フォト
無料ブログはココログ

リンク

« ねじ込み式のボードアンカーは危険 | トップページ | 途中での電線接続(ボックス取付) »

2018年4月12日 (木)

エアコン、アースは一か所で。

エアコンにはアース(接地)をするように据付説明書に書かれています。

(アースを接続することを「アースをとる」ともいいます。)

ルームエアコンの場合、アース線を接続するネジは室内機と室外機の両方にあります。

室内機のアース接続ネジ
室内機のアース接続ねじ

室外機のアース接続ネジ
室外機のアース接続ねじ

「あれ、うちのエアコン片方しかアースにつながってないよ」というお宅が多いと思います。しかしそれが正しいアースのとりかた。

室内機と室外機は冷媒管でつながっています。
銅管で電気的にも接続

冷媒管は銅でできたもので室内機と室外機が電気的につながったことになります。

見方を変えれば室内機と室外機は一体のものともいえます。

そのため片方だけ接続すればOKです。

一番良くないのは室内機と室外機で別系統のアースから接続することで、例えば室内機は室内のコンセントにあるアース端子で、室外機は地面にアース棒などを埋めてとるといった行為です。

一見、両方にアースがあって安全なように思えますが別のアースの間には電位差があり、時にはそれが大きくなる場合もあるためです。

昔のお役所関連の工事で業務用、家庭用含めアースネジすべてにアース線を接続するように指示していたところがありました。

室内機と室外機を電気的に絶縁した取り付けをしたなら別ですが、マルチなど室内機が複数台接続されたエアコンの場合でも適正なところ一か所でとってあるのが正解です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« ねじ込み式のボードアンカーは危険 | トップページ | 途中での電線接続(ボックス取付) »

エアコン電気工事」カテゴリの記事