フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 隠ぺい配管から露出配管へ(2) | トップページ | 室外機が水没・・・ »

2019年9月30日 (月)

2階のエアコン入替え工事

暑さも落ち着いて過ごしやすくなってきました。

以前こちらで水漏れ処置をしたエアコンの交換工事です。

室内機は2階、室外機は1階地面に設置されています。

まずはこちらを撤去します。(当店の取り付けではありません)
撤去する室内機
サンヨーブランドが消える少し前の機種なので結構な年数使用されてました。

室外機も
撤去する室外機
よくこの年数持ちこたえました。

室外機の台に普通のプラ台が使用されていましたが地面に置く場合はこれでは不安定なのでブロックを使います。

室内機は2階に付いているので外部に梯子の準備をしていると
劣化で落ちた換気の端末
換気用の端末が落ちてました。

付いていたエアコンには懐かしい換気機能が付いていて、ホースが劣化で折れてました。

取り付けた工事屋さんが換気用のホースをテープ巻きしなかったため紫外線劣化でポッキリ折れたんですね。

一時期、換気機能が流行ってどこのメーカーも我も我もと搭載したものでした。
考えてみればこんな細いホースで換気って・・・

梯子をかけて
19093015
高所作業は安全第一。

パイプも撤去しました。

今度は新しいエアコンの取り付け
室内機の取り付け
室内機の据付板を付けます。

以前付いていた室内機の位置(向き)が部屋に対して空調的によくなかったため別の壁面に取り付けとなりました。

そのため配管用の穴も新たに開けます。

本来は室内機右背面に穴を開けるのですが、どうやらこちらの建物はツーバイフォー住宅のようで窓の上なので開けられません。

ということで左背面に開けました。

えー、画像はありません😅

室内機設置完了
新品の室内機設置完了
このデザインと色、好評ですね。

以前の室内機は左側の壁。
使わなくなった配管穴はフタで塞いであります。

そして外壁のパイプは
外壁のパイプはテープ巻き仕上げ
テープ巻き仕上げです。

お客さんと相談して建物の裏側なのでテープ巻きに。

室外機設置完了
室外機設置完了
こちらの室外機は非常に大きいサイズでまるで小型の業務用。

室外機の台はブロックで安定性を向上。

試運転は問題なく完了しました。

以前水漏れ処置した際にエアコンの入れ替えを検討されていましたが、暑さが落ち着いてから工事をとお勧めしました。

というのは真夏や真冬のエアコンが必要な時期に入れ替えをして万一購入した本体に異常(たまにあるんですよ)があったりした際にしばらくエアコンなしの生活になってしまう恐れがあるためです。

タイミング悪く故障してしまったなら仕方ありませんが、そうでなければ入れ替えるのはあまり使用しない中間期にしましょう。

とは言っても必要性を感じない時期はエアコンのことなどすっかり忘れてますよね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 隠ぺい配管から露出配管へ(2) | トップページ | 室外機が水没・・・ »

エアコン工事作業」カテゴリの記事