フォト
無料ブログはココログ

リンク

エアコン工事作業

2018年7月30日 (月)

室外機風向偏向板の取り付け

室外機に取り付ける風向偏向板をご存知でしょうか。

エアコンの室外機を通りに面したところなどに設置した際、通行人に風が直接あたらないように風向きを変えたりする部品です。
(他にもいろいろな理由で取り付けることがあります。)

風向調整板ともいうみたいです。

今回は室外機を壁と塀の間に設置したため、吹き出した風が戻って室外機に吸い込まれるショートサーキットの軽減を目的としてお客さんのご希望で取り付けました。

ショートサーキットになるとエアコンの効率が低下します。

箱から出した風向偏向板
風向偏向板(風向調整板)
金属かと思いきや樹脂製でした。

昔は金属製だったので進化してますね。

説明書をみると機種ごとに取り付け方が異なって付属部品がいろいろ付いてます。

設置された室外機には金属の筒になったスペーサーを取り付けるとのこと。
スペーサーの取り付け
裏返して付けました。

マスキングテープで仮固定しました。
スペーサーをマスキングテープで仮固定
マスキングテープはいろいろと役に立ちます。

室外機へは付属のタッピングネジで取り付けるのですが、穴は開いておらずネジを打つ位置にへこみがありそこに合わせて固定します。
風向偏向板の取付完了。
取り付けたらマスキングテープは撤去します。

風向きは上へ向けました。

室外機の前面と塀の間にはドリルドライバーが入りません。

こんなこともあろうかと
ドリルドライバーにアングルアダプターを取り付け
アングルアダプターを用意しました。

あまり使わないのでいつ買ったのか記憶にないほどですが、これで狭い場所でもドリルを使用できます。

取り付けが終わり念のため絶縁抵抗を測定してから運転します。

風向偏向板を付ける前は塀にぶつかった風が上下左右から室外機の背面に回り込んでショートサーキットを起こしやすい状態でしたが、取り付け後は上方へ勢いよく吹き上げるので背面への回り込みはかなり減少し周囲から新たな風を吸い込むようになりました。

効率向上に役立ちますね。

風向偏向板は風の向きを変えて周囲に迷惑をかけないようにするためと思いがちですがこのような使い道もあります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年7月28日 (土)

川崎区でエアコン入替工事

お客さんより、エアコンを購入したので取り付けを・・・と依頼をいただきました。有り難うございます。

今回は室内機が2階で室外機は地上に置いてあるタイプです。ご希望により外壁に付いている配管化粧カバーは交換せずそのまま使用します。

エアコンを撤去していると
電線が途中で接続されている
室内機と室外機を結ぶ連絡配線が途中で接続されています。

拡大
電線接続箇所を拡大
また出た差込形コネクタ。

化粧カバーの中とは言えこんなところでつなぐと漏電、発火のもと。

事故になる前に撤去になってよかったです。

今度は新しいエアコンを取り付けていきます。

据付板を付けて室内にパイプを先に入れておきます。
据付板を付けパイプを入れたところ
“左後ろ配管”という取付方式です。

本来は右後ろ配管が基本の方式でエアコン本体もそのようにできています。

撤去したエアコンも右後ろ配管でした。
室内機の設置位置を変更
お気づきかもしれませんが元の位置では穴と天井の間隔が狭く新しいエアコンでは入りません。

エアコンのパイプはドレン排水の関係で本体の一番下から出るようになっています。そのため穴の下面より本体の下面を下げることはほとんどできません。

お客さんの提案で今ある穴はそのままに天井高をクリアできる右よりに室内機を設置することになりました。

撤去したエアコンは高さ寸法が小さいためこのような位置に穴が開けられていたのですが、工事した人が将来を見越してあと5~10㎝低く設置していれば問題なかったと思います。

室内機設置完了。
室内機の設置が完了。

コンセントが遠くなったので作業車にたまたま積んであったモールを使用しプラグコードとアース線を収めました。

2階まで梯子を伸ばして配管し室外機も設置完了。
室外機の設置完了
既設の配管化粧カバーがちょっと短いですね。

パイプは室外機の裏で余長をとってあります。
この場合、ピッタリのほうがカッコイイからと上から降りてきたパイプをそのままストレートに接続しては絶対にいけません。
地面に置いた室外機は沈むことが多く、余長がないとパイプで吊られるようになってしまいます。
そのほかメンテナンス性も悪くなります。

台のブロックはお客さんで用意してくださりレベル調整して設置しました。

いつも通り試運転チェックは問題なく完了しました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年7月11日 (水)

室内配管化粧カバーでエアコン設置

今回のお客さんはご自宅に工事で何回か伺っておりましたが、このたび店舗のエアコンを入れ替えるとのことでご依頼いただきました。

建物が鉄骨構造なので壁の強度等の確認で下見に行きます。

設置場所の寸法を測ります。
設置場所の寸法確認1

いままで付いていたエアコンはテープ巻きで仕上げられています。

柱型に沿って配管されています。
設置場所の寸法確認2

そこからパイプは床付近まで下がります。
設置場所の寸法確認3
パテが汚い・・・

壁のクロスは新しくきれいですが、エアコンのパイプがヨレヨレで店舗の美観を損なっています。

テープ巻きでももっときれいに仕上げられるのですが・・・

ご希望で配管化粧カバーで仕上げることになりました。

壁の強度も考慮してエアコン本体を選定していただきます。

― 施工開始 ―

古いエアコンを撤去して据付板を取り付けるのですが・・・

予想通り壁の裏に下地がありません。石膏ボードアンカーだけで室内機を設置します。
これを見越して機種の選定をしていただいたので問題ありません。

しかし石膏ボードが2枚張り。

そこで登場壁厚27mm対応ボードアンカー
壁厚27mm対応のボードアンカー
久しぶりに使います。

壁の厚みも丁度27mm位です。

据付板と化粧カバーの取付完了。
据付板と化粧カバーを取付完了したところ。
化粧カバーは配管してからフタをします。

化粧カバーはこんな感じ。
化粧カバーの設置状態1
化粧カバーの設置状態2

エアコンの設置が完了しました。
エアコンの設置完了

今回の化粧カバーには取付面を変える部品を使用しています。
取付面を変える化粧カバーパーツ
このパーツでパイプを下向きに曲げると同時に取り付ける壁面を変えています。

昔はこんな便利なものなかった・・・

配管化粧カバーの横引き部分は水平に見えるかもしれませんが1/50勾配で下げて排水の流れを考慮しています。

この日は暑くて熱中症になりかけました。急いで水分と塩分を補給して大事に至らず済みました。
作業に集中するとついつい水分補給を忘れてしまうので注意が必要ですね。coldsweats01

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年6月29日 (金)

UR賃貸住宅で2台設置・・・

UR都市機構の賃貸住宅で2台のエアコンを設置しました。

いつものことですが・・・

室内機固定用のナットがグラグラ。サイズが合っていません。ホントにこれが多いんです。

壁から出ているボルトがインチネジでナットがミリネジなのです。

試しに付いていたボルトを抜いて10mm(ミリネジ)の六角ボルトを入れてみると
ミリネジの六角ボルトを試しに挿入
ピッタリです。

コンクリート躯体に埋め込まれているインサートはミリネジ。

差し込まれていたボルトだけがインチネジのものが使用されています。

これが建築の曖昧さというかザツなところです。おそらくURさんでも把握していないでしょう。

ボルトを並べると
ミリネジボルトとインチネジボルトを比べて
ネジのピッチが異なるため噛み合いません。

拡大。
ミリネジとインチネジ
ピッチがずれているのがよくわかります。

インチのボルトにミリナットを使用するとピッチが合わずネジの面ではなく点で接触するようになり強度が落ちます。

しかも太さも若干異なりナットはグラグラです。

お客さんと相談し今回の室内機は質量が少ないためそのまま使用することにしました。
今回はそのまま取り付け

もう一台も同じくインチボルトが使用されていました。

こちらはパイプを通す穴が床近くにあって部屋の中を配管することになります。
部屋の中を配管する
配管施工中。

当初、室内用の配管化粧カバーをご希望されていましたが退去時の補修費を考慮してテーピング仕上げに変更。

出来るだけヨレのないように見た目を重視し仕上げます。
室内のパイプをテーピングで仕上げ。

仕上がりをお客さんに確認していただきOKをいただきました。

カーテンをかけると途中のパイプは見えなくなります。

室内を通る排水管(ドレンホース)は結露しないように断熱ドレンホースを使用しています。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年6月25日 (月)

ダイキン risora 設置しました。

新しいデザインのエアコン「risora」(りそら)を設置しました。

当店では初のrisora設置工事です。

室内機設置状況
ダイキンrisoraの設置状況
左右の寸法がギリギリでしたcoldsweats01

エアコンの冷房能力は7.1kW。23畳用で高容量です。

横から見ると
risoraを斜め横から見たところ
この薄さです。

近頃多い壁からビヨーンと飛び出たデザインとは異なり主張せずいい感じです。

少し下がって
risoraを少し後ろに下がって見たところ
どうでしょう。部屋にマッチしてます。

こういうエアコンを待っていました。

エアコンの能力が高くても室内機の質量は11㎏しかありません。しかも薄型なので設置できるお宅をあまり選びません。
重くて分厚い機種はどうしても壁の強度で設置できないことが発生するのでこういった面でも有利です。

運転してみます。
risoraを運転したところ
ルーバーが開き、正面のパネルが吸気面積確保のために手前に浮き上がります。

ルーバーは中にもう一枚ありました。

斜め横から見ます。
risora運転中、斜め横から見たところ
見た目の変化も最小限に抑えられています。

十数年前に同じくダイキンで出した薄型エアコンは運転すると大変身して原型をとどめないほどでした。
しかしこれは運転中のデザインにもこだわりを感じます。

少し後ろへ下がって
risora運転中、少し後方から
いいですね。

7.1kWと高能力ですが薄型なので風量はどの程度出るのか気になりましたが、さすがファンの設計から造り直しただけあり強力です。
遠くまで冷気が届きます。

本体の色も部屋にあわせて選べるようです。

ただしフィルター自動掃除機能は付いていません。個人的にはこの機能は無いほうがいいと思っていますのでかえって良い印象です。

運転ランプ
risoraの運転ランプ
キレイな輝きshine

ランプの上に人と床の温度を検知するセンサーがあります。

まだ登場して間もない機種なのでこれから不具合などが発生することもあるかもしれませんが、ひとまず気に入りました。

しかしまだ値段moneybagがお高いようで・・・

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年6月23日 (土)

ルームエアコンでも時には配管溶接

ルームエアコンの工事で冷媒管を途中で接続する場合、溶接する作業はほとんど見ないと思います。

業務用エアコンを扱ったことのない工事屋さんはユニオンという部材を使用して接続します。
冷媒管接続用のユニオンとフレアナット

ユニオンは双方にフレアナットを使用して銅管を中継接続することができます。

狭い点検口の中など火を使えない場所ではこれを使用して接続するのが安全です。

ただし、こうしたメカニカルな接続は隠ぺい配管など壁の中に埋め込んで点検できない場所では絶対に使ってはいけません。何年もしてからガス漏れすることがあります。

今回の工事は7.1kWのルームエアコン設置で、配管が長く径も太いため一本モノのパイプでは通すことができず途中で接続が必要になりました。

そこで今回は溶接で接続します。

溶接は“あぶり不足”でロウがまわらずガス漏れしたり、“あぶり過ぎ”で銅管を溶かしたり、ロウが泡立ったりするのである程度の経験が必要です。

確実な溶接ができればその後何年経ってもガス漏れを起こすことはありません。

作業場の様子
溶接前の作業場の様子
手前に窒素ボンベがあります。

「窒素で溶接するの?」 いえいえそうではありません。
管内に酸素があると溶接の熱で内面にススが付き真っ黒になります。

新品のエアコン設置なので窒素でパイプの中を満たしてススの発生を抑えます。“窒素ブロー”とも言います。

ちなみにこの程度の溶接箇所でススが出たとしてもエアコンに影響はありません。念のためということで・・・。

業務用エアコン(特にビル用マルチ)では溶接をたくさんするので窒素ブローは必須です。
ススが付かないようにするスプレーもあります。←これはイマイチですが。

窒素はガス屋さんに詰めてもらうと15MPa(150㎏/㎠)程度圧力があるのでそのままでは使えません。
窒素ボンベに付けたレギュレーター
レギュレーター(調整器)を使います。

もちろんボンベ直で使うツワモノなどいないと思いますが。

窒素レギュレーター
レギュレーターの2次側はハンドルの調整で任意の一定圧力に保つことができます。

続いて溶接
銅管の溶接
溶接中の写真を撮れるほど器用ではありません。もう一本手が必要です。coldsweats01

溶接するところの周りは雑巾を濡らして火炎や熱の影響を受けないように養生します。

手前にあるのが溶接器。酸素(黒いボンベ)には窒素と同じように酸素用のレギュレーターが付いています。

溶接完了。
冷媒管の溶接完了
雑巾で表面のススを拭き取り、ミラーを使い目視で仕上がりを確認します。

はいこれで絶対に漏れません。good
ユニオンより確実。丈夫で長持ちsign01

銅管の溶接はロウ付けで行いますが、ロウを流し込んだ後に更に強度を上げるためフィレットといって盛りを付けます。

2分管は細いのでカットの仕方やあぶり過ぎ、ロウの流し過ぎで管が塞がってしまうことがあるので加減が必要です。

また同じところをあぶり過ぎると銅管が溶けます。パイプの太さに応じた火力調整(可燃性ガスと酸素の量)と吹管(スイカン)を持った手は常に均一に熱がまわるように動き続けていなければなりません。

火口(ヒグチ:炎の出る先端部分)と母材の距離も状況に応じて変化させます。

ロウ付け時、銅管は800℃程度になりきれいなピンク色に輝きますshineのでしっかり冷ましてから保温材を巻きます。
銅管を冷ましてから保温とテーピング

ユニオン接続と異なり仕上がりがデコボコしないのも良いです。

室外機も設置して完了した様子です。
作業完了の様子
溶接箇所は配管化粧カバーの中です。

別の角度から
作業完了の様子、別の角度から

溶接作業は安全に行う必要があります。ガスを扱うのはもちろんですが、母材やロウ材も高温になります。

左手の人差し指と親指の間には二十代の頃にロウが銅管から垂れて陥没した跡が残っています。wobbly

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年6月 8日 (金)

整えられた室外機置場

いつも当店をご指名いただいているお客さまのお宅へエアコン工事へ伺いました。

今回は戸建ての一階部分に設置するとのことで室外機の置台にブロックを用意して現地へ・・・

「室外機はここへ」と案内されたところは
整地された室外機置場
なんときれいに整地されています。

設置するスペースが限られているため花壇になっているところにブロックを埋め込み周囲には石が敷かれています。

これはすごい。

ブロックで室外機の荷重による沈み込みを抑えています。間隔も室外機の足幅に合わせてあります。

周りに敷かれた石は見た目もよいですが、泥跳ねを防止でき水はけがよく本体の寿命を延ばすことにつながります。

役所などのエアコン工事では室外機の周りに石をまくことが普通に行われています。

室外機の設置準備が完了。
室外機設置準備完了。

配管がおわって室外機を設置します。

室外機設置完了。
プラベース(樹脂製の置台)を使用してそのまま設置できました。

作業性もよくすんなりと。安定性も問題ありません。good

試運転も正常で完了です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年5月27日 (日)

UR住宅でエアコン設置。

横浜市保土ヶ谷区のUR住宅でのエアコン工事です。

今回はいつも当店をご指名いただいておりますリピーター様のお宅です。いつもありがとうございます。

到着して設置場所を拝見したところ配管用のスリーブ(配管穴)が建物の柱部分にあって長さが60㎝位あります。

ドレンの勾配はキツイですがなんとかなりそうです。

そしてURというといつも気になるのが公団ボルト。
抜き取ったボルトナット
抜いてみるとやっぱりサイズが異なっていました。

ボルトが3/8インチでナットが10mm。グラグラでネジピッチもちがいます。

壁の中にあるインサート(ボルトの受け)を調べると10mmでした。ボルトだけが間違えて使われています。

付いていたボルトナットはステンレスですがインサートは鉄なのでボルトとナットをすべて鉄に統一して取り替えました。
ボルトを交換

鉄とステンレスは相性が悪いので出来るだけ混在させないようにします。

室内機設置完了。
室内機の設置状態
日立の白くまくんです。

さて今回、室外機は天吊り(公団吊り)です。

天吊り用のインサートを確認してみます。
室外機天吊り用(公団吊り用)インサート

またもや10mmの鉄インサートに3/8インチのステンレスボルトが付いています。

こちらも鉄製の10mm六角ボルトとナットに平ワッシャーとスプリングワッシャーに取り替えて固定しました。
天吊り金具固定
錆防止にシリコンコーキング塗布

室外機設置
室外機天吊り設置状態

お客さま立ち合いのもと冷房試運転でドレンテストをしようと室内機の前に立つと水滴が吹き出し口から飛んできます。

“おっといきなり不具合か?”と思い「水が飛んでますね。」というとお客さまは「このエアコンはそういう不具合があるんです。」とのこと。

ネット上で既知の問題として取り沙汰されているようですが不具合を承知でこのエアコンを選んだそうです。

目当ては室外機のコンプレッサーが現在では数少ないスクロール方式。振動や音が小さく滑らかな回転。うーむ、お目が高い。

水飛びは対策部品があると思うのでメーカー依頼ですぐに直るでしょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年5月23日 (水)

マルチエアコン設置(室外機)

ようやく室外機の設置作業です。

配管類は室外機を置く前にフレア加工し接続するだけの状態にしておきます。

台となるブロックを水平器を使用してレベル調整し室外機をセットします。
室外機をセットしたところ

室外機を台車で運ぼうとしていたところお客さまが手を貸してくださり難なく済みました。ありがとうございます。happy01

カバーを開けるとバルブ付近に補器類が露出して付いていますがおそらく室外機の中に収まらないのでしょう。
バルブ近辺の補器類

端子台のところ。
180522_30
電源(ねじ止め)と室内機接続が2系統あります。

パイプと室内機への連絡線を間違えると異常な動きをするので注意が必要。室内機を一台運転すると停止中の室内機へ冷媒が流れてしまい冷房だと氷が落ちてきたりします。

ただし昔とは異なりエラーなどで誤配線を知らせてくれるようですね。

冷媒管をつないで
冷媒管を接続したところ
上段がA室、下段がB室。

冷媒管も各室内機の細い管がA室なら太い管もA室の接続口につなぐ必要があり間違えないようにします。

マルチエアコンでは各室内機への冷媒管の長さ制限もあります。
この室外機の場合、2室合計最大50mまで、1室最大30mまで、1室最小3m以上となっていて合計30mを超えると冷媒の追加充填(補充)が必要になります。(補充は今回必要ありませんでした。)

そのほかにも室外機と室内機、室内機と室内機の許容高低差の制限もあります。

接続と真空引きが終わって運転できる状態になりました。

ここで忘れてならないのはアース工事。
アース工事
砂利をよけてシートをめくり穴を掘ってアース棒を埋めました。

今回使用したアース棒は長さ60㎝のものです。

接地抵抗は
接地抵抗の測定
30ΩでOK。(こちらのお宅では500Ω以下であれば大丈夫です)

アース線の先でリングを作って室外機のアース端子に接続。

絶縁抵抗測定も問題なし。

ブレーカーを入れて電圧チェック
電源電圧測定
約207Vで問題ありません。

ではこのエアコンに付いているチェック機能で誤配線がないか確認します。
誤配線チェック機能で確認中
配管が凍ってきました。懸命に調べているようです。

しばらくたって
ランプで誤配線がないか確認
ランプで正常を表しています。

ほんとはこのようなことをしなくても室内機を一台ずつ運転すればわかります。

また外気温が低いとチェック機能は動作不能で、そのときは目視で確認だそうです。(いきなりローテクcoldsweats01

その後は各所試運転確認して問題ありませんでした。

すべての作業が完了。
設置完了

これで安心して夏を迎えられますね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年5月17日 (木)

マルチエアコン設置(屋外配管)

前回に引き続きマルチエアコンの取り付けです。

古い配管化粧カバーを全部撤去しました。
撤去した古い配管化粧カバー

カバーは経年劣化でヨレヨレになっていたためすべて交換です。

取り外したところの壁は塗装がされていません。
配管化粧カバーの裏は塗装がされていない

元のサイディングの色が残っています。

同じルートで新しい化粧カバーを付けるので見えなくなるのでこれは問題ありません。

固定してあったネジの穴はすべてコーキングで埋めました。

室外機設置場所
室外機設置場所
エアコン用の電源もここにあります。

室内機2台分のパイプをこの室外機置場まで配管します。

新しい配管化粧カバーを取り付けて
新しい配管化粧カバーを取り付け

下がって曲がり部分
化粧カバーの曲がり部分

基礎の上まで下げたらパイプは横引きになります。

ドレンホースは水平に引くと詰まって水漏れする原因になるのでカバーに穴を開けて分離します。
ドレン用に穴を開けている
ホールソーで開けました。

室内機側とパイプ類を接続、テーピングしたら化粧カバーのフタをして外壁の配管完了。
外壁の配管完了

エアコンの電源線は電線管(PF管)のようなものに入っていますが実はこれドレンホースです。

ということはこの入線カバーの中で電線接続されていれば建物新築時のエアコン工事屋さんがおこなった可能性が非常に高くなります。

ムム、あやしい・・・

次回この電源を見ます。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

より以前の記事一覧