フォト
無料ブログはココログ

リンク

« ダメな電線接続 | トップページ | エアコンが点滅して動かない »

2020年12月14日 (月)

エアコン、ポコポコ音で・・・

マンションに取り付けてあるエアコンからポコポコと音がするのでドレン逆止弁を付けてほしいとの依頼をいただきました😊

この音はドレン管に逆止弁を付ければとまりますが、じつはそう簡単な話ではありません。

お客さんへ説明してまずは点検から行うことになりました。

エアコンは2台。

まず一台目は引越し屋さんの下請けエアコン設置業者の施工です。
室内機からポコポコ音がでる
ぱっと見でだめだこりゃ😆

室内機から出てすぐのところでドレン管が持ち上がってます。
室内機のそばでドレンが逆勾配
このドレン管は室内機から出た排水を流すためのホース。

このように持ち上がって逆勾配があると中に水が溜まり、窓を閉め切った状態で換気扇を回すとドレンホースから外気が吸入され水がはじけてポンッポンッと音がします。

施工するときこれに気付かないのはちょっとレベルが低いと言わざるを得ません。

この程度であればパイプをちょっとねじるだけで勾配がとれました。

お客さんの話では冷房時期が終わってもかなり長い期間音が出続けるとのことなので、これだけではないですね。

パイプの径路を追いながら勾配のとれてなさそうなところを探ります。

室外側
ドレン勾配のとれてなさそうなところを探す
これねぇ、配管化粧カバーは勾配ついてるけど中身のパイプはヨレヨレで上がったり下がったり。

一番あやしい穴の中
穴の中でドレンが逆勾配になっている
画像に写すことはできませんでしたが、ドレンが室内側より室外側が高くなってこちらも逆勾配。

これだけ何カ所も逆勾配があればいつまでも音が出続けますね。

ここに安易に逆止弁などを付けてしまうと室内機から水漏れする可能性が高くなります。

そのために点検し対処法を考える必要があります。

そしてもう一台は量販店の下請けと思われる施工。
ドレンからポコポコ音、二台目点検
こちらは穴の中では勾配がとれてました。

しかし音が「カンッ、カンッ」と外で大きく聞こえ、ご近所迷惑になるとのこと。

この音の出方からドレンの端末付近に逆勾配があります。

室内機からきたドレンの出口は
室内機からきたドレンホースの出口
室外機の付近に横たわっています。

室外機の下を見ると
室外機の後ろで逆勾配のドレンホース
室内機側(左)からのホースが床に付いて、そこから出口(右)に向かって緩やかに登っています。

これは床の勾配がそうなっているためで、それを考慮して施工しなければなりません。

この部分に溜まった水がはじけて大きな音を出しています。

ということで二台とも施工不良によるポコポコ音ということになります。

「そんなことがあるのか⁉」・・・はい、ポコポコ音は施工不良によるものが結構多いですね。

それを逆止弁で誤魔化しては室内に水漏れのもと。

修理費用を出して後日修理に伺いました。

一台目
一台目ドレン修正開始
明るくするため投光器を使用しました。

残念ながら一台目はいきなり中止!

その理由は
途中で電線接続されている
もうテープを巻いてしまいましたが、ここに電線接続がありました。

またか・・・

材料節約で半端な短い電線を使い、見えないように隠してつないでいます。

これでは危険性もあるため電線を室内機から入れ替える必要がありますが、そこまで費用をかけるのであればエアコンを使用年数的に買い替えたほうがよいとの判断から中止です。

おのれ~、手抜き業者め~

まあ、こういう業者は手を抜いたというよりもまだ未熟さゆえ危険性に思い至らないだけですけどね。

ということで気を取り直して二台目😅
20121140
こちらは室外機背面の冷媒管から施工し直して勾配を確保します。

一旦室外機を外して冷媒管、ドレン管、電線を勾配をつけてまとめてテーピング。

接続して真空引き
ドレン勾配補修が終わって真空引き
途中、どこがどう施工が悪いのかお客さんへ説明しながら行いました。

終わって試運転
ドレン補修が終わって試運転
ドレン排水と音を確認してOK。

室外機背面を左から見て
室外機背面のドレン勾配
しっかり勾配をとりました。

上から
室外機背面を上から

以前は排出した水が床に広がっていたそうですが
排水はドレンレールへ
ドレンレールに流れるようにしました。

室外機のドレンは二台ともつながっていませんでしたが、お客さんからは不要とのことなのでそのままにしています。

修理は一台のみになりましたがこれにて完了。

ポコポコと音が出るからといってよく調べずホームセンターで逆止弁を買ってきて付けてしまうと水漏れすることもあるので注意が必要です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« ダメな電線接続 | トップページ | エアコンが点滅して動かない »

エアコン修理作業」カテゴリの記事