フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 受光部交換は簡単な修理? | トップページ | インバーター基板アッセンブリー »

2020年8月21日 (金)

無線LANアダプタ設置の依頼です。

エアコンに無線LAN機器取り付けの依頼をいただきました。

スマホなどでエアコンを遠隔操作するために取り付けます。

はじめはお客さんご自身で設置を試みたそうですが、どうにも前面グリルが外せず壊しそうなのであきらめたとのこと。

あんまり無理すると室内機が壁からとれてしまうこともありますからね。

到着してさっそく前面グリルの取り外しにかかります。
室内機のパネルを外して
天井と室内機の隙間が少なめで手が入りません。

こりゃグリルを外すのも簡単ではありません😅

ちょこっと工具を使って
前面グリルを取り外し
外れました。

室内機の制御基板部分を開けて
室内機の制御基板
ここに無線LANアダプタのコネクタを接続します。

この機種はメーカーサイトに配線するルートも画像付きで出ているので、お客さんのPCで見せていただきました。
ありがとうございます😄

接続してコード類を配線、固定したら基板のカバーを戻して
無線LANアダプタの配線接続完了
これで接続は完了。

お客さんに機器の取り付け位置を確認したらコードの長さも調整します。

やっぱり何度見ても気になる・・・
ザツな電線接続
このエアコンを取り付けた業者は見えないところで手を抜くタイプ。

もしこれで電気工事士の資格を持っているならば残念ですね😆

それはさておきグリルを取り付けて
室内機のグリル取り付け
各所異常がないかチェック。

問題なく完了。
無線LAN機器取付完了

アダプタの状態もOK
無線LANアダプタのランプも確認
あとはお客さんにパスワード等の設定をしていただけば使えます。

アダプタの固定をどうするかはお客さんで検討するそうです。

この猛暑続きで熱中症になる方が続出しているようですが、特にお年寄りの世帯では暑さを感じにくかったり、エアコンの操作を間違えてしまうケースも多々あるようです。

そこで離れたところからスマホでエアコンを操作したり運転状況をチェックできる無線LAN機器は役に立つのかもしれません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 受光部交換は簡単な修理? | トップページ | インバーター基板アッセンブリー »

エアコン工事作業」カテゴリの記事