フォト
無料ブログはココログ

リンク

« これ効くのかな?(ウイルス対策) | トップページ | 床置き形エアコン撤去 »

2020年3月13日 (金)

入替工事で壁紙張替え

エアコンの入れ替え工事の依頼をいただきました。(都内)
ありがとうございます。

まずは取り付け工事をするにあたり、寸法の計測や壁の強度が新たに購入する製品(室内機)質量に耐えられるか確認するため撤去に伺いました。

撤去完了後
エアコンの撤去が終わった室内
壁の強度は問題ありませんでした。

でもエアコンの付いていたところの壁の色が・・・

エアコンを設置したまま壁紙(クロス)を張り替えてしまったため裏側が以前(おそらく建築当初)のままなんです。

これもよくあることでいざエアコンを入れ替えとなって外したとき”あら~😱”ってなるんですよ。

(壁紙は”張り替え”と”貼り替え”でどちらか?という話がありますが、昔からの慣習で”張り替え”がいまでも使われているようです)

室内なのに屋外に使用される配管化粧カバーが付いていたのでそれも交換ご希望とのことで外すと
室内の配管化粧カバーを外した跡
この部分も同じく昔の壁紙が・・・

クロス屋さん(壁紙を貼る職人さん)が化粧カバー周囲のボロ隠しにコーキングしていたのでデコボコです。

寸法の合う機種やカバーを選定しないと以前の壁紙がハミ出てカッコわるいですね。

でもなかなかうまく隠せるようなカバーが見つかりません。
機種もある程度限定されてくる感じです。

その後お客さんから”壁紙を張り替える”との連絡が。
それならすべての問題がクリアされます。

クロス屋さんを呼んで補修すると思っていたらなんとご自身(DIY)でされたとのこと。

取り付け工事に伺います。
お客さんがご自身で壁紙を補修
きれいになってます。

はじめて張り替えしたとのことですがとてもそのようには見えない仕上がり。
プロが施工したといってもわからないレベルです。

ではさっそく設置の準備を
室内機の取り付け準備
室内機据付板とカバー(受け側)の取り付け。

室内機を掛けて配管加工
室内機を掛けて配管を加工
3分管(銅管)は寸法を測って曲げてから接続。

カバーに収まるように曲げるため今回はスプリングベンダーを使用しました。
画像に写っていませんが細長いスプリングを銅管の中に差し込んで曲げます。
銅管を手でグイっと曲げてもパイプは潰れません。

これだけの曲げをするときは何かしらのベンダーを使用しないとパイプがポッキリ折れてしまうことがあります。
また折れるまでいかなくとも大きく変形することがあります。

もう一本の2分管は細いのでベンダーを使う必要はありません。

接続もすべて終わって完了。
配管化粧カバーも取り付けて室内機設置完了

すっきりきれいになりました😊

いまではホームセンターなどに壁紙張り替え用の道具が売られているので挑戦されてはいかがでしょうか。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« これ効くのかな?(ウイルス対策) | トップページ | 床置き形エアコン撤去 »

エアコン工事作業」カテゴリの記事