フォト
無料ブログはココログ

リンク

« またか・・・作業車のクラッチ | トップページ | 特殊な壁構造 »

2019年1月11日 (金)

11年前の自動掃除機能付きエアコン撤去

横浜市で11年前に当店で取り付けたエアコンの入れ替え工事に伺いました。

入れ替えの理由はエアコンが点滅して暖房が効かないとのことです。

撤去するのはこちら
撤去する壊れたエアコン
自動フィルター掃除機能付きです。

設置後10年を超えていることもあり、寿命と判断し修理するよりも買い替えを選択されたとのこと。

室内機を取り外して外へ運びだし見てみると
撤去後の室内機
フィルターが曲がってます。

右側の一枚が変形
フィルターが一枚変形
ずれています。

角度を変えて
フィルター変形で掃除ノズルが引っ掛かっている
フィルター掃除用のノズルが引っ掛かっています。

ランプが点滅していたのはこれが原因だったかもしれません。

自動掃除機能付きエアコン“あるある”ですね。

構造が複雑なためフィルターが変形して引っ掛かったり絡まったり。長持ちはしません。

エアコンの効きが弱くなったのもフィルターがホコリで詰まってしまったから。

機械任せで手間をかけずにフィルターをきれいにするのはやはり無理なんですよ。

背面は
室内機背面のホコリ
ホコリが詰まっています。

フィルターが目詰まりすると室内機のあらゆる隙間部分から吸気するようになってしまうため裏側までホコリが詰まってます。

ちなみにこのエアコンはホコリを自動で外へ排出する(それってどうなの?)タイプで、排出ホースの中は
ホコリ排出ホースの中
詰まりかかってます。

このまま使い続けるとホースの中が完全に詰まって、次に排出用のファン、掃除用ノズルまで全部塞がってしまい最後は高額修理が待っています。

私は各メーカーいまだに自動フィルター掃除機能を売りにしていることがどうも解せません。

ユーザーはフィルターが詰まっていることに気付かず使用していたり、エアコンの寿命を縮める原因にもなっています。

新しく取り付けたエアコンはフィルター自動掃除機能がなく、省エネ性能の高いものを選定され設置工事も無事完了しました。

シンプルで省エネなエアコンが一番いいと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« またか・・・作業車のクラッチ | トップページ | 特殊な壁構造 »

エアコン工事作業」カテゴリの記事