フォト
無料ブログはココログ

リンク

« エアコン無線LAN機器とそのリスク | トップページ | 配管化粧カバー・・・4つの段差 »

2019年6月23日 (日)

取り外し工事で・・・

エアコンの移設の依頼を受けて2台の取り外しに行ったのですが・・・

いつものように
19062200
ででーん。(端子台カバーを開けたところ)

あいかわらずザツな工事が多いです。

アース線と室外機への電源線が重なってカバーで押さえられてました。
19062205
施工不良で漏電になる一歩手前。

でもこれ、線を並べればいいということではありません。

角度を変えてみると
19062210
奥にケーブルの外装シースが見えますね。

本来は電線の端子台そばまでシースが被っているべきで、そこをカバーで押さえるのですがめんどくさがって長めにむいているのです。

取り外しに行って9割方こうなっています。ほんの数秒でも時間を惜しんで仕事しているのがうかがえますねぇ。
時は金なりなんていいますがそういう意味なんでしょうか?

室内機を外して据付板を取り外したところ
室内機の据付板を外したところ
でたよー

ねじ込み式ボードアンカー!
19062220
施工が速くて楽なアンカー。

でも室内機の落下が多くて有名。今では(ちなみにこのエアコンが設置された時も)各メーカーの据付説明書にこのアンカーは使用が禁止されています。

楽してちゃんとした工事なんてできません。

一台目は終わってこんどは二台目。

同じ人が取り付け工事しています。施工を見ればわかります。

ポンプダウンが終わって室外機の取り外し。
室外機の端子台
ムム。

心線が長過ぎない?
19062230
端子台の下に銅線が出てます。

このメーカーの端子台は心線の長さ15mmです。

抜きました。
19062235
温泉マークを連想してしまった。

頭の中に"♪ババンババンバンバン・・・" 気が散る~

しかしこれ心線の長さが25mm以上ある感じ。
このようなクイックの端子台は曲がった電線をそのまま差し込むと接触不良で過熱の元なので要注意です。

そしてこちらの室内機の端子台も
19062240
同じ人が施工しただけあって一台目とまったく同じ。

据付板は
19062245
使われているねじからして、こんどは壁の裏に補強板があるようです。

でもかなり強く締めてますね。ボードに食い込んでます。
インパクトドライバーで締めたのでしょう。あれはやりすぎるのでわたしは使いません。

じつはエアコン本体のあちこちのねじ穴がダメになっていましたが、おそらくインパクトドライバーで一気に締めているのだと思います。

ネジを抜くと
19062250
凹んでます。

もちろん壁も
19062255
凹んでます。

いろいろありましたが取り外しは終わりました。

取り外し工事はよい見本、わるい見本が見られる機会でもあります。
他の多くの工事人がどのようなレベルでそして何を考えながら施工したのかがよくわかります。
気持ちが形となってこれらのように残ります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« エアコン無線LAN機器とそのリスク | トップページ | 配管化粧カバー・・・4つの段差 »

その他エアコン関連」カテゴリの記事