フォト
無料ブログはココログ

リンク

その他エアコン関連

2018年6月 6日 (水)

電気、接触不良が危険な理由

先日こちらで延長コードを使用していて発火の危険性などについて書きました。

ではなぜそれが危険なのか・・・

各家庭には分電盤(ぶんでんばん)という電気を各部屋へ分けているところがあります。
分電盤
ブレーカーのあるところと言ったほうが早いですね。

この写真では左から電力会社の電流制限器(リミッター)、漏電遮断器、各部屋へ分岐している小ブレーカー(過電流遮断器)となっています。
(電力会社との契約により付いているものが異なる場合があります。)

電流制限器は電気の契約容量に応じて使用できる電流の上限を制限するもので、全体の使用量が制限を超えると自動で落ちるようになっています。
これは保護というよりも電気の使用を制限する目的のほうがメインで電力会社の財物です。

その右にある漏電遮断器は電線や機器で“漏電”といって電気が漏れた際に遮断する装置です。
電気は本来、往きと帰りが同じ量のはずですが途中で漏れるとそこに差ができます。それを感知して作動します。

右にいくつもある小ブレーカーは各部屋のコンセントや電灯への配線類を保護しています。
電線がショート(短絡)したり、電気を使い過ぎて危険な場合は作動して電気を止めます。

このように分電盤は電気の安全を確保するため重要な役割を担っています。

しかしこれらの各遮断器で保護できないものがあり、それが接触不良です。

電気的に抵抗が大きくなった接続箇所を接触不良(接続不良)といいます。その抵抗により発熱、電圧降下が大きくなり発火します。

容量の小さな細い電線(延長コードなど)に多くの電流を流しても同じようなことが起きます。

これらの場合過電流は起きません。もちろん漏電でもありません。
分電盤の保護装置では感知できないのです。

発熱した電線類やコンセント、プラグなどは電線は溶けずとも絶縁物が次第に焼けて炭化(カーボン化)しそこに今度は電気が流れはじめます。
そのうちプスプスとくすぶり発火します。

エアコンのように長時間電気をたくさん使う機器は特に気を付けなければなりません。
(電子レンジやドライヤーなども電気をたくさん使いますが短時間のため危険性は低くなります。)

いまも危険な状態で気付かず使用されている発火予備軍のようなお宅を多く見かけます。

近頃の建物はエアコン用に専用コンセントが設置されていますが、そうでない建物で工事費用を安価にしたいがために専用回路を設けずエアコンを設置する、またはそれを工事人に強要することは危険な行為なのでやめましょう。
工事屋さんが自らそうした行為をした場合は論外ですが。

電気は安全ではありません。安全に使用することが重要です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月10日 (火)

P社の某シリーズの室外機はうるさい?

室外機置場が壁に取り付けられている建物に引っ越しで持ってこられたP社製エアコンを設置し試運転をしたところ、部屋の中まで音が響いてきました。sign04bearing

これがその設置状況です。
Img_1527
コードがぶら下がっているのは真空ポンプを使用するための電源です。

 室外機をこのように壁面に取り付けると大なり小なり必ず建物に響きますが、今回は通常よりも大きく感じます。

 室外機が高回転の時は「ブーン」と響き、設定温度に近づいて回転が落ちるとガタガタと振動するように響きます。

 制御基板かコンプレッサーの不具合が想定される程度の振動です。しかしまだ購入店での延長保証があるようなので当店は点検せず施工完了して帰りました。

 その後別のところで同社の同等シリーズ同容量の室外機を設置したところやはり振動が大きい。
 いままであまり気にしていなかったのですが、改めて確認するとちょっと異常なレベルです。

 同じメーカーでもこれより少し上位シリーズになると異常な音や振動は感じませんでした。

 コンプレッサーのバランスが良くないのかもしれません。できるだけコストを抑えてつくるので仕方ありませんね。

 ネットで調べるとやはりこのシリーズは室外機の音に関する話題が出ていました。騒音はご近所とのトラブルのもとにもなりかねません。

 なんでもそうですがメーカーへのイメージと製品の“デキ”は異なります。お客さんに「お勧めメーカーは?」と聞かれていつも「ありません」と答えるのはそのためです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月 9日 (月)

素人?のエアコン取り外し

先日、川崎市麻生区に取り付け工事へ伺ったとき、こんな取り外され方をしたエアコンがありました。

中途半端な取り外し
室内機にパイプがつながったまま背面で巻いてあります。

 たまにこのような外し方をしているエアコンに出くわします。お客さまはお金を払って業者へ依頼したとのことでしたが、本格的にエアコン工事をしたことのないハッキリ言って素人工事です。

 このままでは取り付け工事ができないのでまずは中途半端な状態から配管類をすべて取り外さなければなりません。取り外した業者はそういったところをどう考えているのか理解できません。

 もしかしてテープをほどいてパイプ類を外すのは“オプション料金”なのでしょうか?

 またこの状態で運搬するとエアコンを壊すこともあります。本体根元の銅管やドレンパンに無理な力が加わるためです。

 根元の銅管がつぶれたり折れたりすると冷媒の流れを妨げて変な音がすると共に冷暖房が効かなくなります。
 ドレンホースの根元に力が加わることによりドレンパンが割れて水漏れを起こすようになることもあります。

 根元の銅管がつぶれると場合によっては熱交換器ごと交換修理に、そしてドレンパンが割れると昨今のエアコンはドレンパンと本体フレームが一体なので室内機を全部分解しなければなりません。
 どちらも高額修理となりかねません。

配管類を取り外しました。
エアコンから配管類を外した様子
このあとすぐに取り付けるため短時間の保護として銅管接続部の先端はテープで巻いています。長時間おく場合はテープではなくキャップが必要です。

 本来であればこの程度まで外して“取り外し工事”と呼べるのです。
 これでようやく取り付け工事を開始できます。

 知らないのであれば仕方ありませんが、道理なくどこまでも楽をして儲けようとする姿勢が周りの人たちに迷惑をかけていることを気付くべきだと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月 4日 (水)

見かけなくなった横型ウインド

横型ウインドクーラーなどと呼んでいたと思いますが昔はこんなクーラーがたくさん付いていました。

すいません、写真がないので絵になります。

室内側正面から見ると
横型ウインドクーラー正面
中央の四角いのがクーラーです。

壁に幅60㎝程度、高さ45㎝程度の角穴を開けて取り付けてあります。

側面からは
横型ウインドクーラー側面
壁に差し込んであります。

背面は
横型ウインドクーラー背面
こんな感じです。

テレビや映画で古い建物についているのを今になってみると結構味があっていいですね。

私も二十歳前後の頃に1台だけ取り付けたことがありますが壁に穴を開けるのが大変で苦労しました。(当時はもちろん会社員)

開けた穴は木枠などで補強した記憶があります。

当時でも現在と同じセパレート型(スプリット型)エアコンが主流で横型ウインドはほとんど撤去工事だったので非常に珍しい取り付けでした。

本体の脱着(引き抜き、差し込み)は室内側からスライドさせて行います。それなりに重量があり小さなものであれば一人でも施工できましたが、2馬力クラス(馬力はエアコンの能力)になると二人で行わないとムリ。

駅舎での入れ替え工事で高いところに付いている2馬力を豪快・怪力の上司は一人で降ろしていましたが・・・当時で今の私と同じ位の年齢だったと思いますがとてもかないません。

調べていませんが今でもこれ売っているのでしょうかね。十数年前にはどこかのメーカーのカタログで見たような気がします。

横型ウインドの工事はもう25年以上していません。懐かしい記憶です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年4月 1日 (日)

エアコンの力率ってなに?(3)

前回は電圧と電流のズレ(位相差)が力率(りきりつ)であることがわかりました。

今回は力率(りきりつ)がどのような影響を与えるか考えてみたいと思います。

エアコンの詳細仕様には
エアコン詳細電気特性
このような項目があります。

 電源電圧はルームエアコンでは100Vまたは200V。運転電流は標準定格値とカッコ内は最大時の電流。消費電力は標準定格とカッコ内は最小と最大で主にインバーターで可変します。力率は標準定格時の数値です。

 メーカーによって出ている項目が異なる場合もありますが、冷房よりも電力を多く消費する暖房に最大電流値が表示されているところが多いかと思います。

力率は表示されていなくても
エアコンの力率計算
これで計算できます。(仕様書の多くはこの数値に100をかけた百分率で表示されています)

 上式の標準定格(電力、電流)の部分を最大時のものに置き換えるとその時の力率がわかります。

 力率は1(100%)に近いほど良い状態です。


― 力率が悪いと何に影響するか ―

例えば力率95%で電圧100V、消費電力(有効電力)1600Wのときの電流は
力率95%の電流
16.84Aです。

これが同じ電圧と消費電力で力率85%だと
力率85%の電流
18.82Aとなります。

 約2Aほど増えました。消費電力が同じでも力率が悪ければ電流が増えてしまいます。

 力率が低いということは消費電力の割に電流が多く流れていることになります。
 この電流は電力会社から配線されてきた電線からメーター、分電盤を通り専用回路配線、そしてコンセントからプラグコード、若干減りますが室内外機間の連絡配線や機内配線を流れています。

 先ほどの例では増えた電流分が直接電気代に計上されることはありませんが、その電流により一連の配線による電圧降下と無駄な電力消費を増大させることになります。
 電流が多くなればなるほど電線自体の持つ電気抵抗による発熱が増え、電力量計よりも下流側(使用者側)で熱になった分は有効電力なので電気代として計量されます。

 また力率が悪く電流が多いと電力会社との契約容量(皮相電力kVAまたはアンペア)をひっ迫させる元にもなります。(ブレーカーが落ちやすくなる)

 標準定格時は力率95%程度のものがコンプレッサーのフル回転する最大時には85%近くまで落ちてしまう機種もあり、その場合特に多くの電流が流れるため損失も多くなります。

仕様書に記載されている数値だけでなく最大時も計算してみるとよいかもしれません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月22日 (木)

エアコンの力率ってなに?

メーカーのサイトでエアコンの仕様の詳細をダウンロードすると“力率”という項目があります。

 一般にはあまり知られていないので何のことやらわからないと思います。まず今回は力率はなにを表しているかについて触れます。

 力率は%で表示されていることが多くエアコンでは85%~95%位が標準でしょうか。仕様書によっては百分率ではなく“0.9”などとなっているところもあります。

 これは電力の皮相分、有効分、無効分を表していて、交流電源で使用するコイルやコンデンサなどを用いた機器の特徴です。

例として力率85%、消費電力1000Wを図で表すと

Photo

このようになります。

[皮相電力]は学校などでも習う直流電力の計算と同じ電圧[V]×電流[A]です。交流では皮相電力といって単位を[VA](ボルトアンペア)で表し消費電力とは異なります。電気関係の仕事をしている人は単位を「ブイエー」と呼ぶ方が多いと思います。

[有効電力]は実際に機器が消費した電力で[W](ワット)で表されます。皮相電力に力率であるcosθ(例ではcosθ=0.85)を掛けたもので数学の詳しい方は図を見ておわかりかと思います。

[無効電力]は機器は消費していない電力成分で電源と機器の間を行き来します。単位は[var](バール)を使います。皮相電力と有効電力からピタゴラスの定理で算出できますが、三角関数では皮相電力にsinθを掛けた値です。

 電力会社へ支払う電気使用量は有効電力[W]を積算した消費電力量[kWh]です。無効電力分は請求されません。

 「では使用者には関係ないのね。」と思った方、そこには落とし穴があります。

長くなりますので今回はここまで。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月12日 (月)

電気工事業を登録していない違法エアコン工事店

 みなさんエアコン工事を依頼するとき何を基準でお店を選んでいますか?

 多くの人は価格が安いところを選択するでしょう。しかし本来まず第一に確認しなければならないのは、営業を認められた正式に存在する工事店かということです。

Tourokusyou

 エアコンは電気工事の一部です。そのため電気工事業の登録が法律で義務付けられています。電気工事士の資格があるからといってそれだけでは業としておこなうのは事故や危険な工事がされるため禁止されています。

こちら(当店のQ&Aページ)に詳しく記載しています。

 そのことすら知らないエアコン業者が非常に多く、会社で立派なホームページがあってもそのようなことがあります。知らないだけあってネット上では顔写真までつけて堂々と宣伝しています。極めつけは「このたび第二種電気工事士を取得しました。」ってオイオイcoldsweats01

 昔からきちんとしたエアコン工事会社であれば電気工事業を登録してあり、そこには主任電気工事士がいて指導監督しています。私が雇用されていた会社ももちろん電気工事業の登録を受けて、さらに電気工事組合に加盟しておりました。

 しかしどこにも雇用されることなくアルバイトから独立、起業してしまうと登録はできません。電気の工事はミスがあると大事故につながる危険もはらんでいます。過去の経歴が不詳のものに「はいそうですか。ポンッ」とハンコをもらえるほど甘くはありません。

 どれくらいこの登録がなされていないかを知ると皆さん驚くほどだと思います。エアコン工事業界の闇の部分です。

 価格だけを見て業者選びをすると痛い目にあうかもしれません。基本費用以外に発生する可能性について触れないようにしている業者はオプション費用がべらぼうに高いことがあるので注意です。

 安全な業者選びはまず電気工事業の登録を受けた業者であるか確認することが第一です。違法に営業している工事店は避けましょう。その後に施工の技術、価格の確認です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 9日 (金)

エアコンの効きが悪い3階戸建て

3階建ての一軒家はエアコンの効きがよくありません。

 新築の3階建て一軒家があちらこちらに建っています。

 土地の面積を小さく抑え、上へと高くして床面積を稼ぐという日本の事情にあった造りです。

 3階建てには消防法で火災時の避難等のため直通階段なるものを設置する必要があります。
 直通階段は1階から3階まで途中に遮るものがなく連続していなければならないようです。

 3階建ての間取りの多くは1階に車庫と個室1つ、2階にリビング・ダイニングキッチン、3階に個室2~3つという造りになっています。
 2階のリビングはできるだけ広くするため階段スペースとの仕切りはないものがほとんどです。そのためリビングのエアコンを稼働させると冷房の冷気は階段を下がって1階へ。暖房の暖気は3階へと上がっていきます。

 2階のリビングはなかなか設定温度に到達できずフル回転。設定温度に近いのはエアコンの周りだけということも起こりがちです。
 リモコンの温度設定も極端になり電気代も気になります。

 少しでもエアコンのフィルターが詰まったり、内部が汚れてくると極端に効率が落ちる現象も起きます。

 階段のところにロールカーテンを付けたりして対策されているお宅をみかけます。完全とはいえませんがある程度改善できるのでしょう。中にはあとでコッソリと扉を付けているお宅もあります。

 家族が集まったり長い時間を過ごすリビングのエアコンが効きが悪く不快では困りものです。

 住宅メーカーはこれらに対しなにか策を講じないと3階建ての人気が落ちてしまうかもしれません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 7日 (水)

エアコンのT形コンセント。

エアコンの取り外し工事へ伺い、パイプの通っていた穴を原状回復のため元々ついていたフタをお預かりしたところ袋の中に、

180307_01
これが一緒に入っていました。

久しぶりに見たような気がします。

T形コンセントといいますが、
180307_02
このようにTの形をしています。

 小さな文字で20A250Vとなっていますので200V用のコンセントと思われるかもしれません。

 このT形は今から30年程前までエアコンにも使用されていた形状で、こちらの賃貸住宅に以前から付いていたものをエアコン設置の際に現行のものと取り替えて保管してあったものと思います。

 気の利いた不動産屋さんであれば、入居前に現行のコンセントへ交換してくれているはずですが、おそらく居住者負担で取り替えたのでしょう。オーナーさんは得をしています。

 これを元に戻すのは無駄で意味がありません。もうこのコンセントに差し込めるエアコンのプラグはほとんど存在していませんので。

 現在のエアコンのプラグはこちらのように電流Aと電圧Vでそれぞれ形状が分かれています。

 しかしこのT形は20A250Vとなっていますが、200Vと100Vのエアコンのどちらも使用できる形状であったため、100V用のエアコンを設置後うっかり確認をせずにプラグを差し込んでしまい、200V印加でいきなり壊してしまうことが多発していました。

 エアコンのプラグ付近のコードには“100V用”、“200V用”と注意を促すためのテープが貼られていて、その頃のエアコン業者は必ず検電器(検電ドライバー)という電気の有無や電圧が確認できる工具を身につけてプラグを差し込む前にチェックをしていました。
 たまに無資格のエアコン業者などがコンセントを取り替えて電圧を切り替えない(100V用コンセントに200Vがきているthunder)不届き者もいますので私は今でも使っています。

 T形コンセントの20A250Vというのは定格容量で100Vでも200Vでも使用できます。もちろん電圧の切り替えは分電盤で行います。
 その形状からしっかりプラグがホールドされるため現在のものよりグラつきが少なく容量に対しても安心感がありましたが間違えて機器に異電圧を加えてしまうことが問題です。

 エアコンのプラグ形状が現在のものに切り替えられた当時はなにもこんな面倒なことをしなくても・・・と思いましたが安全を考慮しての対応であったのでしょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 6日 (火)

こんな取り外し工事はご注意

 年度末も近づき引っ越しの多くなる季節です。エアコンも一緒に移動するという方も多いかと思います。

 もちろん工事は引っ越し屋さんの下請け(の下請け)である(一応)電気屋さんが来て施工してもらうのが大半です。

 そこで、こんな取り外し工事の対応をしていたら手抜きや悪意があるかもしれません。

1、到着していきなりポンプダウンを始める。

 取り外す前のガス量や動作の状態を確認せずにポンプダウン(ガスを室外機に回収する)作業をすることはエアコンにガス不足などの不具合があったとしても、引っ越し先で取り付けが完了するまで発覚しません。取り付けた後に「ガス入れ○万円です。」と請求される恐れがあります。
 取り外し前に試運転して不具合が発覚していれば、そのエアコンを移設し修理するか、それとも廃棄するかの判断材料になります。

2、室内機にパイプがつながったまま。

 室内機に長いパイプをつなげたままグルグルと巻いてあるものがあります。これでは室内機本体の補助配管に負荷がかかり折ってしまったり、取り付け時には一旦取り外す必要があるため別途費用を取られる可能性があります。

3、パイプのテープをはがさない。

 これは室内機と室外機からパイプを外しているのですが、パイプに巻かれたテープをはがさない行為です。取り付け時にテープをはがす必要があるため別途費用を生じる可能性があります。

4、パイプのテープをカッターナイフなどで切り裂く。

 パイプに巻かれたテープをカッターナイフなどで勢いよく切り裂いてはがすと中のパイプ類が傷つきます。銅管や電線の中身が出てしまったり、ドレン排水管が裂けてしまうことになります。

5、室内機、室外機の真鍮製の銅管接続口をビニルテープで直接ふさぐ。

 真鍮でできている銅管の接続口は使用時にガスと一緒に流れていたコンプレッサーオイルが管内に残っており、ビニルテープの粘着剤と混ざって固まります。それがガスを漏れないように銅管と密着する面に固着してしまうため、取り付け後にガス漏れを起こす恐れがあります。

6、「このパイプもう取り替えたほうがいいですよ。」と不要なのに交換を勧める。

 パイプとは冷媒管(銅管)のことですが、パイプの交換が必要か否かの判断は取り付け工事のときです。状況もわからないまま交換を勧めてくるのは組織ぐるみの営業目的かもしれません。取り付け先で別の担当者に「パイプ取り替えたほうがいいですよ。」と再度言われればお客さんは「取り外しのときも言われたので交換してください。」と容易くパイプ販売ができます。
 本当にダメであればお客さんに見せてどこがどう駄目なのか説明するはずです。

 以上1から5は作業時間短縮のための手抜き工事。6は悪徳営業です。

 引っ越しのときはご自身も荷物をまとめたり、あちこちに連絡する用事でどのような工事をしているかなど確認する暇もなく、それが発覚したところでどうこうできる状況でもありません。またあまりの忙しさに正常な判断も鈍りますのでそこにつけ入られないように注意しましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

より以前の記事一覧