フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 天気にも左右されるエアコン工事 | トップページ | もう少ししっかりできませんか »

2020年6月10日 (水)

ユニクロと三価クロメート

川崎市内で床置き形のエアコン入替工事に伺いました。
当店をご利用いただき有り難うございます😄

この古いエアコンを
撤去する床置き形室内機
撤去して

新しいものに
取り付けた新しい床置き形室内機
交換しました。

撤去したエアコンは100V電源機(コンセント差し込みタイプ)。
新しく付けたのは200V電源機(室外機直結タイプ)。

ということで分電盤で電圧を200Vへ切り替えます。

分電盤
これから分電盤内で200Vに切り替える
右上の回路がエアコン用です。

ブレーカーも100V用なので交換します。

切替用のバー
200Vへ切り替えるためのバー
分電盤の中にころがってました。

だいぶ汚れて接触がわるそうですね。
汚れて電気的接触の悪そうな切替バー
熱を持ちそうです。

接続部分だけちょっと磨きました。
接続部分だけ磨いた切替バー
これで使えます。

しかしこれを接続固定するためのねじがありません。

ホームセンターで合うねじを探して用意しました。

切替完了
ブレーカーを交換して200Vへ切替完了
・・・気になる。

このねじ
分電盤のブスバーに付けたねじが気になる
ホームセンターで買ったねじがユニクロメッキ。
しかもかなり長い。

(なお衣料品店のユニクロとは関係ありません)

200Vバーのほうは長いねじが使えないため中性バーについていたものを移動して使用。

ホームセンターで売っているねじはユニクロメッキばかりなんですよね。

正式には光沢クロメートというそうです。

安いけど耐食性が低い。
しかも青白くていかにも安物って感じ。

やっぱこういうものはホムセンじゃだめだな~

とりあえず作業は終了して検討。

近頃の電気の端子台などは三価クロメートメッキのねじが多用されています。
昔は六価クロムを使用してましたが人体などに有害なのですっかり見かけなくなりました。

この分電盤に元から付いているのは六価クロムですね。
黄金色しているのがそれです。

ネットで検索するとちょうどいい三価クロメートのねじが見つかり購入。
三価クロメートのねじ
使い切れないほど入ってます。

やっぱりネットは便利。
以前では入手困難であったものでも容易に買えます。

ねじを見比べると
ユニクロと三価クロメートのねじ
ユニクロの方が青っぽいのがわかりますかね。

電気抵抗を調べると差はありませんでした。

後日交換に伺いました。
三価クロメートのねじに交換
長さもちょうどよくいい感じ。

ちなみにこういうところのねじにはステンレスは向きません。

三価クロメートは自動車、その他でもすでに定番になっているのに建築関連で使用されるのは安いユニクロメッキが多い。
そのためホームセンターではユニクロが主流なんでしょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 天気にも左右されるエアコン工事 | トップページ | もう少ししっかりできませんか »

エアコン電気工事」カテゴリの記事