フォト
無料ブログはココログ

リンク

工具

2019年6月17日 (月)

テスター(回路計)を修理

エアコン点検や電気工事に使用しているテスター
アナログマルチメーター(回路計)
アナログマルチメーター

いまではデジタル全盛で使用する頻度も落ちましたが、たまに出番があるので持ち歩いていました。

でもこのテスター、抵抗レンジ(×1)が壊れています。

エアコンの点検作業で抵抗レンジで抵抗測定して、うっかりそのまま電圧を測定してしまいました。
テスターのあるある失敗ですね。

壊れたかな?と思いテストリードをショートさせるとなにもなかったように0Ωを指しています。
おお、セーフ?

そして後日、別の抵抗測定をすると何を測っても抵抗が低い。
やっぱりだめでした。

デジタルマルチメーターがあるので不便も特になく、そのまましばらく放置していたのですがもったいないので修理することにしました。

まずは中を開けて目視点検
19061205
×1レンジの抵抗があります。

親切に脇に×1と記載されています。

よく見ると
19061210
抵抗の表面が欠けてます。

これは金属皮膜抵抗という種類でカラーコード(橙、青、黒、金、茶)を調べると36Ω。

デジタルマルチメーターで抵抗を測ってみます。
異常な抵抗値
0.948kΩ(948Ω)・・・あれまぁ

これが壊れてます。

しかし抵抗だけ1本買うのに無駄足したくないので秋葉原のパーツ屋さんに電話で問い合わせ・・・「ありますよ」

時間を見つけて買ってきました。
数十円のものなので予備にもう一本。

ここ十数年の秋葉原はどうも苦手・・・ラジオセンターを一回りしてさっさと帰投。

買ってきた抵抗を測ると
19061225
もちろん36Ω。

壊れたテスターで同じ抵抗を測定すると
壊れたテスターで抵抗測定
やっぱり低い。

拡大
19061235
1~1.5Ω位。

基板を外して交換します。
テスターの基板を外して
裏表よく見て間違えないように半田を取り除きます。

交換後
19061245
どれかわかりませんね。

アップ
19061250
これです。

大きさから判断して1/2Wで買ってきました。

テスターを元通りに戻して予備で買ってきた同じ36Ωの抵抗を測定してみます。
修理後再び36Ωの抵抗を測定
今度は真ん中あたりに指針がきてます。

抵抗値は
19061260
約36ΩでOK。

よしこれで現場復帰できます。

でも抵抗測定ははっきり言ってデジタルマルチメーターのほうが断然便利で正確。
針の動きのほうが変化がつかみやすい・・・という意見もありますが、上のデジタルの画像にもありますが数値の下に針の動きを模したアナログバーグラフ表示(1秒に60回サンプリング)されるタイプを使っているのでレンジを固定していればこれで十分だったりします。

専門的なことを言えばアナログテスターは電圧レンジの内部抵抗が低いことを有効に利用できる場面では役に立ちます。(稀ですが)
でもなんか針の動きはぬくもりがあって落ち着くんですよね。
アナログといってもこのテスターはコンデンサの容量測定、トランジスタの直流電流増幅率も測定できます。
直流電圧の極性が逆だった場合でもテストリードを入れ替えることなくスイッチ一つで反転可能。
マルチメーターというだけありますね。

もしかするとこれでアナログ回路計は最後にするかもしれませんが。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年6月 7日 (金)

バッテリー式作業用LEDライト

作業で使う充電式のライトを探していました。

ホームセンターへ行くといろんなメーカーのものが売っていますね。
安いものは3千円程度で結構明るい。

以前にネット通販で安い充電式LED作業灯のようなものを購入したことがありますがバッテリーの処分に苦労しました。
中にリチウムイオン電池が内蔵されていて、それを捨てようとしたらどこへ行ってもリサイクルマークがないからと断られ、最後は清掃局へ連絡して持ち込んでお願いした経緯があります。

ホームセンターで販売している安いLEDライトの電池の処分について店員さんに聞いたところ・・・
「当店ではリサイクルマークがないのでできません」との回答。
「エッ、売りっぱなしですか?」とさらに聞くと
「そうなりますね。いまは皆さん安い製品を求めるので・・・」とのこと。

やっぱり無名のメーカーはやめてこちらを購入。
ボッシュのLEDライト
ボッシュのバッテリー式ライトです。

ネット通販で買いました。

なぜこれにしたかというと、持っているドリルドライバー、インパクトドライバー(インパクトは最近使わないです)などもボッシュで電池を共用できるため。

本体
バッテリー式LEDライト本体
手のひらサイズで携帯性がいいです。

本体とバッテリー
LEDライトとリチウムイオンバッテリー
使用する電池は10.8V

バッテリーは3個持っているので買っていません。

バッテリーを装着するとこんな感じ
ライトにバッテリーを装着
コンパクト。

点灯します。
バッテリー式LEDライトを点灯
明るい。

分電盤で電気を落としての作業や天井裏の配線作業で使ってみましたが明るさに問題なし。

本体背面は
バッテリーライトの背面
いろんな使用法ができるようになっています。

スタンドで
LEDライトをスタンドで
床や台に置いて使う場合、スタンドの角度を変えて照射したい方向に向けられます。

カナビラフック
LEDライトのカナビラフック
どこかに引っかけて使えますね。

そしてマグネット
LEDライトのマグネット
これが結構便利。

車にペタンとくっつけておけるので夜間の車内も明るくなります。
車いじりする人にもよさそうです。

先日金属分電盤で作業の際も手元を明るく、角度調節もできるので役に立ちました。

その他にカメラの三脚にも付けられるようにネジ穴があります。

明るさは330ルーメンで二段階に調節できます。

安いLEDライトは光が青っぽくてなんとなく暗く感じることがあるのでやっぱり有名なメーカーが無難ですね。
持っていた電動工具に合わせてこれを選んだだけなのでけっしてボッシュを推しているわけではありません。

バッテリー関連の工具はどうしても他のメーカーへの乗り換えが難しくなります。
一眼カメラのレンズみたいなもんですね。
はじめによく考えてメーカーと電圧を選ばないといけません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年6月 3日 (月)

ノギスを買い替え

ノギスというとなにか機械工作でもするようなイメージを持つかもしれませんが、エアコンや電気工事においても非常に役に立つ測定器具です。

といってもノギスを使用しているエアコン工事屋はほとんどいないかもしれません。

わたしはコンベックス(巻尺)と同じくらい、いやそれ以上に使用頻度が高いのでポケットノギスを腰袋に常時携行しています。

今回買い替えました。
新品のノギス
メーカーは以前にも使用していたことのあるシンワを探して購入。

ホームセンターに行くと自社ブランドのような安いものが沢山ありますがいまいち精度にバラツキがあります。いままで使っていたものはまさにそれ。一番よさそうなものを選んだのですがちょっとズレてました。
本体にメーカー名がないので直で輸入してそのまま売りさばいている感じです。
当時行った店にこれしか売ってなくて仕方なく買ったのを覚えています。

もちろん新しいものもホームセンターで買いました。シンワ製を置いてないところもあるんですよ。

新旧並べます。
ノギスを新旧並べたところ
まるで同じように見えますが・・・

なぜ買い替えたかというと深さを測定する部分
ノギスの深さ測定の部分
コンクリート面に落として変形してしまいました。

よく見ると
ノギスの傷ついた先端
へこんでます。

電線の皮むき寸法を出すのに多用するところが変形してしまいました。

精度も
ノギスのスケールが微妙にズレている
ゼロ点が微妙にマイナス側にズレてます。

これは買ったときからなので製品の精度の問題だと思います。そこまで高精度を求めていませんのでいいんですが何を測っても0.05mm位マイナスにズレるのでちょっと気持ち悪いんですよね。

下手に調整すると動きが鈍くなったりして余計に使い勝手が悪化するのでいじりません。

新品は
ノギスにメーカー名入り
きちんとメーカー名が入ってます。

スケールも
ノギスのスケールにズレがない
ゼロ点ぴったりズレがない。

本体をスライドさせても前のものよりスムーズで比較的やわらかいものでも潰すことなく測れます。

同じように見えてもメーカー不詳のものとは全然違います。

電線の皮むき寸法、電線の太さ、ネジの径、パイプの径、穴の径、穴の深さ・・・これほど多用できて便利な測定器具は手放せません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年5月 3日 (金)

直流安定化電源を組み立て

直流安定化電源って知ってますか?

家庭のコンセントに来ている100ボルトの交流を数ボルトから数十ボルトの直流に変換して使用するための電源器です。

エアコンの点検修理とかであると便利なもので、先日リモコンの受光部交換を行いましたが、こういった部品など電子部品の動作を調べるために電源がほしいと思い立ち導入することにしました。

できるだけ小さいものを探してみるとこれがありました。
サンハヤト製、実験用直流電源DK-911
サンハヤト製、実験用直流電源DK-911。組み立て品ではなくキット。

DK-910という組み立て済みのものもありましたが、どうせ買うならキットの方が楽しめるので。

これはドロッパ方式というものでいまはスイッチング方式のほうが全盛ですね。でもスイッチング電源はノイズまみれなので昔ながらのドロッパ方式を選びました。

電子工作なんて高校以来。どうなることやら。😅

箱を開けてみると
DK-911の箱を開けたところ
あれ、だいぶ形になっていてもしかして簡単組み立てみたいな感じ?

そんなわけありません。
中に入っている部品
きれいにまとまって入っていただけでほとんどバラバラです。

ではまずパーツチェックから
19050240
高校の授業で安定化電源を作ったときもこんなことしてたなあと思い出しましたよ。

でも部品の字が細かくて見えない・・・抵抗のカラーコードが・・・老眼じゃ、虫メガネ。

あれー、ねじが足らない。
パーツリストとねじの数が合わない
しかも何種類も・・・

別の袋を見てもねじはないし・・・。まさかの欠品?

そして本体をよくみるとトランスやら背板などねじで仮固定されているパーツが・・・おいおいこれか?結局全部ありました。( ´Д`)=3 フゥ

基板に部品を付けていきます。
基板に部品を取り付け
詳しい方はこれ見て「あの部分だな」と役割がおわかりのことでしょう。

もちろん半田付けです。
基板に半田付け
抵抗やらを基板にささるように足を曲げるのが面倒。

電圧調整用のロータリースイッチも付けます。
電圧調整用ロータリースイッチ半田付け
なんだかデコレーションケーキを彷彿させる・・・

ロータリースイッチは半田付けの数が多いので大変そうに見えますが実はこれが一番ラクでした。

各リード線を間違えないようにすべて半田でつないだら基板やトランスなどを定位置に固定します。
基板、トランスなどすべて固定
リード線も安全を考慮した位置で束ねます。

結束バンドが3本しかついておらず手持ちのバンドで要所要所固定しました。

熱の影響や線の損傷を考慮し固定
熱を発する部品から離したり、接触で線が損傷しないようにルートやバンドの位置を選んでとめます。

このあとケースをかぶせてねじを8本とめるのでその場所も避けて配線しました。

ケースを付けたらテスターで各種測定。
使用前にテスターで各種測定
漏電なし。トランスの一次側と二次側回路相互の絶縁OK。出力側の各抵抗値は規定値のほぼ中央。電源を入れて出力電圧もすべてOK。

とりあえず、ホッ

前面のパネル
DK-911、前面のパネル
シンプルでいいです。

安定化電源というと電圧計がついていてそれを見ながらボリュームを回して調整するものが多いのですが、これはセレクタダイヤルを回して出力電圧を選ぶようになっています。
多用する電圧設定になっているので便利ですよ。電圧計の針と"にらめっこ"する必要がありません。

背面は
DK-911、背面
放熱器と右下にヒューズ。

安全装置はこのヒューズと基板上にバリスタが付いています。

出力できる容量は小さいのですが小型軽量。
小型軽量の直流安定化電源
じゃまにならずいい感じ。😊

自分で組み立てると愛着が湧きますね。壊れても修理して使い続けると思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/