フォト
無料ブログはココログ

リンク

その他エアコン関連

2019年10月31日 (木)

電波リモコン確認用器具作成(試験段階)

これから増えるかもしれない電波式リモコン。

正常かどうか確認するにも従来の赤外線式リモコンと異なり電波はカメラを介しても光ではないので見えません。

そこで電波の出具合を目で見てわかる形に変換してみようということで測定器具を作りました。
とはいっても非常に簡単な回路なのでたいしたものではありません。

相対的にしかレベルが見れない簡易電界強度計です。

とりあえず2種類作りました。
電波の出具合を測るための器具を2種類作成
見るからに安っぽい😅

右は直流電流計を付けて無電源でそのまま測れるようにしています。

左は端子台を付けて外部計器で測定するようにしました。

しかし電波リモコンなどは手持ちがないので簡易無線機(UHF帯)で試しました。
出力が少し大きく(1W近い)周波数も異なるのでとりあえずの動作確認となります。

まずは右側のほうをテストします。

無線に他の使用者がいないことを確認して送信
19103110
こんな感じ。

車のルーフキャリアから上に伸びている棒がアンテナです。

メーターをアップすると
メーターのアップ画像
右いっぱいまで針が触れます。

でもアンテナから遠ざけるとあまり振れません。

う~ん・・・やっぱりちょっと感度が悪いかな。

強力な電波が入ると思いっきり針が振り切れてメーターが壊れるので左側面に押しボタンスイッチを付けて手を放すと回路が遮断するようにしてあります。

これはどちらかというと無線機(アンテナ)の電波の出具合を調べるのに重宝しそうな・・・
専門的な話になりますが八木アンテナで調べると電波がどの方向にどの程度出ているか確認できました。

左手に電界強度計、右手にカメラ、無線機のマイクにある送信ボタンは膝に挟んで押してます。変な人状態😅

そしてもう一つの方は
簡易型オシロスコープと組み合わせて電波の出具合を見る
簡易型のオシロ(オシロスコープ)と組み合わせて使ってみました。

無線機の送信をしていないとき
無線機を送信しないときはオシロのゼロライン
オシロはゼロのラインにあります。

さきほどのメーター付きよりもアンテナから離してします。

送信
無線機送信時のオシロ
ラインが上にあがりました。

電圧レンジはもっと小さくできるのでさらに離れたり微弱な電波も検知できます。

車内のシートに置いて無線機送信。
車内のシートにオシロを置いて無線機送信
ここでもしっかりと電波の出を確認することができました。

電圧レンジを少し上げても
オシロの電圧レンジを上げても感度がいい
感度がいいです。

これオシロの測定用のリード(プローブのコード)がアンテナになってますね。
後にオシロではなくテスター(回路計)をつないでもかなり強力に振れました。

一方同じ場所でのメーター付きの方は
メーターはほとんど振れない
微妙に動いたような動かないような・・・

実用性が高いのはやっぱり外部計器を接続するほうかな~
リードがアンテナになって感度がよくなります。

しかし同じUHF帯でも電波式リモコンは波長がかなり短め(周波数が高い)。
あとは実際にリモコンを現場であててみて双方にどんな反応が出るか確認しようと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年10月29日 (火)

隠ぺい配管はやめたほうがいい

壁掛け型ルームエアコンでのこと。

家を建てるときに設計サイドから建物の外観を損ねない等の理由でエアコンは”隠ぺい配管で”と勧められることがあると思います。

でもちょっと待ってください。
見た目だけで施工方法を決めると後でたいへんな思いをするかもしれませんよ。

ここで”隠ぺい配管”とは何ぞや?と思われた方へ・・・
隠ぺい配管は別名で埋設配管とか先行配管とも呼ばれて壁内、天井内、床下にあらかじめパイプを配管しておき、建物竣工後にエアコン本体を取り付けそこへ接続する方式です。

パイプがほとんど見えずすっきりとした仕上がりになるところが売りです。

日本がバブルの時は隠ぺい配管が当たり前のように行われていたわけですが・・・

その後10年20年と時が経ちエアコンが壊れ始めます。

新品に交換しようと思ったら工事を断られてしまいどこへ頼んでいいものかと悩んでおられる方も多いのでは。

泣く泣く諦めて電源増設工事と露出配管で施工したというケースも多発しています。

ではなぜ工事を断られるのでしょう。

― 銅管が再利用できないケース ―

エアコンの冷暖房に欠かせない銅管。
この中には冷媒ガスが流れています。

しかし金属であるがために経年劣化と共に工事をするたび硬化して融通が利かなくなり、果てには折れてしまいます。

またエアコン本体によって異なる接続位置で中途半端に足りなくなり接続が難しくなることもあります。

そのほかには現在の新冷媒は旧冷媒より高圧なため銅管自体が対応していないケースもあるでしょう。

― 電線が短いケース ―

これは量販店などで入れ替え工事を断られる一番の理由のようです。

電線は内外連絡線と呼ばれ室内機と室外機を結び電源供給と信号のやりとりをしています。

隠ぺい配管ではエアコンを取り付ける時にその本体に合わせて電線をカットするので別のエアコンでは短くなってしまうことがよくあります。
こうなると接続延長しなければ使用できません。

この連絡線は電気設備技術基準や内線規程に沿って施工する必要があります。

しかし電気とは畑違いの工事人が多いエアコン業界では電線をテキトウに接続してそのまま壁の中に押し込んだり、パイプと一緒にテープで巻いてしまい火災の原因となりました。
そこで経産省などから量販店などへ通達があったようで今では電線接続延長を断っているようです。

メーカーの据付説明書にも途中接続禁止となっていますが、そもそも電気工事士の資格を持った者がしっかりとした工事をしていればこのような注意書きは必要なかったと思います。

経産省から量販店などのエアコン工事人はまともな電気工事ができないとレッテルを貼られてしまったようなものですね。

以上により多くの業者は連絡電線を接続延長しなければならない場合工事を断ります。

(当店は安全な接続が可能であれば行います)

― ドレンが再使用できないケース ―

これは隠ぺい配管を施工(埋設)した業者が適切な方法をわかっていないことによるもの。

ドレン管は室内機から出る結露水(除湿した水)を排水するためのものです。

壁内に埋められたドレン管
壁内に隠ぺい配管されたドレン用塩ビ管
先端しか見えませんが本来このような塩ビ管を使用します。

これは水道用のVP管。
業務用エアコンのドレン管としても多用されています。

ここへ室内機から出ているドレンホースを差し込みます。

昔から据付説明書にもこのように塩ビ管を室内機裏に立ち上げて差し込む方式が出ているのでこれが基本方式といえるでしょう。

もちろん管の太さも大切。
通常は室内機近辺をVP管の30というサイズで行います。ひとつ下の25というサイズではドレンホースの断熱材を取らないと差し込めません。

困るのはこれを埋設している場合
断熱ドレンホース
断熱ドレンホースです。

断熱ドレンホースは塩ビ管と異なり壁内などに埋設するのが非常に楽なんです。

そこで”速さ”と”楽”を追求する業者は好んでこれを使うのですが・・・

この断熱ドレンホースは公的な規格品ではありません。
ホースを販売しているメーカーの独自規格品。

そしてこのホースは専用の接続部品を使用します。
断熱ドレンホース専用の接続部品
これはそのうちの一つですが、このようなものを断熱ドレンホースに接着してから室内機のホースなどと差し込み接続するようになっています。
ちなみに隠ぺい配管ではこのような通常の接続はほぼ不可能。

そこで室内機から出ているドレンホースを外してしまい、この接続部品でドレンパンの出口に直接つないでしまおうという安易な発想。

本来ドレンパン出口とそこにつながっている室内機用ドレンホースはねじなどでロックされて抜けないようになっています。
しかしこの部品を使うとロックできないので引っ張れば抜けてしまいます。

エアコンのメーカーによっては差さりません。

エアコン入れ替え時に長さが合わず短ければ継ぎ足す必要がありますがここでも問題が・・・

長年の使用で汚れて劣化し変形したホースにうまく接着接続できるのか?
ホースメーカーからしたらダメというでしょう。

またホースのメーカーが異なればこの接続部品も異なります。(若干径がちがう)
なのでもしこの部品が生産されなくなれば接続できなくなります。

さらに断熱ドレンホースにはメーカー名が出ていない。
どこのものが埋設されているのかわからないので接続部品もどれを使えばいいのか不明。

そもそもこの断熱ドレンホースは隠ぺい配管用に作られているわけではないと思います。

― やっぱり隠ぺい配管はやめたほうがいい ―

先々を考えれば隠ぺい配管がいかに無謀なことかが見えてくると思います。

どのように完璧な配管をしたとしてもいずれは使用できなくなります。

また配管工事から10年以上経って初めてエアコンを設置するということもあると思いますが、ルームエアコン用に先行配管しても気密試験はしておらず、もちろん途中につぶれがないかの試験もしていません。
設置してみて不具合が見つかるなんてことも。
そうなると責任はだれが・・・

エアコン入替えに際しお金に糸目をつけず壁や天井を壊して配管し直すほどの覚悟があれば構いませんが。

― 中にはやむを得ない場合もある ―

マンションなどで外壁に面していない中間にある部屋ではどうしても隠ぺい配管せざるを得ず、新築時にすでに埋設されているケースもあります。

そのような場合は通常、数回はエアコンを入れ替えられるような配管をしています。

 

建築のデザインをする方は自身の作品にエアコンのパイプが通ることを嫌うのだと思いますが、発注する側がそこを見極めて判断するしかないと思います。

エアコンは10年位で寿命を迎えるのでそのことをよく考えて設置方法を検討しましょう。

なお当店では隠ぺい配管への設置工事の際は事前に対応可能か判断のため下見に伺います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年9月10日 (火)

エアコン無線LANアダプタ取り付け

エアコンに”無線LANアダプタの取り付けを”と依頼をいただきました。

エアコンを出かけ先から遠隔操作できるようになるパーツです。
ただし無線LAN親機とインターネット、スマホがないと操作できません。

またエアコン本体にそれ用の端子と、そこに接続、動作する無線LANアダプタが必要です。

お客さんが用意したアダプタ
無線LANアダプタ開梱前
これを取り付けます。

中身を取り出すと
無線LANアダプタ本体
こんな感じ。

本体からコードが出ていて先端にコネクタがあります。

このコネクタをエアコンに接続すれば使えるようになります。
(言うのは簡単!)

エアコン側のコネクタは室内機の制御基板上なのである程度分解しないと接続できません。

室内機はこちら
無線LANアダプタを取り付ける室内機
画像を撮る前に作業を始めてしまったので吸い込み口が開いてます。

お客さんご自身で取り付けを試みたそうですが、どうしても室内機前面パネルが外せなかったとのことです。

前面のパネルは外すのが結構難しいというか面倒なのが多いんですよ。

取れました。
室内機の前面パネルを外したところ
思っていたよりあっさり。

この機種の難易度はそれほどではないのですが天井との隙間が少ないので、それなりの工具がないと難しかったのだと思います。

それより厄介なのはこれ
基板が見えないところにある
基板は本体右側側面。

壁との狭間で直接見ることができません。

手もまともに入りません。

コネクタを差し込むのも一苦労
「もうちょっとオク・・・、いやテマエ・・・、ウエか・・・、入った?」ブツブツ・・・

なんとか差さりました。😅

鏡で見て
鏡でコネクタ接続状態を確認
コネクタの状態と配線のルートを確認します。

問題ありませんね。

室内機を浮かせてコードを本体背面に通しアダプタを取り付けます。
アダプタ本体を取り付け
お客さんのご希望する位置にしました。

コードを通したりアダプタをクリップで固定するために室内機を浮かしたりもするのでエアコンを知らない人では不具合を起こすかもしれませんね。

前面パネルも戻してこんな感じ
無線LANアダプタ取り付け完了
今回は一応、親機側と通信できることを確認していただきました。

設定はパスワードが必要な操作なのでこちらでは行いません。
これにて取り付けは完了。

こうした遠隔操作は今に始まったことではありません。

昔、インターネットが広がる数年前、N社が電話のプッシュ信号を使用して照明や家電製品などのON、OFFできるシステムを販売していました。

家屋内には専用の配線を必要とせず、電気の屋内配線(100Vなど)に信号を乗せて制御する方式です。

そのままでは近隣の家庭にまで信号が行ってしまうので、分電盤の幹線に信号をブロックするフィルターを付けていました。

新たに配線せずに済むので画期的な方式と思われましたがそれほど普及せず・・・
インターネット全盛の時代には考えられない方式ですね。

もしかするとまだどこかで使用されているかもしれません。

製造メーカー独自の規格だと汎用性が低いので普及も限定的になりますよね。
それに比べてインターネットは世界的に共通で使用形態も広がる一方。

とどまることを知りません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年9月 3日 (火)

うれしいレポートいただきました。

船のエアコンコンプレッサー
(船のエアコンコンプレッサー)

去年こちらの記事に載せた船のエアコン修理。

たしか船長室のエアコンだったかと思います。

あれから一年以上経ちますがお電話を頂戴しその後は調子がいいと報告をいただきました。

修理する前は頻繁にガス補充をしていたようですがいまは”ギンギンに冷える”とのことで問題なさそう。

こういうレポートをいただけると嬉しいですね。

ただこんどは別の冷凍庫用のコンプレッサーが不調のようです。

また何か必要でしたらご連絡ください。
宜しくお願い致します。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年7月12日 (金)

今年は冷夏?

涼しくて過ごしやすい日が続いてますね~😄

冷房を使用する頻度が少なくて電気代も安くなるのでホッとされている方も多いのではないでしょうか。夏とはいえ、何年も異常な猛暑でしたから助かりますね。

おそらく家電量販店さんなどはエアコンの販売が思わしくない状況ではないかと推測します。

またそれ以外の季節商品の売れ行きにも影響が出たり農作物の出来が悪くなったりすることもあるので、やはり夏は暑くならないといけないんでしょうが・・・

当店はというと、作業するには熱中症になる危険性が少なく助かっています。
夏は書き入れ時なのでは?と心配されそうですが、私のような個人事業はこなせる仕事量も決まっていますので世の中にたくさんのエアコンが売れたところでそれほど売り上げが上がるわけでもありません。
逆に冷夏で分散されたほうが良かったりするわけです。
(まあ、雨で延期などは困りますが。)

猛暑で夏に一気に売れてしまうと反動で他の季節がその分暇になってしまいます。

子供のころは夏休みで海やプール、山に虫取りと楽しみな季節でしたが、いまは夏が苦手なエアコン技術屋。
できればこのまま😅・・・いかんいかん怒られる。立場によって見方、捉え方がそれぞれですね。

なお現在の予約状況はけっこう先まで入っています。
お待ちいただいている方々、すみませんが宜しくお願い致します。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年7月 2日 (火)

お待たせしております・・・

蒸し暑さが増してきました。😅

現在、作業が混んでおります。

工事や点検修理までにお時間をいただいておりますのでご了承ください。

忙しいからと数をこなすような工事は致しませんのでその点はご安心ください。

お待たせして申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年6月23日 (日)

取り外し工事で・・・

エアコンの移設の依頼を受けて2台の取り外しに行ったのですが・・・

いつものように
19062200
ででーん。(端子台カバーを開けたところ)

あいかわらずザツな工事が多いです。

アース線と室外機への電源線が重なってカバーで押さえられてました。
19062205
施工不良で漏電になる一歩手前。

でもこれ、線を並べればいいということではありません。

角度を変えてみると
19062210
奥にケーブルの外装シースが見えますね。

本来は電線の端子台そばまでシースが被っているべきで、そこをカバーで押さえるのですがめんどくさがって長めにむいているのです。

取り外しに行って9割方こうなっています。ほんの数秒でも時間を惜しんで仕事しているのがうかがえますねぇ。
時は金なりなんていいますがそういう意味なんでしょうか?

室内機を外して据付板を取り外したところ
室内機の据付板を外したところ
でたよー

ねじ込み式ボードアンカー!
19062220
施工が速くて楽なアンカー。

でも室内機の落下が多くて有名。今では(ちなみにこのエアコンが設置された時も)各メーカーの据付説明書にこのアンカーは使用が禁止されています。

楽してちゃんとした工事なんてできません。

一台目は終わってこんどは二台目。

同じ人が取り付け工事しています。施工を見ればわかります。

ポンプダウンが終わって室外機の取り外し。
室外機の端子台
ムム。

心線が長過ぎない?
19062230
端子台の下に銅線が出てます。

このメーカーの端子台は心線の長さ15mmです。

抜きました。
19062235
温泉マークを連想してしまった。

頭の中に"♪ババンババンバンバン・・・" 気が散る~

しかしこれ心線の長さが25mm以上ある感じ。
このようなクイックの端子台は曲がった電線をそのまま差し込むと接触不良で過熱の元なので要注意です。

そしてこちらの室内機の端子台も
19062240
同じ人が施工しただけあって一台目とまったく同じ。

据付板は
19062245
使われているねじからして、こんどは壁の裏に補強板があるようです。

でもかなり強く締めてますね。ボードに食い込んでます。
インパクトドライバーで締めたのでしょう。あれはやりすぎるのでわたしは使いません。

じつはエアコン本体のあちこちのねじ穴がダメになっていましたが、おそらくインパクトドライバーで一気に締めているのだと思います。

ネジを抜くと
19062250
凹んでます。

もちろん壁も
19062255
凹んでます。

いろいろありましたが取り外しは終わりました。

取り外し工事はよい見本、わるい見本が見られる機会でもあります。
他の多くの工事人がどのようなレベルでそして何を考えながら施工したのかがよくわかります。
気持ちが形となってこれらのように残ります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年5月27日 (月)

作業が混んでいます!

ここのところの暑さで一気に依頼が多くなりただいま混んでいます。

お急ぎの方、お待たせして申し訳ございません。🙏

現状では平日が6月中旬頃まで、土日は6月いっぱい予定を組むのが難しい状況です。

今後少し最高気温が下がるようなので落ち着くとよいのですが・・・

ブログのアップも遅れています。

普段は見向きもされませんが夏になるとひっぱりだこ😵・・・これがエアコン屋です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年5月23日 (木)

今年も依頼が増えてきました。

そろそろ冷房や除湿が必要な季節がやってきます。

ここのところ夏に向けてエアコン設置の依頼が増えています。毎年6月中にピークを迎えますが当店ではすでに6月中旬位まで予約が入っています。
お待たせして申し訳ございません。

オフシーズンに工事をしておけば待たずに済むのですが、やはり必要に迫られないとなかなか行動するのは難しいですね。

でもエアコンの購入は暑くなってからではすでに手遅れ。お店には購入者が殺到して品薄になり希望の機種は売り切れて工事は更に先延ばし。
去年の猛暑では量販店でも1ヶ月待ちなんてこともあったようで・・・

6月上旬にはおそらく梅雨入りしますが、梅雨の間に晴れて暑くなったとき(蒸し風呂状態)に我慢できずに販売店に駆け込むという方が大勢いて一気にピーク突入となります。

去年の夏の終わりにエアコンが壊れてほったらかしにしている方も中にいらっしゃるのではないでしょうか。
もしかしたら機嫌が直って動くんじゃないかと。

たまにそれで直ってしまうこともありますがあまり期待できません。
早めにためし運転して確かめましょう。工事依頼と同様に修理依頼も増えて待たされるようになります。

それといままで問題なく動いていたものでも、いざスイッチを入れたらランプが点滅して冷えないなんてこともあるのでシーズン前の動作確認もしておきましょう。

昔はクーラーと言えばぜいたく品。でも今や暑さから身を守る必需品。環境の変化が表れています。

わたしが子供のころは地方にいたこともあり、エアコンなどなくても夜になれば涼しくなって朝方はひんやりしていたものです。
現代は熱帯夜で朝9時頃から平気で30度超え。

我々も身の危険を感じながらの作業となります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年5月 7日 (火)

リモコン受光部をテスト

先日組み立てた直流安定化電源
直流安定化電源
これを使用してエアコンのリモコンの受光部がどのように反応するか見てみようと思います。

転がっていた(⁉)富士通さんの表示基板
エアコンの表示基板
運転ランプやタイマーランプなどが一緒になっていて、その中に受光モジュールがあります。

リモコンから発する赤外線を受ける部分です。

エアコンのリモコンが利かなくなる症状の原因にこの受光モジュール不良ということがあるんです。

正常な場合はどのような反応をするか調べます。

プラスチックのケースから基板を取り出して受光モジュールの各極にワニグチクリップをつなぎます。
受光モジュールにワニグチクリップをつないで
ショートしないように・・・これでよしっと。

+5Vはショートの危険があるので基板裏のつなぎやすいところを探して接続。

極性はメーカーによって違うことがあります。

安定化電源から5Vで供給します。(仕様書から電圧は確認しました)
受光モジュール、テスト用に接続
リモコンと受光部は別のメーカーですがその辺はどうでもいいです。

オシロスコープ(以下オシロ)というものがありますが、これは波形を見るものです。
まあ、ナンチャッテオシロとでもいいましょうか、これは安物です。

エアコンの場合、本体に基板などを付けたままコンセントから電源供給してオシロをつなぐのは危険行為です。
エアコンに対地電圧(大地と電線の間にかかる電圧)がかかるので、弱電回路といえども思わぬところを回り込んでショートする危険があります。

なのでエアコンからコンセントを抜いて(今回は基板を外した状態ですが)、商用電源から絶縁された直流安定化電源などから部品へ電気を供給すれば安心。

オシロの画面を撮影してもよく見えないのでオシロ本体で保存した画像を貼ります。

まず受光モジュールの電源を切った状態です。
信号未入力のオシロ画像
真ん中を水平に水色の線が見えますがこの高さが0Vで、なんの信号も入っていないことを表示しています。

では安定化電源のスイッチを入れて5Vを供給すると
受光モジュールに5V供給したときのオシロ画像
水色の線が上に上がりましたね。

受光モジュールの出力からは約4Vの直流が出ました。
ちょっと見えにくいのですが点線グリッドの縦ひとマスが2Vです。

これはまだなにも受信していないのでエアコンのコンセントを差しただけの待機状態と同じです。

ではリモコンを操作してみます。"ポチッ"
リモコン操作したときの受光モジュールから出るオシロ画像
デコボコとした波形が現れました。

リモコンから発せられた赤外線に反応した瞬間に4Vから0Vへ電圧が変化しています。

正常ですね。赤外線信号を電気信号に変換する、これが受光モジュールの役割です。

上の画像でオシロに表示されている時間幅はグリッド横ひとマスで0.2ms(0.2ミリセカンド=0.0002秒)です。

もう少し時間幅を長くして0.5msにすると
リモコンから出る信号幅の異なる波形
中央にある山(4V)の部分が長いですね。

山の長い部分と短い部分は信号の違いを表していて2進数で1とか0とかの羅列だったりします。

もっと時間幅を長くして2msにすると
オシロの時間幅を長くして
だいぶ全体が見えてきました。

リモコンを操作するとこの信号で運転切替(冷房、暖房、ドライ)、温度設定、風量、風向、タイマー、その他などを一挙に受信して本体の制御基板に電気信号として送ります。
使用したリモコンではその信号の長さ約250ms(約0.25秒)。

これらを見てお気づきかと思いますが、赤外線式リモコンの受光部(エアコン、照明、テレビ、その他)は関係のない信号でも反応して制御基板へ電気信号を送り続けています。もちろん関係のない信号はスルーしています。

今回リモコンの赤外線発光部を手で覆って操作することもしましたが、受光部に近いと手を透過してほぼ完全に受信していました。距離を置くとある程度受信しますが完全な波形ではないので機器からは無視されることでしょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

より以前の記事一覧