フォト
無料ブログはココログ

リンク

2019年2月20日 (水)

作業車 直ったかな?

以前にこちらで書いた作業車のクラッチの切れがわるくてギアが入らなくなった件のつづき。

クラッチハウジングとトランスミッション
車の下にあるクラッチハウジングとトランスミッション。

クラッチ本体とフライホイールはこのハウジングの中にあります。

結局症状が再発してディーラーさんで修理してもらうことになりました。

以前、走行約47000kmのときにはじめて症状が出た時はクラッチ、レリーズ関連とその後すぐ再発しフライホイールを交換。
(不具合原因は不明のまま)

そして今回症状が出始めたのは積算約75000km、前回交換から約28000km

いずれもはじめの診断は“クラッチの摩耗”といわれましたが、前回と同様今回もほとんど摩耗していなかったそうです。

摩耗により出やすい症状なので定番の答えとして言っているみたいです。
(どうして摩耗するとクラッチの切れが悪くなるのか理解できませんが。)

分解してもクラッチに異常はなしとのこと。

今回フライホイールまで交換したかは聞きませんでしたが、前回と異なるのはクラッチ一式に加えクラッチワイヤーも交換したところ。
このワイヤーはクラッチペダルを踏んだとき、その動作をクラッチに伝えるもの。

クラッチペダルとワイヤー
中身はワイヤーですがケーブルですね。

普通車だとワイヤーではなく油圧になっているものが多いのではないでしょうか。

どうやらこのワイヤーの品番が以前と変わっているらしく、仕様変更になったようです。

担当の整備士さん曰く、いままで付いていたワイヤーはゴム部品の劣化もあってペダルを踏んだときに直接その動作を伝えられず、横方向に逃げてしまう動きになっていたそうです。

ギアの入りが悪くなった時にクラッチを何度もスコスコと踏んだらなんとなくクラッチのつながり位置が変わったことがあったのですが、それもこのワイヤーによるものと考えられるそうです。

前回約47000kmで今回それから28000kmで再発となり、距離が短くなったのもワイヤーが原因の可能性があると仰っていました。

微妙なもんですねぇ。
症状が出たり出なかったりしたのもなるほどそういうことなら頷けます。

いまはオートマチック車が大半を占める時代なので、少数のマニュアル車をしっかり作るのはコストもかけたくないし難しいのかもしれません。

今回の修理で直ってくれることを祈ります。

エンジンオイルの交換時期が近づいていたので一緒にお願いしました。
仕事で使って高回転を多用するシビアコンディションなので3000km毎にオイル交換、6000km毎にエレメント交換をいつもディーラーさんにお願いしてます。

修理中の代車がスペーシアでしたが軽自動車の進化もすごいものがありますね。
運転席に座って軽とは思えない広さ。
減速時に充電するのでマニュアル車のエンジンブレーキみたい。

わけのわからないスイッチがいっぱい付いていて・・・でもこわくてさわれません。bomb
オートスライドドア、作業車にもほしーい。

この車お高いんでしょうね。

でもやっぱりオートマ車は動きが直感的ではないので違和感があります。
なんか機械に操られている感じがね・・・なじめません。(〽古い奴だと・・・)

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年2月18日 (月)

確定申告の時期になりました。

確定申告

毎年恒例、この季節がやってきました。

もちろん当方もやらなければならないのですが税金に関しては素人なので税理士さんにお願いしています。

書類を一式用意して当店開業当初よりお願いしている税理士さんに電話・・・

電話の自動音声「ただいま留守にしております・・・」

やっぱり申告の季節になるとお忙しんですね。

それでは携帯電話へ「電源が入っていないか・・・」

おっとこちらもつながらない。

その後何度電話しても一向につながりません。

折を見ては電話して・・・やっぱりだめ。

ちょっとこちらも焦ってきました。いまから別の税理士を探すのも時間がなくていいところは見つけられそうもありません。

なんたって20年近くお世話になってますので。

電話を入れ始めてから十日ほどたったころ税理士さんからハガキが来ました。
さっそく書かれていた提携の会社へ連絡。

しばらくして公衆電話から入電。なんと入院されているとのこと。

でも申告には間に合うように退院されるそうです。
お大事になされてください。

一時はどうなることかと思いましたが一安心。

自身で申告する知識豊富な方も多いでしょうが、私はド素人なのでヘタに手出しすると返って面倒なことになるといけません。

税制も知らないうちに変化しますし(知らないのはウチだけ?coldsweats01)“餅は餅屋”でその道のプロにお任せするのが一番と思っています。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年2月15日 (金)

エアコンの下に家電製品はNG

エアコンの室内機下に家電製品を置いているお宅をよく見かけます。

でも本当はいけないことって知ってましたか?

訪問して一番よくあるのがテレビですね。

「だってそういうふうに部屋がなってるから・・・」という声が聞こえてきそうです。

そうなんです。
エアコンのコンセントや穴とテレビ用のコンセントやアンテナ差込口がそもそもそのように設計されているところが多いんです。

そこまで考えて住宅設計されているところは少ないですね。

ではなぜいけないことなのか・・・

この時期では「温風があたるから」などの意見もあるでしょう。
たしかに温風が直接機器にあたればそれなりの影響があります。

でももっと注意しなければならないのは水の滴下sweat02です。

エアコンを冷房や除湿で運転すると条件によって吹き出し口などに水滴がついて落ちることがあります。

これが下にある機器の隙間などに入って壊したり発煙したりと悪さをします。

怖いのは排水管が詰まって大量に水が降り注いだ場合です。rain

家電製品に限らず濡れて困るものは下付近に置いてはいけません。

これらのことは取扱説明書に注意書きされています。

とはいえ住宅事情からすれば間取り的にも難しいのかもしれません。
エアコンメーカーの指示通りにしたら取り付けられるお宅が半分くらいになってしまうでしょう。

そして説明書に注意書きされているということは、その責任の所在をユーザー側にするということだと思います。

思いもよらぬ事故などに遭遇しないように注意して使用しましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

«新築でエアコンを仮設置?