フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月30日 (日)

アンカーの芯棒が・・・

今回はエアコン入れ替え工事でのひとコマ。

なお現在、熱中症の危険度MAXのため一時取り付け工事の依頼受付を停止しておりますが、こちらはそれより前に依頼をいただいていましたので伺いました。

以前に書いたと思いますが、この時期にエアコンが古くなったからと入れ替え工事を行うのはこれまた危険。
万一、エアコンが初期不良だったり、施工上支障があって工事が中止となった場合にしばらくの間、冷房なしの生活になりますので。

念のためお客さんへそのことを事前に伝えてから工事に伺いました。

建物はコンクリートの集合住宅。

到着してみると
撤去するエアコン
こちらが撤去するエアコンです。

だいぶお疲れのようですが、まだ冷房は問題なく作動しています。

画像ではよくわかりませんが、室内機の下部分が壁から1cm程度浮いてます。
(その理由は後ほど判明します)

パイプを外そうとしましたが・・・
真鍮の硬度が低い
真鍮でできた六角部分の硬度が低く、なめてしまい外せません😅

このメーカーのこの部分はいつもそうなんですよ。
適切な硬度で作れないですかねぇ。

これが移設するエアコンだったら問題になります。

処分するエアコンなのであきらめてペンチでパイプを切りました。

室内機を下ろすと
室内機の据付板はオールアンカーで止まっていた。
据付板はオールアンカーで止めてありました。

これ技術を持ったプロの人が見たら一目で「あ~⤵」って思いますよね。

拡大
アンカーの芯棒が根元まで打ち込まれていない
アンカーの芯棒が根元まで打ち込まれていません。

もう一本も
更に芯棒の打ち込み不足
こちらは更に打ち込みが不足しています。

これじゃあ本来のアンカー強度が出てませんね。

このアンカーは太さ10mm程度でそれは問題ないのですが、打ち慣れない人が施工するとこうなります。

これ以上打ち込もうとすると、芯棒が曲がってナットの脱着ができなくなってしまうからです。

外した室内機の背面を見ると、
アンカーの芯棒が室内機背面にぶつかっていた。
芯棒がぶつかっていた跡があります。

先ほど室内機の下部分が壁から1cm程度離れていたのはこれが原因。

ヘタすると室内機背面に穴が開いたり、引掛け部分が割れて室内機が落下することもあります。

新しく取り付ける室内機の背面のふところ寸法を測るとやっぱりこの芯棒が全部打込まれないとぶつかってしまいます。

ここでお客さんへ、
「もし全部打込めない場合はここで工事が中止になるかもしれません」
と一応伝えました。

ハイ、これが真夏にエアコン入替工事をしないほうが無難な理由のひとつです。

では芯棒の打ち込みに挑戦です😎

何度も何度もハンマーで叩きます。
何十回も叩き、ご近所に響きわたっていることでしょう。

ふぅ、なんとか成功(頭がボー・・・)
アンカーの芯棒打ち込み成功
2本のアンカー両方とも打ち込めました。

かなり硬かったですよ😅

なおハンマーで直接芯棒を打ち込もうとするとその硬さで芯棒が曲がってしまいます。

どうやったら曲がらずに打ち込めるかは秘密。

お客さんは後ろで見ていたので知っていると思いますけど。

エアコン設置完了。
エアコン設置完了
取り付けることができました。

やっぱり夏にエアコンを入れ替えるのはリスクがありますね。

あまり使用しない中間期にすることをお勧めします。

う~んやっぱり取り付け工事は熱中症危険度MAXです🤣

取り付け工事受付再開はホームページ(工事のページ)にてお知らせいたします。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年8月26日 (水)

インバーター基板アッセンブリー

川崎市内にて室内機のタイマーランプが2回点滅して冷房が効かないという点検依頼をいただきました。

伺って症状を確認
室内機のタイマーランプが2回点滅
たしかにタイマーランプが2回点滅していました。

ランプの点滅回数が異常内容を知らせています。

この機種の場合は「シリアル信号異常」

室内機と室外機の通信が何かの異常でできないことを示しています。

”何かの異常”を探るため点検を行います。

テスターを使って信号を確認。
テスターでシリアル信号を確認
あまり使わないアナログテスターもあります。

シリアル信号の場合はデジタルテスターだけでは用をなさない場合があるのでこういうときは古くからあるアナログが活躍します。

しかしなんじゃこの電線接続は
ひどい電線接続
ネズミかなにかがかじってむいたみたいになってますよ😆

これは修理の際に直しましょう。

それはさておき調べると室外機からの信号が出ていないことがわかりました。

室内機側から100Vが投入されても何の音もしません。
ふつうは”コンッ”とか何かしらの音が聞こえるものですが・・・

そこで室外機を開けて基板を調べたところメインヒューズ(25A)が切れてました。

これじゃあシリアル信号が出ないのも当然ですね😅

念のためショートや漏電がないかコンプレッサーなどを周囲の機器を調べて問題なし。

基板不良によるヒューズ溶断と判断。

基板を取り寄せて後日修理に伺いました。

ドーン!
取寄せた室外機基板
なにこのでかい箱🤣

開けてみると
インバーター基板アッセンブリー
ガワまで付いたアッセンブリー。

モジュール関連の放熱器も
パワーモジュール関連の放熱器
付いてます。

これかえって手間がかかりそうですね。

室外機の壊れた基板を外します。
室外機の壊れた基板
黄色の枠で囲った部分を全部外します。

うわぁ~
コンプレッサーターミナル端子
この基板、コンプレッサーへつながるリード線が半田接続されているためコンプレッサーのターミナル端子から外さないといけません。

ほかのメーカーじゃ基板上にファストン端子や途中にコネクタを設けてサービス性を考えているのですが・・・

抜く前にしっかりとリードの色をメモしておきます。

基板取外し完了。
壊れた基板を取り外し完了

これが切れたヒューズ
切れた基板上のヒューズ
ちなみにヒューズだけ交換することはできないようになってます。

基板から端子台への接続が困難なため端子台部分も取り外し
端子台部分取り外し
先に基板側へ取り付けます。

基板を室外機にセットしたらコンプレッサーリードを接続します。
コンプレッサーのターミナル端子接続
メモした色を見ながら間違えないように。

これを間違えるとコンプレッサーが逆回転したり壊れることもあります。

ターミナルカバーを戻して
コンプレッサーターミナルのカバーを戻して
ナット締め。

その他配線もすべて接続
室外機内配線をすべて接続

カバーを戻します。
室外機の外板を戻して

そうそう、内外接続電線もついでなので修正して
内外接続電線を修正
これでよし。

ちゃんと漏電がないか絶縁抵抗測定したら運転開始。
20082675
エラーも消えて室外機も正常運転。

冷えるようになりました。

ここで忘れてならないのが暖房運転。
切替弁はコネクタを差し忘れてもエラーとして出ませんので。

冷暖切替も問題なし。

これにて完了。

アッセンブリーパーツは高価で無駄が多いですね。
壊れているのは基板だけなのに周囲のパーツも一緒に交換して捨てることになります。

メーカーで基板だけの部品設定がないので仕方ありませんが。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年8月21日 (金)

無線LANアダプタ設置の依頼です。

エアコンに無線LAN機器取り付けの依頼をいただきました。

スマホなどでエアコンを遠隔操作するために取り付けます。

はじめはお客さんご自身で設置を試みたそうですが、どうにも前面グリルが外せず壊しそうなのであきらめたとのこと。

あんまり無理すると室内機が壁からとれてしまうこともありますからね。

到着してさっそく前面グリルの取り外しにかかります。
室内機のパネルを外して
天井と室内機の隙間が少なめで手が入りません。

こりゃグリルを外すのも簡単ではありません😅

ちょこっと工具を使って
前面グリルを取り外し
外れました。

室内機の制御基板部分を開けて
室内機の制御基板
ここに無線LANアダプタのコネクタを接続します。

この機種はメーカーサイトに配線するルートも画像付きで出ているので、お客さんのPCで見せていただきました。
ありがとうございます😄

接続してコード類を配線、固定したら基板のカバーを戻して
無線LANアダプタの配線接続完了
これで接続は完了。

お客さんに機器の取り付け位置を確認したらコードの長さも調整します。

やっぱり何度見ても気になる・・・
ザツな電線接続
このエアコンを取り付けた業者は見えないところで手を抜くタイプ。

もしこれで電気工事士の資格を持っているならば残念ですね😆

それはさておきグリルを取り付けて
室内機のグリル取り付け
各所異常がないかチェック。

問題なく完了。
無線LAN機器取付完了

アダプタの状態もOK
無線LANアダプタのランプも確認
あとはお客さんにパスワード等の設定をしていただけば使えます。

アダプタの固定をどうするかはお客さんで検討するそうです。

この猛暑続きで熱中症になる方が続出しているようですが、特にお年寄りの世帯では暑さを感じにくかったり、エアコンの操作を間違えてしまうケースも多々あるようです。

そこで離れたところからスマホでエアコンを操作したり運転状況をチェックできる無線LAN機器は役に立つのかもしれません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年8月16日 (日)

受光部交換は簡単な修理?

リモコン受光部交換の依頼をいただきました😊

場所は横浜市内です。

リモコンで操作してもエアコン本体が反応しないという症状です。

当方では点検を行っておらず、お客さん自らリモコンか受光部かを判定されたので部品取寄せと修理のみの訪問です。

到着して一応リモコンの送信を調べます。
リモコンが送信するか見てみる
ピピーッ!、おいおい動いちゃったよー🤣

別のお宅で前にもありましたが確認をしたら動いてしまいました。

画像に写ってませんがリモコンはちゃんと送信してます。

まあ一時受信するようになってもまたダメになりますから交換です。

受光部はこの中
エアコンのリモコン受光部の位置
この機種は前面グリルを全部とらないと交換できません。

今回の修理で何が一番たいへんかというと、この前面グリルを外すことです。(そっちかーい😆)

室内機が天井近くに設置されているためグリルを固定しているフックがなかなか外せない。

工具を使ってなんとか外せました。
前面グリルを外した室内機
フゥー😅

受光部はここです。
受光部分

取寄せた部品
メーカーから取寄せた部品
部品名は”ヒョウジキ クミタテ”

いつも箱に入ってますが今回はエアキャップのみ。

出してみると受光部基板にコネクタとコードが付いてました。

ありゃ、これは制御基板からコードを通し直さなければいけませんね。

制御基板のカバーを開けて
制御基板のカバーを開けて配線
配線接続。

二つのコネクタを接続
コネクタ2つを接続

要所要所に結束バンドで配線を固定。

制御基板のカバーを戻して
制御基板のカバーを戻して
黒白赤の電線が見えますが室内機と室外機を結ぶ連絡線。
このエアコンを付けた業者も下手な施工ですね😆

交換したのはこれです。
交換した部品
部品名が”ヒョウジキ クミタテ”となっていた通り、受光部のほか表示LEDや応急運転ボタンが一体となってケースに入った状態(アッセンブリ)になってます。

あとは元通り前面グリルを戻し、絶縁抵抗測定をしたらリモコンで動作確認。

ランプの点灯や応急運転スイッチの動作も確認します。

ついでにドレン排水試験もして完了。

エアコンの修理は今回のように受光部の不良だからとその部分だけに囚われて作業をすると思わぬ不具合を起こす恐れもあります。

コード類を通すルートは可動部や熱の発する部品に接触することのないように配線したり、フタに挟まって傷つかないようにと気をつかいます。

小さな部品交換でも油断はできません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年8月11日 (火)

年々、室内機が壁から浮いてくる

室内機が年々、壁から浮いてきているような気がする、そのうち落ちるのではないか・・・と点検の依頼をいただきました。

場所は横浜市内のマンション。

取り付けたのはどこかの量販店の下請けのようです。

到着して見てみると
室内機の左上が壁から離れてきている
たしかに左上が通常より離れてますね。

お客さんの話では、付けた当初よりも少しずつ隙間が大きくなってきているそうです。
また、背面を覗いたところ据付板と壁の間にねじのようなものが確認でき、抜けてきているように見えるとのこと。

鏡で見ると
室内機の背面を鏡で確認
目では見えますがデジカメではピントが合わず撮れませんでした。

ボードアンカーのようなものが抜けかかっているように見えます。

周囲をいろいろと見ていると・・・

ムム・・・壁が変形してる?

😱室内機の荷重で
室内機の荷重で壁が変形している
壁が手前に膨らんできているのを確認。

このまま放っておくと壁を破壊して落下する恐れも出てきますね。

年々浮いてきたのは据付が不十分なことに加え、壁が変形してきているからでしょう。

壁は石膏ボードなので室内機を外してもおそらく元には戻りません。

近頃、省エネ性能を追求し過ぎて室内機が壁からやたら出っ張って、しかもずっしり重いものが売られてますがその弊害がここに。

これは下手すると壁の修理からしないとだめかもしれませんね。

エアコンメーカーが建物の現状を無視してこのようなタイプのものばかりに力を入れて発売するのも問題ですが。

今回はお客さんへ対処方法をいくつか挙げてエアコン脱着費用をお知らせし、どのようにするか検討していただくことになりました。

エアコンはできるだけ薄くて軽いものを選ぶのが壁を長持ちさせるポイントです。
とは言ってもメーカーが力を入れていないので機種は限られますけど😅

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年8月 7日 (金)

落ちそうな室内機を撤去

横浜市内でエアコンの入れ替え工事に伺いました。

今回の記事は取り付け工事の内容にはあまり触れず、撤去した室内機の状況が主です。

撤去する室内機はこちら
これから撤去する室内機
どこかの下請けエアコン工事業者に取り付けてもらったようです。

画像ではよくわかりませんが、左に出たパイプに引っ張られて本体左側が手前に浮いてきてます。

上から覗くと
抜けたねじ込み式ボードアンカー
ボードアンカーが抜けてます。

このボードアンカーはねじ込み式と言って使用するとエアコンが落ちることで業界では有名なんですよ。

なぜそのようなものを使用する業者がいるのか・・・
答えは簡単、安くて施工が楽ちんだから🤣

後でどうなろうと知ったこっちゃありません!という業者さんに重宝がられています。

いやーしかしこうなると取り外し作業中に落下する危険性も高いので慎重に作業する必要がありますね。

場合によってはお客さんに手を添えていただくことになるかもしれません。

そーっと、そーっと衝撃を与えないように・・・

なんとか一人で取り外すことができました😅

ここが抜けているボードアンカーのねじ
抜けているボードアンカー部分のねじ
左上の部分です。

しかも1本だけかいな(セコッ

中央は
中央の抜けたねじ
石膏ボードにねじ固定なので抜けてます。

左下
左下の抜けたねじ
抜けてます。

右下も
右下もねじが抜けている
やっぱり抜けてます。

ということで辛うじて右上1本の柱に打たれたねじでぶら下がるように止まってました。

これを取り付けた工事屋さんは建物の構造を理解していなかったようです。

壁に開けられた配管用貫通穴の位置が角から離れたところにありますが、お客さんの話によると
「筋交いが入っているから角に近いところは開けられない」
と言われたそうです。

ちょっとこの説明おかしいですね。
もし筋交いがあるなら今ある穴の位置がほぼど真ん中付近になると思いますが・・・

図面を見てたすき掛けでなく片筋交いであれば1階角のこの部分には多くの場合筋交いはないことを知っていなければいけませんね。
初心者であれば仕方ありませんが。

壁の中を覗きましたが筋交いはありませんでした。

穴が角から離れすぎていることによりエアコン本体左を壁から浮かせる力となっていたのでしょう。
いずれにしても固定強度不足ですが。

撤去はすべて完了して新しいエアコンの据付板を付けました。
新しいエアコンの据付板を固定
固定強度の大きい金属製傘式ボードアンカーを上部左右各2本ずつ、下部左右各1本ずつの計6本、そして中央付近は間柱へ長めのねじで強固に固定。

穴にスリーブ(筒)が入っていなかったので追加。
既設の配管穴にスリーブ挿入
これを入れない業者の多いこと。

あとは取り付け工事から試運転まで問題なく完了しました😄

設備業者全般に言えることですがエアコン工事業者はエアコンのことだけ知っていてもダメなんですよ。
建物の基本的な構造を理解してないといけません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2020年8月 4日 (火)

エアコンがまったく動かない

エアコンがまったく動かなくなったということで点検そして修理に伺いました。(川崎市内)

当店をご利用いただきありがとうございます😊
(当店を初めてご利用のお客さま)

室内機
無反応で動かないエアコン
コンセントを差しても何の反応もありません

こういうときたまにブレーカーが落ちて電気が来てないなんてことがありますが・・・

テスターで電圧を測ると問題なし(200V)

なんとなくいやな予感がしてきました。

カバーを開けて制御基板をみてみると
室内機の制御基板を見てみる
あららやっぱり・・・

室内ファンモーターのドライバIC
室内ファンモーターのドライバICが破損
カバーが飛んで中身がこんにちは😅

この場合、基板もしくはファンモーター故障から波及したIC破壊が考えられますが、後者だと高額修理になることがあるためエアコン買い替えなんてことも珍しくありません。

これねぇー、メーカーの技術に聞いても「どちらか判断するのは不可能」といわれることが多いんですよ。

でも一応電話で確認・・・すると、
「基板が壊れて異常な電圧がかかってICが壊れている(キッパリ)」
とのこと。

あれ?いつもとパターンが違いますね。

今回の機種の場合、ファンモーター故障の可能性は低いそうです。

ちょっと半信半疑なのですが・・・

お客さんと相談して修理することに決定!

部品入荷後に再訪問です。

まず壊れた基板を外しました。
室内機から取り外した壊れた基板

そしてこちらが新しい基板
メーカーから取り寄せた新しい室内機制御基板

正常なIC
正常なIC

基板を見比べると・・・
新しい基板は改良されている
新旧で異なるところがあります。

ははーん、これは改良されている可能性が大ですね。

この機種で同じ症状が多発して部品改良され、そのことをメーカーは把握していて基板故障と言い切ったのだと思います。

基板を装着して
室内機に新しい基板を装着
コネクタ接続、配線をして

基板のカバーを取り付けます。
基板のカバーを取り付けて
ここで一旦正常に動くか試します。

ICが再度飛ぶようなことがないか確認です。

結果はファンも回り出し正常作動。

グリルを元通り戻して
室内機のグリルを元に戻して
絶縁抵抗測定したらすべての動作を確認。

異常はなく直りました😄めでたしめでたし

今回のようなエラーコードの表示すらしない故障もあります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »