フォト
無料ブログはココログ

リンク

エアコン点検

2019年3月13日 (水)

エアコンが冷暖房とも効かない

エアコンをつけても暖房も冷房も効かずお困りで点検依頼をいただきました。

さっそく見てみます。
エアコンの風がユラユラとしか出てこない
暖房をかけても風がユラユラとしか出てきません。

温度を測定するとどうやらガスは抜けていない様子。

送風ファンの回転の割に風が弱い。

これはほぼ風の流れる経路が詰まっている症状で間違いないでしょう。

吸気フィルターをみます。
室内機の吸気フィルター
少しだけホコリが付着してますがそれほどではありません。

でも上に何かのってますね。
室内機の上に汚れ防止の紙をのせている。
室内機の上部吸気口にホコリが入らないよう紙で覆ってありました。

室内機の上部が掃除できずホコリが溜まるので置いたそうです。

現在のエアコンは上部からの吸気がメインなのでこれも負荷になってしまいますね。

室内機の上は
室内機と天井の隙間が少ない
天井との間が3㎝くらいで手が入りません。

これでは掃除ができません。

周囲を見てももっと下に取り付けることができたはず。設置した工事人が以後のことを考えずに取り付けてしまったようです。

掃除やメンテナンス、吸気効率のことを考えると可能であれば8㎝程度あるとよいです。

でもこの紙を取り去ってもそれほど風に変化はありませんでした。

送風ファンは、
室内機の送風ファン
多少汚れが積もってますがこの程度ではここまで風は弱くなりません。

すると残るは熱交換器。

フィルターを外します。
ホコリで詰まった熱交換器
一見それほどひどいようには見えません。

よく見ると
熱交換器フィンに詰まったホコリ
フィンの間はびっしり詰まってます。

これが原因で冷暖房が効かなかったわけです。

どうしてこうなってしまったのかというと、“自動フィルター掃除機能付きエアコン”だからです。

エアコンが勝手にフィルターを掃除してくれるため便利で省エネと謳われていますが実はそうではありません。

この機能が付いていないエアコンはフィルターを取り外して人の手で掃除しますが、自動フィルター掃除はエアコン本体にフィルターが付いたままブラシなどでこすってホコリを取ります。

しかし細かな粉塵レベルのホコリはフィルターの奥へと押し込んでしまい室内機内部に入り、熱交換器やファンに積もってしまうのです。

なので自動フィルター掃除の付いたエアコンは年数が経つと中がホコリだらけ。

いざエアコン洗浄業者に頼むと割高だったり断られたり。

お客さんが「10年間手間いらず」と聞いていたのにと落胆されていましたが、これはあるメーカーの当初出していたキャッチコピー。わたしも覚えてます。

またフィルターや熱交換器、ファンが詰まると室温を感知しているセンサーが誤った判断をします。

室内機に付いている温度センサー
室内機の室温センサー
このサーミスタで室温を感知しています。

ホコリで詰まった室内機は本体内で気流がまわるため部屋の温度より先にセンサー部が設定温度に達してしまいファンやコンプレッサーが低速になり、しまいには止まってしまいます。

これでは部屋を冷やしたり暖めたりすることはできませんね。

お客さんにはエアコン洗浄をするかそれとも買い替えるかご判断いただくことにして点検終了となりました。

自動フィルター掃除機能は可能であれば機能停止にしてご自身で取り外してまめに掃除したほうがエアコンが長持ちすると思います。

メーカーに怒られそうだなぁ

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年3月11日 (月)

室内機のルーバーが動かない

室内機のルーバー(上下風向の羽)が動かない症状で点検依頼をいただきました。

こちらのお宅は7年程前に別のエアコン工事で伺っていましたが、今回メールでお問い合わせをいただいた際、こちらが思い出しやすいようにご配慮いただき工事をした時の屋外側外観画像を添付してくださいました。

その画像を見たらすぐにどこのお宅か思い出しました。
というのも公道(?)の階段の途中に三連梯子をかけて二階の高さまで登り恐怖を感じながら施工したためです。

お家が高台にあり、かなり高低差のあるコンクリート階段の一番上に建っているため梯子の上に登って周囲を見下ろすと身がすくむ思いでした。
いくら梯子に登り慣れていてもしばらくは倒れるような恐怖心でうまく身動きができなかったのを覚えています。

お客さんの話では当時、別の工事会社に問い合わせを何件かしてみんなにムリと断られてしまい当店へ打診をしたとのことでした。

現地に到着してまじまじと以前行った工事をみてあらためて「怖いなー」と感じました。

ということで室内機の状況を見ると
室内機ルーバーからカタカタ音
お客さんのお話通り3枚あるルーバーのうち一番手前がカタカタ音がして動きません。

脚立をかけて登って確認したところ一番手前のルーバーはモーターからダイレクトにつながっておらずギアが入っています。

エアコンのルーバーに使われるギアは樹脂製ものがほとんど。それが削れたり歪んだりして歯飛びを起こしこのような症状になっています。

こういったギアが使われている室内機はどのメーカーに限らず以前からこのような症状が多発します。

特に暖房で温められる吹き出し口は変形や劣化が進むので起こりやすい。

そのほか掃除の際に手でルーバーを動かしたりするとギアに負担がかかって歯が削れてしまうこともあります。

製造年を見ると2006年製。部品供給の問題などでエアコンを入れ替えることになり今回は点検のみで終了しました。

10年超えると途端に補修部品が少なくなりますからね。

凝った造りやいろんな付加機能が付いていると基本機能はまだ使えても先にそれらが壊れて買い替えを検討せざるを得なくなることがあります。

高いエアコンが長持ちするわけではありません。一概には言えませんが低価格でシンプルなほうが故障する箇所も少ないことを考えるとエアコン選びも難しくなりますね。

部屋や設備の状況、使用方法、能力、コストなどトータルで考えて一番あうものを選びましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年10月15日 (月)

室内機から水が垂れる症状、ところが・・・

今年8月頃より室内機から水が漏れるので点検をと依頼をいただきました。(東京都大田区、他店施工)

ところが修理には至らず、エアコンを買い替えていただくことになりました。その理由は・・・

室内機がこちら
水漏れを起こしている室内機
前面のグリルを開いてありますが、自動フィルター掃除機能の付いたエアコンです。

フィルターは外して掃除されているそうできれいですね。

水漏れは
水漏れ箇所
室内機の左下からです。

ドレンが詰まったりして漏れるような感じではなく、お客さんの話では数分に一滴落ちるとのこと。

これはやっかいな漏れ方。
ガスでも水でも漏れるときはどんどん出たほうがわかりやすい。

まずは裏にあるドレンプラグを鏡でみます。
ドレンプラグ
ここは左からドレンホースをつなぐための口で、使用しないためゴム栓がはめられています。

ここの漏れはなし。

周囲を見てもどこから水が出ているのかわかりません。

室内機のパネルを外してしばらく見ていると、ポタッと一滴落ちました。
水が漏れ流れている
吹き出し口の内側、ファンの付け根あたりから水がしみ出してきます。

拡大して
水漏れ箇所画像拡大
うっすら水が流れているところが確認できます。

周囲を見回すと熱交換器やその周辺にホコリがかなり詰まっています。
熱交換器のホコリ付着
自動フィルター掃除機能が付いていても内部は汚れます。

かなりの効率低下になっているので本来の省エネ性能、能力は出ません。

製造から9年経過していることもあり、そろそろ買い替えも視野に・・・などと話をしながら点検していたのですが、以前熱交換器のガス漏れで交換修理したことがあるとのこと。

なんとなく到着したときに冷風がいまいち弱い感じもしていたので熱交換器をよく見てみると
熱交換器に油っぽいものが付着
油っぽいところがあります。

周囲のホコリは乾いているのにここだけ湿ったようになっています。これはあやしい。

さっそくリークディテクタ(ガス漏れ検知器)でチェックしてみました。

リークディテクタでガス漏れチェック
ピピピピピ・・・・・ 高らかにガス漏れ反応。

誤反応もあり得るのでもう一度・・・ ピピピピピ・・・・・。
お客さんも立ち合いで見ていたので同じところで反応が出たことに気付かれていました。

この先だんだんとガスが減って冷暖房とも効かなくなっていきます。

この修理は費用が高額になるので水漏れ点検もここで中止、エアコン買い替えとなりました。

代替フロンになってからエアコンの寿命は短くなったと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年10月 7日 (日)

台風24号で室外機破損

横浜市中区にて台風のあとエアコンの室内機ランプが点滅して作動しないとの点検依頼をいただきました。

お客さんからは、屋上に室外機があるので風でどうかなっているかもしれないと事前に情報をいただいていました。

リモコンのエラーコードを見ると室外機ファン異常です。

屋上に上がります。
屋上へ上がる点検口
こちらの建物は通路の天井にある点検口を開けて梯子を登り、さらに鍵の付いた点検口を開けて屋上にあがります。

何台もある室外機の中でそれらしいものを探していると・・・

ありました。
ファングリルが破損している室外機
ファンのグリルが破損しています。

室外機は3室マルチ(室内機が3台付いている)タイプで普通のルームエアコンより大きいものです。

グリル部分はほぼ全周にわたり切れていて
室外機内部
手で引くとファンが直接見えます。

ファンの状態は
室外機ファンが割れている
かなり破損してますね。

別角度も
室外機ファン割れ
3翅とも割れています。

ファン全体が傾いているためモーター固定部分を見ると
固定部分が破断している
台風の風で破断したようです。

風圧に耐えられなかったのでしょう。

ここが破断することにより回転中にファンが傾きグリルを切断しながらプロペラが割れてしまったと思われます。

熱交換器の内側フィンもかなり潰れているところがありました。

このあとまた台風がくる可能性があるので、とれかかっているグリルや割れたプロペラが飛んで事故などにならないように撤去しました。
割れたグリルとファンを撤去
モーターは落ちないように電線でしばり固定しました。

これで台風がきてもひとまず安心
グリルとファン撤去後の室外機
もちろん使用できないので電源ブレーカーを切っていただきました。

割れたプロペラファン
割れたプロペラファン

こんどは補修用部品があるか確認します。

えーっと型式は、
型式がよく見えない
屋上で古くなった室外機でよくある型式不明。

これでも指でこすったりして見えるようになったほうです。(逆にこするとさらに消えてしまうこともあります)

なんとか読み取れたのでメーカーへ確認。こちらのメーカーさん社内の再編中のようであちらこちらにたらい回し。

やっと問い合わせできましたが在庫が3個程度しかなく今日にも無くなるかもしれないとのこと。しかも破断したモーターを支える金具は在庫がなく適当に作ってほしいということでした。

お客さんと相談して今後のことも考慮しエアコンを入れ替えていただくことになりました。

3室マルチで入れ替え費用もかさみますが、ここでお金をかけて修理しても近いうちに別のところが故障し部品がなく修理不能で無駄になることを考えると賢明なご判断と思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年9月11日 (火)

熱交換器ガス漏れ、オイルで判明。

今年の夏はこんな事例がありました。

3年程前に当店で取付けたエアコンの冷房が弱くなったと点検依頼をいただきました。

室内機
室内機

エアコンの効きが悪くなった場合はガス漏れというケースが多いのですが、まだ購入から5年以内なのでメーカー保証を受けらる部分(冷凍サイクル)が残っています。

冷房運転で動かすと風が弱々しいのでフィルターを確認します。
フィルターが詰まっている
詰まってますね。

フィルター自動掃除が機能していなかったようです。

フィルターを掃除していただきこれで解決かと安心したのも束の間。
フィルターを外すと冷房温度が出なくなってしまいました。

詰まって風の通りが悪い間は室内機の熱交換量が減るのでなんとか冷房サイクルのバランスを保っていたようです。

ガス漏れの可能性が高くなりました。

室外機を見ます。
室外機
ガス圧を調べるとやはり減っています。

この後、漏れ箇所を探すため高感度のリークディテクタ(ガス検知器)を使い室内機、室外機を調べましたが反応ありません。

パイプの接続箇所も反応なく、漏れた形跡(オイル付着)もなし。

これはやっかいなリークかも・・・。と見ているうちに
ドレン排水が虹色に反射している
室内機から流れ出ているドレン排水が太陽光にあたって虹色に反射しています。

おっ!これはもしかして・・・

室内機の熱交換器に穴が開いてガス漏れしている可能性が非常に高い状況です。

エアコンの冷媒ガスはコンプレッサーオイルと混じって循環するため、ガス漏れ箇所からはそのオイルが一緒に出てきます。
熱交換器から漏れたオイルは結露した水と一緒にドレン管から排出。

ではなぜリークディテクタでは反応しなかったか・・・。
考えられる原因として漏れ穴はとても小さいためオイルがその部分にあると、オイルの通過に時間がかかりガスが一時出なくなることや、漏れ量が少なすぎて反応しないことなどが挙げられます。

熱交換器ならまだ保証期間内。さっそくメーカーへ依頼をしていただきました。

メーカーが来て熱交換器交換(無償修理)となったそうです。

でも繁忙期なので修理まではかなり日があったようです。

当店で点検の時に仮にガス補充をしたのでその間は問題なく冷房できたようですが。

今回の場合、ドレン排水がコンクリートの上に出ていたので発見できましたが地面では難しいでしょう。

しかし室内機熱交換器のガス漏れは近年多く発生しているのですが、なんとかならないもんですかねぇ。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月26日 (日)

2台とも室内機(熱交)ガス漏れ。

エアコンが冷えないと2台の点検依頼をいただきました。

― 1台目 ―

1台目はまったく冷えず、去年メーカーさんでガスを入れてもらったそうです。(また漏れるので無駄になりますけど・・・)

冷房運転で室外機のバルブを見ると
凍っている室外機のバルブ
凍っています。

これはガス不足か膨張弁関連の不良が疑われます。

停止時の圧力は
停止時圧力1.6MPa
1.6MPaです。

気温に対して低いのでガス漏れです。

低圧圧力は
低圧圧力0.3MPa
0.3MPaしかありません。

ガスはほとんどカラに違い状態です。

漏れる場所で一番疑わしい室内機をリークディテクタ(ガス漏れ検知器)で調べると、
室内機熱交換器よりガス漏れ
漏れ反応あり。

やはり漏れてました。熱交換器からのガス漏れ。

高額修理になるケースでエアコンの保証期間が過ぎているので使用年数も考慮し買い替えをお勧めしました。

― 2台目 ―

点検2台目
こちらは暑い日になると冷房があまり効かなくなるとのこと。

去年までは普通に冷えていたそうです。

温度測定をするとそこそこ冷えています。

このケースで一番あやしいのは汚れ。

吹き出す風の音で送風経路が詰まっているのがわかります。

開けてみます。
室内機吸気フィルターが詰まっている
フィルターが詰まっていますね。

近くで見ると
フィルターの汚れで熱交換器が見えない
奥にある熱交換器が見えません。

これでもフィルター自動掃除機能のついたエアコンです。

しかし勘違いされてはいけません。フィルターの自動掃除機能はどこのメーカーでもオマケ程度のものです。

人の手で掃除したほうがきれいになります。

このことはメーカーさんもわかっていると思いますがイメージ先行で人気があるのでやめられない。

販売店は「自動掃除機能で手間なくいつもキレイ、節電にもなります。」と売り込んでいることでしょう。


それはさておき、フィルターを取り外して様子をみました。

すると気流が多くなることで室内機の吸い込みと吹き出しの温度差が少なくなり、どうやらこちらも調子が良くないようです。

室内機にリークディテクタをあてるとまたもや“ピピピピ・・・・”と反応がでました。

室内機熱交換器よりガス漏れ

またか・・・ 念のためもう一度やっても同じところで反応が出ます。

まだガスは抜けきっていませんがそのうち冷えなくなるでしょう。

結局2台とも買い替えをお勧めして点検終了となりました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月22日 (水)

天カセ・ドレン水位異常

天井カセット型エアコン(通称、天カセ)の点検を行いました。

(ここのところブログのアップが遅れていて少し前の作業です。)

エアコンはこちら
天井カセット型エアコン室内機
ちょっと角度的に見にくいと思いますが天井に埋め込まれているタイプです。

ドレン水位異常で冷房運転が停止してしまうとのことで依頼をいただきました。

伺ったときはなんとか動いているようでだましだまし使っていたみたいです。

― では点検します。 ―

吸い込みグリルを外して
吸い込みグリルを外したところ

パネルも外してしまいます。
パネルを外したところ
これでドレンパンが見えました。

おっと、ドレンプラグ(水抜き栓)が見当たらない。
この機種はドレンパンに水抜き用の口が付いていません。

ドレンパンに指を入れると水がたっぷり溜まっています。

固定しているネジを外し、中で水が右へ左へ行ったり来たりしているのを感じながらこぼさないようにそっと降ろします。

ドレンパンの内側は
ドレンパン内側の汚れ
やっぱりヌメヌメしたものが溜まりますね。

雑菌などでどうしてもこうなります。

でも排水用のポンプの吸い込み口をふさぐような汚れではありません。

ということはポンプがあやしい・・・
排水用ドレンポンプ
吸い込み口に滴が付いていたのでそのままポンプを作動させました。

しかしこの滴はまったく動きません。

ペットボトルを切ってカップを作り、水を吸い込むか試しても一向に減りません。

ポンプをばらしてみました。
ポンプの内側
けっこう汚れいています。

ポンプの吐出側は
ポンプ吐出側
汚れで穴が狭くなっています。

回転部は
ポンプ回転部
吸入部分のところに汚れが付いています。

お客さんがドレンパンやポンプのケーシング部品を洗ってくださいました。

回転部の汚れも落として元通り組付けます。
ポンプの吸入部分
黒い十字の回転部分が見えるようになりました。

この時点で再度カップの水をあてがってポンプを作動させるとちゃんと吸い込むようになりました。

パネルも戻して正常に排水するかドレンパンに水を注いで確認します。
ドレン排水出口
入れた水がしっかり排水されています。

たくさん出ていますが通常の冷房運転ではポタポタと落ちる程度が正常です。

これで思いっきり冷房運転が可能になりました。

ルームエアコンの天カセはオフィスなどに使用する業務用よりも設置された環境やポンプ能力的に詰まりやすいのかもしれませんね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月13日 (月)

エアコンが冷えなくなってきた。

「貸している住宅のエアコンが冷えなくなってきた。」との連絡をいただき点検に伺いました。

15年前より当店をごひいきいただいているお客さんで、たしかこの場所に取り付けたのが初めてだったと思います。

木の風合いが心地良い建物です。

そのエアコンも3年前に室内機の熱交換器に穴が開いてガス漏れし、今回のエアコンはそのとき新品に交換したものです。

こちらがそのエアコン。
冷えなくなってきたエアコン
フィルター自動掃除機能付きエアコン。

室内機から出る風の音がフィルター詰まりを感じさせます。

居住者さんもフィルターを外して掃除しているそうですが・・・
写真を撮り忘れましたがパッと見はきれいですが、よーく目を凝らしてみると細かい網目が詰まっています。

フィルターを取り外すと風の勢いが増します。

普通に掃除しても取り切れないようなので洗剤を使ってフィルターを洗ってもらいキレイになりました。

この段階で室外機のバルブ温度を測定します。

往き側
往き側のバルブ温度
27.5℃

戻り側
戻り側のバルブ温度
5℃

絶好調。

冷凍サイクルには問題なし。少し調子が良すぎなのですが、まだ室内機の風量が完全ではないためです。

なぜか・・・

今度は室内機のファンを見ます。

風の吹き出し口
室内機の吹き出し口
この奥に回転しているファンがあります。

エアコンを停止しなくてもカメラのフラッシュ閃光は非常に短いので回転しているファンを止めて見られます。
室内機送風ファンの様子
ファンに汚れが積もってますね。

拡大します。
ファンの汚れ
かなり積もっています。

このファンにモコモコと積もっているものはホコリというよりもカビです。
長時間つけっぱなしのお宅ではよくこのようになります。

エアコンの横流(おうりゅう)ファンは羽が細いので汚れが積もると途端にサージングを起こしたりして空気が流れなくなります。
そうなると熱交換器の冷えた空気は室内機の中で回るようになり温度検知部を冷やして室外機がすぐに停止します。

エアコンは室内が十分冷えたと勘違いしているのです。

これではいつまでたっても部屋は冷えません。

当店でエアコン洗浄はおこなってませんのでクリーニング屋さんに依頼していただきました。安いところはエアコンを壊してしまったり組み間違えが多いのできちんとした業者へ依頼していただくようお願いしました。

なおこの横流ファンは昔とことなり樹脂でできています。不慣れな人がブラシなどでファンを掃除しようとして一枚でも割ってしまうとバランスが崩れてエアコンは振動で使えなくなります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月 7日 (火)

室内機水飛びでメーカー保証。

室内機の吹き出し口が水でびっしょりになり水滴が飛んでくるとの点検依頼をいただきました。

今回のエアコンは2年程前に新品を当店で取り付けたものです。

その室内機はこちら
水が飛んでくる室内機

しばらく冷房運転すると水が吹き出し口に付いています。
吹き出し口に水が付いている。
吹き出す風にのって水しぶきが飛んできます。

たまに水が飛んでくるのは異常ではありませんが、これは吹き出し口がびっしょり水滴だらけになるほどであきらかに異常です。

ガス漏れでも時としてこのような症状が出る場合もあります。

点検を開始しガスの圧力や温度関係もすべて正常範囲。

ガス漏れを起こすような施工はしてないのですが念のため接続部をリークディテクタ(ガス漏れ検知器)で検査します。

漏れはありません。

本体も調べましたが漏れはなし。

ドレン排水は
正常に出ているドレン排水
問題ありません。

メーカーの技術へ電話を入れてこの機種に同じような案件が出ていないか確認することにしました。

お昼前に電話を入れて・・・「混んでいるので2~3時間後に折り返すようになります。」とのこと。

いずれにしても施工には問題ないのでメーカー保証を受けられる可能性が高いと判断しお客さんからメーカーへ修理依頼をしていただきました。

他にも調べましたがこれで点検は終了。


― その後 ―

一日の仕事を終えてのんびりしていると・・・夜の9時半頃電話が入り「○○(メーカー名と部署)ですが遅くなってたいへん申し訳ありません。」 なんとメーカー技術から電話が入りました。

こちらもすっかり忘れていました。しかもこんな時間まで・・・かなりお疲れのようで気の毒です。今年の夏の暑さはホントに異常なのでメーカーさんへも電話が殺到しているのでしょう。

そして同じ機種でこれと同じ案件が多発しているという情報はないとのこと。

こちらで点検した項目や結果を伝えると、「そこまで調べて頂いているならあとはこちらで見させてください。」と返答をいただきました。

数日後、お客さんより修理内容の報告をいただきました。

室内熱交換器の交換
室内熱交換器
フィルターを外すと見える銀色のフィンの部分をそっくり交換。

室内機を降ろして全部分解しないと交換できません。

自費で直すと高額ですが冷凍サイクル部品なので5年のメーカー保証があります。

おそらくメーカーの判断は「熱交換器の親水性がなんらかの原因で低下し本来ドレンパンまで水が伝っていくものが途中ではじかれて滴下してしまい、それがファンにあたって飛んでくる現象」だと思います。

熱交換器の一部に断熱テープを貼って修理(対策)完了にしているメーカーさんも多い中、しっかりやってもらえました。

保証期間内なので無償だったそうです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年6月15日 (金)

点検 エアコンが動かない。

川崎市幸区(今回初めてのお客様)でエアコンが動かなくなったとの点検依頼があり、たまたま近隣にいて時間があったので即刻訪問しました。

急にエアコンが動かなくなってリモコン不良かと汎用のエアコンリモコンを購入しても動作せず、本体の応急運転スイッチも反応しないとのこと。

まだ購入して5年ほどであまり使わないのに動かなくなってがっかりされています。

今回のエアコンはコンセントを差し直すとフラップ(ルーバー)が動くはずですが何の反応もありません。

(もしかして・・・)

基本の電源チェック。テスターでコンセントの電圧を測ります。
コンセントの電圧測定0V
ほぼ0Vで電気が来ていないのがわかりました。

(やっぱり?)

念のためエアコンの絶縁抵抗を測定し漏電などしていないか確認します。
絶縁抵抗測定
測定中は両手がふさがり撮影できません。

漏電はなく正常でした。

そしてブレーカーを見に行きます。

ブレーカーが落ちていれば、その原因を探さなければなりません。また落ちてなければ断線箇所を探すことになります。

結果、ブレーカーが落ちていました。

(やっぱり。)

一旦ブレーカーを上げてコンセントの電圧を測ります。
コンセントの電圧測定 約104V
約104Vで問題なし。

エアコンのプラグを差すとルーバーが動きました。

リモコンでスイッチオン、運転が始まります。しばらくして室外機が動き出して冷房が効いてきました。

ブレーカーは落ちません。

こちらのお宅は分電盤のブレーカーレバー部分にカバーがないタイプのため、物を置いた際に触れてエアコン回路が落ちてしまったようです。

それには心当たりがあるようでエアコンは壊れておらずお客さまもひと安心。

これにて一件落着。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/