フォト
無料ブログはココログ

リンク

« うーん・・・やっぱりガス漏れ | トップページ | 壁内センサーもたまに役立つ »

2020年7月 5日 (日)

こういう時も風向調整板

室外機から出る風がお隣の植物にあたるので風向調整板の設置をと依頼をいただきました。
ありがとうございます😄(横浜市)

風向調整板は別名では風向偏向板などともいって室外機から出る風の向きを変えるオプションパーツです。

まずはお客さんからメールで室外機の設置状況の画像を送っていただきました。

これはその時の画像ではありませんが
室外機の設置状況
こういう状況。

なおエアコンを設置したのは当店ではありません。

隣家の植物にかなり接近しています。

これでは風向調整板を取り付けてもそれほどの効果は期待できません。

というのも調整板を付けても風向きは吹き出し方向45度程度しか曲がりません。

メールであまり効果は期待できない旨送りましたが、それでもということで取り付けに伺いました。

入荷した風向調整板
入荷した室外機風向調整板
今回は当方で手配しました。
(なおエアコン本体の手配は行っておりません)

箱を開けて
室外機風向調整板を開梱
樹脂製です。

数があまり出ないからでしょうか?結構なお値段します😅

説明書とねじ類。
室外機風向調整板の説明書と取り付けねじ類
この機種は調整板の取り付けが簡単です。
室外機に穴を開ける必要がありません。

機種によっては電動ドライバーで室外機の鉄板に穴を開けたりしないと付かないこともあります。

ドライバー手もみ(手回し)で取り付け完了。
室外機風向調整板を設置完了
電動ドライバーも用意してましたが、回し過ぎる恐れがあるので使用しませんでした。

ではエアコンを運転してお客さんと状況確認。

風は上斜め45度方向へ吹くようになりました。

でもその方向にある木の葉が揺れています。
(予想通り😅)

そこで風向調整板に加えて前に遮蔽物を置いてみてはどうかと提案しました。

ためしに調整板の入っていた段ボールを室外機の前10cm程度のところへ置いてみると風は真上方向へ吹き上げることを確認。

これなら植物に直撃は避けられます。

風向調整板を付けず遮蔽物を設置した場合、本体背面に吹き出した風が戻るショートサーキットを起こして冷暖房能力が落ちるので両方を組み合わせるのがベスト。

遮蔽物の設置はDIYなどでお願いして完了となりました。

いまではルームエアコンでも業務用エアコン並みの冷暖房能力を持ったものが出てきています。

冷暖房能力が高くなればそれに比例して室外機からの風量、熱量も増加するのでこういった工夫も必要になることがあります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« うーん・・・やっぱりガス漏れ | トップページ | 壁内センサーもたまに役立つ »

エアコン部材」カテゴリの記事