フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 換気扇交換をお手伝い | トップページ | 室内機の設置高さは慎重に »

2019年8月 1日 (木)

また出ました室内機落下(今夏4台目)

いやいや今年は落下が多いですね。

今回はどんな付け方をしているでしょうか・・・

現地到着。
落ちた室内機の様子 title=
下にあるデスクに箱を置いて支えられていました。

おそらく据付板(室内機を掛ける金属の板)は壁に戻されたのだと思います。

少し前から室内機上部と壁との隙間が大きくなっていたとのこと。
落ちる前ぶれですね。

この季節なので水がたくさん出てたいへんだったそうです。

「工事したところに言わないんですか?」とお聞きしましたが一度こうなってしまうと信用できませんよね。
またネット上にアルバイト感覚で出てくる業者はこういう時には消えてしまっていることがよくあります。

さて据付板はどのように付いていたのか確認します。
据付板の固定方法を調査
お、この樹脂製ボードアンカーで抜けることは珍しい。

ヒルティ製のボードアンカーでむかし私も使ったことがあります。

そして隣には
2種類のボードアンカーが使われていた
室内機が落ちるで有名、ねじ込み式ボードアンカー。

ハイブリッド方式ですか・・・(意味なし)

でもヒルティのボードアンカーは傘が開いてませんね。
ふつうはもっとパカッと開いて抜けたとしても壁にもっと大きな穴が開いていたはず・・・

理由は
ボードアンカーに使われたねじが短い
ねじが短くて肝心な部分に届いておらず開かなかった。

左右同じ方式でもう片方も
ボードアンカーに合わないねじ
こちらはもっと短くて隙間があります。

いやいやなんといいましょうか・・・😅

エアコン工事でよくあるのですが、ねじの長さがめちゃくちゃで薄い板になが~いものをつかったり、今回のように足らなかったりと手持ちの使い古したねじを使って施工しているケースをよく見かけます。

こちらは木造一戸建て。
室内機中央付近に柱があるのですが・・・
ねじが柱には効いていなかった
ねじの色を見れば柱に効いていなかったのがわかります。

建築の勉強も少しは必要です。

ではどのように修理するかが問題。

ボードアンカーの抜けた穴はもう使えません。その周囲も強度が落ちています。

こちらの場合、室内機の位置を強度的に問題ないところまで少し移動して設置することになります。

配管からすべて設置しなおしです。

しかしこの日はそこまでの時間はないので本修理(工事)は後日にすることにして応急処置を行いました。
この暑さでエアコンなしでは耐えられませんからね。

据付板を元の位置に取り付けて
応急処置で据付板を固定
周囲にボードアンカーを打ち直して柱にもねじを効かせます。

完全ではありませんので長期はもちませんが短期間であれば問題ないでしょう。あくまで応急処置なので

室内機を掛けて
落ちた室内機を掛けて
設置状態や動作をチェックします。

少し問題もありますがとりあえずこのままで様子を見ながら使ってもらうことにしました。

あとこれ、
アース線がつながっていない
アース線がつながってませんね。

いまどき珍しい手抜きです。見ればすぐにバレてしまうのに・・・

これも本修理の時に接続します。

室内機の落下は壁だけでなくエアコン本体やパイプ類も傷めます。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 換気扇交換をお手伝い | トップページ | 室内機の設置高さは慎重に »

エアコン点検」カテゴリの記事