フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 雪の日は除霜が頻繁になる | トップページ | ハイアールがエアコン参入 »

2024年2月16日 (金)

落雪で配管化粧カバーが割れた

先日の雪でエアコンの配管化粧カバーが割れてしまったとの点検依頼をいただきました😊

雪が落ちてきて割れたそうです。

現地に到着🚙
外壁に設置されている配管化粧カバー
よく見えませんが建物基礎部分の上を横引きしているところに被害があります。

この部分
落雪により配管化粧カバーが割れた
壁側に割れがあります。

近づいてみると
ねじで固定してあった部分が割れている
ねじで固定してあった部分が割れていました。

ねじは壁に残っています。
壁にねじが残っている
しかも長さ2mのカバー(ダクト)を中央1点だけで固定してあったため強度も不足していたことと思います。

「いま(工事したとき)だけ留まってりゃいいんだよ。あとはしらねぇ~」みたいな工事ですね🤔

このような横引きでは最低でも4~5か所は固定しないとだめです。

それに加え、こちらのカバー
配管化粧カバーがヨレヨレ
側方から見通すとヨレヨレ。

下側は変形で外れて隙間もできています。
外れて隙間が開いている
はめようとしても変形が酷くはまらない。

どことは言いませんがこのメーカーの配管化粧カバーは弱すぎて当店では使用していません。

特にこのような横引きで日光に照らされるところではなおさら。

カバーを触るとペラペラでフニャフニャ。

安い材料を使用するとこのようなことになります。

もちろん修理するには同じカバーは使用できません。

横引き部分を老舗メーカーのしっかりしたカバーで修理することを提案し点検終了😊

見積もりを出してメールで送信しました。

なお今回の落雪はここからかもしれません。
送電線の鉄塔
見上げると送電線の鉄塔。

高低差が大きいため落ちた雪もかなりの衝撃だったことが考えられますね。

Katoairconservice_mark160

« 雪の日は除霜が頻繁になる | トップページ | ハイアールがエアコン参入 »

エアコン点検」カテゴリの記事