フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2020年8月 | トップページ

2020年9月

2020年9月25日 (金)

補修の多い入れ替え工事

今回はエアコン入替工事です😊

古いエアコンを撤去して、壁のクロスが張り替えられたら新しいエアコンを設置します。

いままで付いていたエアコンはどこかの下請け業者が取り付けたもの。

まず外から見て
横引きされた配管化粧カバーが水平に付いている
いきなり”だめだこりゃ”

配管化粧カバーが水平でドレン排水のための勾配がありません。

エアコン工事は機能が一番、見た目は次です。

しかしこれを付けた人はおかしな施工を覚えてしまったようで、この後さらにいろいろと・・・

ベランダでは
太陽の紫外線で朽ちたドレンホース
巻かれていたテープと共にドレンホース(排水ホース)まで朽ちてボロボロになっています。

耐候性のものを使用していればここまで崩れはしなかったと思いますが。

取り外すため室外機のカバーを開けると
変な電線接続
なんですか~この魂が抜けていったような電線の接続は🤣

接続配線の色順がエアコンで基本の黒白赤ではなく赤白黒になってます。

現在は知りませんが、ある地方では赤白黒の順で接続すると聞いたことがあるので、その方面の人かもしれません。

お!、しっかりアース線が接続されてますよ。
室外機にアース線が接続されているが・・・
でもそこはアース端子ではないような。

しかも・・・
じつはアース線が接続されていない
元を辿っていくとコンセントのアースターミナルへはつながっていません。

室内と室外の連絡線と同じく、単に室内機と室外機をつないているだけなんです。

エアコンの構造をご存知の方ならこれがどれだけ無意味なことかわかると思います。

室内機と室外機はそもそも冷媒管というアース線よりとても太い電気を通す銅管で接続されているからです。

なのでこの場合は室内機とコンセントのアースターミナルを電線で接続するのが正解。

外壁の配管化粧カバーのフタを外すと・・・
ほら出た🤣
配管化粧カバーの中で電線接続されている
カバーの中で電線接続されてました。

これは素人工事よりタチが悪い。

雨水や結露水で濡れるところなのに平気でこういうことやりますから。
危険性をわかってないですね。

外していくと隠された欠陥が次から次へと・・・

最初の画像の水平に取り付けられた配管カバーをはずします。
カバーの中でドレンホースが逆勾配
やっぱりドレンホースが逆勾配でした。

このホースの中は長年のヘドロがたっぷり溜まってました。

パイプを取り外して室内機を下ろすと
配管穴は柱が削られ、しかも逆勾配
これ穴を斜めから見ているのではありません。

真正面です。(もちろん穴にスリーブなどは入ってませんでした)

柱が削られてますね。

建物の構造を知らないとこういうことをやらかします。

内壁を開けたら柱が出てきてしまい、黙ってごまかす不正直さがこの結果です。

柱を削りながら右斜めに外壁まで貫通しています。

しかも外壁側の穴の方が高くなっている逆勾配。

こりゃ救いようがありませんな😅

なんやかんやで撤去完了。

今回は内壁の石膏ボードまでは取り替えないとのことでクロスで穴をふさいでもらいます。
外壁の配管化粧カバーを外したところも塗装してくださいました。

後日、取り付け工事に伺いました😊

内壁の穴はそのまま使用できないので開け直します。
クロスが張り直された壁

ドレン勾配確保のため右上に開けました。
内壁石膏ボードの穴あけ完了
以前の穴が透けて見えてます😅

ここはパテを使って補強しました。

スリーブを付けて
配管穴にスリーブ取り付け
これを付けない業者さん多いですね。

新しいエアコンを取り付けます。
新品のエアコン

また作業に集中して室内機の画像はこれしかありません😂(やれやれ)
しっかりアースは接続しましたよ。

外壁の配管化粧カバーも新しいものに交換。
配管化粧カバーはドレン勾配を確保
ドレン勾配を確保するため斜めにしています。

これも施工途中を撮影していませんが、内部のドレンホースには塩ビ管をかぶせてたるみなどによる逆勾配を防止しています。

室外機は撮ってました😅(どうでもいいですかね)
室外機設置状況
床の勾配が急なためボルト止めのベースを使い、防振ゴムで水平を出しています。

いろいろありましたが施工完了。

機能不全を起こす施工をされると入れ替え工事も簡単ではありません。

手直しで時間を取られるんですよね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年9月21日 (月)

電気工事業の更新登録完了

電気工事業登録証到着

先日、県庁へ出向いておこなった電気工事業の更新登録手続きから数日で登録証が到着😊

今回はいつもより早く届いたような気がします。
以前よりも処理速度が上がっているんでしょうか?

ということで9月20日から登録番号が変わりました。

”273068号”から”20203074号”へ

前回の初め2桁”27”は平成27年を意味していましたが、今回は初め4桁”2020”と西暦へと変化。

やはりそのほうが処理などが楽になりますし、改元の際の勘違いも少なくなりますね。

当店サイトの番号差し替えも完了しました。

領収書に押すゴム印にいままでは登録番号を載せていましたが、はんこ屋さんに寸法ギリギリと言われていたので今回からは難しそうですね🤔

ゴム印の登録番号はなくすことになりそうです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年9月16日 (水)

エアコン落ちて撤去へ

エアコン(室内機)が落ちてしまったとのことで点検に伺いました😊
場所は川崎市のマンション。

どこかの量販店の下請け業者が設置したものと思われます。

当店のブログを見ていただいている方は「また?」と思われていることでしょう。

それだけ落下が多いということです。

ん?、前にも同じようなことを書いたような? まっ、いっか😆

現地到着
落ちた室内機をソファーで支えている
落ちた室内機をソファーで支えてました。

ソファーを立てたら高さが丁度良かったようです😄
おっと、感心している場合じゃないですね。

完全に落下したのではなく手前にお辞儀するように傾いたみたいで、就寝中に落ちて朝になって気付いたとのこと。

下にいるときに落ちなくて何よりでした。

横から見ると
据付板ごと壁から外れて落ちている
据付板ごと壁から外れています。

壁は石膏ボードでボードアンカーが抜けたみたいですね。
壁に大きな穴が開いてます。

使われていたボードアンカー
抜けたボードアンカー
ねじ込み式と金属製カサ式の二種類が使われてますね。

ねじ込み式は落下事故が多発して室内機の固定には使用禁止になっています。

もう一つの金属製カサ式はエアコンメーカー推奨のアンカーです。

奥側(本体右側)も
抜けたボードアンカー奥側
同じ組み合わせ。

カサ式のアンカーは2本しか使用されていません。

しかもこのエアコンはけっこう重量級なのでこれだけではいつか落下します。

これを取り付けた業者さんはねじ込み式に加え、カサ式を併用することで大丈夫だと思っていたのでしょう。

なぜ4本ともカサ式を使わないのかというと材料費が高くなるから(セコッ🤣)

でもこの業者さんの施工ではせっかくのメーカー推奨金属製カサ式アンカーを何本使っても意味がありません。

その理由はこれ、
ボードアンカーを締め過ぎ
ボードアンカーのネジを締め過ぎてカサが開き切ってます。

たぶん、でかいインパクトドライバーかなんかで思いっきり締めてますね。

カサ式ボードアンカーの締め付けは加減が必要。
そもそも電動ドライバーで締め付けることが間違い。

最後は必ず手で様子を見ながら開き具合を想像して締めなければいけません。

なぜ締め過ぎるとダメかというと、見えない壁の裏側でカサが開き切って石膏ボードに食い込み破壊するため。

画像のカサの先端と据付板の間は5mm程度しかありません。

石膏ボードの厚みは12.5mmが壁の場合は標準なので、ボード表面の紙を突き破って半分くらい食い込んでいることがわかります。

これじゃ強度がなくなってすっぽ抜けるのもあたりまえ。

さらに奥側(右側)は
ボードアンカーを締め過ぎて変形
だめだこりゃ。

もうカサ(傘)じゃなくなってますよ。

他に止めようが無かったのか・・・

壁を調べると
壁の中には木の下地
ボードアンカーのすぐ右に木の下地発見。

そこから30cm程度右にも同じく下地あり。

この程度のもの見つけられずにエアコン屋なんて務まらないですよ。
でも平気でやっているのがいるから怖い。

しっかり下地にねじを打っていれば落ちてはなかったと思います。

結局10年まで使用していないエアコンですが買い替えるとのことで、このまま放置はできないので撤去開始。

室内機を下ろすと
据付板は左下1本だけねじが下地に効いている
なんでやねーん🤣

左下の1本だけ下地の木にねじが効いてました。

効かすのそこじゃないでしょ。

でもこれは効かしたというよりもねじを打ったらたまたまそこに木があったというパターンです。

まあ、このレベルですから・・・
室外機のカバーを開けたところ
なにか気づきました?

「こんな手間かかるのやらねーよ!」らしいです。
ケーブルをバンドで固定していない
室内外の連絡電線(ケーブル)がバンド固定してありません。

ねじ1本の脱着を惜しむ徹底したスピード重視!

おみそれしました🤣

撤去完了。
エアコン撤去完了
でもお客さんにとってみれば、欠陥と手抜きの工事でエアコンの寿命を縮められ本当に迷惑なことです。

壁の補修も必要になります。

おそらく同じ販売店ではエアコンを買わなくなるでしょう。
(どこの店で買っても同じようなものですが)

せっかくお店に出向いて気に入ったエアコンを選んで買っても工事がお粗末では台無しですね。

近年の室内機が重すぎることもありますが、技術レベルの向上が課題のエアコン業界だったりします。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年9月13日 (日)

意味不明な工事。

エアコン取り外し工事に伺いました😊

どこかの工事屋さんが取り付けたエアコン。
取り外すエアコン
おそらく量販店あたりの下請け業者でしょう。

室内機のパイプ取り出し口
室内機のパイプ取り出し口はバリだらけ
バリがまったく取られていない。

このバリでパイプの断熱材やドレンホースに傷が付くんですよ。

そしてこれ・・・
室内機背面の水が流れるところに切り取った部品が貼り付けられている
室内機の背面に先ほどのパイプ取り出し口から切り取った部品が貼り付けられています。

しかしなんでこんなところに貼り付けるんですかね🤔

しかも使っているテープ(水色)は新品時室内機に貼ってあった輸送用テープをはがして再利用。

この背面の部分は結露水が発生してドレンへつながる排水路のようなところです。
ちょっと考えればここにこんなものを貼り付けたら将来水漏れする可能性があることは容易に想像がつきます。

取り付けをした工事屋さんはここが水の流れるところと理解していない(知らない)のかもしれません。

意味不明でおかしな工事をする人が多いですね。
困ったもんです😅

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年9月11日 (金)

新冷媒、いいことばかりじゃありません

冷えないエアコンの点検に伺いました😊

室内機から冷風がでるか確認します。
冷風の出ない室内機
ただの風で冷たくありません。

暖房時期までは普通に使えていたが、夏になり冷房を入れてみたら効かなくなっていたようです。

室外機を見ます。
点検する室外機

カバーを開けてバルブを見ると
室外機のバルブが凍結
凍ってま~す😅

ちなみにこれは異常な状態です。

ここでガス漏れと判断するのは他の可能性があるのでまだ早い。

続いて停止時の圧力チェック。
運転停止時の圧力チェック
こりゃ低い、やっぱりガス漏れか🤔

しかしここで早まっては見誤りますからね。

運転時の低圧圧力。
運転時の低圧圧力
ガス漏れ確定。

このように圧力と針の動きで他の不具合がないか見る必要があります。

さて、問題はどこからガスが漏れているのか・・・

室外機のバルブは見た目で漏れた形跡がありません。

エアコンの製造年を見ると2013年。
この年数だとパイプの接続部漏れの可能性はかなり低い。

怪しむべきは室内機。
リークディテクターで室内機のガス漏れチェック
リークディテクターでガス漏れ検査。

ゆっくりガスの出てきそうなところにあてていくと、
リークディテクターにガス漏れ反応
盛大な音と共にランプがフル点灯。

やっぱりか~

定番の室内機(熱交換器)からの漏れでした。

購入から5年以内であればメーカー保証で無償修理が可能ですが、それを過ぎているので有償です。

まあ、はっきり言ってルームエアコンでは熱交換器ガス漏れの場合は修理せず買い替えることをお勧めします。
(というかほとんどそうなります)

理由は簡単、修理費が高額だから。

本体製造打ち切りから10年位で補修部品のなくなるルームエアコンに大金を掛けるのは無駄です。

今回はエアコンに引導(?)を渡して終了となりました。

過去にオゾン層を破壊することが問題になった旧冷媒(ルームエアコンではR22)から新冷媒(R410A、R32)に代わって早20年程ですが、室内機からのガス漏れがやたら多いのはこの新冷媒の影響だと思います。

ガス圧がR22に比べかなり高いので熱交換が目的で肉厚の薄い銅管でできた熱交換器は亀裂などが入りやすいのではないでしょうか。

この部分が10年持たないエアコンの多いこと。
設計寿命より短いですね。

「漏れてもオゾン層を破壊しないから大丈夫でしょ」そうなんですが・・・

じつは二酸化炭素に比べてびっくりするほど温暖化係数の高いガスなのです。

なおどこのメーカーでも同じように室内機からガスが漏れることがあります。

ある程度年数の経ったエアコンのガス漏れは室内機が一番怪しいですね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年9月 7日 (月)

ドレン逆止弁はメンテナンスが必要

ある量販店が取り付けたエアコンを別件で点検に伺い、その際ドレンの施工不備が判明して修理に伺いました😊

まずはこれ
ドレン逆止弁がメンテできない
ドレン逆止弁の取り付け方です。

この逆止弁はなんのために取り付けるかというと、気密性の高い建物の場合に換気扇や強風で室内が負圧になったとき逆流してくる外気でドレンホース内の水がはじけて音(ポコポコ音)が出るのを防ぐ目的です。

ただし、取り付けた場合はユーザー自身で定期的に点検、清掃が必要になります。

設置業者からは「メンテナンスなどは必要ない」と説明を受けたとのこと。
業者さんまたテキトウなこといって😆

お客さんはオプション料金を払い取り付けてもらったようです。

アップで見ると
ビニールテープでぐるぐる巻きのドレン逆止弁
ビニールテープでぐるぐる巻きにされて中が見えません。

テープをはがして中身は
テープをはがして中が見えるようになった逆止弁
透明の樹脂でできた逆止弁です。

こうすると中が見えて汚れ具合も確認できますね。

よく見ると
ドレン逆止弁にカスが挟まっている
弁のところにすでに室内機から流れてきたホコリまじりのヌメっとしたカスが挟まっていました。

取り付けてからまだ数か月のようですが使用頻度が高いらしくもうこのようになっています。

これでは逆止弁の意味をなさないし、このまま蓄積すれば詰まって室内機からドレン水があふれ出します。

なのでメンテナンスが必要なんですよ。
このことは逆止弁の説明書に書かれていますが、お客さんはもらっていないとのこと🤔

逆止弁を取り外しお客さんに洗っていただきました。

ここはそのまま戻して完了。
もちろん今後のため弁本体にテープは巻きません。

別の部屋では
ドレン逆勾配
ドレンホースがたるんで逆勾配で排水トラップのようになっています。
(手前の塩ビ管は関係ありません。ドレンホースが横引きされているのは床にある排水レールが手前にあるため)

これじゃあ確実に逆止弁付けないとポコポコ音が出ますね。
これって・・・マッチポンプ?🤣

化粧カバーを外すと
配管化粧カバー内の中に隠されたドレン逆止弁
逆止弁が隠されていました。

このドレン逆止弁は構造上、垂直に近い部分に取り付けないとうまく機能しません。
化粧カバーより下へ垂直に付けたのでは余計ドレン勾配が取れなくなります。

検討して
配管化粧カバーにドレン用の穴あけ
配管化粧カバーの室外機裏に隠れる部分へ穴あけ。

バリを取って
穴をあけたらバリを取って
ここからドレンホースを出します。

逆止弁を外部へ出し、ドレン勾配も確保しました。
メンテナンス用に逆止弁を外部へ出し、ドレン勾配を確保
これで安心😊

他の2台も直して完了。

メンテナンス不能な施工をされた逆止弁はこちらのお宅だけでなく他でもよく見かけます。

いずれにしても逆止弁を取り付けたら必ずユーザー自身で管理、メンテが必要です。

それを怠っているとそのうち室内に水が漏れて大変😱なことになりますよ。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年9月 5日 (土)

基板交換、室外機上からのアクセス

エアコンのランプが点滅して動かないとの点検依頼をいただきました😊(横浜市内)

訪問して見てみると”シリアル信号異常”(室内機と室外機の通信ができない)でした。

では調査開始。

室外機の端子台のところでテスターを使い不具合チェック・・・

これまたザツな工事してますなぁ😆
室外機端子台のザツな配線接続工事
エアコン工事人って9割方まともに電線の接続ができないんですよ。

しかも・・・
メーカーの指示を無視した細いケーブル
メーカーの指示を無視した細いケーブル(1.6mm)です。

まあそれは置いといて、とりあえずどこが故障しているのか調べると室外機の基板でした。

天板を外して基板を見てみます。
室外機の故障した基板
見たところ他に異常はありません。

基板交換だけで大丈夫そうです。

しかし基板を交換する際は前面からアクセスしたいのですが・・・
室外機の内部
すぐ前に柵があって隙間がありません。

室外機を手前に動かそうにもつながっている銅管で動きません。

ここで「室外機を一時取り外せばいいのでは?」と思った方いますかねぇ。
残念ながら室外機を取り外すのは正常に動かないことにはポンプダウン(室外機へガス回収)できないためダメなんです。

ガス回収機を使用して・・・なんてことは高額になるため現実的ではありません。

やりにくいのですが上から作業します。

部品が入荷し修理開始。
室外機の基板が入荷
前回の修理記事と比べると同じメーカーですが箱がやたら小さいですね。

中身は
室外機のインバーター基板
基板だけです。

なので今回は故障した基板だけを取り出して交換します。

室外機の天板を外して
室外機の天板を外した
斜めの鉄板の下が基板です。

インバーター基板には大きなコンデンサが2つ付いていて、そこに電荷⚡(高電圧)が蓄えられている可能性があるため必ず電圧チェック。
コンデンサの電圧確認
大丈夫です。

基板を取り外しました。
故障した基板を取り外し完了
放熱器の部分に塗ってあったシリコングリスもきれいに拭き取ります。

外した基板
取り外した基板

新しい基板のブリッジダイオードとパワーモジュールにシリコングリスを塗布。
ブリッジダイオードとパワーモジュールに放熱用シリコングリスを塗布
これ潤滑用じゃありません。

放熱用です。
他のメーカーじゃ基板に付属してくる親切なところもありますが・・・

基板を室外機にセット。
上からだからやりにくい😅

コンプレッサーのリードを接続します。
奥深くにあるコンプレッサーターミナルへリード線を接続
奥の方にあるため非常にやりにくい🤣

ここはきちんと接続、配線取り回しできないと焼損するので確実に。

ターミナルのカバーも付けて
コンプレッサーターミナルのカバーを付けて
これで山場は過ぎました😊

一通り配線忘れや間違いがないか見回して
交換した基板と周囲を確認
問題ないのでカバーや外板を戻します。

さて最後にこのだらしない電線接続を直します。
だらしない電線接続を直す

電線を抜いてみると
電線のむきが短い
10mm位しかむいてありません。

短すぎ~

この端子台は15mmの指定。
(メーカーなどにより異なります)

直しました。
電線の接続直し完了
1.6mmが使用されているのは今回はそのまま。

全部直してたらきりがありませんので。

絶縁抵抗測定したら運転開始。
基板交換後、絶縁抵抗測定をして運転開始
室外機が動かないのでお客さんは少し心配されたかもしれません。

でも心配無用、この機種はコンセントを差し込んでから3分ほど経過しないと室外機が動かないようになっています。

コンプレッサー保護のためです。

異常表示もなく室外機が運転を開始し冷房が効くようになりました。

暖房もOK。

室外機の前の柵にネットが付いているのはエアコンの効率低下になるため外すことをお勧めして完了となりました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年9月 1日 (火)

電気工事業更新登録で県庁へ

5年に一度の電気工事業の更新登録へ県庁へ行ってきました😊

神奈川県庁本庁舎
神奈川県庁本庁舎
歴史のある建物だそうですね。

でも電気の関係を扱っているのは消防保安課というところで本庁舎ではなく第二分庁舎。
神奈川県庁第二分庁舎
ここです。

本庁舎の画像に連絡通路が写ってますが、道路を挟んで新庁舎、第二分庁舎と3つの建物が高架でつながっています。

まずは準備した書類一式や電気工事士の免状などを持って消防保安課へ。

担当の職員の方の入念なチェックを受けて不備がないことを確認していただきました。

あとは県の収入証紙¥12000(更新登録手数料)を貼れば終わりです。

何回もやっていることなので慣れてますが、ここで本庁舎まで収入証紙を買いに行きます。
(毎度このパターン)

第二分庁舎と新庁舎を結ぶ連絡通路では赤レンガ倉庫が見えました。
赤レンガ倉庫

そして新庁舎から本庁舎への通路ではベイブリッジなども遠くに見えます。
遠くにベイブリッジ
景色を眺めながら本庁舎へ。

本庁舎到着、階段のそばには・・・

これエレベーターですよね。
エレベーター?
もう使われていないようですが。
動くのかな?開いたらこわい🤣

さすが歴史を感じさせますね。

収入証紙を購入したらまた第二分庁舎へ・・・ちょっとした散歩です。

書類に証紙を貼ったら最後に受付の判が押されて終了😊

登録証は後日郵送されてきます。

電気工事はもちろんのこと、エアコン工事や修理を請け負うにも電気工事業の登録が必要なんですよ。

営業所の所在するところの都道府県知事、または2つ以上の都道府県に営業所がある場合は経済産業大臣の登録を受けなければならないことになっています。

このことは”電気工事業の業務の適正化に関する法律”で決められています。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2020年8月 | トップページ