フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月30日 (水)

入替工事、隠蔽配管に漏れは?

以前こちらで修理したエアコンを新しいものへ交換する工事です😊

その後ガス漏れが再発していないか、また工事の方法等を検討するため事前に現地調査を行いました。

もしもガス漏れしていたら隠蔽配管に問題がある可能性があり施工できません。

修理から4年近く経過してますが結果は問題なし😄

見積もりをしてOKをいただいたので工事に伺います。

撤去するのはこちら
撤去する室内機
なんだか配管の取り回しが中途半端な感じですね。

電源コードも長いまま束ねてあってなんとかならなかったんでしょうか?

左下には点検口
隠蔽配管と接続するための点検口
この点検口は室外機へとつながる隠蔽配管と接続するためにあります。

[隠蔽配管とは]
ここでいう隠蔽配管は先行隠蔽配管で建物建築時に壁や天井内部に配管されているもの。
埋設配管などともいい、交換するには壁や天井を壊さないとできない。

室外機側は
撤去する室外機とその周辺
室内側の画像と見比べるとまるですぐ後ろの窓のある部屋に室内機が付いているように見えますがそうではありません。

隠蔽配管で離れた部屋までつながっています。

前回の修理で手つかずだった冷媒管のジョイントが配管化粧カバーの中にあるのでそこも今回は交換してしまいます。

点検口を開けて
点検口を開けると前回修理した冷媒管接続部がみえる
4年前に修理した冷媒管接続部があります。

左にある電線の接続は差込形コネクタが使われていて何の防護もされてないのでここも直します。

ドレンは・・・
パイプスペース内のドレンホースに断熱がされていない
断熱されてないですね😅

これじゃ夏場はホースがびっしょり結露します。

これでよしとする感覚がわかりませんな🤔

撤去完了
エアコン撤去完了

室内機から点検口までのパイプ電線類も撤去
撤去したパイプ電線類
新しいものへ交換します。

取付作業開始

ちょっと作業が飛びますが室内機を取り付けたら点検口内で冷媒管を接続し断熱
点検口内で隠蔽配管と室内機からきた冷媒管を接続し断熱
この上からコーテープを巻いて更に防湿テープで仕上げます。

ドレンホースを塩ビ管に接続し、電線も接続。
断熱ドレンホースを塩ビ管へ接続し、電線を圧着接続
もちろんドレンホースは断熱材が付いているものを使用。

電線は圧着接続です。

ひねったら簡単に取れてしまうような差込形コネクタは使いません。

圧着したところには絶縁キャップを取り付けて
圧着したところに絶縁キャップを取り付け
いまはテープ巻きなんて手間のかかることをしなくても便利なものがあります😄

ビニルテープだと劣化してはがれることもありますが絶縁キャップはその点安心です。

さらにこの上に
電線接続部に防護カバー
防護カバーを取り付けます。

電線の接続部は露出させてはいけません。

室内側施工完了
エアコン室内側施工完了
以前とは配管の仕方を変えているのがわかりますか?

次に屋外の作業
配管化粧カバーの中に冷媒管接続部がある
配管化粧カバーを開けると冷媒管の接続部があります。

断熱材をはがして
冷媒管接続部
ユニオンと呼ばれる接続器です。

これは新しいものに交換します。

ユニオンから冷媒管を外して見ると
冷媒管フレア面に段やバリがある
この部分をフレアといいますが段やバリがあって汚いです😅

フレアは冷媒のシールの役割をしているので肝心なんですよ。

フレア加工の仕上がりを見れば工事人の仕事に対する姿勢や技量がわかるってもんです。

配管、電線を接続し室外機も設置完了
室外機設置完了

試運転
エアコンの設置が終わって試運転中
問題なく終了しました😊

隠蔽配管はどうしても途中の接続が多くなってしまいますね。

その分工賃も高くなります😅

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年6月26日 (土)

パテが取れてしまった

エアコンのパイプを通している外壁の穴に埋めてあるパテが取れてしまったとの修理依頼をいただきました😊

戸建ての2階できれいに無くなってますね😅
配管パテが取れてしまっている
お客さんはエアコンから鳥の鳴く声が聞こえてきて気付いたそうです。

ずいぶん前に地面に白いもの(パテ)が落ちていたそうですがそれが埋めてあったパテとはわからず気にしてなかったとのこと。

このエアコンを取り付けた人はこのパイプの仕上がりからしてベランダから身を乗り出して片手でパテ埋めをしたのかもしれません。

配管パテは時間が経つと硬化して粘着力が弱まるためしっかり押さえないとしばらくしてはがれてしまうんですよ。

工事というのは作業の時間を短縮しようとすると必ず質が落ちます。

経験上、工事はゆっくりやっても必死に急いでやっても時間はほとんど変わりません。
急げば無駄な動きが多くなりミスや事故を誘発するだけ。

時間短縮の一番簡単な方法は何かわかりますか?

そう、”てぬき”です。
だから質が落ちるわけです。

梯子を用意して作業開始
配管パテ補修のため梯子を用意
伸ばして登ります。

配管穴の状態
配管穴の中にはスリーブがない
中にスリーブ(筒)がないですね。

これでは虫も壁の中へ入り放題😆

ヘタすると建物内にハチの巣が作られてしまうこともあります。

いまさらスリーブを取り付けることはできないのでパテ埋めのみ行います。

パテでふさいで
配管パテで穴をふさぐ
しっかり押さえたのでこれで大丈夫です。

今回はさらに
パテの上にシリコンコーキングで補強
違いがわかりますかね。

パテの上にシリコンコーキングを薄く塗布しました。

これではがれ防止とパテの硬化も防ぐことができます。

降りて作業完了。
穴埋め作業完了

1階など低いところであればホームセンターなどにパテが売っているのでご自身で補修されてもいいと思います。

室内で仕上がりが気になるのでしたら専門の業者へ依頼するのも方法です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年6月23日 (水)

室外機の台をコンクリート製に交換

室外機の台を交換する作業の依頼をいただきました😄
ありがとうございます!

こちらで取り付けたエアコンではありませんができることであれば施工します。

現状は
2台並んで設置されている室外機
マンションのベランダに2台並んで設置されています。
(奥の室外機の上にあるのは当方の工具です😅)

室外機の台は
汎用の室外機台(プラスチック)
よく見かけるプラスチック製です。

この台はプランターをひっくり返したような形で軽いんですよ。

去年の強力な台風ではこちらの室外機が移動してしまったそうです。

そこで質量のあるコンクリート台に交換しようというわけです。

周囲を見るとベランダが建物の角で見晴らしがいいんですよ。
室外機の置いてあるベランダは建物の角で見晴らしがいい
ということは風の影響を受けやすいということです。

この日街ではそれほど風は強くはなく雨は降ってましたが作業に問題ないように感じました。

しかしベランダに出てみると強風で雨が吹き付けびしょびしょです。

”あぁ、こりゃ台風来たら室外機動くわなぁ”などと考えながら作業開始。

ジャッキを使い室外機を上げます。
作業車のジャッキを使い室外機を持ち上げる
手で持ち上げるのは大変ですからね。

プラスチックの台を外して
プラスチックの台を外して

重いコンクリート台を入れます。
コンクリート台に交換
2台、計4本入れ替えます。

施工完了
室外機の台をコンクリート製に交換完了

室外機と台はボルトナットで固定します。
室外機とコンクリート台はボルトナットで固定

今回はお客さんの希望でコンクリート台の長さは40cmを使用しました。

さらに安定性を考えるならばもっと長め(重め)のものを選定する方法もあります。

近年室外機の質量が小さくなる傾向があるので台風や春一番などの風の影響も考慮する必要が出てきましたね。

設置場所によりその影響は異なるので各々判断する必要があると思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年6月18日 (金)

落ちたエアコンを新品へ交換

室内機の落下したエアコンを新品へ交換する工事を行いました。
(ご依頼ありがとうございます😄)

一年程前に落下してそのときは点検に伺いました。

当時の状況はこんな感じ。
落下してつっぱり棒で押さえてある室内機
向かい側にある梁との間につっぱり棒3本で押さえてありました😅

有名な通販会社で購入、そこの下請け業者が取り付けたそうです。

本体は製造から10年程度経過しており室内機やその他もろもろの状態を見て買い替えをお勧めして点検を終えました。

しかし購入したのは6年程前とのことだったのでかなりの型落ち品だったのでしょうか?

その後約一年経過。

すっかり忘れていましたがお客さんから連絡があり入替工事をおこないます。

現地到着・・・あらま。
室内機が落ちたまま
室内機が落ちたまま置かれてました。

室内の壁などはきれいに改装されてました。

据付板をみると
ねじ込み式ボードアンカーで室内機が落下
ねじ込み式ボードアンカーが使われてますね。

これは室内機落下の定番。

巻貝のような形をしてます。
抜けたねじ込み式ボードアンカー
なぜこれを使用するのかというと安くて施工が簡単だから。

安い金額で請け負ってしかも数をこなそうとする業者さんにはぴったりな材料😆

でもあちらこちらで落下事故が発生してさすがにメーカー側も”これじゃいかん”とこのタイプは使用禁止になりました。

新しく取り付ける室内機は奥行きのある機種のため金属製カサ式ボードアンカーでもやはり落下の危険があります。

お客さんには事前に躯体コンクリートへアンカーを打ち込む許可を得てもらいました。

コンクリートアンカーは室内機を支えるに十二分の強度があります。

アンカー打ち込みの画像は撮り忘れ😅

これはアンカーを打ち込む棒(打込棒)
アンカーを打ち込む打込棒
コンクリートドリルで下穴を開けてアンカーをセットしたらこの打込棒で叩くとアンカーが広がり固定されます。

打込棒もハンマードリルに取り付けてドリルのハンマー機構で行います。

アンカーを打ち終わったら全ネジボルトを切断します。
全ネジカッター
全ネジカッターで”ウィーン・・・”

パキッ!
全ネジをカット
とこんな感じ。

右下に下穴を開けたコンクリートドリルが写ってますね。

ボルトをアンカーへセットします。
ボルトをアンカーへねじ込みセットする
右側はまだ切断位置計測中です。

据付板を取り付け
据付板を取り付け
ボルトにナットとワッシャーで固定しました。

コンクリートと表面の石膏ボードの間は数センチの隙間があるため念のためネジでズレ止めしています。

室内機取り付け完了
室内機取り付け完了
これで落ちる心配はありません。

躯体コンクリートへのアンカー打ち込みはどこのマンションでもできるわけではありません。

許可は管理組合等の判断になりますので不可の場合、室内機用の補強がされていない建物(壁)では取り付けられる機種もある程度限定されます。

たとえ補強がされていたとしても強度に問題がある場合も散見されるので機種選びも慎重にする必要がありますね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年6月13日 (日)

一戸建て、左後ろ配管

今回のお客さんは十数年ぶりに依頼をいただきました。
(ありがとうございます!)

前回伺ったのは新築のときだったと記憶しています😊

今回は新品のエアコンを子供さんの部屋に取り付けます。

取り付け開始
室内機を取り付け開始
据付板を仮固定したら配管穴の位置を決めます。

通常は本体右側に穴を開けるところなのですが理由があり左にしました。

配管穴は壁内の柱や筋交いなどを避けて決定します。

たまに工事屋さんでいるのがいきなりコアドリル(配管穴を開けるドリル)で内壁を開けてしまい、
”しまった・・・筋交いがあった😱”
とそこでとどまらず
”お客さんのいないうちにそのまま開けちゃえ!”
と知らんふりしてさっさと室内機を付けてしまう人。

これねぇ、必ず後になって発覚するんですから。

筋交いどころか柱を抜いてしまった家を見たこともありますよ。

それはさておき、本当はもう少し左に穴を開けたかったのですが柱があって据付板ぎりぎりに寄せた位置になりました。

内壁の石膏ボードを開けきる寸前でドリルを止めます。
内壁の石膏ボードを開けきる寸前でドリルを止める
なぜそうするのかわかりますかね。

壁の中、特に柱近辺は電線が入っていることがよくあります。

それを気にせずドリルで抜き切ってしまうと電線までブチッと切ってしまうんです。

これエアコン工事初心者がよくやるんですよ。

石膏ボードを手で取ります。
内壁の石膏ボードは手で取る

断熱材が正面にありますね。
石膏ボードを取ると断熱材が見える
この断熱材と石膏ボードの間に電線が挟まっていることがあるので注意が必要なんです。

断熱材はそのままドリルで開けようとすると絡まって周囲まで大きくはがれてしまうので避けます。

すぐ左には柱があります。
穴の左には柱が見える

ここまでしたら内側からドリルで外壁を抜きます。

外壁にセンタードリルが貫通した時点で止めて確認。
外壁にセンタードリルが貫通したところ
穴あけ位置は問題ありませんね。

事前に外壁を確認して室内から見て右にはタイルが貼られていたため左に穴あけしました。

穴あけ前の外壁側確認は必須です。

以前どこかの下請け業者さんが外壁を見ずに穴を開けてしまいそこにはシャッターの巻き込み部分があり新築なのにいきなり補修工事となったお家を見たことがあります。

外壁まで貫通
コアドリルで外壁まで貫通
どうでしょう、外に向かって下り勾配なのわかりますかね。

エアコンの穴はドレン排水などのために勾配を付けて開けるのが基本です。

慣れてくればドリルの構えを体が覚えて考えなくても自然と下り勾配がつくようになります。

穴にスリーブを付けたら冷媒管を入れて前もって形づくっておきます。
穴にスリーブを付けて冷媒管加工
室内機を掛けてしまうと加工がしにくくなるため。

なんやかんやで取り付け完了😅

室内機試運転中
室内機試運転中

外は配管化粧カバー
屋外のパイプには配管化粧カバー

室外機
室外機

試運転も良好な結果で完了です😊

十数年前に引っ越しで当店が移設したエアコンはまだ元気に動いているとのこと。

とっくに壊れて入れ替えているかと思ったらずいぶん長持ちしてますね。

また機会があれば宜しくお願い致します😄

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年6月 4日 (金)

30年前のエアコンを新品へ交換

十数年前から幾度となくお世話になっているお客さんより「交換工事を」と依頼をいただきました。
いつもありがとうございます😄

そして今回撤去するのはこちら
撤去する30年前の室内機
時代を感じさせるデザインです😅

サンヨー
サンヨーのPUROO
今はなきサンヨーのPUROO(プル―)です。

このPUROOというと30年以上前に会社(当時会社員)から車での帰り道で二子玉川駅前から橋を渡っていくと二子新地側の建物の屋上に大地真央さんの映る大きな宣伝看板があったのをよく覚えています。

日本が空前の好景気に沸いていたバブルの末期から弾けた直後頃だったような気がします。

テレビのCMでもやってましたねぇ。

いや懐かしいなぁ、ってそりゃどうでもいいですね😆

本体に年式は表示されていませんが電源コードを見ると
エアコンの電源コードに1991年
1991年とあります。

これで約30年前のエアコンということがわかります。

でも運転してみたらこれがよく冷えているんですよ。

やはり昔の製品は耐久性がありますね。

室外機
撤去する30年前の室外機
地面ということでブロックを使用しているのでこれはそのまま使わせていただきます。

パイプが壁から下りてきてそのまま室外機につながってますがこれはよくありません。

地面が下がってもいいように余裕を持たせることが必要です。

化粧カバーもお客さんの希望でそのまま再使用するのですが
化粧カバーのフタがズレ落ちている
フタがズレ落ちてますね。

端末にズレと外れ防止のため部品を付ければいいのですが省かれています。

ということは上を見ると
化粧カバーのフタがズレ下がりパイプが見える
ご覧の通り😆

カッコ悪いこともさることながらこれでは直射日光で断熱材が劣化します。

いまでも勘違いしている工事屋さんがいますがフタを取り付けた時は手で動かそうとしてもかなりの力を入れないと動きません。

それで端末に部品を付けなくても大丈夫と判断しているようです。

でもねぇ~、浅はかなんですよ。

なにがフタを下げるのか・・・

それは日光と重力です。

直射日光の熱によりフタ側は伸縮を繰り返すんですよ。
(日が当たると熱で伸び、陰になると縮む)

そこに重力も加わっているため徐々に尺取虫のように下がっていくわけです。

このカバーは入手できないので下がり止めの対策で対応することにします。

アース工事がされていると思ったら
アース線が細い
アース線(接地線)が細いのでこれも施工し直しですね。

いやーさすがに30年、ケーブル表面が劣化してます。
30年でケーブル表面が紫外線で劣化
紫外線によるものです。

劣化は表面だけですけどね。

このバルブ(バブルじゃないです😁)
昔の三方弁
昔の三方弁です。

いまのエアコンを見ても同じ形の三方弁が使われていますが古くからエアコンに携わっている人であれば一目でわかりますよね。

この弁はサービスポート(真空引き、ガスチャージ、圧力測定などをするポート)にバルブコア(逆止弁)が付いておらずバルブの操作によってサービスポートの開閉を行います。
(前にここで紹介したことがあります。)

撤去は終わり取り付け工事へ・・・

取り付けは特に取り上げることもないので簡単に書きます😅

据付板と穴スリーブの取り付け
据付板と穴スリーブの取り付け
スリーブは中途半端なものが付いていたので交換しました。

室内側設置完了
室内機設置完了
こちらのコンセントはカーテンが覆いかぶさるような感じなので万一発火などすると大変危険です。

お客さんにはカーテンがかからないように対策を講じていただくようお話ししました。

エアコンの設置が終わりアース棒を埋設
エアコンを取り付けて接地工事まで完了
地中が粘土質のような土だったのでアース棒(接地極)を差し込むのがたいへんでした😅

接地抵抗値は
接地抵抗値
230Ω位です。

こちらのお宅の場合は500Ω以下であればOKなので問題なし。

試運転も終わってすべて完了となりました😊

30年前のエアコンは頑丈ですね。

現代とは設計思想が違うようです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »