フォト
無料ブログはココログ

リンク

その他エアコン関連

2018年10月17日 (水)

長期間電源プラグを抜いていた場合は・・・

エアコンコンセントとプラグ

 皆さんはエアコンを長期間使用しない場合にコンセントから電源プラグを抜いていますか?

 ご存知と思いますがプラグを差したままだと待機電力を消費します。
 常時、内部のマイコンなどが働いてリモコンからの操作などを待っているのです。

 春や秋のエアコンを使用しない期間などはコンセントからプラグを抜いたほうが余計な電気を消費せずに済みます。
 ご家庭によっては夏しかエアコンを使用しないところもありますので、その場合はなおさらです。

 また待機中、基板上には熱を発しているところがあり、暖かいのでゴキブリが好んで住処にしたり卵を産み付けたりします。
 そのためエアコンを取り外すとフンや卵がぱらぱらと降ってくることがよくあります。

 これらの虫によって基板が壊れる場合も・・・

 やはり長期間使用しないときはコンセントからプラグを抜くべきですが、その場合再度使用するときに注意することがあります。

― そのままプラグを差して使用すると ―

 長期間プラグを抜いていたエアコンは、そのまま差し込んで使用するとコンセントとプラグが発熱しやすくなります。

 なぜ熱が発生するかといえば電気抵抗が大きくなっているためです。電気が流れるとそこに熱を発することは当然ですが特に抵抗の大きい部分は発熱量も多くなります。

 エアコンはコンプレッサーやファン、その他補器類で電気を消費し冷暖房する機械なので、それ以外で発熱量の多い部分は無駄な電力消費となります。

 とくにエアコンは長時間、比較的大きな電流が流れるので他の家電製品と比べて発熱量(電力消費)も増します。

 条件によってはエアコンに加わる電圧が不足して停止する場合があります。

 抵抗を増大させる原因はコンセントからプラグを抜いていたことにより、電気接続する金属部分に空気が触れて酸化被膜のようなものが付くためです。

― 長期間プラグを抜いて再使用するときは ―

 久しぶりにエアコンを使用する場合はプラグを差し込む前にエアコン専用コンセントのブレーカーを切って電気を止め、電源プラグをコンセントに数回抜き差しを繰り返します。
 ブレーカーが入ったまま行うとアーク(火花)が出て逆効果です。

 これである程度被膜が削り取られて接触がよくなります。

 コンセントやプラグに以前使用していたときの熱による変色、変形がないかよく見て問題なければ差し込んで、ブレーカーを入れて使用します。

 抜き差ししたときにゆるい(軽く抜き差しできる)と感じた時はコンセントがヘタっていますので交換したほうが安全です。

 冷暖房が効き始めたらプラグが異常に熱くないか確認しましょう。

 なお、年中差しっぱなしも安全ではありません。ときどき点検しましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年10月13日 (土)

意味不明な据付説明書

分電盤内の配線用遮断器
(分電盤の中に付けられている配線用遮断器)

エアコンを新品で購入すると必ず据付説明書が同梱されています。

 その中におかしなことが書いてあるのですが、今回はコンセントとブレーカーに関することに触れてみます。

 あるメーカーの説明書の内容に定格15Aのエアコンには15Aのエアコン専用コンセントとそれを保護する15Aの配線用遮断器(ブレーカーのことです)を設置するように指示があります。

 一見、もっともなことを書いてあるように思えますがちょっとおかしい・・・

 電気の配線や器具(総じて電気工作物)の設置方法は内線規程という書に従って行うことになっています。
 そこには15Aのコンセントは15Aもしくは20Aの配線用遮断器で保護する旨の記載があります。

 これが配線用遮断器ではなく昔のヒューズであれば15Aヒューズで保護しなければなりません。
 なぜヒューズでは15Aでなければならず配線用遮断器は20Aでもよいのか・・・
 配線用遮断器は感度がよく、ヒューズの15Aと配線用遮断器の20Aの動作特性が同じではありませんが近いためです。

 現在、どこのお宅でも15Aのブレーカーが付いてるところは稀でしょう。上の写真のようにほとんど20Aが設置されています。
 もちろんもっと大きな電気器具を使っているところでは配線も太くなって30Aのブレーカーが付いている場合もあります。

 説明書はどうして15Aブレーカー指定なのか気になったのでメーカーさんへ他の見解(規定)があるのか確認してみました。

― 以下のやりとりは要約しています。 ―

当方「貴社製造の定格15Aのエアコンには15Aのブレーカーでなければだめですか?」
メーカー「20Aでは過負荷保護になりません。」
当方「過負荷保護???、内線規程と異なりますね。おかしくないですか?」
メーカー「詳しい部署に確認して折り返します。」

数日後

メーカー「ブレーカーは15Aでも20AでもOKです。」

 20Aでも問題なしとのこと。
 説明書には一例を載せているからと言っていましたが、私にはそのように見えません。

 はじめ問い合わせたときに過負荷保護(エアコンの)という言葉が出ていましたが、工場などのモーター直結の単独回路では過負荷保護を兼ねてブレーカーを選定、設置しますが、家庭用エアコンでブレーカーにそこまで期待するのは無理があります。
 あくまでも短絡(ショート)や過電流から電気工作物(配線)を保護する目的と捉えるべきでしょう。

 例えば消費電力の小さな扇風機の過負荷保護がブレーカーでできるかと言えばNOです。また機器内で保護できなければ製品として販売することはできないと思います。

 エアコンの過負荷保護もその機器内の安全装置や回路で考えるのが普通ですし、現にそのようになっています。

 もしこれが15Aのブレーカー限定となった場合、ほとんどのお宅(新築でも)でブレーカー交換が必要になります。我々工事屋は儲かっていいですけどね。

 また見方をかえて、もし15Aコンセントは15Aブレーカーでなければならないとしたら、一般に流通、設置されている15A20A兼用コンセントの存在を否定することになってしまいます。(詳しい説明は省きます)

 どのメーカーも据付説明書の電気に関する記載は不明確なところがあり、室内外機の連絡線の選定にしても内線規程などに従う部分ですがメーカーごとに見解が異なります。

 エアコンの配線工事は本来、電気工事士が行うべき部分なので混乱をまねくような中途半端な説明書きは不要! と言いたいところですが電気の知識もなく工事を請け負ってしまう人がいるのも事実で難しいところなんでしょうかねえ。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年9月20日 (木)

量販店でも専用回路が必要に

エアコン専用コンセント

近頃多い問い合わせに「量販店でエアコンを買ったけれどエアコン用のコンセントがないので工事を断られた。」というのがあります。

エアコン用コンセントは一つの専用のブレーカーから分けることなく単独で配線され一口の受口(コンセントなど)のものを指し“専用回路”といいます。

当店では開業当初よりエアコン用コンセントがなければエアコンを設置しないことにしています。
(エアコンの設置工事と共に専用回路を増設する場合は問題ありません。)
当時は頭の固い変な工事屋と思われたこともあったでしょう。

以前の某有名賃貸住宅では専用回路擬き(エアコン用に設置されたコンセントなのに専用回路ではない)のコンセントが設置されていて、建設および管理側に電話で問い合わせても「法律には書いてない。容量15Aのエアコンなら問題ない」と認めなかったためどうしようもなく例外として一部エアコンを設置したことはあります。

それでも最近は改めて少しずつ専用回路に直し始めているようです。大量に住宅を管理しているので一挙には無理でしょうね。

内線規程等にはエアコンのような大形電気機械器具には専用回路を設置するように記載があります。
私が学生時代に使用した電気工事士教科書(昭和59年版)を見ても同じ内容を示す当時の内線規程の抜粋が出ています。

知る限り30年以上前からエアコンの据付説明書にも「電源は専用回路を使用すること」になっています。

30年前といえば日本は異常なほど好景気でエアコンが各家庭、各部屋へ普及していく時代。

夏ともなれば家電量販店は大量にエアコンを売り、下請け工事人は大忙しで1日に5~7台設置するのが当たり前。

そんな中で容量15Aのエアコン(普通のコンセントの形状)は専用回路がなくても延長コードを使ったりして最寄りのコンセントからつないでもOK。というエアコン工事業界(元請け会社筆頭に)の都合のいい常識みたいなものがありました。

当時の建物はエアコン用のコンセントが設置されている住宅は少なく、いちいち専用回路を増設していると仕事にならないという判断です。

また下請け業者は電気工事業の登録はおろか電気工事士の資格さえない者が9割以上の時代。
畑違いの人がエアコン下請け業者になり、中には公務員をやめてエアコン工事屋になった人もいました。

元請け会社は電気工事業未登録の者に平気でエアコン工事や電気工事を請け負わすことをしていました。
(現在でもこれは・・・)

このような状況下でまともな工事ができるはずがありません。専用回路を使用しないことによる発火、火災が増えていきます。

一日にこなす台数が減っても長らくその悪しき風習が受け継がれてきました。

さすがにこれでは危険と量販店などに御上から通達が来たのでしょう。

いまではどこの量販店もコンプライアンスと称して専用回路がなければエアコンを取り付けてくれません。
いままで遵法精神を感じさせない施工を散々してきたのにいきなりコンプライアンスと言ったと聞いたときは思わず吹き出しました。

まあそれが本来あるべき形で今までが“エアコン業界村”だっただけです。

ご自宅でいままで床上のコンセントからエアコン電源を取っていたから新規に入れ替える際もそれで・・・というのは現在では通りません。専用回路を増設することになります。

でもこのコンプライアンスという言葉は度を過ぎると安全を通り越してただのバカ正直なってしまう懸念もあります。
難しいですね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年9月 3日 (月)

家を買ったら図面をもらいましょう。

新築の戸建てを購入したらエアコンを設置してから引っ越すという方が増えています。

しかしほとんどの場合、マンションとは異なり壁にパイプを通す穴がありません。

エアコンを工事する者がドリルで穴を開けます。

当店では穴を開ける前に図面があれば見せてもらっています。
建物の図面
これを見るとどこに筋交いが入っているのかわかります。

これは2階だなとわかれば図面が読めて建物の構造がわかる人です。

木造軸組工法の筋交いは大切な構造物なので穴を開けることができません。

壁掛け型ルームエアコンの穴あけ位置は筋交いのあたるところにくることが多く、またそこへ黙って開けてエアコンを付けていってしまう工事人もいます。
(エアコンを取り外したときに判明します)

本来、エアコンは室内機の背面右下に穴を開ける構造になっていますが、先ほどの図面ではそこに丁度筋交いが入っていて左側に開けることになりました。
筋交いをよけて左側に穴あけ
左でも配管できますが冷媒管が本体裏を通り結露が起きやすくなるため可能であれば右が基本。

穴を開けたらスリーブ(養生管)を入れます。
穴に養生管を入れたところ
穴はエアコンから出る排水を流れやすくするため外に向かって下り勾配にします。

このように図面があると安心です。

筋交いは柱のように壁を叩いたり針を刺したりしても簡単にはわかりません。もしそれで発見できたとするとタスキ(右左両方、ダブル)に入っている可能性が高く、エアコンの設置位置をずらすことになります。

近頃の建売住宅などではお客さんの持っている図面が間取り図のような簡素なもので、とても図面とは言えないようなものであったり、そもそも図面を1枚も渡されていないというお宅もあります。

いまは図面も手書きではなくCADなどで作成するので紙に印刷するのも手間であったり経費節減でしないのかもしれません。

青焼き(青色)の図面などは古いお宅でしか見なくなりました。

今回のお宅も図面をもらっていないとのことでエアコン設置前に住宅販売業者から入手していただきました。

それでも平面図のコピー2、3枚だけです。

エアコン設置にはこの程度でも十分なので構いませんが、将来建物の内装、間取りをいじったりする場合は本来の詳細な図面があったほうがよいのでは。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月29日 (水)

えっ!あの大手メーカーがこれ?

あるメーカーのエアコンなのですが・・・

室内機の端子台
エアコン室内機の端子台部分
黄色の丸部分は電線を押さえるためのバンドが取り付けられるところです。

拡大すると
電線押さえの部分を拡大
なにやら丸い線が2本通る形状になっています。

日本のルームエアコンの室内機と室外機を結ぶ電線はVVFケーブルと決まっています。
VVFケーブル
このように心線が横並びで平形になっています。

しかし本体側の形状があっていません。

海外で設計されたエアコンでそちらの規格電線を通すようになっているのだと思います。

どこかの使いまわし・・・

このメーカーは昔からエアコンを製造していますが、いままでこのようなものは見たことがありません。

据付説明書を見てもVVFケーブルを使用してケーブルの外装部分(灰色の部分)で押さえるように指示されていました。

指示通りに付属のバンドで固定します。
電線をバンドで固定
白い線はアースです。

でも本体側の形状が異なるためかなり電線に食い込む感じでムリがあります。

ほかにやりようも無く説明書通りなのでこれでよしとしました。

またこのバンドのデザイン、どこかのメーカーに似てます。
他の部分もどこか似ているところが・・・

外国企業の子会社になったメーカーなので仕方ないのかもしれません。

近年は家電メーカーの衰退が顕著です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年7月19日 (木)

空調服 買っちゃいました!

とうとう空調服を購入してしまいました。

エアコンの工事や修理の作業をやっていて何が大変か・・・ 仕事場に冷暖房がないことです。(あたりまえ・・・)

エアコンの資材屋さんで事あるごとに空調服を勧められていたのですが、いつもマイ扇風機(正確にはサーキュレーター)を使わせてもらい作業を行っていたので「そんなもんいらん」と断っていました。

サーキュレーターを扇風機代わりに使っても室内では問題ありません。

しかし先日屋外の炎天下で2階までの梯子作業を行った際、サーキュレーターを使用してもほとんど効果なくかなりヤバイ状態(熱中症の手前)になってしまいました。

手持ちのお茶はすぐ飲み干してしまい、お客さんも心配されて冷たいお茶を出していただき、午前中だけで3リットル近く飲みました。(塩分補給もしています。)

そこで今年はさすがに空調服が必要だと思い資材屋さんに電話。「ちょうど在庫があります。」
売れてしまわないように取り置きしてもらいました。

空調服のセット
バッテリーと充電器、ファン、空調服(作業着)です。

服には丸い穴が2つ
空調服には丸い穴が2つ
この穴にファンを取り付けます。

ファンを箱から出します。
送風ファン

取り付けは簡単。

バッテリーと充電器
バッテリーと充電器

充電して
バッテリー充電中
このバッテリーでスイッチのオンオフと風量を4段階で調整できます。

バッテリーの持続時間は最大風量で8時間、最小風量で40時間のようです。
結構長持ちです。

さっそく着用してみた感想は思ったより快適。汗をかけば気化熱を奪われて更に涼しく感じるようです。

今年の暑さは例年になくこたえます。お客さんに救急車を呼んでもらうことのないように作業を行いたいと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年6月 6日 (水)

電気、接触不良が危険な理由

先日こちらで延長コードを使用していて発火の危険性などについて書きました。

ではなぜそれが危険なのか・・・

各家庭には分電盤(ぶんでんばん)という電気を各部屋へ分けているところがあります。
分電盤
ブレーカーのあるところと言ったほうが早いですね。

この写真では左から電力会社の電流制限器(リミッター)、漏電遮断器、各部屋へ分岐している小ブレーカー(過電流遮断器)となっています。
(電力会社との契約により付いているものが異なる場合があります。)

電流制限器は電気の契約容量に応じて使用できる電流の上限を制限するもので、全体の使用量が制限を超えると自動で落ちるようになっています。
これは保護というよりも電気の使用を制限する目的のほうがメインで電力会社の財物です。

その右にある漏電遮断器は電線や機器で“漏電”といって電気が漏れた際に遮断する装置です。
電気は本来、往きと帰りが同じ量のはずですが途中で漏れるとそこに差ができます。それを感知して作動します。

右にいくつもある小ブレーカーは各部屋のコンセントや電灯への配線類を保護しています。
電線がショート(短絡)したり、電気を使い過ぎて危険な場合は作動して電気を止めます。

このように分電盤は電気の安全を確保するため重要な役割を担っています。

しかしこれらの各遮断器で保護できないものがあり、それが接触不良です。

電気的に抵抗が大きくなった接続箇所を接触不良(接続不良)といいます。その抵抗により発熱、電圧降下が大きくなり発火します。

容量の小さな細い電線(延長コードなど)に多くの電流を流しても同じようなことが起きます。

これらの場合過電流は起きません。もちろん漏電でもありません。
分電盤の保護装置では感知できないのです。

発熱した電線類やコンセント、プラグなどは電線は溶けずとも絶縁物が次第に焼けて炭化(カーボン化)しそこに今度は電気が流れはじめます。
そのうちプスプスとくすぶり発火します。

エアコンのように長時間電気をたくさん使う機器は特に気を付けなければなりません。
(電子レンジやドライヤーなども電気をたくさん使いますが短時間のため危険性は低くなります。)

いまも危険な状態で気付かず使用されている発火予備軍のようなお宅を多く見かけます。

近頃の建物はエアコン用に専用コンセントが設置されていますが、そうでない建物で工事費用を安価にしたいがために専用回路を設けずエアコンを設置する、またはそれを工事人に強要することは危険な行為なのでやめましょう。
工事屋さんが自らそうした行為をした場合は論外ですが。

電気は安全ではありません。安全に使用することが重要です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月10日 (火)

P社の某シリーズの室外機はうるさい?

室外機置場が壁に取り付けられている建物に引っ越しで持ってこられたP社製エアコンを設置し試運転をしたところ、部屋の中まで音が響いてきました。sign04bearing

これがその設置状況です。
Img_1527
コードがぶら下がっているのは真空ポンプを使用するための電源です。

 室外機をこのように壁面に取り付けると大なり小なり必ず建物に響きますが、今回は通常よりも大きく感じます。

 室外機が高回転の時は「ブーン」と響き、設定温度に近づいて回転が落ちるとガタガタと振動するように響きます。

 制御基板かコンプレッサーの不具合が想定される程度の振動です。しかしまだ購入店での延長保証があるようなので当店は点検せず施工完了して帰りました。

 その後別のところで同社の同等シリーズ同容量の室外機を設置したところやはり振動が大きい。
 いままであまり気にしていなかったのですが、改めて確認するとちょっと異常なレベルです。

 同じメーカーでもこれより少し上位シリーズになると異常な音や振動は感じませんでした。

 コンプレッサーのバランスが良くないのかもしれません。できるだけコストを抑えてつくるので仕方ありませんね。

 ネットで調べるとやはりこのシリーズは室外機の音に関する話題が出ていました。騒音はご近所とのトラブルのもとにもなりかねません。

 なんでもそうですがメーカーへのイメージと製品の“デキ”は異なります。お客さんに「お勧めメーカーは?」と聞かれていつも「ありません」と答えるのはそのためです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月 9日 (月)

素人?のエアコン取り外し

先日、川崎市麻生区に取り付け工事へ伺ったとき、こんな取り外され方をしたエアコンがありました。

中途半端な取り外し
室内機にパイプがつながったまま背面で巻いてあります。

 たまにこのような外し方をしているエアコンに出くわします。お客さまはお金を払って業者へ依頼したとのことでしたが、本格的にエアコン工事をしたことのないハッキリ言って素人工事です。

 このままでは取り付け工事ができないのでまずは中途半端な状態から配管類をすべて取り外さなければなりません。取り外した業者はそういったところをどう考えているのか理解できません。

 もしかしてテープをほどいてパイプ類を外すのは“オプション料金”なのでしょうか?

 またこの状態で運搬するとエアコンを壊すこともあります。本体根元の銅管やドレンパンに無理な力が加わるためです。

 根元の銅管がつぶれたり折れたりすると冷媒の流れを妨げて変な音がすると共に冷暖房が効かなくなります。
 ドレンホースの根元に力が加わることによりドレンパンが割れて水漏れを起こすようになることもあります。

 根元の銅管がつぶれると場合によっては熱交換器ごと交換修理に、そしてドレンパンが割れると昨今のエアコンはドレンパンと本体フレームが一体なので室内機を全部分解しなければなりません。
 どちらも高額修理となりかねません。

配管類を取り外しました。
エアコンから配管類を外した様子
このあとすぐに取り付けるため短時間の保護として銅管接続部の先端はテープで巻いています。長時間おく場合はテープではなくキャップが必要です。

 本来であればこの程度まで外して“取り外し工事”と呼べるのです。
 これでようやく取り付け工事を開始できます。

 知らないのであれば仕方ありませんが、道理なくどこまでも楽をして儲けようとする姿勢が周りの人たちに迷惑をかけていることを気付くべきだと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月 4日 (水)

見かけなくなった横型ウインド

横型ウインドクーラーなどと呼んでいたと思いますが昔はこんなクーラーがたくさん付いていました。

すいません、写真がないので絵になります。

室内側正面から見ると
横型ウインドクーラー正面
中央の四角いのがクーラーです。

壁に幅60㎝程度、高さ45㎝程度の角穴を開けて取り付けてあります。

側面からは
横型ウインドクーラー側面
壁に差し込んであります。

背面は
横型ウインドクーラー背面
こんな感じです。

テレビや映画で古い建物についているのを今になってみると結構味があっていいですね。

私も二十歳前後の頃に1台だけ取り付けたことがありますが壁に穴を開けるのが大変で苦労しました。(当時はもちろん会社員)

開けた穴は木枠などで補強した記憶があります。

当時でも現在と同じセパレート型(スプリット型)エアコンが主流で横型ウインドはほとんど撤去工事だったので非常に珍しい取り付けでした。

本体の脱着(引き抜き、差し込み)は室内側からスライドさせて行います。それなりに重量があり小さなものであれば一人でも施工できましたが、2馬力クラス(馬力はエアコンの能力)になると二人で行わないとムリ。

駅舎での入れ替え工事で高いところに付いている2馬力を豪快・怪力の上司は一人で降ろしていましたが・・・当時で今の私と同じ位の年齢だったと思いますがとてもかないません。

調べていませんが今でもこれ売っているのでしょうかね。十数年前にはどこかのメーカーのカタログで見たような気がします。

横型ウインドの工事はもう25年以上していません。懐かしい記憶です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

より以前の記事一覧