フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 室内機が落ちそう・・・ | トップページ | 今年も混んできました😅 »

2021年5月 7日 (金)

エアコン回路で漏電

分電盤(ブレーカーのところ)にある漏電遮断器が作動して電気が切れるようになり、エアコンのブレーカーを入れると切れることが判明したとのことで点検の依頼をいただきました😊
(場所は川崎市内のマンション)

まずはエアコン全体の絶縁抵抗を測定したところほぼ0Ωなので完全に電源ラインがケーシングなどに接触している状態と思われます。

漏電箇所を特定するために室内外連絡線を抜いてみると
漏電を調べるため室内外連絡線を抜いた
室外機内で漏電していることがわかりました。

室外機をばらして基板を見ます。
室外機の基板をみる
まず怪しいのはコンプレッサー。

どれどれ(コンプレッサーのモーター回路に絶縁抵抗計をあてて)
コンプレッサーのモーター回路に絶縁抵抗計をあてて
やっぱり😞・・・

絶縁抵抗計の針は
絶縁抵抗計はほぼ0Ωを指している
ほぼ0Ωです。

コンプレッサーで漏電です。

ルームエアコンのコンプレッサーは全密閉形でモーターだけ交換することはできません。

ガスの入れ直しも必要となるため部品代、修理代が高額。

残念ですがルームエアコンでは本体を新品に買い替えたほうがいいですね。

こちらのエアコンは製造から15年を超えているようなので部品の供給も終わっていて寿命といえます。

室外機を元通りに戻して終了となりました。

雨の日とかにたまに漏電遮断器が作動するというお宅はどこかで漏電している可能性が高いので点検を行いましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 室内機が落ちそう・・・ | トップページ | 今年も混んできました😅 »

エアコン点検」カテゴリの記事