フォト
無料ブログはココログ

リンク

« ガスが漏れてエアコン入替え | トップページ | エアコン品薄、入替工事 »

2022年6月22日 (水)

リモコンを受信しない原因は

エアコンがリモコンを受信しないという点検依頼をいただきました😊

当店をはじめてご利用のお客さんです。
ご依頼いただき有り難うございます。

事前には「リモコンに反応しないけれど本体の応急運転スイッチでは動く」とご報告いただいています。

こうなると本体側の受信部に問題がありそうです。

訪問してこちらがその室内機
リモコンを受信しなくなった室内機
左右下部分のカバーが付いていませんが・・・

お知り合いから譲っていただいたエアコンのようでなぜないのかは不明です。

ぱっと見でいろいろ施工に問題がありそうですが、今回の点検対象ではなのでスルーすることにします😅

リモコンの送信状態は
リモコンの赤外線送信を確認
問題ありません。

しかし本体へ向けて送信しても反応はありません。

室内機の応急運転スイッチを押すと運転ランプが点灯して動き出しました。

やはり受信側ですね。

本体の受光部は
室内機の赤外線受光部
ここにあります。

その右側には5つのLED表示ランプがあります。

ひとつの基板に受光部と表示部のついたもののようです。

内部を点検するために本体のカバー類を外しますが・・・
室内機のカバー類を外して点検する
ねじ類がばらばらに使用されていて長過ぎたり無くなっていたりと誰かが以前に開けたような形跡があります。

お客さんに尋ねると業者にエアコン洗浄をしてもらったとのこと。

当時は問題なく使用できていたがその後しばらくしてリモコンが反応しなくなったそうです。

もしかするとその時の薬品が基板を侵しているかもしれません。

受光部はここ
エアコン室内機のリモコン受光部
見た目では問題ありません。

マルチテスターで制御基板からの印加電圧と出力の変化をみるとこちらも問題ないように見えます。

しかしテスターでは詳しくまではわかりません。

反応が鈍くなっていることも大いに考えられるのでやはり受光部不良と判断し一旦室内機のカバーを戻しました。

カバーを戻して本体の応急運転スイッチを押すと・・・

あれ、うごかなくなった😱?

いや動いてる?

室内機は運転を開始しますが運転ランプが点かなくなりました🤔

再度カバーを開けて今度は基板のコネクタ類を点検します。
受光・表示部基板のコネクタを点検
青い部分が接続コネクタ。

洗浄時の薬品による腐食やピン折れなどがないかチェック。

こちらは問題なし。

次に制御基板側も見てみます。
制御基板側のコネクタを点検
あら?

これ・・・
制御基板に差さっているコネクタが傾いている
コネクタが傾いてますよ。

これか・・・

洗浄時に取り外したりしてちゃんと差し込まれていなかったと推測します。

まれに新品のエアコンでこのようなことも過去には遭遇しましたが滅多にありません。

一度コネクタを抜いて異常はないのできちんと差し込みました。

念のため他のコネクタも差し込み確認。
室内機制御基板のコネクタ差し込みを確認
他は問題ありませんでした。

これでリモコンを操作すると「ピピッ、ピッ、」と反応するようになり表示ランプも全部点灯を確認。

正常に使えるようになりました。

受光部部品を取り寄せなくてヨカッタ😅

危うく発注するところでした。

今回は点検と処置で完了となりました😊

不足や長すぎるねじは手持ちのものを使用し取り付けておきました。

エアコン洗浄をする業者さんは電気的、機械的なことには不慣れな方が多いので分解すると元通りに戻せないとか、壊してしまうことが多いですね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« ガスが漏れてエアコン入替え | トップページ | エアコン品薄、入替工事 »

エアコン点検」カテゴリの記事