フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月12日 (火)

室外機の移設をしました

川崎市内にて室外機移動の依頼をいただきました。
ありがとうございます。

まずは状況や工事方法打ち合わせのため下見に伺います。

移動する室外機がこちら
移動する予定の室外機
結構大きいタイプで重さも45kg位あります。

室外機の台がふつうのプラベースが使用され沈み始めてます。
地面に置く場合はブロックなどの接地面積が大きいものを使用したほうが無難です。

パイプは
パイプは配管化粧カバーで施工されていた
配管化粧カバーで施工されています。

室内機側も確認してどのように施工するのが良いか検討、提案し見積もりを出しました。

正式に依頼をいただき後日工事に伺いました。

ではさっそく室外機の取り外しから
室外機の取り外しを開始
左の壁の裏側へ移動、設置します。

使用中のパイプを延長して移動することにしました。

取り外す前にはエアコンに異常がないか簡単にチェックしてます。

ポンプダウン(冷媒ガスを室外機に回収)が終わって銅管を室外機から外すと・・・
フレアナットを締めすぎてフレアが薄くなっている
フレアナットを締めすぎてフレア部分が薄くなっていますよ。

調整のズレたトルクレンチを使用したのか、それとも経験の浅い人が手締めしたのかわかりませんが、これではそのうち切れて銅管がすっぽ抜けて一気にガス放出なんてことになりかねません。

知らずに室外機をちょっと動かしたりしたら抜けてしまうことも十分あり得ます。

設置工事には年配の方と若者と二人組で来たとのことですが、どちらとは言えませんが未熟だったのでしょう。

そしてその銅管がつながっていた室外機側は
フレアナットを締めすぎてバルブ側も凹みが大きい
凹んでいます。

それだけ締め付けが強かったということです。

室外機を外し終わって今度は室内機と室外機を結ぶ連絡電線を交換します。

電線を接続延長することも可能ですが接続用にボックスを設ける必要があるので今回は電線を丸ごと入れ替えることにしました。

エアコン工事業者の多くは電気を知らず、平気で配管化粧カバーやテープの中で接続してしまうんですよ。
これで事故が発生しています。

電線を入れ替えるには室内機からつなぎ直します。
エアコン室内機
でも簡単ではありません。

外側の穴から電線を挿入するのですがそのまますんなりとはいかないんですよ。

室内機の外板を外して
室内機の外板を外して電線を挿入
電線を入れました。

この機種はばらすのにけっこう手間がかかりますが下見の時に一度していたので迷わず開けることができました。

電線接続
室内機へ電線接続
問題なく接続完了。

でも他の工事人が取り付けたエアコンをこのように扱うとき一番怖いのは室内機が落下するおそれがあること。
けっこういい加減な取り付けが多いので落ちたら最悪です。

何事もなくてヨカッタ。

室内機の外板を元通りにしたら今度は屋外側の施工です。

案の定、壁の穴には養生管が入っていないので
電線保護のため塩ビ管を入れた
通した電線には塩ビ管(VE管)を入れました。

こちらのお宅のように外壁がモルタルの場合、ラス網(モルタルを支えるための金属の網)が入っているので電線は養生する必要があります。

養生管を入れないのは一戸建ての住宅で一番多い定番手抜き工事ですね。

次にパイプの施工をしていきます。
屋外側配管施工前
配管化粧カバー取り付け準備。

画像ではよく見えませんが化粧カバーを取り付けるためにチョークライン(チョークの墨つぼ)を打ってあります。
直線を出すにはこれが一番。

化粧カバーを取り付けて
化粧カバーを取り付けて配管
パイプを通します。

カバーの高さはあとで構造物を設置するらしいのでお客さんと打ち合わせて決めています。

銅管は2mほど足りないので接続延長します。

まずはこの工具
スウェージングツール
何をする工具かわかります?

銅管を差し込めるように広げるためのツールです。

ルームエアコンのように細い銅管ではこのツールを使用するのが一番かと思います。

こんなふうにして
スウェージングツールで拡管中
使います。

冷凍機油などを付けて使用しないとヘタすると抜けなくなったりするので注意。

はい広がりました。
拡管完了
これで延長する銅管が差し込めます。

ここで残念なお知らせ。
ここから溶接作業に入りますが写真を全部取り忘れて作業に没頭しておりました。
まあいつものことです😅

流れ的には窒素ガスでブローして管内の煤防止をしながらプロパン+酸素ガスでガス溶接しました。
以前の記事で同じような作業が出てます。

溶接が終わって今度はパイプベンダー
銅管用パイプベンダー
これを使って角部分の曲げをしました。

これもまた作業中の画像がありませんでした。(残念)

断熱し終わって
エアコン銅管ベンダー曲げ部分
このように直角に近い形で曲げられます。

手曲げではここまでやると折れます。

そのかわりベンダーを使うともう真っ直ぐに戻すことはできません。
曲げ位置を間違えないように一発勝負。

パイプを通していきます。
壁と雨どいの間にエアコンパイプを通して
この雨どいがあったためベンダー曲げをしました。

そして室外機設置
室外機設置
置台はブロックに交換して安定性向上。

反対側から
設置後の室外機

試運転は問題なし。

パイプ全体は
屋外側パイプ
このようになりました。

下に出ているドレン管は後に設置される構造物で隠れる予定です。

室外機移設(移動)と言っても理由はさまざま。
今回のようになにか設置するにあたり邪魔になるとか、お隣の迷惑になる(音や風の問題)とかありますね。

エアコンを設置する際にはよーく考えて場所を決めましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年11月 9日 (土)

ゲージマニホールド更新・・・

エアコンの工具で代表的なものにゲージマニホールドがあります。

皆さんもどこかでこんなの見たことありません?
ゲージマニホールド
これはエアコンの調子を見たり、真空引きをしたり、ガスチャージのときなどに使用する道具です。

エアコン工事屋とか修理屋が作業車にぶら下げて後ろの窓から見えてたりしますね。

わたしはこういう工具はコンテナボックスに収納してます。
マニホールドぶら下げていかにもエアコン屋ってのが好きじゃないんですよ。

長年エアコン工事をしていてもこのマニホールドの操作がわからなかったり、ゲージの見方をしらない人も結構います。

ゲージは圧力を見るわけですが、そこにはもう一つ温度の表示があります。
専門的な話になるので省略しますがこの温度というのも大切な意味があります。

このマニホールドはまだ使える状態ですが数年使用してそろそろくたびれてきたので故障する前に買い替えることにしました。

どこで買おうか迷いましたがアマゾンでポチッ。
やっぱり便利ですね。

届きました。
箱に入った新しいゲージマニホールド
タスコ(TASCO)製です。

昔はエアコン工具と言えばタスコ製品が多く使われてましたが、現在わたしはマニホールドのみで他は別のメーカーを使っています。

ではさっそく開けてみましょうか。

しっかり保護されています。
梱包材で保護されたゲージマニホールド
衝撃に弱いところがあるのでこの上にもスポンジが被せてありました。

いままで使ったものと並べてみましょう。
マニホールドの新品と使用品を並べた
同じものです。😅

このマニホールド小さくてボールバルブなので操作性がよく気に入ってます。
また余計なポート(接続口)がないところもいいです。

サイトグラス(ガスの流れが見える部分)がありませんが、そんなの必要ありません。ガス漏れのもとになるので。

本当は買い替えずに消耗部品の交換をしようと思っていたのですが部品の金額を聞いてびっくり。
新品の価格とあまり差がありませんでした。
なら買い替えでしょう。

ほとんど同じですが多少ボディとかパーツが変わっています。

数年使用品
数年使用したマニホールドのボディ
こんな感じ。

新品
新品マニホールドのボディ
角の部分や文字の感じが若干ちがいますね。

使用していた方のポートの穴は
ポートの穴の中にはねじが切られている
中にねじが切られています。

これはチェックバルブ(逆止弁)になるバルブコアを付けるためのねじです。
通常ここにバルブコアは付けません。

新しいほうは
新しいマニホールドのポート穴
中にねじがありません。

”ふーん、こんなもんか・・・”

とここで ”あれ? ちょっと穴がズレてない?”
低圧側ポートの穴が芯からズレている
なんだこの加工。

低圧側のポートだけズレてます。

どこかのエアコン屋じゃあるまいし穴の位置まちがえちゃったのかな~

これじゃホースと芯が合わないので偏流して音が出たり、渦巻いて流量が落ちたりするかもしれません。

しかたない、返品交換します。

なんだかなぁ・・・ほんと近頃の製品は精度というよりレベルが低い。

次は良品が届くことを願ってます。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2019年11月 6日 (水)

工事の質はパテにでる。

パイプの穴を埋めたパテ
パイプの穴を埋めたエアコン用パテ
過去に当店で施工したものです。

昔からエアコン工事の質はパテにでるということが言われています。
(パテとはエアコンの場合、壁などにあるパイプを通す穴を埋める粘土のようなものです)

どういうことかというと、パテの仕上がりをみればその工事をした人の技術や心意気までもがわかるというものです。

パテ埋めはエアコン工事の最後の方で行うので精神状態などが特に出やすいのかもしれませんね。

あるエアコン取り外し工事でのこと・・・

取り外すエアコン
取り外す他店取り付けのエアコン
これは他店施工です。

ミミズが這ったような字、ではなく配管😅
新品で買ってこの付け方ですか・・・

なんだこれ・・・
雑なパテ埋め
こりゃひどい。

これまたいろいろ出てきそうな予感。

パテをめくると
パテをめくったところ
穴のツバが見えました。

この場合壁紙がパテと共にはがれないように要注意です。

ゴムパッキンもめんどくさがって付けたまま。

パテをはがしてパイプのテープも取ると
パイプのテープを取るとドレンに断熱がない
ドレンホース(排水用)に断熱材が巻かれていません。

このホースに流れる水は室内機で除湿した冷たい水。
室温の方が高いので周囲が結露でびっしょりになります。

もちろん穴の中も断熱材が必要ですよ。

さらにテープを取ると
冷媒管の断熱材がつぶれている
冷媒管の断熱材がビニルテープできつく締められてペッタンコ。

エアコンに使用される断熱材は気泡断熱でスポンジみたいなものなのでテープをきつく巻くとつぶれてしまいます。

そうなると断熱効果が薄れてこれまた結露します。

長期間このような状態だったのでビニルテープをはがしてもまったく元には戻りませんでした。

取り付けの際には断熱補強の必要があります。
(後日取り付け工事で補強しました)

冷媒管(冷暖房のためのフロン類が流れる管)を外し接続面を切り取ってみました。
切り取ったフレア
この部分はフレアと言います。

エアコンを付けるたびに成形し直すので切り取っても問題ありません。

アップにすると
フレア面のアップ
この部分がシール(ガス漏れ防止)になります。

キズやカエリが多いですね。
あまりまともな加工ではありません。

このような傷はスローリーク(ガスがゆっくり漏れる)につながるので漏れていてもなかなか気づかず厄介なんです。

次に室内機から連絡線(室内機と室外機を結び電源供給、信号のやりとりする線)を取り外すため端子台カバーを開けると
端子台差し込み確認窓に電線が見えない
端子台にある差し込み確認窓に電線が見えていません。

この確認窓にしっかり電線(銅線)が見えて差し込み完了となるのですが・・・

もうなにも考えてないとしか・・・

端子台の差込口
端子台差込口に銅線が露出している
銅線が露出してます。

最後まで押し込まず途中でやめたみたいですね。

たしかにこの機種は電線の差し込みがしにくいのですが、だからといってこれでいいわけありません。

電気の怖さを知らないんでしょう。

室内機の据付板は壁に5本のボードアンカーでとまっていました。
エアコンは5本のボードアンカーでとまっていた
主に荷重のかかる上部左右の部分は1本ずつで強度は弱め。

もしどちらか1本が抜けると連鎖し中央も抜けて室内機が落ちる可能性があります。

ボードアンカーのねじの締め付けがかなりきつかったので覗くと
完全に開き切ったボードアンカー
内部で広がる傘が完全に開き切ってつぶれています。

こりゃボードの裏側は破壊されて崩れてますね。
落ちる前に取り外しになってよかったと思います。

加減が必要だということをご存じないようで・・・

屋外側もいろいろありましたがきりがないので省略します。

穴のツバにこびりついたパテをはがして
スクレーパーでこびりついたパテをはがして
スクレーパーなどを使用します。

ゴムパッキンを
配管用穴のゴムパッキンを戻して
はめ込みます。

フタの取り付け
配管用穴のフタを取り付け
フタなどはお客さんで保管していたものです。

エアコン設置の際、これらの部材はなくならないように保管しておきましょう。

外側も
外側の穴フタ固定ねじが1本無い
と思ったらねじが1本ありません。

このねじは米粒のような大きさ(ちょっと大袈裟かな)なのでエアコン設置でフタを外した際失くしてしまったのでしょう。

そんなときはこれ
小ねじ
当店で用意している小ねじ

このようなことがしょっちゅうなので準備してあります。

ぴったり
フタを用意してあったねじで固定
この手のフタのねじはほぼ共通なので。

取り外し工事は無事(?)おわりました。

一部(パテ)をみれば全部がわかるという典型例でしたね。

工事をした人の心が形に表れているようです。
”めんどくさいから早く終わらせてとっとと帰ろー”とか”材料もったいないからこれぐらいなくてもいいべ” なんてね

いくら販売店がいい工事を謳ってみても下請け業者をないがしろにして安く請負わすような行為をしていればこうなるのは至極当然。
下請けという時点でまともな工事を期待するのが無理ってものです。

ヘタすりゃ”孫請け”でピンはねされてありえない金額なんてことも。
こうなりゃ数をこなして稼ぎます。

現代の経済、社会構造がエアコンに限らず末端の業者の気力を削ぎ、手抜き、安物部材の使用、技術力低下を招きますます拡大しています。

こんな家庭用エアコン工事業界・・・これからどうなっていくんでしょうかねぇ
結局その負担はお客さんが被るわけですが・・・

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2019年10月 | トップページ