配があるとポコポコと連続的に聞こえることがありますが、あまりの逆勾配でときどき単発的にその音が出たのかもしれません。

室内機に近いところで音がするとカンカンと聞こえることがあります。

水漏れの原因になるのでこのまま設置するわけにはいきません。

お客さんと相談し室内側の穴を開け直して勾配を確保する方法をとりました。
室内の穴を開け直してドレン勾配確保
室内壁からコンクリート躯体の穴までの空間には塩ビの筒を入れました。

据付板は強固に取り付けてこれで安心。

パイプの接続は配管穴の中になるので室内機を床に置いた状態で接続してから引っかけます。
どうしても一人ではパイプを送るのが無理なのでお客さんに屋外から引っ張ってもらいました。(ご協力いただきありがとうございます😊)

工事(修理)完了
落ちかけた室内機の修理完了
以前使用されていた穴にはフタを付けました。

室内機の設置高さも低すぎずいい感じになりました。

バルコニー側
室外機とパイプの仕上がり
配管化粧カバーの端末にパーツを付けてフタの外れ止めをしました。

室外機脇の配管
室外機脇の配管仕上がり
無理のないように配管。

いやぁ、今回もいろいろある案件でした。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年3月24日 (火)

作業車、えっ!また?

作業車のオドメーター(積算距離計)をみるともうすぐ88888km。

見逃さないように・・・

あ、キター!
作業車のオドメーターは88898km
あれ?

見逃した~🤣

まあそれはいいとして二日後の作業の帰り・・・
坂道を登っているとスピードメーターの脇にピカッとなにか点灯。

燃料の警告灯か?と目をやると一瞬”これなんだっけ”と見慣れないものが。

また出たエンジンチェック😱
作業車のエンジンチェックランプ点灯
昨年末にも点灯してO2センサーを1本交換。

もう1本も壊れたか?今度は価格が高いほうだよなぁと思いつつディーラーへそのまま直行。

向かう途中、どういうわけかラジオが故障していきなり爆音国会中継!😲
ボリュームが利かずあわててスイッチOFF。
議員さん力が入ってマイクをつかんだのかと思いましたよ。

やっぱりね~、こういうことは重なる説が発動。

到着してチェックしてもらうと
サービスマン「今回は触媒装置の異常が出てました」

O2センサーではなかった。
でも触媒装置ってもっと高額なのでは・・・

サービスマン「コンピューターのプログラム書き換えをするのでそれで様子をみてください」

なんだか書き換えで症状が出なくなることがあるらしいです。
まずは様子見で次に同じ異常が出たら修理とのこと。

ふぅ、とりあえずセーフ😅

いっぽうラジオは純正で今回2回目の故障。
直すほどのものではないので市販のものに取り替えようかと思案中です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

«床置き形エアコン設置