フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 暖房時の室外機音 | トップページ | マルチエアコンの利点欠点 »

2024年2月27日 (火)

配管化粧カバー交換修理

先日こちらで点検をした配管化粧カバーの交換修理を行いました😊

修理するのはこの部分
配管化粧カバーの交換修理を行う
落雪により破損した横引き4mです。

カバーの材質や施工のよくないところもあるのでそれも修正します。

まずはカバーの蓋を外しました。
壊れた配管化粧カバーの蓋を外した
中にあるのは冷媒管と電線。

カバーの固定ねじが折れているところもありました。
配管化粧カバーを固定していたねじが折れている
電動インパクトドライバーで衝撃を与えながら締めたためと思われます。

このようにねじの強度が落ちて折れることがあります。

ねじの種類や壁の材質に応じてトルクや締め方を変える必要があるので、その点インパクトドライバーは不向きなんです。

クラッチによるトルク制御ができ、ねじも材料も傷めず締めることができるドリルドライバーのほうがエアコン工事には向いています。

カバーを撤去しました。
壊れた配管化粧カバーを撤去
手前に置いてあるのは新しい配管化粧カバー。

昔からある因幡電工製のスリムダクトSDシリーズを使用します。

このSDシリーズは材質や強度に信頼があります。

撤去した安いカバーはやはりそれなりの材質で対候性や強度は劣っていました。

新しいカバーを取り付ける前に不要となった既存のねじ穴をコーキング。
不要となった既存のねじ穴をコーキング
見えなくなるからといって手を抜いてはいけません。

新しいカバーをとめる部分はねじの下穴を開けました。
壁にねじ固定用の下穴を開けた
壁の最下部に近く、下穴を開けずに無理にねじをもむとサイディングにヒビが入ってしまうことがあるため。

そしてカバーを壁に固定。
新しい配管化粧カバーを取り付ける
カバーの長さは1本2mですが、横引きなのでその間に5本のねじで固定しました。

ねじ固定部。
コーキング後にねじ固定した
横引き部分は雨に濡れることが多いので下穴にコーキングを入れた後に固定しました。

壁への固定が完了。
配管化粧カバーの壁への固定が完了
次は冷媒管などを収めて蓋を付けていきます。

とその前にこれ、
ガス管との交差がある
ガス管と交差している部分があります。

こちらは以前のカバーの設置状況。
以前はガス管に押されてカバーが変形していた
ガス管に押されてカバーが変形し蓋が外れていました。

こういうところも量販店の施工ですね。

手間や材料費はかけられないようです。

前回の点検の際、この部分をどうするか作戦は練ってあります。
のこぎりとグラインダーでカバーに穴開け加工する
のこぎりとディスクグラインダーでカバーの蓋へガス管の形に穴開け加工。

余分なカバーは準備していないので一発勝負で失敗はできません😅

さて結果は
配管化粧カバーとガス管交差部の仕上がり
ピッタリ😄

もう1本のほうも
配管化粧カバーとガス管交差部の仕上がり
こちらもピッタリ😄

なお内部の冷媒管と電線はガス管に接触しないように加工してあります。

その他の蓋も取り付けて
配管化粧カバー交換修理完了
エアコンの温度測定をして異常はなく作業完了😊

今回は落雪による破損でしたが、工事は安さを追及すると必ず手抜きや粗悪材料使用などにつながり、結果余計にお金がかかってしまうことがあります。

これは当然のことですね。

Katoairconservice_mark160

« 暖房時の室外機音 | トップページ | マルチエアコンの利点欠点 »

エアコン工事・修理作業」カテゴリの記事