フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 資料があてにならないことも | トップページ | エアコンの接地工事 »

2021年3月12日 (金)

暖房をしても暖かくならない

横浜市内のマンションにてエアコンの暖房をしても暖かくならないとの点検依頼をいただきました😊

本体の使用年数は10年を超えています。
部品の必要な修理の場合は在庫切れでだめかもしれません。

到着して作業車を駐車場にとめ、とりあえず温度計とリークディテクタ(ガス漏れ検知器)を持って訪問しました。

室内機
暖房が効かなくなったエアコン
まずは状況確認のため暖房運転をしました。

画像はありませんがこのとき真っ先に見るのは室外機。

室外機が回り出したらバルブに手をあてて冷媒の往きと戻りの暖まり具合を確認します。

原因は簡単、すぐに室内機の汚れと判断しました。

駐車場までは距離があるため椅子をお借りしてフィルターを抜いて見ます。
詰まったエアコンフィルター
表面は真っ平できれいないように見えますが詰まってます😅

空に向けて透かして見ると
詰まったフィルターを空に向けて透かして見る
うすらぼんやりとしか見えませんね。

このエアコンは自動フィルター掃除機能付きなのでブラッシングによって表面のホコリは取り去られていますが、逆にフィルターメッシュに押し込むことにもなります。

また室内機の設置場所はリビングのためキッチンが近く調理の油煙で表面は油分が付着しそれがまたホコリをくっつけて目詰まりさせます。

自動掃除のブラッシングで格子の部分はきれいです。(意味なし😆)

2年程前に業者さんにエアコン洗浄をしてもらったらしいのですがフィルター自動掃除機能だけでは不十分なことがわかります。

これまで見てきた経験上、自動掃除に任せていると2~3年で完全に詰まってしまうところが多いようです。

まあそれ以前に効率低下は始まっています。

毎日使用するので徐々に効率が落ちても気が付かないんですよね。

お客さんにフィルターを洗剤で洗っていただきました。
洗ったエアコンフィルター
すっかりきれいになりました。

油分を含んだ汚れのため掃除機や水洗い程度では落ちません。

またお客さんに洗ってもらうのは今後のメンテナンス方法をご自身で体験、検討していただくためでもあります。

フィルター掃除のために業者を呼んでいたら大変ですからね。

空に向けて
空に向けて透かしたフィルター
きれいな青空😄

フィルターを室内機に戻し温度測定結果は吸い込み18℃、吹き出し50℃で快調。

吹き出す風も強くなってまだまだ使えそうですね。

フィルターの詰まった状態で冷房や除湿を使用すると室内機の中がカビやすくもなります。

湿気がなかなか抜けないためです。

以前から何回も言ってますがエアコンの自動掃除機能はダメ機能なので面倒ですがフィルターは外して目で見て手で掃除しましょう。

「それじゃ自動掃除の意味ないじゃん・・・」はい、意味ありません。

宣伝をそのまま信じてはいけません😆

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 資料があてにならないことも | トップページ | エアコンの接地工事 »

エアコン点検」カテゴリの記事