フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 15Aコンセント売ってない? | トップページ | エアコンのアース接続 »

2019年4月27日 (土)

マンションの空室で工事。

いつも当店をご利用いただいているマンションのオーナーさんから空き室でエアコン設置をと連絡が入り伺いました。

工事の終わり頃にオーナーさんがみえるとのことで、誰もいませんが作業を進めます。

到着すると、
箱から出されて置いてある室内機
すでに箱から出されてました。

窓の外を見ると
室外機がすでに吊られている
なんと天吊りの室外機が金具の上に載っています。(ありがたや~)

ここまでしていただいて恐れ入ります。

配管化粧カバーが付いているのでこれは以前から付いていたものを再利用するということですね。

状況は、
エアコン配管用穴のツバが外れかかっている
ツバの部分が壁から外れかかってグラグラです。

こりゃなんとかしないといけませんね。

カバーの上部には防振ゴムがあって、
配管化粧カバー上部に付けられた防振ゴム
取り付ける室内機と壁からのレベルが合わないので外します。

途中までネジを緩めると
エアコン配管穴のツバが外れて落ちた
落ちました。

取り付け作業では毛布の上にシートを敷いているので床には傷つきません。

このツバ自体で穴へ固定するのはもう無理なので、
ねじ込み式のボードアンカーを打って
ねじ込み式のボードアンカーを穴近くに打ちます。

こうしました。
ボードアンカーで固定したカバーでツバを押さえ込む
先ほどのボードアンカーでカバーをしっかりと固定し、穴のツバを押さえ込みました。

結構しっかりとまりました。
配管カバーの修正完了

次に据付板も取り付けます。
エアコン据付板取り付け
壁の内部が変則的で補強のあるところとないところ、補強の深さが異なるところもあって複雑でした。

このように配管化粧カバーが取り付けられている場合は室内機の上下左右の位置が厳密になるので慎重に寸法出しして取り付けます。

さてそれが済んだら室内機の加工を・・・オオ!
室内機の配管取り出し口がすでに切り取られている
配管取り出し口がすでに切り取られている。

しかも排水のドレンホースも左側に差し替えられてますね。

ここまでしていただいて、またもや恐れ入ります。

慣れないと別の取り出し口を切ってしまうこともあります。床に置いてある室内機は天地が逆になっていることが多いため。

取り出し口のアップ
室内機配管取り出し口のアップ

バリは取っておきます。
室内機配管取り出し口のバリを取って
これをしないと通したパイプのテープや断熱材が切れてしまうため。

ドレンホースと差し替えられているゴム栓の増し差し。
ドレンパンのゴム栓を増し差し
六角レンチで押します。

これもだいじなことなんですよ。

室内機を引っかけたら配管して
室内機周辺配管中

完了
設置完了
三菱電機製ですが他社にない室内機のガッチリとした安定感。室内機がフニャフニャしていません。

絶縁抵抗測定、温度測定、排水試験、異音、振動、その他不具合ないか確認してすべてOK。

オーナーさんも来られて設置状況を確認していただき作業終了しました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 15Aコンセント売ってない? | トップページ | エアコンのアース接続 »

エアコン工事作業」カテゴリの記事