フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 旧型エアコン撤去 | トップページ | アースがつながっていない »

2024年6月17日 (月)

長期に渡る水漏れ原因は・・・

都内の一戸建てでエアコンの室内機から水が漏れる、という点検依頼をいただきました😊

こちら
水漏れする室内機
左右の両サイドから水滴が落ちるそうです。

前面グリルが外れかかっていますが、お客さんが水漏れ原因を探るため開けたとのこと。

製造年は
2014年製のエアコン
2014年でちょうど10年目です。

お話を聞くと設置してからまもなく水漏れが始まったそうです。

その後、購入したお店に連絡して来てもらいホースの吸引などをしても一旦おさまるがまた再発。

メーカーに問い合わせても購入した店に連絡するよう言われるだけ。

水漏れは施工不良などの場合が多いためメーカーもなかなか動いてくれません。

そして10年もの間、水漏れしながら使っていたようですが・・・

では点検開始。

水漏れに関係ありませんが前面グリルを外したところでこれが気になりました。
電源コードにビニールが被ったまま
電源コードにビニールが被ったままです。

しかも内部のコードは束ねたまま。
電源コードが束ねたまま
電源コード自体は燃えにくい素材でできていますが、コードを束ねたまま使用したり梱包のビニールに包んだままでは危険。

まずはこれをなおしました。

そして前面グリルを外した状態がこちら
室内機の前面グリルを外した
横に長い白い発泡断熱の部分がドレンパン。
(正確にはドレンパンについている断熱)

熱交換器から落ちてくる結露水の受け皿です。

お客さんから聞いた水の漏れるテンポや場所からするとドレン管の詰まりによるドレンパンからのオーバーフローが1番に考えられます。

しかしドレンパンに1リットルほど水を入れましたがオーバーフローする様子はなく室外のホースから排水されています🤔

ドレンパンとドレンホースの接続部分などを見ても漏れは無し。
ドレンパンとドレンホースの接続部分からの水漏れは無い
壁の配管穴に入る白いものがドレンホース(排水ホース)です。

配管穴にスリーブ(筒)が入れられていません。

お客さんの話では屋外で喫煙されるニオイが部屋に入ってくるとのこと。

換気扇を回していると軒天などの通気口から入った屋外の空気が壁の中を通ってスリーブのないエアコン配管穴から室内へ流れ込みます。

いろんな意味でスリーブは必要なものですが、ほとんどのお宅で入っていないのが実状です。

これまでの画像を見るとわかりますがアース線が接続されていませんね。

さて、しばらく見ていましたが水漏れは確認できませんでした。

つぎにドレンパンのある正面側ではなく本体背面側の熱交換器に注水してみました。

背面に入れた水もドレンパンへ落ちる仕組みになっています。

すると途中で「水が出た」とのお客さんの声。

風の吹き出し口の右下から落ち始めました。
水が漏れ始めた

拡大
落ちる水滴
ポタン、ポタンと止まる様子がありません。

上からドレンパンの中を覗きますが水は排出されているのでオーバーフローはしていません。
ドレンパンの中を見る
・・・ん?

これ髪の毛かな?
ドレンパンの中に髪の毛のようなもの
底面に黒い線が見えました。

細い棒で探ってみましたが髪の毛ではありません。

ひび割れです。
ドレンパン底面にひび割れ
画像の右上から左下までゆるやかに曲がった線がひび割れです。

ここから水が漏れていました。

数日前にドレンパン交換修理の記事をアップしましたが・・・

こちらはそうはいきません。

その理由はこの機種がドレンパンと本体が一体成型のため。

エアコンを一度取り外さなければ交換できません。

しかも全部品を乗せ換える必要があり修理費用が高くなります。

これまでの使用年数からも現実的ではありませんね。

エアコンの買い替えをお勧めし点検終了となりました。

そしてこちらにはもう一台同じシリーズ機種でまったく同様の水漏れ症状が続いているそうです。

うーん、そちらもドレンパン割れなのかもしれませんが。

いまとなってはどの段階の不具合かはわかりません。

でも設置して間もなく漏れ始めたことを考えると劣化ではなさそうです。

Katoairconservice_mark160
http://aircon.la.coocan.jp/

« 旧型エアコン撤去 | トップページ | アースがつながっていない »

エアコン点検」カテゴリの記事