エアコン工具

2017年3月 9日 (木)

真空ポンプのオイル交換

 今日は真空ポンプのオイル交換です。happy01

Photo

この真空ポンプは軽くて小さいわりに排出速度も速く、しかもポンプが2段になっているツーステージ(1段の場合はシングルステージといいます。)で高い真空度が得られるため気に入って使っています。notes

 真空ポンプはオイルの量を確認したり定期的に交換してあげないないと、到達できる真空度が下がったりポンプの金属が削れて寿命を縮めてしまいます。

・まずはオイルのドレンボルトを外して
Photo_2

・古いオイルを抜きます。
Photo_3

 ほとんど汚れていないオイルが出ていますが、交換を長く怠っていると鉄粉が多く出てきたり水が混ざっていたりしますのでマメに行うことが必要です。

・再びドレンボルトを付けて新しいオイルを入れます。
Photo_4

 このポンプではオイルを入れるところのキャップが排気口にもなっていて、ここから吸引した空気が出てきます。

・最後にオイル量の確認。
Photo_5

 確認窓でオイルの量を見ます。少ないと到達真空度が下がってしまい、多いと排気口からオイルが出たりオイルミスト(油のけむり)が多くなります。
 写真では丁度いいレベルになっていますが、使っているうちにオイルが増えてしまうことがよくあります。これは吸引した空気中の水分が凝縮したり、移設したエアコンを取り付けたときにパイプ内に残留したコンプレッサーオイルを吸引したりして真空ポンプの中にたまるためです。

 エアコンの真空引きを確実なものとするためオイル交換は欠かせません。

 オイルもポンプに合わせて作られた純正オイルを使用します。
 社外品のオイルではサラサラすぎたりドロドロすぎたりして、ポンプの真空度を得られないばかりか磨耗が早くなって焼き付かせたり、寒いときにオイルが重すぎて始動できなくなったりと弊害が出ます。despair

 また真空ポンプは車の中にそのまま置いておくと表面に付着したオイルで汚れが付くのでケースに入れています。

 簡易式のポンプもあるみたいですが、真空ポンプと言えば電動式でなるべく長く真空引きすると決めています。happy01

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2016年10月20日 (木)

フレアツール故障

エアコン用の工具の中にフレアツールというものがあり、ガスの流れる銅管をエアコン本体に接続したり延長したりする際に使用し、文字通り銅管を広げる道具です。
 
Img_0956
切断した銅管を↑
Img_0961
このように広げることができます。
(バリ取りなど途中の作業は省略しています)
10年近く使用し使い慣れたフレアツールが突然不具合を起こして新しく買い替えとなってしまいました。
Img_1144
左が故障したもので右が新しく購入したものです。
故障した部分はシルバーの色をしたハンドルと胴体(?)の間にある太いネジのところです。カジリが出てしまい、以降ハンドルを回すとゴリゴリして適正なフレアを作れないと判断しました。
このフレアツールもそれぞれクセがありまして、写真では同じものに見えますが同じように使ってもフレアの大きさがかなり違うため自身の感覚を調整する必要があります。パイプの太さによっても違うのでそれぞれ覚えなければなりません。
説明書には”こうすると適正なフレアができますよ。でもたぶんそうはならないから自分で加減してやってねbleah”みたいなことが書いてあります。
私の愛用しているタイプは鉄で重いのですが丈夫で、回すハンドルの部分はギア無しのクイックハンドルになっていて締込みから緩めまでをハンドルから手を離さずに行えるため気に入っています。(このタイプは今回で3台目)
はじめは弱いと思っていたクイックハンドルは壊れたことがありません。
なおこのフレア加工はエアコンのガスを漏らさないための肝心な作業のひとつでフレア部分がパッキンと同じ機能を持っています。
Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2016年9月15日 (木)

エアコン用ガス漏れ検知器

エアコンが効かなくなって皆さんがよく思い浮かべる”ガス漏れ”
その漏れている場所を探すのが”ガス漏れ検知器(リークディテクター)”です。
 
昔は石鹸水のようなものをかけて泡が出ている場所を探したり(今でも目視で漏れ箇所を特定できるため使用することがあります。)、そのほかにガス(R22)と反応して炎の色が変わる検知器(名前は忘れました)もありましたが火を使うので・・・
現在では半導体や赤外線センサーを用いたものが主流になり発見の難しかった室内機本体からの漏れも見つかりやすくなりました。
ただ半導体のセンサーは機器のウォームアップが完了してもしばらくは反応が悪く、しかも寿命も短く、使用頻度が高くなくてもセンサーを毎年交換する必要があったため経済性がよくありませんでした。
赤外線センサーは近年出始めたタイプで立ち上がりが早く長寿命といわれています。使用していた機器の半導体センサーを買い替えるか検討した結果、当方も新たに導入しました。
Photo
充電式で吸引部先端にはLEDライトが付いています。
数回使用した感じではやはり立ち上がりが早い!ウォームアップ機能が完了してすぐガス漏れ検知できました。そして反応もいい!室内機本体のガス漏れもよくわかります。
まだ操作や動作のクセに慣れない部分もありますが買い替えて正解のようです。
Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/