フォト
無料ブログはココログ

リンク

« リモコン受信部の検証 | トップページ | エアコンからコンコン音がする »

2021年11月22日 (月)

既設の配管化粧カバーを利用

既設の配管化粧カバーを利用してエアコンの取り付けを、との依頼をいただきました😊
ご依頼いただき有り難うございます😄

計2台取り付けたのですがそのうちの1台です。

場所はマンションの一室。
既設の室内配管化粧カバー
このようにエアコンは取り外され配管化粧カバーだけ残されています。

室外側も
既設の室外配管化粧カバー
カバーがあります。

下の部分を見ると
配管化粧カバーの端末には部品が付けられている
端末にちゃんと部品が付けられてますね。

これを省く業者が割と多いんですよ。

この部品が付いてないと縦部分のカバーのフタがずり落ちてしまうんです。

(ま、あとでオチがあるんですけどね😆)

では取り付けを開始しますが
以前室内機を固定していたボードアンカーはねじ込み式
以前室内機を固定していたボードアンカーはねじ込み式ですね。

これを使うと抜けて室内機が落下することがあります。

エアコンの据付説明書にはこれを使用禁止と書かれています。

ねじ込み式は安くて取り付けも簡単なので経費節約と作業時間短縮のため今でも使用している工事屋さんがいます。

そしてこのアンカーが残っていると据付板が壁から1mm程度浮いてしまうので
ねじ込み式ボードアンカーは抜き取る
抜いてしまいます。

据付板を取付完了
金属製カサ式ボードアンカーを使用し据付板を取り付け
金属製のカサ式ボードアンカーを使用しました。

中央付近は内部の木下地にねじを効かせています。

これで落ちる心配はありません。

ボードアンカーの種類についてはこちらをどうぞ。

既設の配管化粧カバーに据付板(室内機)の位置を合わせているのでちょっと高めですが今回は仕方ありません。

本当はメンテ性や掃除のしやすさを考慮し天井から8cm程度は開けたいところです。

カバーを外すと配管穴には
配管穴の中にゴミが残されている
ゴミが残されてます😆

こういうところに施工者の性格というか姿勢が出てますね。

手前のゴミを取り除いて穴の中をみると
配管穴の外側にもゴミがある
外側にもゴミがあります。

こんな感じ
はがしたパテを穴の中につっこんである
はがしたパテを穴の中につっこんであります。

じつは穴も塞がれてなかったんですよ。

むか~し(社員時代)、会社に出入りしていた50過ぎの下請け業者が「穴の中にゴミつっこんで来ちゃった😁」なんて面白おかしく業者同士でワイワイ語っていたのを思い出します。

こういうしょーもないことで喜んでいるレベルの低さ・・・

おっと、まあいいか😅

外側のカバーを外していくと
カバーの部品が固定されていない
ありゃ取れちゃった😆

先ほどの端末に取り付けられた部品ですが固定されていないため取れました(まったくもう)

エアコン工事していると呆れることばかりですが・・・

お客さんに話してタイル目地に穴を開けてねじ固定
配管カバーの部品をねじ固定
これでよし。

手抜きというのはこのように見えないところで行われるものです。

さて気を取り直してエアコン設置完了。

室内
室内側設置完了

室外
室外側設置完了
このようになりました。

それと今回はお客さんのご希望で
ドレン逆止弁を取り付け
ポコポコ音防止のドレン逆止弁を取り付けました。

ちゃんと逆止弁の説明書をお客さんへ渡して掃除が必要なことを説明。

室外機の位置はこの逆止弁の掃除がしやすいところに設定しました。

試運転結果は良好。

既設の配管化粧カバーは機種により合わない場合や施工が悪く取り付け直しになることもあります。

エアコンを購入する前に事前の確認が必要です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« リモコン受信部の検証 | トップページ | エアコンからコンコン音がする »

エアコン工事作業」カテゴリの記事