フォト
無料ブログはココログ

リンク

« アース線の補修(前回の続き) | トップページ | ルーバーがグラグラ »

2018年3月 2日 (金)

緊急出動。取り外し工事

都内世田谷区にて取り外し工事の依頼をいただきました。

17時頃電話が入り、これから取り外しを・・・とのこと。お引越しも済みエアコンだけが取り外されず残っている状況でこれから他県へ運びたいそうです。

事務処理をしていたところだったので早速出動します。おっと作業着を洗濯してしまった! 夏の作業着で出発。

到着してお客さまが外まで出てきて駐車場所をご案内くださいました。

お話を聞くと・・・元々別の業者へ依頼をしていた。見積もり金額を聞いていたが到着した作業員に倍の金額を提示され会社へ電話しても答えは同じなので工事を断ったとのことでした。

しかし今日中にエアコンを運び出す必要があるため、改めて業者を探して当店を見つけてご連絡をいただきました。有り難うございます。

エアコンはこちら
180302_01
ダイキンのうるるとさらら

冷房能力4.0kW、加湿機能付きです。

現在のところ当店では、エアコンの能力や換気、加湿機能による取り外し工事費用の加算はありません。

室外機は
180302_02
うるるとさららは室外機がやたら大きく重い。

あたりはすっかり暗くなってしまったので照明を付けました。LEDの投光器もありますがやはり蛍光灯や電球のほうが暖かみがあって明るく感じます。

絶縁抵抗や冷暖房能力に異常がないか調べます。

室内機吸い込み温度
180302_03
15.5℃。

吹き出し温度
180302_04
37℃ 正常です。

エアコンは吸い込みと吹き出しの温度差で判定するのが一番簡単な方法です。

配管温度も測りましたがガス量などに問題はなさそうです。

室外機のカバーを開けると
180302_05
加湿ホースが一番太い。

うるるとさららの場合、銅管(冷媒管)、電線、排水ドレンホースなどと比べて一番太いのが加湿ホースです。掃除機のホースと同じ位の太さでしょうか。

これが室内機までつながっているので壁の穴が小さいと通せず施工できないこともあり、室外機がやたら大きいのも加湿ユニットが搭載されてるためです。

ポンプダウン(ガスを室外機へ戻す作業)も終わってあとは通常通り取り外し完了。

お客さまはこれから乗用車でこのエアコンを運ぶとのこと。ご夫妻で来られていましたがこの室外機は重さが半端ではありません。車までお手伝いさせていただきました。

会計では特殊費用は発生しなかったので基本料金で提示しましたがお客さまより、断った業者で当初見込んでいた見積金額で。とのことで有り難くも多くいただいてしまいました。恐縮です。

当店エリア外へのお引越しで取り付けへは行かれませんが、また何か機会がございましたら宜しくお願い致します。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« アース線の補修(前回の続き) | トップページ | ルーバーがグラグラ »

エアコン工事作業」カテゴリの記事