フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月30日 (木)

パイプカッター新調。

冷媒管(銅管)を切るために使用しているパイプカッターがそろそろくたびれてきたので新しく購入。

まだ切断面は問題なく使用できるのですが、10年以上使ってガタが大きくなってきました。

使い慣れているので同じものにしました。が・・・
使い込んだものと新品のパイプカッター

新品をさっそくテストしてみたところどうもおかしい。

パイプの周囲を回転させて切断するのですが、グッと重くなる(刃が管に強く食い込む)ことが周期的におこります。

切断したところをフレア加工(パイプを接続できるように開く加工)すると強く食い込んだ部分に“返り”(段差)ができます。

これは全周に返りができている参考画像です。
フレアの返り

ここまで酷くありませんが慎重に切っても一部に返りが必ずできてしまう状態。

はじめは自分の手首の動きに硬さがあるのかと思いましたがそうでもない。

刃を交換したりいろいろ試しても結果は同じ。

どうもローラーが芯ずれしているようです。
パイプカッターのローラー芯ずれ?
パイプカッターを動かさず銅管を回転させると刃が強く当たったり離れたりしています。

ローラーの径に近い3分管(φ9.52mm)は特に同じところで刃が食い込むので切断面が歪になります。

また、離れた時に刃の送りが多くなり、次に食い込むということを繰り返すので切断所要時間がへんに短くなります。

メーカーさんにみてもらって良品と交換してもらえることになりましたがあきらめて、日本メーカー製を使用することにしました。

ということでこちら
スーパーツールのパイプカッター
スーパーツールのパイプカッター。

このメーカー30年近く前に会社員時代の一時期使った記憶があります。他の者が使っていたのかもしれません。

なぜこのメーカーにしたかというとサイトを閲覧し国内に工場があり、海外の営業所や工場はなくおそらく日本製ではないかと思ったから。

銅管に適した青いマークを選定
青色マークのパイプカッター
調べると赤色はステンレス用途でした。

気になる切断面は
切断面がきれい
思いのほかきれいに切断できています。

カッターを回転させても滑らかで荷重の変化もありません。

これはいけるかも・・・

バリ取りをしてフレアを開くと
返りのないきれいなフレア
OK!問題なし。

やっぱり安定の日本メーカー製。

おまけのような使えない邪魔なリーマー(バリ取り)が付いていないところも気に入りました。
付属のリーマーは作業に邪魔でいつも取り外して捨ててましたので。

回転グリップの仕上げが丁度いい滑りで、刃の送り加減を程よく微調整できます。(これ非常に大切なこと)
滑らないグリップは送りが早く管を変形させます。

ものを設計し造る人はこういうことがわかってないといけませんね。

しかし替刃が付属していないのですぐに発注。

これから主力カッターとして使用します。

古いほうは捨てずに荒切り用に使います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月29日 (水)

えっ!あの大手メーカーがこれ?

あるメーカーのエアコンなのですが・・・

室内機の端子台
エアコン室内機の端子台部分
黄色の丸部分は電線を押さえるためのバンドが取り付けられるところです。

拡大すると
電線押さえの部分を拡大
なにやら丸い線が2本通る形状になっています。

日本のルームエアコンの室内機と室外機を結ぶ電線はVVFケーブルと決まっています。
VVFケーブル
このように心線が横並びで平形になっています。

しかし本体側の形状があっていません。

海外で設計されたエアコンでそちらの規格電線を通すようになっているのだと思います。

どこかの使いまわし・・・

このメーカーは昔からエアコンを製造していますが、いままでこのようなものは見たことがありません。

据付説明書を見てもVVFケーブルを使用してケーブルの外装部分(灰色の部分)で押さえるように指示されていました。

指示通りに付属のバンドで固定します。
電線をバンドで固定
白い線はアースです。

でも本体側の形状が異なるためかなり電線に食い込む感じでムリがあります。

ほかにやりようも無く説明書通りなのでこれでよしとしました。

またこのバンドのデザイン、どこかのメーカーに似てます。
他の部分もどこか似ているところが・・・

外国企業の子会社になったメーカーなので仕方ないのかもしれません。

近年は家電メーカーの衰退が顕著です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月26日 (日)

2台とも室内機(熱交)ガス漏れ。

エアコンが冷えないと2台の点検依頼をいただきました。

― 1台目 ―

1台目はまったく冷えず、去年メーカーさんでガスを入れてもらったそうです。(また漏れるので無駄になりますけど・・・)

冷房運転で室外機のバルブを見ると
凍っている室外機のバルブ
凍っています。

これはガス不足か膨張弁関連の不良が疑われます。

停止時の圧力は
停止時圧力1.6MPa
1.6MPaです。

気温に対して低いのでガス漏れです。

低圧圧力は
低圧圧力0.3MPa
0.3MPaしかありません。

ガスはほとんどカラに違い状態です。

漏れる場所で一番疑わしい室内機をリークディテクタ(ガス漏れ検知器)で調べると、
室内機熱交換器よりガス漏れ
漏れ反応あり。

やはり漏れてました。熱交換器からのガス漏れ。

高額修理になるケースでエアコンの保証期間が過ぎているので使用年数も考慮し買い替えをお勧めしました。

― 2台目 ―

点検2台目
こちらは暑い日になると冷房があまり効かなくなるとのこと。

去年までは普通に冷えていたそうです。

温度測定をするとそこそこ冷えています。

このケースで一番あやしいのは汚れ。

吹き出す風の音で送風経路が詰まっているのがわかります。

開けてみます。
室内機吸気フィルターが詰まっている
フィルターが詰まっていますね。

近くで見ると
フィルターの汚れで熱交換器が見えない
奥にある熱交換器が見えません。

これでもフィルター自動掃除機能のついたエアコンです。

しかし勘違いされてはいけません。フィルターの自動掃除機能はどこのメーカーでもオマケ程度のものです。

人の手で掃除したほうがきれいになります。

このことはメーカーさんもわかっていると思いますがイメージ先行で人気があるのでやめられない。

販売店は「自動掃除機能で手間なくいつもキレイ、節電にもなります。」と売り込んでいることでしょう。


それはさておき、フィルターを取り外して様子をみました。

すると気流が多くなることで室内機の吸い込みと吹き出しの温度差が少なくなり、どうやらこちらも調子が良くないようです。

室内機にリークディテクタをあてるとまたもや“ピピピピ・・・・”と反応がでました。

室内機熱交換器よりガス漏れ

またか・・・ 念のためもう一度やっても同じところで反応が出ます。

まだガスは抜けきっていませんがそのうち冷えなくなるでしょう。

結局2台とも買い替えをお勧めして点検終了となりました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月22日 (水)

天カセ・ドレン水位異常

天井カセット型エアコン(通称、天カセ)の点検を行いました。

(ここのところブログのアップが遅れていて少し前の作業です。)

エアコンはこちら
天井カセット型エアコン室内機
ちょっと角度的に見にくいと思いますが天井に埋め込まれているタイプです。

ドレン水位異常で冷房運転が停止してしまうとのことで依頼をいただきました。

伺ったときはなんとか動いているようでだましだまし使っていたみたいです。

― では点検します。 ―

吸い込みグリルを外して
吸い込みグリルを外したところ

パネルも外してしまいます。
パネルを外したところ
これでドレンパンが見えました。

おっと、ドレンプラグ(水抜き栓)が見当たらない。
この機種はドレンパンに水抜き用の口が付いていません。

ドレンパンに指を入れると水がたっぷり溜まっています。

固定しているネジを外し、中で水が右へ左へ行ったり来たりしているのを感じながらこぼさないようにそっと降ろします。

ドレンパンの内側は
ドレンパン内側の汚れ
やっぱりヌメヌメしたものが溜まりますね。

雑菌などでどうしてもこうなります。

でも排水用のポンプの吸い込み口をふさぐような汚れではありません。

ということはポンプがあやしい・・・
排水用ドレンポンプ
吸い込み口に滴が付いていたのでそのままポンプを作動させました。

しかしこの滴はまったく動きません。

ペットボトルを切ってカップを作り、水を吸い込むか試しても一向に減りません。

ポンプをばらしてみました。
ポンプの内側
けっこう汚れいています。

ポンプの吐出側は
ポンプ吐出側
汚れで穴が狭くなっています。

回転部は
ポンプ回転部
吸入部分のところに汚れが付いています。

お客さんがドレンパンやポンプのケーシング部品を洗ってくださいました。

回転部の汚れも落として元通り組付けます。
ポンプの吸入部分
黒い十字の回転部分が見えるようになりました。

この時点で再度カップの水をあてがってポンプを作動させるとちゃんと吸い込むようになりました。

パネルも戻して正常に排水するかドレンパンに水を注いで確認します。
ドレン排水出口
入れた水がしっかり排水されています。

たくさん出ていますが通常の冷房運転ではポタポタと落ちる程度が正常です。

これで思いっきり冷房運転が可能になりました。

ルームエアコンの天カセはオフィスなどに使用する業務用よりも設置された環境やポンプ能力的に詰まりやすいのかもしれませんね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月20日 (月)

ドライバーも消耗品

いまでは手回しのドライバーを使う頻度は減りました。電動ドライバーを多用するからです。

近頃、プラスドライバーがよく滑るなと思って先端をよく見たらすり減って丸くなっていたのでホームセンターに寄って購入。

新しいものとどう違うか比べてみました。

左は新品、右は使い込んだ古いものです。
新品と使い込んだドライバーを並べたところ
撮影した角度により大きさが異なるように見えますが同じ製品です。

この形は一般的に電工ドライバーと呼ばれています。

以前からドライバーはベッセル製を使用していて長さもいろいろな理由からこれに決めています。

古いほうはいつ買ったものなのか覚えていません。

新しいグリップは
新しいドライバーのグリップ
溝がはっきりしています。

古いグリップは
使い込んだドライバーのグリップ
だいぶ山がすり減って滑りやすい状態です。

この部分はそれほど大きな影響はありません。

問題なのは先端です。

新品の先端は
新しいプラスドライバーの先端部分
まだ一度もネジを回していないのでキズもありません。

ホコリが付いているのは売っていたお店のもの?なので気にしないでください。

ドライバーは押しながら回しますが、この状態ならネジをしっかりとホールドできて押す力はそれほど強くなくても大丈夫。
時には先端からネジが取れなくなってペンチで抜くこともあります。

一方使い込んだドライバーの先端は、
使い込んだドライバーの先端部分
だいぶ角が取れて丸くなっています。

ネジを先端に付けても少しの衝撃でポロッと落ちてしまいます。

この状態では回す力に合わせて押す力をかなりかけないとネジの頭が滑ります。

新品では軽い力で回せるものが、古いほうは腕力も必要になります。

毎日使っていると徐々にすり減るのでなかなか気付かないものですね。
新しいものを使うとその違いの大きさを感じます。

道具も消耗品ですね。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月15日 (水)

ステンレスがサビを呼ぶ

室外機が天井吊り(公団吊り)のエアコン入れ替え工事を行いました。

古い室外機がこちら。
これから撤去する室外機
すでにカバーを外してポンプダウン(室外機へガス回収)の作業をしています。

そしてこれ・・・
パイプの取り回し方がイマイチ
パイプの取り回し方が中途半端。

施工した人は材料費の節約を第一に、できるだけパイプを短くしたみたいですね。

まあこれは全部交換するのでいいです。

天吊り金具も新しくするので外してみると
天井に固定してあったナットとワッシャー
天井に固定していたナットとワッシャーにサビが・・・

ナットは袋ナット(化粧ナット)だけで固定してありました。

足場板の上に置いたのでちょっと見にくくてすみません。

拡大
ナットとワッシャー画像を拡大して
雨があたるわけでもなくなぜこんなにサビるのか。

ナットがステンレスで、ワッシャーは鉄を使用したためです。

ご存知の方も多いと思いますがステンレスと鉄は電位が異なるため接触していると鉄が早く腐食します。

ステンレスはよりサビにくく長持ちに・・・ 鉄はよりサビやすく・・・ となります。

ナットに付いているサビはワッシャーから表面に付着したものです。

このナットは施工業者が持ってきたものではありません。
天井に付いているナット
このように建築時に初めから付けてあったものです。

天吊り金具には固定用のボルトナットは付属しておらず施工者で用意する必要があります。

しかも袋ナットは化粧用として使うもので、これを固定用に単独で使うとどの程度ナットにボルトが差さっているのか確認できません。

こういうところもエアコンは手抜き工事が多いと言われる所以ですね。

新しい金具を取り付けます。
新しい天吊り金具の取り付け
奥側にもう一台設置できるようにナットが見えています。

今回は
ボルトナットも新しいものに交換
差し込まれているステンレスのボルトも抜いて交換しました。

コンクリート天井の中に埋め込まれているインサートが鉄なのでボルトナット類も鉄で統一。ネジ山ピッチ(インチ、ミリ)も確認して合わせます。

平ワッシャーとスプリングワッシャーもいれて取り付け後はサビ止めにシリコンコーキングを薄く塗りました。

室外機を載せて配管し施工完了。
施工完了

“ステンレスがサビなくていいから”と何でも見境なく使用すると別のところがサビてきます。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月13日 (月)

エアコンが冷えなくなってきた。

「貸している住宅のエアコンが冷えなくなってきた。」との連絡をいただき点検に伺いました。

15年前より当店をごひいきいただいているお客さんで、たしかこの場所に取り付けたのが初めてだったと思います。

木の風合いが心地良い建物です。

そのエアコンも3年前に室内機の熱交換器に穴が開いてガス漏れし、今回のエアコンはそのとき新品に交換したものです。

こちらがそのエアコン。
冷えなくなってきたエアコン
フィルター自動掃除機能付きエアコン。

室内機から出る風の音がフィルター詰まりを感じさせます。

居住者さんもフィルターを外して掃除しているそうですが・・・
写真を撮り忘れましたがパッと見はきれいですが、よーく目を凝らしてみると細かい網目が詰まっています。

フィルターを取り外すと風の勢いが増します。

普通に掃除しても取り切れないようなので洗剤を使ってフィルターを洗ってもらいキレイになりました。

この段階で室外機のバルブ温度を測定します。

往き側
往き側のバルブ温度
27.5℃

戻り側
戻り側のバルブ温度
5℃

絶好調。

冷凍サイクルには問題なし。少し調子が良すぎなのですが、まだ室内機の風量が完全ではないためです。

なぜか・・・

今度は室内機のファンを見ます。

風の吹き出し口
室内機の吹き出し口
この奥に回転しているファンがあります。

エアコンを停止しなくてもカメラのフラッシュ閃光は非常に短いので回転しているファンを止めて見られます。
室内機送風ファンの様子
ファンに汚れが積もってますね。

拡大します。
ファンの汚れ
かなり積もっています。

このファンにモコモコと積もっているものはホコリというよりもカビです。
長時間つけっぱなしのお宅ではよくこのようになります。

エアコンの横流(おうりゅう)ファンは羽が細いので汚れが積もると途端にサージングを起こしたりして空気が流れなくなります。
そうなると熱交換器の冷えた空気は室内機の中で回るようになり温度検知部を冷やして室外機がすぐに停止します。

エアコンは室内が十分冷えたと勘違いしているのです。

これではいつまでたっても部屋は冷えません。

当店でエアコン洗浄はおこなってませんのでクリーニング屋さんに依頼していただきました。安いところはエアコンを壊してしまったり組み間違えが多いのできちんとした業者へ依頼していただくようお願いしました。

なおこの横流ファンは昔とことなり樹脂でできています。不慣れな人がブラシなどでファンを掃除しようとして一枚でも割ってしまうとバランスが崩れてエアコンは振動で使えなくなります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月 7日 (火)

室内機水飛びでメーカー保証。

室内機の吹き出し口が水でびっしょりになり水滴が飛んでくるとの点検依頼をいただきました。

今回のエアコンは2年程前に新品を当店で取り付けたものです。

その室内機はこちら
水が飛んでくる室内機

しばらく冷房運転すると水が吹き出し口に付いています。
吹き出し口に水が付いている。
吹き出す風にのって水しぶきが飛んできます。

たまに水が飛んでくるのは異常ではありませんが、これは吹き出し口がびっしょり水滴だらけになるほどであきらかに異常です。

ガス漏れでも時としてこのような症状が出る場合もあります。

点検を開始しガスの圧力や温度関係もすべて正常範囲。

ガス漏れを起こすような施工はしてないのですが念のため接続部をリークディテクタ(ガス漏れ検知器)で検査します。

漏れはありません。

本体も調べましたが漏れはなし。

ドレン排水は
正常に出ているドレン排水
問題ありません。

メーカーの技術へ電話を入れてこの機種に同じような案件が出ていないか確認することにしました。

お昼前に電話を入れて・・・「混んでいるので2~3時間後に折り返すようになります。」とのこと。

いずれにしても施工には問題ないのでメーカー保証を受けられる可能性が高いと判断しお客さんからメーカーへ修理依頼をしていただきました。

他にも調べましたがこれで点検は終了。


― その後 ―

一日の仕事を終えてのんびりしていると・・・夜の9時半頃電話が入り「○○(メーカー名と部署)ですが遅くなってたいへん申し訳ありません。」 なんとメーカー技術から電話が入りました。

こちらもすっかり忘れていました。しかもこんな時間まで・・・かなりお疲れのようで気の毒です。今年の夏の暑さはホントに異常なのでメーカーさんへも電話が殺到しているのでしょう。

そして同じ機種でこれと同じ案件が多発しているという情報はないとのこと。

こちらで点検した項目や結果を伝えると、「そこまで調べて頂いているならあとはこちらで見させてください。」と返答をいただきました。

数日後、お客さんより修理内容の報告をいただきました。

室内熱交換器の交換
室内熱交換器
フィルターを外すと見える銀色のフィンの部分をそっくり交換。

室内機を降ろして全部分解しないと交換できません。

自費で直すと高額ですが冷凍サイクル部品なので5年のメーカー保証があります。

おそらくメーカーの判断は「熱交換器の親水性がなんらかの原因で低下し本来ドレンパンまで水が伝っていくものが途中ではじかれて滴下してしまい、それがファンにあたって飛んでくる現象」だと思います。

熱交換器の一部に断熱テープを貼って修理(対策)完了にしているメーカーさんも多い中、しっかりやってもらえました。

保証期間内なので無償だったそうです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年8月 3日 (金)

室外機応答せず、基板交換

室内機のランプが点滅してエラーコードを表示して室外機が動かないと依頼をいただきました。

エラーはシリアル信号系(室内機と室外機の通信)の異常とのこと。

現地に到着してエラーを確認後点検します。
点検に使うテスター
アナログとデジタルのテスターを用意しました。

デジタルテスターはレンジや極性を間違えても壊れることなく読み間違えも少ないので楽なのですが、シリアルのようにはげしく変化する信号にはあまり向きません。

シリアルはエアコンメーカーによって信号がことなりアナログテスターでなければ分からない場合もあります。

デジタルテスターを使う場合でもレンジを固定し(オートレンジではだめ)数字ではなくスケール表示付きでしかも時間的な分解能(サンプリング周期)の高いものが必要です。

またオシロスコープという波形を見られる計器が簡単に使用できればよいのですがエアコンには対地電圧がかかっているので危険です。

調査の結果は
 室内機から「室外機へ100V給電、冷房で運転開始して!」
 室外機「・・・・・・」無応答、無反応
 室内機「あれ、室外機が居ないよ。エラー表示開始!」

とこんな感じ。実際は出ていない信号を出ていないと判断するのは難しいところがあり、本来はこうであろうと推測する部分もあります。

室外機基板からの応答がないと判断しました。
室外機の基板
この基板が壊れています。

修理費用をお客さんに提示して基板交換することになりました。

部品入荷
室外機基板入荷
修理作業にかかります。

室外機のカバー類を取り外して
室外機のカバーを取り外したところ
基板交換できる程度まで開けて壊れた基板を撤去します。

こちらが新しい基板
取寄せた新しい基板
パワーモジュールとダイオードスタックは電流が多く流れ、熱を発する部品なので本体側のアルミの放熱器に固定します。

固定前に放熱用グリスを塗るのですが取寄せた基板には付属してなかったので現地調達です。
放熱用シリコングリス
この放熱用シリコングリスは作業車に積んであるのであわてることはありません。

基板を固定したら配線類をすべて接続します。
コンプレッサーのターミナル部
この基板はいろいろなリードが長く付いていてコンプレッサーへも直接接続するようになっています。

コンプレッサーのターミナル端子は接続の色分けが表示されていないことが多いので外す前にきちんとメモしておかないと逆回転して壊してしまう恐れがあります。

コンプレッサーの吸音材を戻してリアクタ類も接続します。
リアクタ接続完了。

基板上に接続されるコネクタもすべて差し込んで
基板上コネクタの接続完了
これで基板交換作業は完了です。

そしてこれ。
ケーブルシースのむき過ぎ
見ちゃうと気になる・・・。

自身が工事したのではないので気にすることもないかもしれませんが・・・

直します。
ケーブルをむき直して接続
補修完了。

しかしこの電線、メーカー指定は2.0mmなのに1.6mmで施工されてます。
お客さんにはこのことを伝えておきました。

カバーをもとに戻し絶縁抵抗を測定して試運転。

動作に問題なく、冷えるようになりました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »