フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 今年も出ました室内機落下! | トップページ | エアコン無線LAN機器とそのリスク »

2019年6月17日 (月)

テスター(回路計)を修理

エアコン点検や電気工事に使用しているテスター
アナログマルチメーター(回路計)
アナログマルチメーター

いまではデジタル全盛で使用する頻度も落ちましたが、たまに出番があるので持ち歩いていました。

でもこのテスター、抵抗レンジ(×1)が壊れています。

エアコンの点検作業で抵抗レンジで抵抗測定して、うっかりそのまま電圧を測定してしまいました。
テスターのあるある失敗ですね。

壊れたかな?と思いテストリードをショートさせるとなにもなかったように0Ωを指しています。
おお、セーフ?

そして後日、別の抵抗測定をすると何を測っても抵抗が低い。
やっぱりだめでした。

デジタルマルチメーターがあるので不便も特になく、そのまましばらく放置していたのですがもったいないので修理することにしました。

まずは中を開けて目視点検
19061205
×1レンジの抵抗があります。

親切に脇に×1と記載されています。

よく見ると
19061210
抵抗の表面が欠けてます。

これは金属皮膜抵抗という種類でカラーコード(橙、青、黒、金、茶)を調べると36Ω。

デジタルマルチメーターで抵抗を測ってみます。
異常な抵抗値
0.948kΩ(948Ω)・・・あれまぁ

これが壊れてます。

しかし抵抗だけ1本買うのに無駄足したくないので秋葉原のパーツ屋さんに電話で問い合わせ・・・「ありますよ」

時間を見つけて買ってきました。
数十円のものなので予備にもう一本。

ここ十数年の秋葉原はどうも苦手・・・ラジオセンターを一回りしてさっさと帰投。

買ってきた抵抗を測ると
19061225
もちろん36Ω。

壊れたテスターで同じ抵抗を測定すると
壊れたテスターで抵抗測定
やっぱり低い。

拡大
19061235
1~1.5Ω位。

基板を外して交換します。
テスターの基板を外して
裏表よく見て間違えないように半田を取り除きます。

交換後
19061245
どれかわかりませんね。

アップ
19061250
これです。

大きさから判断して1/2Wで買ってきました。

テスターを元通りに戻して予備で買ってきた同じ36Ωの抵抗を測定してみます。
修理後再び36Ωの抵抗を測定
今度は真ん中あたりに指針がきてます。

抵抗値は
19061260
約36ΩでOK。

よしこれで現場復帰できます。

でも抵抗測定ははっきり言ってデジタルマルチメーターのほうが断然便利で正確。
針の動きのほうが変化がつかみやすい・・・という意見もありますが、上のデジタルの画像にもありますが数値の下に針の動きを模したアナログバーグラフ表示(1秒に60回サンプリング)されるタイプを使っているのでレンジを固定していればこれで十分だったりします。

専門的なことを言えばアナログテスターは電圧レンジの内部抵抗が低いことを有効に利用できる場面では役に立ちます。(稀ですが)
でもなんか針の動きはぬくもりがあって落ち着くんですよね。
アナログといってもこのテスターはコンデンサの容量測定、トランジスタの直流電流増幅率も測定できます。
直流電圧の極性が逆だった場合でもテストリードを入れ替えることなくスイッチ一つで反転可能。
マルチメーターというだけありますね。

もしかするとこれでアナログ回路計は最後にするかもしれませんが。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 今年も出ました室内機落下! | トップページ | エアコン無線LAN機器とそのリスク »

工具」カテゴリの記事