フォト
無料ブログはココログ

リンク

« コンセント交換完了。と思ったら | トップページ | マルチの一室が冷えない。(その2) »

2018年7月 6日 (金)

マルチの一室が冷えない。(その1)

マルチエアコンの一室が冷えず、もう一つの部屋も冷えがあまりよくないと点検の依頼を受けました。

マルチエアコンがわからない方はこちら

室内機で温度測定をするとA室はある程度冷えています。しかしB室はまったく冷えません。
室外機が故障していると判断。

故障しているマルチ室外機
室外機専用の置場がありますが人が入る余裕がありません。

ここは3階ほどの高さがあるので注意が必要です。
落っこちたら・・・

室外機のカバーを開けて
室外機のカバーを開けたところ
故障している箇所を探します。

目処はついているので回路図から目的のものを探します。
目的のコネクタ
調べたところやはりこの回路が故障しています。

故障しているのは
故障している部分
下側のB室用電磁弁コイル。

エアコンの型式は消えかけていたのですが、機種不明という最悪の事態は免れました。
消えかかっている機種名
はじめは汚れでまったく読めない状態でした。

汚れを拭くと機種名が完全に消えてしまうことがあります。そうなると部品は取り寄せできません。

このエアコンは二十数年前に発売されたものなので部品が残っているかも心配です。

メーカーに恐る恐る聞くと残ってました。まだ20個あるとのこと。セーフcoldsweats01

― 部品入荷し修理します。 ―

お客さんが心配されていたので今回は安全帯を用意しました。
安全帯を用意して作業開始
ふつうの安全帯のロープと電気工事用の胴綱を組み合わせて行いました。

いつも使用している腰ベルトは電気工事用のもので胴綱(よく電柱に上っている人がつけてる綱)がつくように左右にリングが付いています。
高所で両手を使って作業をする場合に威力を発揮します。

これが新しい部品です。
取寄せた新しい電磁弁コイル

室外機に付いている部品の接続は
コネクタ接続
コネクタでつながっています。

このコネクタでA室とB室の電磁弁へつながっています。

取寄せた電磁弁コイルのリードは
新しい電磁弁コイルのリードはファストン端子
なんとファストン端子

部品をメーカーへ取りに行ったときに気付いて間違いがないか調べてもらったのですがこれが正規品。
補用部品ですでに本体側と同じ形状のものはないそうです。

ならば・・・
ファストン端子を切断
切り捨てました。

長くなるので続きは次回へ。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« コンセント交換完了。と思ったら | トップページ | マルチの一室が冷えない。(その2) »

エアコン修理作業」カテゴリの記事