フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2021年9月 | トップページ

2021年10月

2021年10月17日 (日)

リモコン受光部の汎用品使用に向けて

みなさんこんにちは😊

今回はリモコン受信部(赤外線受信モジュール)に関する実験。

リモコンが本体側の受光部の不良で利かなくなり、しかもメーカー基板部品が終了していてやむを得ずエアコンまるごと買い替えということが多々あります。

メーカーに受信モジュールまでの部品データなどは無いようで何が合うのかは不明です。

そのため以前より「汎用品での修理を・・・」と依頼はあったのですがお断りしていました。

しかしこの程度の故障で買い替えというのもどうなんだ?🤔

ということでパワー系(電力を多く消費するところ)でもないので対応を検討することにしました。
(パワー系だと万一事故が起きると火災になるケースがありますからね😅)

それにはまず安くて入手しやすい部品できちんと機能するのか確かめる必要があります。

まずは余っていたエアコンメーカー純正基板に付いているものから動作を確かめます。
赤外線受信モジュールをテスト中
左上にあるのは直流安定化電源です。

ここから右側の基板にある受信モジュールに電圧を加えてリモコン(今回は照明用😅)を操作したときに出力される波形を手前にある簡易型オシロスコープで見てみました。

そしてこちらがこのたび入手した汎用品の受信モジュール
入手した汎用品の赤外線受信モジュール
8個入り😄

中身は
赤外線受信モジュール
小指の先よりも小さな部品です。

こちらの部品もテストしてみます。
汎用品の赤外線受信モジュールをテスト中

結果は・・・

エアコンメーカー付属のもの
エアコンメーカー付属赤外線受信モジュールの出力波形
こんな感じ。

続いて汎用品
汎用品赤外線受信モジュールの出力波形
ほとんど同じですね。

汎用品の方が動作していないときの出力電圧が少し高くなっています。

計測したところこちらの方が内部抵抗が低いのでそのためかと思われます。

とりあえず使用できることは確認できました😄

問題と思われるのは端子の並び(VCC、GND、OUT)が異なるところ。

足をクロスに曲げてメーカー基板にうまく合わせるしかないですね。

機種によっては合わないことも考えられますが。

これで受光部不良での買い替えも減らせると思います😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年10月10日 (日)

ときどき勝手に暖房になる

冷房を使用しているとときどき勝手に暖房になるという点検依頼をいただきました😊

室内機はこちら
ビルトイン形の室内機
めずらしいビルトイン形です。

詳しく症状をお聞きすると冷房時に突然熱風が吹き出すとのこと。

こうなると室外機の異常が疑われますね。
点検する室外機
お客さんも技術系の方で”四方切替弁”あたりではと仰っていて当方もそれをメインに考えていました。

まずは室外機のカバーを外して・・・

うわぁ😱
カピカピに干からびたヤモリが端子台についている
カピカピに干からびたヤモリが端子台についていますョ。
(一応自主規制によりボカシがかかってます😅)

ちょうど室内外のシリアル信号線(赤色)の端子に胴体が接触しています。

内部を見るため更にカバーを外します。
室外機のカバーを更に外す

内側からヤモリを見てみると
ヤモリのアゴ部分が本体金属へ接触
アゴの部分が本体金属部に接触しています。

エアコンの金属部はアースされているため大地と同電位。

そのため信号線に接触した胴体からアゴにかけてそれなりに対地電圧が加わります。

それで感電死・・・
感電して死んでしまったヤモリ
かわいそうなので埋めてあげるそうです。

四方切替弁を点検したところ異常はなし。

どうやらヤモリが接触することでシリアル信号に乱れが生じて勝手に暖房運転をしたようです。

端子台のファストン端子は
腐食した端子台のファストン端子
電食を起こして腐食しています。

外して見ると
腐食したファストン端子を外した
結構ボロボロです。

ちょっと触ると
腐食して折れたファストン端子
簡単に折れてしまいました。

しかしこの端子部は基板から直接つながっているので部分的に交換できません。

また汎用品としては売られていないロック機構の付いた大電流にも耐える高強度なものです。

リード線とケーブルの線を直接接続する方法もありますが現段階では好ましくありません。

少しここで考えました。

室内機がビルトインタイプなのでこの先基板が壊れた際、部品の出荷が終了していると修理不能で本体交換工事となり高価な本体と工事代が問題となります。

普通の壁掛形とは違い高価なんですよね。

そこで基板を今のうちに新品に交換してできるだけ寿命を延ばす方法をお勧めしました。

お客さんの了解をいただき部品を取り寄せて修理です。

取り替えるのはこの基板
室外機の基板を取り替える

取り外した基板と取寄せた新しい基板
取り外した基板と新しい基板
袋に入っているのが新しい方です。

パワー系の放熱板が新しい方にも付いた状態なので楽です😄

交換して試運転
基板交換して試運転
四方切替弁の動作も問題なく終了です。

取り外した基板はまだ使えるのでお客さんへ渡しました。

他の部屋にも同容量の同じ機種が付いているとのことで保管しておけば万一の時には安心です。

エアコンは隙間だらけなので虫などの侵入で故障してしまうことはたまにあります。

近頃では端子台部分に入られないようにするためかスポンジパッキンが付いている機種も見かけますね。

メーカーも少しずつ改良をしているようです😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年10月 8日 (金)

木造一戸建てで左後ろ配管

木造一戸建てへエアコン取り付けの工事です😊

数年前にもご依頼いただいたお客さんのお宅へ2台のエアコン増設へ伺いました。
(いつもありがとうございます😄)

そのうちの1台。
エアコンの取り付け前
ここへ室内機を取り付けます。

取り付けるのは新品
新品の室内機
まずは壁に据付板を取り付けて配管穴を開けるのですが・・・

壁の中に柱があって右後ろへ配管穴を開けることができません。
柱があり右後ろに配管穴を開けられない
エアコンは基本的には本体の右後ろに配管穴を開けるようにできているのですが今回は左後ろに開けることにしました。

穴を開けたらそこへスリーブ(筒)を取り付けて
配管穴を開けてスリーブ取り付け
右後ろ配管であればここで室内機を引っかけるのですが左後ろではその前に準備があります。

ドレンホース(排水用ホース)の差し替え。

室内機に付属のドレンホース(本体右側)を外して
室内機本体のドレンホースを外して
本体左側のドレン接続口へ取り付けます。

左側の口にはゴム栓があるので
ドレンパンのゴム栓
これを右側の口へ取り付けます。

左側にドレンホースを取り付け
ドレンパンにドレンホースを取り付けねじで固定
抜け止めのネジで固定。

このように排水が流れやすいように配管の取り出し方向へ合わせてドレンホースを左右差し替えます。

室内機の引っかけ準備ができたらフレア加工した冷媒管を外側から差し込みます。
外側からフレア加工した冷媒管を差し込む
左側配管の場合は本体背面に冷媒管の接続がくるため。

これが右後ろ配管であれば屋外側で接続できます。(このほうが施工が楽)

接続位置を計測してそこに合うように曲げます。
スプリングベンダーを使って冷媒管を曲げる
急角度に曲げるので銅管のツブレ防止にスプリングベンダーを使用しました。

室内機を掛けて配管接続し断熱。
配管接続して断熱
断熱材の周囲をビニルテープ、コーテープ、防湿テープの順に重ねて巻きます。

本体裏に隠れる部分ですが結露することがあるためこのようにします。

ドレンホースがストレートに穴に入っているのが確認できますね。

電線等の処理も終わったら浮かしていた室内機を定位置へ
配管するため浮かしていた室内機を定位置へ

その他こまかな作業が終わったら前面の化粧パネルを取り付けます。

このエアコンはダイキンのrisoraという機種で化粧パネルが別梱包になっていました。
前面の化粧パネルが別梱包
パネルのデザインや色を選べるのでこのようになっているようです。

パネルを取り付けて
前面の化粧パネルを取り付け
このようになりました。

床とクローゼットの扉に合わせてこのデザインを選んだそうです。

risoraのいいところはデザインとやっぱり室内機の薄さですね。

壁への負担も小さくなかなかよいです。

フィルター自動掃除機能が付いていないところもGood😄
(このことはわかる人にしかわからないですね)

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年10月 6日 (水)

どこまで信用するか・・・

エアコンの交換(入れ替え)工事が終わって試運転前に気になることがあるのでコンセントを調べます。
200Vエアコン専用コンセント
200V用のコンセントなのですが・・・

エアコンも200V仕様なので電圧は問題ありません。

コンセントが上下ひっくり返しに付いてますが以前コンセントの工事を行った人がエアコンの電源コードの取り回しを考慮しこのようにしたのでしょう。

ところでエアコン用の200Vのコンセントには
200Vコンセントのかたち
このように接地極(アース極)が必ず付いています。

それは200V仕様のエアコンの電源プラグにも接地極の棒が出ているため。

なのでたとえコンセントの裏側に接地線(アース線)が接続されていなくても接地極付きコンセントを付けなければなりません。

ということはもしかするとここへ電源プラグを差してもアースが接続されない可能性がありますね🤔

接地抵抗計で計測してみるとやはりつながっていませんでした😞

以前設置されていた某量販店さんで取り付けたエアコンはアースが接続されないまま使用されていたことになります😱

コンセントを外すと・・・あれ?
コンセントを外すと接地線はつながっている
赤色で接地線はつながってますよ🤔

通常は緑色を使用しますがケーブル配線の場合は他の色が使われていることが多くあります。

これは元の方で接続されてないですね。

このことをお客さんに説明して建物の電気工事を担当した人へ連絡していただくことになりました。

ところが後日メールが届き電気屋さんに連絡がつかないとのこと。

こちらで接地工事(アース工事)を行うことになりました。

D種接地工事です。

まずはコンセント側の接地線を外して絶縁処理。
コンセント側の接地線を外して絶縁処理
後に間違いなどが起こらないように外してしまいます。

室外機の脇に接地極を埋設
室外機の脇に接地極を埋設
(ここでいう接地極は地面に埋設する電極のことです)

接地極をハンマーなどで打ち込んではいけません。

すでの建築の終わった建物の周囲は設備配管などが張り巡らされているためアース棒などを打ち込むと危険です。

この時点で接地抵抗の測定
接地抵抗の測定
170ΩでOK😊

規定の漏電遮断器が設置されているので500Ω以下でOKとなります。

アース棒を地表面から”コンッ、コンッ、”とハンマーで打ち込んで接続するだけ(5分で完了)では電気工事士とは言えません。

地面を掘って接地極を埋設したら接地抵抗を測るのが当然です。

接地抵抗計を持っていないとか、測り方を知らないというのはもう論外ですね。

接地抵抗計を外して掘った穴を埋め戻します。
接地抵抗に問題なければ地面を埋め戻す

このエアコンの場合室外機のカバーを外して
室外機の接地端子へ接地線を接続
接地端子へ地面から出た接地線を接続します。

カバーを戻して工事完了。
カバーを戻して接地工事完了
これで安心して使えるようになりました。

コンセントにある接地端子はどこまで信用していいものか判断が難しいですね。

電気工事のミスにより接続されていない場合やエアコン業者により省かれているものなど様々です。

それに加えて勘違いを生む200V仕様のエアコンのプラグ形状(接地極付き)も問題なんですが。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年10月 3日 (日)

作業車の整備

当方の作業車(軽バン)は今どき珍しいマニュアルトランスミッション車(MT)です😆
21100330
いまではオートマチックが普通になっていますが軽自動車で荷物を積むとやっぱりMTのほうが扱いやすい。

「マニュアルなんて渋滞とかでかったるい」なんていいますが長く乗り続けていると体が無意識に操作するのでなにも感じません。
体がオートマチックになってます😅

これが逆にオートマチック車に乗ると左半身がかったるくなると同時に思った通りに動かず疲れるんですよ。
(もう変人の域に達してます🤣)

ですが近頃当方の作業車は急な登り坂で停止するとサイドブレーキを使用しないと不安で更にエアコンを切って発進。

エアコンが入っているとエンジンが吹け上がらずエンストしそうになります。

平坦な道でも発進時エンジンからカリカリ・・・と聞こえてくる始末。

以前はこのようなことはなく車両の走行距離も11万キロを超えてそろそろエンジンがくたびれてきたのかなぁと思っていたのですが・・・

ふと思ったのがエンジンの点火系。

去年の車検時にはスパークプラグを交換してますがイグニッションコイル(プラグをスパークさせるために高電圧を発生させるもの)はこれまで交換したことがありません。

結果はどうなるか、やるだけやってみようということでネット通販で購入してみました。

この程度の整備であればプラグ交換より楽ですからね。

それに突然の故障で走行不能になるのはなにより問題なので予防整備的な意味もあります。

― 作業開始 ―

すでに古いコイルは撤去しました。
イグニッションコイルを外した
軽でよくある3気筒

バンタイプでエンジンは運転席と助手席の真下にあります。

外したイグニッションコイルがこれ
撤去したイグニッションコイル
純正なのでデンソー製のようです。

昔の車と違って1気筒ずつコイルがあります。

車いじりの好きな方は”デスビ(デストリビューター)”なんて懐かしいのではないでしょうか。

すっかり見なくなりましたねぇ。

余談ですがエアコンにもデストリビューターと呼ばれる部品があるんですよ。

でもこちらは電気を分配するのではなく冷媒を分配するものですが。

話を元に戻してプラグホールの中に異常がないか見てみます。
プラグホールの中を見る
オイル漏れ等はなさそうですね😊

そして新しく取り付けるコイルは
NGK製のイグニッションコイル
NGK製にしました。

昔から馴染みのあるメーカー。

取り付けは簡単、差し込んでコネクタを差すだけ。
新しいイグニッションコイルを取り付け
コイルをボルトで固定します。

今回は一応コネクタ接続部に接点復活剤を塗布しました。

カバーをして完了です。
イグニッションコイル交換完了
走行してみての感想は・・・

まず発進時のカリカリ音がほとんどしなくなり坂道発進も楽になりました。

全体的に力強くなったので交換して正解。

やっぱり古いコイルはかなりくたびれていたようですね。

いろいろ調べるとイグニッションコイルの寿命は10万キロ程度のようです。

とくに軽自動車はエンジンの回転数が普通車よりも高いためそれより早く寿命を迎えることもあるようです。

仕事用の車なので維持管理も大切ですね。

次はそろそろバッテリーか・・・😆

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年10月 1日 (金)

台風の影響で工事作業延期

今日は台風16号の影響で朝から雨🤔

本日予定していた工事が延期になりました。

であればと神奈川県庁へ・・・
神奈川県庁
何のためかというと電気工事業の廃止届の提出に行きました。

先日のお知らせ記事にも書きましたが東京都内へ移転し、手続きしたそちらの電気工事業登録証が届いたので今度はいままで登録していた神奈川県での廃止手続きです。

20年以上前にはじめて登録をしたのも神奈川県。

その頃はまだ第一種電気工事士の免状を取得していませんでした。
(それよりずっと以前から取得は可能だったのですが面倒なので申請していなかったんですよね😆)

なので第二種電気工事士の免状で登録したわけですがその場合、実務経験証明書を提出しなければなりません。

以前勤務していた会社(電気工事業)へ行き証明書に社長から判をもらって県庁へ・・・

不備を指摘され却下🤣

再度以前の会社へ・・・帳簿から調べて書き直し社判を押してもらって県庁再訪問。

そしてようやく受理されました😅

しばらくして登録証が届いたときはホッとしたと同時にうれしかったですね。

その後何度も更新手続きで訪問しましたがこれでしばらくは来ることもないでしょう。

コロナ禍ということもあり郵送でもできたのですがなんとなく最後くらいはと思い出向きました。

窓口で登録証と廃止届の書類を提出、チェック後に受理され完了。

いままでありがとうございました😊

ちなみに神奈川県で電気工事業の登録をしていたからといってそのまま東京都で引き継いでもらえるわけではありません。

東京都で新規登録(はじめて登録するときと同じ)し、神奈川県は廃止届という流れになります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2021年9月 | トップページ