フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 室外機応答せず、基板交換 | トップページ | エアコンが冷えなくなってきた。 »

2018年8月 7日 (火)

室内機水飛びでメーカー保証。

室内機の吹き出し口が水でびっしょりになり水滴が飛んでくるとの点検依頼をいただきました。

今回のエアコンは2年程前に新品を当店で取り付けたものです。

その室内機はこちら
水が飛んでくる室内機

しばらく冷房運転すると水が吹き出し口に付いています。
吹き出し口に水が付いている。
吹き出す風にのって水しぶきが飛んできます。

たまに水が飛んでくるのは異常ではありませんが、これは吹き出し口がびっしょり水滴だらけになるほどであきらかに異常です。

ガス漏れでも時としてこのような症状が出る場合もあります。

点検を開始しガスの圧力や温度関係もすべて正常範囲。

ガス漏れを起こすような施工はしてないのですが念のため接続部をリークディテクタ(ガス漏れ検知器)で検査します。

漏れはありません。

本体も調べましたが漏れはなし。

ドレン排水は
正常に出ているドレン排水
問題ありません。

メーカーの技術へ電話を入れてこの機種に同じような案件が出ていないか確認することにしました。

お昼前に電話を入れて・・・「混んでいるので2~3時間後に折り返すようになります。」とのこと。

いずれにしても施工には問題ないのでメーカー保証を受けられる可能性が高いと判断しお客さんからメーカーへ修理依頼をしていただきました。

他にも調べましたがこれで点検は終了。


― その後 ―

一日の仕事を終えてのんびりしていると・・・夜の9時半頃電話が入り「○○(メーカー名と部署)ですが遅くなってたいへん申し訳ありません。」 なんとメーカー技術から電話が入りました。

こちらもすっかり忘れていました。しかもこんな時間まで・・・かなりお疲れのようで気の毒です。今年の夏の暑さはホントに異常なのでメーカーさんへも電話が殺到しているのでしょう。

そして同じ機種でこれと同じ案件が多発しているという情報はないとのこと。

こちらで点検した項目や結果を伝えると、「そこまで調べて頂いているならあとはこちらで見させてください。」と返答をいただきました。

数日後、お客さんより修理内容の報告をいただきました。

室内熱交換器の交換
室内熱交換器
フィルターを外すと見える銀色のフィンの部分をそっくり交換。

室内機を降ろして全部分解しないと交換できません。

自費で直すと高額ですが冷凍サイクル部品なので5年のメーカー保証があります。

おそらくメーカーの判断は「熱交換器の親水性がなんらかの原因で低下し本来ドレンパンまで水が伝っていくものが途中ではじかれて滴下してしまい、それがファンにあたって飛んでくる現象」だと思います。

熱交換器の一部に断熱テープを貼って修理(対策)完了にしているメーカーさんも多い中、しっかりやってもらえました。

保証期間内なので無償だったそうです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 室外機応答せず、基板交換 | トップページ | エアコンが冷えなくなってきた。 »

エアコン点検」カテゴリの記事