フォト
無料ブログはココログ

リンク

エアコン点検

2018年6月15日 (金)

点検 エアコンが動かない。

川崎市幸区(今回初めてのお客様)でエアコンが動かなくなったとの点検依頼があり、たまたま近隣にいて時間があったので即刻訪問しました。

急にエアコンが動かなくなってリモコン不良かと汎用のエアコンリモコンを購入しても動作せず、本体の応急運転スイッチも反応しないとのこと。

まだ購入して5年ほどであまり使わないのに動かなくなってがっかりされています。

今回のエアコンはコンセントを差し直すとフラップ(ルーバー)が動くはずですが何の反応もありません。

(もしかして・・・)

基本の電源チェック。テスターでコンセントの電圧を測ります。
コンセントの電圧測定0V
ほぼ0Vで電気が来ていないのがわかりました。

(やっぱり?)

念のためエアコンの絶縁抵抗を測定し漏電などしていないか確認します。
絶縁抵抗測定
測定中は両手がふさがり撮影できません。

漏電はなく正常でした。

そしてブレーカーを見に行きます。

ブレーカーが落ちていれば、その原因を探さなければなりません。また落ちてなければ断線箇所を探すことになります。

結果、ブレーカーが落ちていました。

(やっぱり。)

一旦ブレーカーを上げてコンセントの電圧を測ります。
コンセントの電圧測定 約104V
約104Vで問題なし。

エアコンのプラグを差すとルーバーが動きました。

リモコンでスイッチオン、運転が始まります。しばらくして室外機が動き出して冷房が効いてきました。

ブレーカーは落ちません。

こちらのお宅は分電盤のブレーカーレバー部分にカバーがないタイプのため、物を置いた際に触れてエアコン回路が落ちてしまったようです。

それには心当たりがあるようでエアコンは壊れておらずお客さまもひと安心。

これにて一件落着。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年6月 2日 (土)

エアコンを延長コードで使うと・・・

川崎区でエアコン点検を行いました。

症状は室内機が点滅して動かないそうです。

さっそく冷房運転、設定温度は最低の16℃にしました。

しばらくたっても室外機が動きません。
室外機の基板を見るとエラーらしきLEDが一つ点滅しています。

何のエラーだろうと外板を開けようとしたところ室外機が動き出しLEDの点滅も消灯しました。

室外機液管バルブの温度
室外機液管側バルブの温度は8.5℃
8.5℃

ガス管バルブの温度
室外機ガス管側バルブの温度3.5℃
3.5℃

いやー、絶好調じゃないですか。good

かなり古い機種ですがここまで調子いいのは使用頻度が少ないのかもしれません。
なお使用頻度が少ないからといって長持ちすることはありません。使用頻度が少ないほうがいい部分と逆に使い続けたほうがいい部分とがあります。

この状態で圧力を測るという無意味なことは致しません。

もしやフィルターが詰まっているのでは? と室内機を見ましたがほとんど汚れていませんでした。

室内機の吸い込み温度
室内機吸い込み温度20.5℃
20.5℃

吹き出し温度
室内機吹き出し温度7.5℃
7.5℃

まったく問題ないですね。

暖房運転も正常。

お客さまと話をしながらいろいろと見ていると・・・

あれ、専用コンセントがない。down
エアコンの電源を延長コードで使用していた
室内機から出ているのは延長コード。

本体の裏でつないで延ばし床上付近のコンセントに差してありました。

コンセントに差してあるプラグの温度を測ると40℃以上。
明らかに異常な温度です。このとき金属の刃の部分は触れないくらい熱くなっています。

温度が高いということは電気の接触抵抗も高く、ここでの電圧降下が大きくなります。

しかも延長コードも電圧降下が大きくなる原因なので、これらにより室外機のコンプレッサーを回すための電圧が不足して起動不良に陥った可能性が高くなりました。

点検時はたまたまうまく運転できただけかもしれません。

エアコンを止めてプラグを抜くと
プラグの焼け、変色、変形
刃の根元付近は焼けと変色。

片方の刃は傾いています。

一方、コンセントは
コンセントの焼け
エアコンの差してあった下側が特に焼けてます。

拡大して
コンセントの焼け拡大
左側は特に大きく変形していますね。

火を噴く寸前です。bomb

今回のようにプラグを差した状態では焼けているのは気が付きません。
いきなり発火して大騒ぎになります。

このコンセントのすぐそばにはカーテンがかかるようになっているので発火したらそのまま燃え移って火事になってしまうことも容易に想像できます。

昔からエアコンで火事になる典型的な例ですね。

万一、出火して消防を呼ぶようなことになれば警察もきて工事をした会社、担当者も出頭命令がくると思います。
電気工事士が行ったか、電気工事業を登録しているか、責任者は誰か・・・いろいろ調べ上げられて施工者の責任として賠償を含む大変なペナルティを課せられるでしょう。

安易にこのような工事をすると痛い目をみます。“知らなかった”や“お客さんの指示で”は通用しません。

なぜエアコン工事に電気工事士の資格電気工事業の登録の両方が必要なのかお分かりいただけると思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月25日 (水)

点検 - エアコンが動かない。

川崎市麻生区にてエアコン点検を行いました。

こちらが点検するエアコン。
日立エアコン室内機
日立のエアコンです。

本体の電源コードに“1994”とあったので1994年頃の製品です。(約24年前)

リモコンで操作しても動かず。本体の応急運転スイッチでも動かず。

コンセントを差し直してみてもなんの反応もありません。

こういう時はまずコンセントに電気がきているか確認します。テスターで計測し102Vで問題なし。

他のメーカーや現在の日立でもあまりない症状ですが、この頃の日立さんのエアコンは、
室内機の配線図
室内機と室外機を結ぶ連絡線が4本あります。

この4本あるのは日立独特の方式です。

現在では他のメーカーと同様3本になってます。

3本の場合、コンセントからきた100Vの電気が室内機内で室内機側と室外機側に分配されて電源供給するようになっています。

しかしこの4本の方式はコンセントからきた100Vはそのまま室外機へ供給されます。室内機は通過するだけです。

そして室外機から残りの2本へ室内機用電源100Vとそこに制御用の信号を乗っけるという変わったものです。

そのため室外機に電源を直接供給して室内外の連絡線を2本だけで行うということもでき、マルチのエアコンでは有益な方法ともいえるでしょう。

ただし室外機が壊れて100Vが戻らなくなると今回のような状態になり室内機はエラーも何も表示せず黙り込んだままになります。

室内機の基板を調べると
室内機の基板
室外機から100Vが来ていません。

では今度は室外機。
室外機

カバーを外して中を見てみると
LEDが点滅
LEDが点滅してエラー表示しています。

カバーの裏側にエラーコード表があるのですが、
エラーコード表が読めない
ほとんど読めません。

なんとか読めるところだけで室内外の通信異常とわかりました。

室内機へ電源供給されていないので室内側から信号がくるわけありませんね。

このブログのため画像を見て気が付いたのですが
基板が焼けてます。
基板が焼けてました。

いずれにしても一部分しか部品の在庫が残っておらず、使用年数も約24年ということでここを直してもすぐに他が壊れることも大いに考えられます。

修理費も考慮し今回は買い替えをお勧めして点検完了となりました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月20日 (金)

冷えない。エアコン点検

東京都品川区でエアコン点検を行いました。

内容は“冷房が効かない。暖房までは使用できていた。”というものでした。

現地へ到着後お客さまより、4年ほど前に街の電気屋さんで購入設置してもらい、昨年ガスが不足しているといわれ充填(補充?)しているそうです。

とりあえず冷房運転ON!・・・まったく冷えません。

運転を止めてガス圧測定のため室外機のカバーを開けます。
室外機に接続されている電線のシースがむき過ぎ
どうしてこうなるの・・・

電線のシースをむき過ぎているのはよく見るがここまではめずらしい。

こうなるとどうしても見てしまうのが端子台
室外機の電線接続がよくない
やっぱり。

心線の皮むき寸法が短いのでしょう。差し込みの点検窓から線が見えません。

東芝製のエアコンなのですがこのメーカーの皮むき寸法は他社より長い19mm。

それはさておき今回は点検を進めます。

サービスポートにホースをつないで
チャージングホースをサービスポートに接続

冷房運転で低圧圧力を見ます。
ゲージで低圧圧力測定
0.15MPaです。

「0.15MPaってわからん。」という方へ。0.15MPaは昔の単位で約1.5kg/c㎡です。

これは低い。点検時の気温を考えても0.8~1MPa近くあってもよいはず。

停止時も1.2MPaと気温に対して低かったのでやはりガス不足(ガス漏れ)ですね。

ちなみに圧力で中に入っているガスの量はわかりません。圧力を見ながらガス補充する業者がいますが現在のエアコンでは危険です。

バルブの温度も測ります。
液管側バルブの温度が低すぎる
液管側マイナス4.5℃低すぎ。

管内でガスの蒸発が早すぎです。

ガス管側は
ガス管側バルブの温度が高い
17.5℃高すぎ。

蒸発しきったガスが戻る乾き運転。この状態ではコンプレッサーがどんどん高温になって傷めてしまいます。

少し経つと
液管側バルブが凍ってきた
液管側バルブが凍ってきました。

凍ると冷えるような気がするかもしれませんがエアコンでバルブが凍るのは冷凍サイクルのアンバランスによるものです。

ではどこでガスが漏れているか?

リークディテクタで室外機のバルブと室内機側中間ジョイントは漏れ反応なし。オイル付着もなし。

室内機をチェック
室内機熱交換器付近よりガス漏れ反応あり
「ピピピピピ・・・」

インジケーターランプとともに音が鳴り響きます。

室内機の熱交換器またはその付近でガスが漏れているようです。

もしかすると去年ガスを入れたときにすでにここから漏れていたかもしれません。

エアコンの製造年を見ると2014年製。

ここで点検は終了となります。なぜか・・・エアコンのメーカー保証期間のうち、冷凍サイクルだけは5年あります。今回の場合、施工不良によるガス漏れではなく本体の不良でメーカー保証対象になると思います。

しかし5年以内でよかったと思います。発見が遅れて保証期間を過ぎると高額な修理費用になるケースです。

あとお客さまの言われていた「暖房までは使えていた」というのはガス不足でも暖房は症状が現れにくく気付きにくいということがあります。冷房のほうが症状が顕著になるためこのようなことがおきます。

室内機熱交換器部分のガス漏れ原因ははっきりとわかりませんがオゾン層を破壊しない新冷媒になってガス圧力が高くなってから増えています。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/