フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 工事の質って・・・ | トップページ | 電工ナイフを研ぎます。 »

2019年4月 4日 (木)

室外機の台

エアコンの入れ替え工事で新品の室外機を取り付けているところ。
室外機を設置して真空引き中
真空引きをしているのでそろそろ工事も終盤です。

あっと、真空引きの話ではなく室外機の台についてです。

室外機の台というとプラスチックでアイボリー色のものをみなさん連想すると思います。

あの台はプランター(植木鉢)をひっくり返したような形をしていて、施工者側からすれば重ねると収納にも場所を取らず非常に便利です。

でも今回は、
今回は室外機の台にブロックを使用
ブロックを使いました。

塀に使われるアレです。

「へぇー、そんなのでいいの?」と思われるかもしれませんが、プラスチックの台が出回る前はブロックが使われていました。

室外機を置く場所が土や砂利の場合はこのブロックが一番。

特に今回のような地面に砂利と擁壁のブロック部分があり硬さの異なるところにはうってつけ。

水平をとってセットします。
前後の水平をとって室外機をセット

プラスチックの台では時間が経つと砂利の部分が沈み込んで室外機が傾いてきます。

撤去前の室外機の画像は取り忘れました。😅

使われていた台は
いままで使われていた室外機台の変形
かなり変形しています。

室外機が傾くだけでなく硬さの異なるところに使用することでこうなります。

裏返すと
変形した室外機台を裏返したところ。
こんな感じです。

収納性を高めるために中は何もないので変形してしまうんですね。
マンションのような平らなコンクリートなどの上に置くには問題ありませんが、砂利や土だと周りの縁だけで地面に接するので沈みます。

ブロックであれば接地面積が大きくとれて安定性抜群。
価格も安くて入手性も問題なし。

一戸建てのお宅では安定の悪い地面に室外機を置くケースが多いので本来はこのようなブロックを置いたほうがいいのですが、周囲を見てもほとんどプラスチックの台が使われています。

その理由はただ単に施工が速くて楽。そして軽くて楽だから。
室外機にプラスチックの台をネジで固定して、傾いていたら室外機ごと揺すって台を地面にグイグイと食い込ませればある程度レベルが出てハイ完了!

当初プラスチックの台が出始めた30年位前は土や砂利の地面に使うのはよくないと言われ、その場合はブロックを使ったものです。

でも下請け業者達は同じ賃金ならラクなほうへと流れていくので、すぐにブロックは使われなくなりました。

さらには台すら持って行くのを忘れてエアコンの梱包材の発泡スチロールを台代わりにトボケて置いてくるなんてタワケ者😜もいましたね。

たかが室外機の台。でも場所によって使い分ける必要があります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 工事の質って・・・ | トップページ | 電工ナイフを研ぎます。 »

エアコン部材」カテゴリの記事