フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月27日 (水)

コンクリート用アンカー

数年前に当店で取り付けたエアコンの取り外し工事に伺いました。
(建物はUR賃貸住宅)

取り外してみると
室内機固定用の穴が4つ?
室内機の固定用ボルトの穴が4つあります。

室内機は2本のボルト(公団ボルト、左右45cm間隔)で固定します。

”なんで余分な穴があるんだっけかな?”と考えていましたがだんだんと思い出してきました。

取り付け工事を行ったときに躯体コンクリートに打ち込まれているアンカーが抜けてきたんですよ😱

そこでお客さんからURへ連絡を入れていただき、アンカーの打ち直しを要請したためこのようになっていたんです。
(URさんの場合はそこの契約業者が打ち直しに来てくれます)

帰ってからデータを調べたら、途中で作業を中止して後日再訪問した記録が残っていました。

お客さんが保存していた穴のフタなどと一緒に抜けたアンカーもありました。
抜けたコンクリート用アンカー
このタイプはよく抜けるんですよ。

むか~しの業務用エアコンの室内機(天カセ形や天吊り形など)でもコンクリートスラブへこのアンカーがよく使われてました。
入替工事で吊っていたボルトを回して抜こうとするとアンカーごとスポンってとれちゃうことがあるんです。(こわ~)

構造に問題があるのだと思いますが・・・

このアンカーは
コンクリート用アンカー
(黄色の枠線がコンクリートに開けた穴だと思ってください)

奥にコーン(外部コーン式)があって、アンカー本体を打ち込むことでコーンに押されスリット部分が広がりコンクリートに固定されます。

この時点で”おや?”と思いますよね。

そう、周囲のコンクリートを削りながら打ち込むので抜けやすくなるのは当然。
どの程度打ち込めたか視認することができず、打ち込みが硬くなりやすいため途中で完了したと勘違いする。

URさんで打ち直してもらったアンカーもやはりこのタイプ。

昔(公団)からの仕様で決まっているのだと思います。

エアコン工事を始めてから30数年経ちますが上記のアンカーはほとんど使ったことがありません。

そのころには既にもっといいものが登場しています。

それがこれ
当店で使用しているコンクリート用アンカー
当店で使用しているタイプのアンカーです。

広がる部分は
アンカーの広がる部分
同じようにスリットが入っています。

コーンはどこにあるのかというと
アンカーの中にコーンがある
アンカーの中にある内部コーン式。

打ち込みは
内部コーン式のアンカー
打ち込み棒を使用して内部コーンを奥へ入れることでスリットが広がり固定されます。

打ち込みの完了もわかりやすく確実です。
このアンカーが抜けたのは見たことがありません。

いまでも外部コーン式は売られているので需要はあるようですね。
使う気にはなりませんが。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年1月23日 (土)

ガス(冷媒)漏れ点検へ

昨年エアコンが効かなくなって他の業者(便利屋さんらしい)にて点検修理を行ったところ1ヶ月程度でまた冷媒不足のエラーが出てしまったとのことで今回は当店が伺いました。

ご依頼いただき有り難うございます😊

前回の修理では室内機と室外機両方の接続から漏れているという判断でそこを直してガスを充てんしたそうです。

その後再びエラーが出た時点でお客さんが他にも接続がないか調べたところ途中にもうひとつあったそうで、そこから漏れているのではないか?と連絡をいただきました。

状況は
ガス漏れ点検のため配管化粧カバーを開けた
このようになっていて配管化粧カバーは点検のため開けてます。

前回修理をした業者さんは便利屋さんとのことなのでカバーの中に接続があるとは思わなかったかもしれません。

このエアコンの冷媒管は先行隠蔽配管で建物新築工事と共に施工されたもの。

その場合、冷媒管は短めにされエアコン設置時に延長接続する形態が多いのですがそれを知らなかったのでしょう。

カバーの中にある延長用の接続部
カバーの中にある冷媒管ユニオン接続部
ユニオンと呼ばれるもので接続されています。

断熱材はお客さんではがしたそうです。

ユニオン部分は少しオイル(冷媒管内を流れるコンプレッサーオイル)が付着していかにも怪しいです。

でも、まちがいなくここから漏れているのか確認する必要がありますね。

しかしガスはすでに空っぽ😅

点検用にガスを少量入れて調べることにしました。

リークディテクタ(ガス漏れ検知器)をあててみると
リークディテクタにガス漏れ反応あり
レベルメーターが振り切り漏れを確認できました。

お客さんの予想通りです(すばらしい😎)

修理方法としては二つ考えられます。

・ユニオン接続だけをやり直してガスを充てんする。(修理費は安価だが長期信頼性は中程度)
・接続部を溶接してガスを充てんする。(修理費は高価だが長期信頼性が高い)

前にも触れているように先行隠蔽配管なのでエアコンを入れ替える際も冷媒管は取り替えません。

そう考えると溶接接続して次回入れ替え時もそのまま使えるように長めに冷媒管を延ばしておくのがいいかもしれません。
(現在長さがぴったりで次回足らなくなる可能性があるため)

ちょっと気になるのは前回の内外機接続部修理が便利屋さんというところ。

しかしそれを考え出したらキリがないですね。

見積もりを出して一連の点検作業は完了です😊

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年1月20日 (水)

第一種電気工事士の講習へ

先日、第一種電気工事士の講習に行ってきました😊
第一種電気工事士講習テキスト

というとなんかこれから試験を受けるような感じに聞こえなくもありませんね😅

この講習はすでに免状を取得している人が受けるもので、5年以内毎に受講しなければならない決まりになっています。

このことは電気工事士法、第4条の3にあります。

「電気工事士法?そんな法律あったんかい!」と思われるかもしれませんね。

これがあるんですよ。昭和30年代からのようですが。

第二種電気工事士は試験に合格し「免状ください」と申請すれば交付され、その後は講習もありません。

第一種電気工事士は試験に合格しても職歴(実務経験)、学歴(学歴で実務経験期間が短縮できる場合がある)などで審査され一定の条件を満たさないと免状は交付されません。
また免状交付をされたらこんどは定期的な講習があるわけです。

講習はここで受けました。
電気工事技術講習センターで受講

しかし今般のコロナ騒動で講習なんてできるのか心配でしたが・・・

会場は受講者、講師ともに一定以上の間隔が設けられ、換気の徹底やアルコール消毒液の設置、また物を介して感染などが起こらないように配慮もあり安心できました。

内容は
”自家用電気工作物に係る電気工事に関する知識”(2時間)
”自家用電気工作物に係る電気工事に関する事故例”(2時間)
”自家用電気工作物の保安に関する法令”(2時間)
の計6時間。(きっつ~😆)

もちろん途中休憩や昼食時間もありますが座りっぱなしで腰に違和感😱

免状に受講を証明する印を付けて終了。

ふぅ~、また5年後です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年1月17日 (日)

おっと、またこの症状⁉

当店で7年前に設置したエアコンが動かなくなったとのことで点検に伺いました😊

連絡をいただいたときに「フラップ関連のエラーで・・・ブログの記事にあった症状に似てます」とのこと。

まずは点検に伺いました。
フラップ関連のエラーで停止したエアコン
でも今日は問題なく動作しているそうです。

先日修理した機種と同じシリーズで年式違いです。

エラーを検知するセンサーというかスイッチ部分はここにあります。
ルーバーの取り付け状態を検知するスイッチ部分
この部分を揺すってみるとエラーが再発し運転が止まりました。

やっぱりこのスイッチですね。
ルーバー軸を検知する部分
しかし検知部は中央のここだけで他の軸受にはありません。

ここだけにある理由がわかりませんが・・・(そもそもいらないんじゃないの?)

お客さんに費用を提示して修理することになりました。

後日再訪問。
入荷したスイッチ部品
”コテイテープ イリ” と書いてあるのでまた細かな指示の説明書付きです。

”ここから何ミリの位置から貼って・・・” とミリ単位で指示が出ています。

室内機の分解作業中。
部品交換のため室内機分解中
いろんな部品がたくさん付いてますがこの中のひとつでも故障すると今回のようなエラーを出して運転停止になるんですよねー😅

これが機能の多い上位機種の泣きどころ。

スイッチへつながるリード部分
スイッチへつながるリード部分
ここから奥へ下ったあたりにスイッチがあります。

下にめくったテープは、これで風や結露水などが入らないように塞いでいるもの。

これ・・・設計に無理がありませんかねぇ🤔

ここは上がドレンパン、下が吹き出し口で冷房時などは特に結露を起こしやすく気圧差により冷風が部品内を通過します。

起こるべくして起きた故障とも言えそうです。

同じ症状が他でも多発しているのではないでしょうか。

部品を交換してリード類を付属のテープで固定
部品交換して付属テープでリード類を固定
部品についてきた新しいテープに交換します。

基板への接続
基板へコネクタ接続

室内機を元に戻していきます。
分解した室内機を元へ戻す
ねじ類は場所によって長さが異なることもあるので取り外したときにチェックして間違いのないように戻します。

絶縁抵抗を測定後、運転開始。
エアコン修理後の試運転
ルーバー検知部を揺すってみてもエラーは出ません。

またルーバーを外せばちゃんとエラーを表示。

ドレンテストなども行い問題なく完了😄

こりゃ他でも同じ修理依頼が来そうですね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年1月12日 (火)

作業車10万キロ到達

エアコンネタじゃなくてすみません💦

作業車がとうとう10万キロを超えました😄
作業車が走行10万キロ

少し異音がしたり、あちらこちらがヘタってきてますがまだまだいけますよ~😅

使っているのは660cc(軽)のガソリン車ですが、日本は2030年半ばにすべての新車を電動化するそうですね。

こんどは20万キロ目指していくぞ~(ムリかな)

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年1月 8日 (金)

結果を見られる取り外し工事

エアコン工事をしていて自身で取り付けたものがその後どのようになっているのか知ることは作業者として大切なことです。

そしてそれを見ることができるのが取り外し工事。

今回は5年前に当店で取り付けたエアコンの取り外し工事の依頼をいただきました😊
これから取り外す室内機
あれ?、コンセントへのプラグの差し込み方が上下逆になってますね。

これじゃあ結露水が伝った際に危険です。

わたしはこのような工事はしないのでよく見ると後に逆に差し直した形跡がありました。

こちらは室外機
室外機

配管テープの状態は
配管テープの状態
ここは南に面していて直射日光が強く変色が進んでいます。

しかしテープは屋外用に厚めのものを使用しているのではがれることはなかったようです。

テープはパイプの下から上へと巻いているので
テープをはがすとパイプ表面は新品同様
はがすと表面は新品同様。

これを上から下へ巻くと雨水や結露水で常時濡れてカビが生え黒くなります。

室外機のカバーを開けて
室外機のカバーを開けて

バルブ部分も
室外機バルブ部分にガス漏れの形跡なし
ガス漏れの形跡はありません。

パイプを外してフレア面は
銅管接続部のフレア面
問題なし。

何事もなく取り外しは完了😄

このエアコンは製造からちょうど10年で設置先の状況から買い替えをお勧めしました。

取り外し工事は自身でおこなったその後の状態だけでなく他の業者の施工方法やレベルがよくわかる比較検討の場でもあります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2021年1月 2日 (土)

本年も宜しくお願いいたします。

21010100
[ゲームでの初日の出フライト](笑)

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします😄

外出などは控えめにするため初日の出を撮影することもしませんでした。
(初日の出ポイントは人がごった返しますから)

ということでフライトゲームで初日の出😊

ちょっとマニアックですが機体は名機DC-3です。

今年はもっと自由に行動できるようになるといいですね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »