フォト
無料ブログはココログ

リンク

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

久しぶりにチェーンブロックの出番

暖かくなってエアコンの出番は少なくなりますが作業をしていても快適な季節になりました。

川崎市宮前区で取り外し工事をおこないました。

ところが室外機は
室外機は壁面
室外機が壁面に付けられた金具の上に載っています。

最近のアパートでよく見かける方式です。

 普通のエアコン工事屋であれば力業で室外機を担いで梯子を下りたり、窓から引き上げたりすると思います。室外機を落としたり周辺にぶつけてキズを付けたりすることがあります。

当店ではそういう危険な作業はしません。

これを使います。
チェーンブロック
チェーンブロックです。

すいません、小さくて見えませんね。

 ループになったチェーンをガラガラと引くことにより軽い力で重い荷物を上げたり下げたりできます。また途中で手を放しても止まったままで自然に下がることはありません。

 これは工場で見かけるような大きなものではなく150kgまで吊り上げられる小さいタイプです。開業当初に購入したものですがそれほど出番がないため今でも現役です。

 吊り上げ用のチェーンの長さは標準ではもっと短いのですが、特注で7m位に長くしてもらった記憶があります。

室外機を降ろしました。
室外機を降ろしたところ
無事に降りました。

降ろしている途中の写真撮影は危険なので画像はありません。

室外機はスリングベルトを掛けています。
スリングベルト

 このベルトは荷を吊るためのものでかなり丈夫です。ルームエアコン程度の重量ではオーバースペックですね。

 余談ですが“玉掛け技能講習”も修了しています。たしかIHIの教習所へいったと思います。
 重さ1トン以上の室外機を吊ったりクレーンのオペレーターさんへ無線で誘導したりするのはもう十年以上していないですね。

 エアコン室外機の壁面設置自体が室内への騒音問題などで減っていますので、チェーンブロックの出番はもっと少なくなると思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月27日 (火)

エアコンの力率ってなに?(2)

先日も力率について触れましたが、今回はどうして交流ではこのようなことが起きるのか見てみたいと思います。

電熱器(電気抵抗で熱を発生する器具)や白熱電球に家庭の100Vコンセントから電気を流すと
Douisou20180327
このようになります。

波形の演算と作図は“十進BASIC”を使わせていただいております。

 縦軸は電圧、電流、電力の大きさと向きを表し、単位(大きさ)は見やすくするためそれぞれ任意に変えてありますが電圧[V]と電流[A]を掛けたものが電力[W]です。

式で表すと
 有効電力[W]=電圧[V]×電流[A]
となり直流と同じですね。

 電圧と電流が0より下になってもマイナス(電圧)とマイナス(電流)を掛けるのでプラス側の電力になります。
 0から電力波形の振幅の大きさを平均(中央)したところが有効電力[W]です。

 このように抵抗だけの負荷であれば直流と同じように容易に計算できます。

問題となるのはコイルやコンデンサを使用した器具でモーターや電子部品を使用するエアコンはこれに該当します。

例えば前回と同じ力率85%の波形を見てみると
Isousa20180327
こうなります。

 何が起きているかというと電圧よりも電流が遅れて流れています。力率85%はarccos0.85≒31.8°のずれが生じています。関数電卓をお持ちの方は簡単に算出できると思います。
 (見えないかもしれませんが方眼の横軸1メモリ90°です。単位は一般に馴染みのある角度degreeを使用しています。)

 交流の電気ではコイルを使用すると電圧より電流が遅れて流れ、コンデンサを使用すると逆に電圧より電流のほうが早く流れます。電圧が0Vのときに電流が流れたり、電圧がかかっている方向とは逆に電流が流れたりとへんてこりんな動きをしています。

 この状況で電圧と電流を掛けると図のような電力波形になって全体が前の図と比べて下がっています。
 この電力波形だけを見て振幅の下辺(もしくは上辺)から平均(中央)までが皮相電力[VA]となって、0からその平均値までが有効電力[W]となります。

式では
 有効電力[W]=電圧[V]×電流[A]×力率(0.85)
         =皮相電力[VA]×力率(0.85)
となります。

 電圧と電流の向きがプラスとマイナスで互いに逆になっているときは電力がマイナス側になって消費されず電源側へ返ってしまいます。

 力率は電圧と電流のズレから生じているものであることがおわかりいただけたでしょうか。

エアコンの力率が悪いと何に影響するかまたの機会に触れてみたいと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月24日 (土)

ガスエアコン取り外し

都内のお客さまのお宅へガスエアコンの取り外しに伺いました。いつも当店をご利用いただき有り難うございます。

こちらがガスエアコンの室外機
20180324gassitugaiki
ファングリルの左上に排気口があります。

 ガスといっても冷媒のことではなく皆さんが一般的に“ガス”と呼んでいる燃焼するあのガスです。

 「へぇー、ガスで冷房できるの?」 いえいえ違います。これは暖房時のみです。冷房は普通のエアコンと同じ電気で作動します。

 余談ですが都市ガスを燃焼して冷房している建物もあります。吸収式ヒートポンプという方法で巨大な建物(空間)に使用されることがあります。

 話は戻りましてこのタイプはガスを燃焼させて冷媒ガスを温め暖房能力を高める方式です。このほか別のタイプに冷媒を温めるのではなく温水を室内機に送るものもありました。

 まだエアコンの暖房能力が弱く「使い物にならない」と言われていた時代にはガス会社が「電気で暖房なんて100年早い」と言わんばかりに売っていましたが現在ではあまり見かけなくなりました。

 室外機の背面には都市ガスがつながっていたので、事前にお客さまよりガス屋さんへ依頼していただき外してあります。これがまた結構なお値段だったようです。しかしガス工事も資格のある者しかできないので仕方ありません。

 ガスエアコンが衰退したのは電気エアコンの暖房能力が向上したことと、イニシャルコスト、ランニングコスト、そして取り外しのコストと全てにおいて高価なことだと思います。

 しかも引っ越しを予定している方にはとても扱いづらい。

 引っ越しのたびにガス工事が必要になるほか、都市ガスにも何種類かあって地域によって変わり、場所によってはプロパンです。そのため機器が使用不能になったり、調整が必要になるなどあまり現実的ではありません。
(調整できるのか知りませんが)

 今やお風呂なども電気のヒートポンプを使ってお湯をつくる時代です。

今回取り外したところへは電気のエアコンを設置予定です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月22日 (木)

エアコンの力率ってなに?

メーカーのサイトでエアコンの仕様の詳細をダウンロードすると“力率”という項目があります。

 一般にはあまり知られていないので何のことやらわからないと思います。まず今回は力率はなにを表しているかについて触れます。

 力率は%で表示されていることが多くエアコンでは85%~95%位が標準でしょうか。仕様書によっては百分率ではなく“0.9”などとなっているところもあります。

 これは電力の皮相分、有効分、無効分を表していて、交流電源で使用するコイルやコンデンサなどを用いた機器の特徴です。

例として力率85%、消費電力1000Wを図で表すと

Photo

このようになります。

[皮相電力]は学校などでも習う直流電力の計算と同じ電圧[V]×電流[A]です。交流では皮相電力といって単位を[VA](ボルトアンペア)で表し消費電力とは異なります。電気関係の仕事をしている人は単位を「ブイエー」と呼ぶ方が多いと思います。

[有効電力]は実際に機器が消費した電力で[W](ワット)で表されます。皮相電力に力率であるcosθ(例ではcosθ=0.85)を掛けたもので数学の詳しい方は図を見ておわかりかと思います。

[無効電力]は機器は消費していない電力成分で電源と機器の間を行き来します。単位は[var](バール)を使います。皮相電力と有効電力からピタゴラスの定理で算出できますが、三角関数では皮相電力にsinθを掛けた値です。

 電力会社へ支払う電気使用量は有効電力[W]を積算した消費電力量[kWh]です。無効電力分は請求されません。

 「では使用者には関係ないのね。」と思った方、そこには落とし穴があります。

長くなりますので今回はここまで。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月20日 (火)

家庭の100Vと200Vはどうなってる?

エアコンには100Vと200Vの機種があって、だいたい冷房能力4.0kWを境に200V機種が多くなります。

とくにリビングなどのお部屋は面積が広いためエアコンの必要容量も大きくなり200Vタイプを選定するご家庭も多くなっています。

コンセントは200V用のものに取り替えることになりますが、それだけでは200Vは使えません。

電気がどのように来ているか見てみましょう。
1p3l
このようになっています。

配電されてきた高電圧の電気は柱上トランス(マンションなどは柱上ではありません。)などの変圧器で家庭に引き込む100Vと200Vの低い電圧に落とされ(降圧)同時に単相三線式になります。

柱上トランス:電柱の上のほうについている変圧器(バケツのような形といわれることも)。

日本の電気は接地方式なので真ん中の線を大地につないで中性線となっています。
Lはライン、Nはニュートラルを表します。

L1-N間とL2-N間は共に100V。L1-L2間は200Vになります。

波形は
1p100v200v
こんな感じです。

もうおわかりかと思いますが100Vから200Vへ替えるにはコンセントだけでなくL1-L2間に配線も切り替える必要があります。

これら一連の作業は電気工事士の資格がなければ禁止されていますので詳しいことは控えます。

ワンルームの賃貸物件などでは単相二線式(Lが1本とNで計2本の配線)で引き込まれていることがあり、そのような場合はまちがっても200Vのエアコンを購入しないことです。

もし買ってしまったら返品不可の場合、転売するか置物にするしかありません。

購入に際しわからないことがありましたらご相談ください。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月17日 (土)

エアコン手抜き工事のオンパレード!

川崎市中原区でエアコンの取り外しをしました。ご依頼いただき有り難うございます。

さて今回取り外したのはこちらのエアコン
180317_01
2016年製なので去年か一昨年あたりに取り付けたと思われる比較的新しいものです。

エアコンは某有名大型量販店で購入されたとのこと。でも工事は量販店の社員が来るわけではありません。ほとんどは下請け業者(もしくは更にその下請け)でその場合でも社員がくるのは稀な例と思われます。

まずパッと見て
180317_02
これで工事のレベルがわかります。

このまるで素人が施工したようなパテの埋め方に工事人の姿勢が表れています。“付けりゃいいんだよ”的な・・・

そしてコンセントに目をやると
180317_03
アース線がつながれていない。

線を外してから写真を撮ったのではなくアースターミナルのふたは初めから開いていました。

コンセントにアースターミナルがあるのに手を抜いて接続してありません。

室外機は
180317_04
普通についているように見えますが・・・

室外機の汚れは建物が大通りに面しているため排ガスが積もったもので、交通量の多い通りが近くにあるとどこのお宅もこのようになっています。

これ・・・
180317_05_2
パイプのテープが端末まで巻かれていません。

これでは断熱材の紫外線劣化が早まってしまいます。

電装のふたを開けると
180317_06
電線シースのムキが長すぎ。

前にも書いたと思いますが電線の皮むきに楽をしたいためワイヤストリッパーを使った典型的なダメ工事です。

ワイヤストリッパーでは心線3本が同じ長さにしかむけないため、端子台にそのままつなぐと両サイドの線が短くなってしまいます。それを回避しようとやたら長くシースをむいてしまうやり方です。知恵を使ったつもりでしょうがただの手抜き工事です。

電線の先を切り取ったものをみると
180317_07
キズがありますね。

ズームアップ
180317_08
深いキズがあります。

ワイヤストリッパーの刃をまちがえたのでしょうか?

電気工事士の資格を取るには心線にキズを付けるとダメです。無資格業者でしょうか。

室外機の裏は
180317_09
すでにテープをはがしてしまいましたがドレンホースがやたら短い。

床から30㎝以上の高さまでしかありません。ドレン排水はそこから床へ落下するので周囲を汚します。

ガス回収(ポンプダウン)、配管の取り外しを終えて室内機を下すと
180317_10
大きなバリがそのまま。

室内機の配管取り出し口を切り取ってバリを取らずにそのままにしてあります。パイプにキズがついて、時にはドレンホースに穴をあけてしまいます。

室内機の電線もこの通り
180317_11
なが~くむいてあります。

ここにもカバーがついて電線の押さえになっていますが、
180317_12
このように心線の部分で押さえられて中身の銅線が透けて見えます。

お客さまには取り付けてあった状況を報告して取り外し工事は問題なく完了しました。

これだけ手を抜けば工事時間は相当に早いのだと思います。時間短縮のために手を抜くのはお客さんを裏切る行為で、いつの時代もこういうことをする者がいます。

当人は要領よくやっているつもりでしょうが度が過ぎるとこのようなことが平気になってしまいます。

私も長年エアコン工事に携わりましたが、施工が早い人は雑で手を抜き、急ぐ人はミスをすると決まっています。

お客さんにとって一番問題なのはどんな業者にあたるかわからないところでしょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月16日 (金)

エアコンを外した後の穴ふさぎ

川崎市麻生区にてエアコンの取り外し工事をおこないました。

穴をパテでふさぐのではなく、今回はお客さまのご希望で汎用の樹脂でできたものを使用します。

Ana_futa

穴の径はフリーサイズで室内側と室外側のふたをインシュロックで引っ張り合って固定されます。

穴の奥行きが40㎝程度あったため付属のインシュロックでは足りませんでした。でも大丈夫sign01さらに一本足して固定します。

取り付け後
Ana_fusagi

どうでしょうか。パテで埋めるよりも見た目がいいです。good

こちらのお住まいは売りに出されるそうなのでパテ埋めよりも印象がよくなります。shine

もちろん外側は雨が入らないように施工しました。

このふたは標準取外し工事の費用には含まれません。別途有料となります。ご希望の方は事前にお申し出くだされば準備して伺います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月14日 (水)

インターネット集客業者は・・・

 当店のサイトも作り出してからもう18年になりました。その割にはしょうもないホームページで恐縮です・・・なにせ業者に依頼せず手作りなもので。coldsweats01

 18年前はインターネットが普及する途上にあって、ようやくダイヤルアップ回線からADSLへ移り始めたころでしたでしょうか。
 その頃をご存知の方はパッケージに船の舵輪が描かれたブラウザの「ネットスケープナビゲーター」なんて懐かしいのでは。

 当時ネット上にいるエアコン業者は当店くらいのもので、まだまだネットで仕事を依頼するなど普通の人のすることではないような雰囲気が漂っていました。
 当時のお客さまはパソコンに詳しい方が多く、お宅には自作のPCがたくさんごろごろしているような感じでした。

 その後急速にネット人口が増えて女性のお客さまからの依頼も入るようになりサイトを開設する業者も増えていきました。

 そして現在ではエアコン工事を検索すると膨大な数がヒットします。こんどはそれを利用しようとする業者が湧いてきて集客用のサイトを立ち上げてきました。

つい先日も電話が入り
 集客業者 「御社のページを作って載せませんか」
 当方 「そちらで何%かとるんでしょ?」
 集客業者 「売り上げの20%を・・・」

 20%も持っていかれたらこちらも成り立ちません。おそらく基本の料金だけでなく現場で発生した費用からもしっかり取られると思います。

 はなからやる気はありませんが「うちでやるとしたらその分(20%)上乗せした価格で掲載してもらうようになりますけど、それではそちらに打撃があるのでは?」と返したところ諦めたようで話は終了しました。

 なんでも中間に入り込んで利益を上げようとするのはよくありません。業者間での過当競争により”質の低下”、”粗悪業者の氾濫”が起きて(すでにそうですが)施主であるお客さんへもしわ寄せがいきます。

 黎明期のネット上の業者は一部を除きそれなりに理念をもった人たちが多かったように感じましたが、その後集客サイトを利用して我も我もと家電店などの下請け業者が乱入して現在のような状況になっています。

 インターネットも無資格の者が大手を振ってエアコン工事を請け負う無法地帯となりました。

この先どうなることやら・・・

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月13日 (火)

愛用の工具 ノギス

他のエアコン工事屋さんではあまり使っているところはないと思いますが、いつも愛用している工具”ノギス”です。
Nogisu

 これはポケットノギスというような名称で売られていました。

 ノギスというと精密加工に使用するイメージがあると思いますが私は15年以上愛用しています。とはいえ本体のネジを紛失していくつか買い替えています。

外法や外径を測るところ
Nogisu_atsumi

 不明な電線やパイプの太さ、板の厚み、ナットの対辺幅、ボルトやネジの太さを計測するのに使用しています。

 電線はより線でも素線の径と本数で太さを算出し近似値で何㎟(スケア)かわかります。ただし圧縮電線は仕上がり外径と資料で調べます。

内法や内径を測るところ
Nogisu_uchinori
ここはあまり使う機会がありません。

 たまにここで計測している覚えはありますが、何に使用したのか記憶がないくらいです。

深さなどを測るところ
Nogisu_fukasa

 電線の皮むき寸法を出したり、穴の深さを測っています。

 電線の皮むき寸法はミリ単位で正確に出せるため重宝しています。

 また穴の深さは壁の中を探る際に使用します。小さな穴で筋交いの有無や、ネジ類の地付き防止およびそのネジの計測切断などに使用しています。

 その他もろもろの計測に非常に便利な工具です。

メモリ部分
Nogisu_memori
最小単位0.05mmで読み取れます。

 精密な計測ではないのでそこまで単位は細かくなくてもよいのですが、ノギスの中では一番疎なほうだと思います。しかし工事で使用するには十分な性能があります。

 必ず固定のネジがあるものを使用しています。ネジをしめるとスライドが動かなくなり計測時にメモリが読み取れなくても目の前に持ってきてから確認できます。いわばホールド機能。
 また、電線の皮むき寸法を出す場合なども固定しておけば連続して同じ長さを出せます。

 当店の施工精度を支える大切な工具です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月12日 (月)

電気工事業を登録していない違法エアコン工事店

 みなさんエアコン工事を依頼するとき何を基準でお店を選んでいますか?

 多くの人は価格が安いところを選択するでしょう。しかし本来まず第一に確認しなければならないのは、営業を認められた正式に存在する工事店かということです。

Tourokusyou

 エアコンは電気工事の一部です。そのため電気工事業の登録が法律で義務付けられています。電気工事士の資格があるからといってそれだけでは業としておこなうのは事故や危険な工事がされるため禁止されています。

こちら(当店のQ&Aページ)に詳しく記載しています。

 そのことすら知らないエアコン業者が非常に多く、会社で立派なホームページがあってもそのようなことがあります。知らないだけあってネット上では顔写真までつけて堂々と宣伝しています。極めつけは「このたび第二種電気工事士を取得しました。」ってオイオイcoldsweats01

 昔からきちんとしたエアコン工事会社であれば電気工事業を登録してあり、そこには主任電気工事士がいて指導監督しています。私が雇用されていた会社ももちろん電気工事業の登録を受けて、さらに電気工事組合に加盟しておりました。

 しかしどこにも雇用されることなくアルバイトから独立、起業してしまうと登録はできません。電気の工事はミスがあると大事故につながる危険もはらんでいます。過去の経歴が不詳のものに「はいそうですか。ポンッ」とハンコをもらえるほど甘くはありません。

 どれくらいこの登録がなされていないかを知ると皆さん驚くほどだと思います。エアコン工事業界の闇の部分です。

 価格だけを見て業者選びをすると痛い目にあうかもしれません。基本費用以外に発生する可能性について触れないようにしている業者はオプション費用がべらぼうに高いことがあるので注意です。

 安全な業者選びはまず電気工事業の登録を受けた業者であるか確認することが第一です。違法に営業している工事店は避けましょう。その後に施工の技術、価格の確認です。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 9日 (金)

エアコンの効きが悪い3階戸建て

3階建ての一軒家はエアコンの効きがよくありません。

 新築の3階建て一軒家があちらこちらに建っています。

 土地の面積を小さく抑え、上へと高くして床面積を稼ぐという日本の事情にあった造りです。

 3階建てには消防法で火災時の避難等のため直通階段なるものを設置する必要があります。
 直通階段は1階から3階まで途中に遮るものがなく連続していなければならないようです。

 3階建ての間取りの多くは1階に車庫と個室1つ、2階にリビング・ダイニングキッチン、3階に個室2~3つという造りになっています。
 2階のリビングはできるだけ広くするため階段スペースとの仕切りはないものがほとんどです。そのためリビングのエアコンを稼働させると冷房の冷気は階段を下がって1階へ。暖房の暖気は3階へと上がっていきます。

 2階のリビングはなかなか設定温度に到達できずフル回転。設定温度に近いのはエアコンの周りだけということも起こりがちです。
 リモコンの温度設定も極端になり電気代も気になります。

 少しでもエアコンのフィルターが詰まったり、内部が汚れてくると極端に効率が落ちる現象も起きます。

 階段のところにロールカーテンを付けたりして対策されているお宅をみかけます。完全とはいえませんがある程度改善できるのでしょう。中にはあとでコッソリと扉を付けているお宅もあります。

 家族が集まったり長い時間を過ごすリビングのエアコンが効きが悪く不快では困りものです。

 住宅メーカーはこれらに対しなにか策を講じないと3階建ての人気が落ちてしまうかもしれません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 7日 (水)

エアコンのT形コンセント。

エアコンの取り外し工事へ伺い、パイプの通っていた穴を原状回復のため元々ついていたフタをお預かりしたところ袋の中に、

180307_01
これが一緒に入っていました。

久しぶりに見たような気がします。

T形コンセントといいますが、
180307_02
このようにTの形をしています。

 小さな文字で20A250Vとなっていますので200V用のコンセントと思われるかもしれません。

 このT形は今から30年程前までエアコンにも使用されていた形状で、こちらの賃貸住宅に以前から付いていたものをエアコン設置の際に現行のものと取り替えて保管してあったものと思います。

 気の利いた不動産屋さんであれば、入居前に現行のコンセントへ交換してくれているはずですが、おそらく居住者負担で取り替えたのでしょう。オーナーさんは得をしています。

 これを元に戻すのは無駄で意味がありません。もうこのコンセントに差し込めるエアコンのプラグはほとんど存在していませんので。

 現在のエアコンのプラグはこちらのように電流Aと電圧Vでそれぞれ形状が分かれています。

 しかしこのT形は20A250Vとなっていますが、200Vと100Vのエアコンのどちらも使用できる形状であったため、100V用のエアコンを設置後うっかり確認をせずにプラグを差し込んでしまい、200V印加でいきなり壊してしまうことが多発していました。

 エアコンのプラグ付近のコードには“100V用”、“200V用”と注意を促すためのテープが貼られていて、その頃のエアコン業者は必ず検電器(検電ドライバー)という電気の有無や電圧が確認できる工具を身につけてプラグを差し込む前にチェックをしていました。
 たまに無資格のエアコン業者などがコンセントを取り替えて電圧を切り替えない(100V用コンセントに200Vがきているthunder)不届き者もいますので私は今でも使っています。

 T形コンセントの20A250Vというのは定格容量で100Vでも200Vでも使用できます。もちろん電圧の切り替えは分電盤で行います。
 その形状からしっかりプラグがホールドされるため現在のものよりグラつきが少なく容量に対しても安心感がありましたが間違えて機器に異電圧を加えてしまうことが問題です。

 エアコンのプラグ形状が現在のものに切り替えられた当時はなにもこんな面倒なことをしなくても・・・と思いましたが安全を考慮しての対応であったのでしょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 6日 (火)

こんな取り外し工事はご注意

 年度末も近づき引っ越しの多くなる季節です。エアコンも一緒に移動するという方も多いかと思います。

 もちろん工事は引っ越し屋さんの下請け(の下請け)である(一応)電気屋さんが来て施工してもらうのが大半です。

 そこで、こんな取り外し工事の対応をしていたら手抜きや悪意があるかもしれません。

1、到着していきなりポンプダウンを始める。

 取り外す前のガス量や動作の状態を確認せずにポンプダウン(ガスを室外機に回収する)作業をすることはエアコンにガス不足などの不具合があったとしても、引っ越し先で取り付けが完了するまで発覚しません。取り付けた後に「ガス入れ○万円です。」と請求される恐れがあります。
 取り外し前に試運転して不具合が発覚していれば、そのエアコンを移設し修理するか、それとも廃棄するかの判断材料になります。

2、室内機にパイプがつながったまま。

 室内機に長いパイプをつなげたままグルグルと巻いてあるものがあります。これでは室内機本体の補助配管に負荷がかかり折ってしまったり、取り付け時には一旦取り外す必要があるため別途費用を取られる可能性があります。

3、パイプのテープをはがさない。

 これは室内機と室外機からパイプを外しているのですが、パイプに巻かれたテープをはがさない行為です。取り付け時にテープをはがす必要があるため別途費用を生じる可能性があります。

4、パイプのテープをカッターナイフなどで切り裂く。

 パイプに巻かれたテープをカッターナイフなどで勢いよく切り裂いてはがすと中のパイプ類が傷つきます。銅管や電線の中身が出てしまったり、ドレン排水管が裂けてしまうことになります。

5、室内機、室外機の真鍮製の銅管接続口をビニルテープで直接ふさぐ。

 真鍮でできている銅管の接続口は使用時にガスと一緒に流れていたコンプレッサーオイルが管内に残っており、ビニルテープの粘着剤と混ざって固まります。それがガスを漏れないように銅管と密着する面に固着してしまうため、取り付け後にガス漏れを起こす恐れがあります。

6、「このパイプもう取り替えたほうがいいですよ。」と不要なのに交換を勧める。

 パイプとは冷媒管(銅管)のことですが、パイプの交換が必要か否かの判断は取り付け工事のときです。状況もわからないまま交換を勧めてくるのは組織ぐるみの営業目的かもしれません。取り付け先で別の担当者に「パイプ取り替えたほうがいいですよ。」と再度言われればお客さんは「取り外しのときも言われたので交換してください。」と容易くパイプ販売ができます。
 本当にダメであればお客さんに見せてどこがどう駄目なのか説明するはずです。

 以上1から5は作業時間短縮のための手抜き工事。6は悪徳営業です。

 引っ越しのときはご自身も荷物をまとめたり、あちこちに連絡する用事でどのような工事をしているかなど確認する暇もなく、それが発覚したところでどうこうできる状況でもありません。またあまりの忙しさに正常な判断も鈍りますのでそこにつけ入られないように注意しましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 5日 (月)

電圧降下による無駄なエネルギー

以前こちらでエアコンの配線で起こる電圧降下についてふれましたが、今回はほぼ同じ条件でどの程度のエネルギー(熱量)が無駄になっているのかみてみます。

前回はエアコン最大電流20Aのときブレーカーから10mの屋内配線を通過し、室内機を経由、そこからさらに10mの渡り配線を通って室外機に到達したとき電線上には約4.39V加わっていました。

そしてその分の電気(電力約87.8W)は電線で熱に代わって無駄に放出されるところまで書きました。

なおこの無駄な電力はちゃんと電力計で測られて電気代として請求されます。

では条件を最大電流である20Aが流れるのは運転開始後コンプレッサーが最大回転数となる10分間としてその間の熱量を計算してみます。

また約87.8Wでは計算しにくいので少なめの80Wちょうどでおこないます。

まずは80Wで10分間電気を使用した時の熱量H[J]を求めます。
熱量の単位[J]はジュールと読みます。昔これを考えたジュールさんの名前です。単位に人の名前をつけるというのは日本人にはあまりない感覚ですね。与作さんが発見していたら[ヨサーク]でしょうか。

P(電力)は80W、時間は10分間ですが秒に換算し600秒(s)で
180305_01
48000[J]となりました。

48000[J]ではどれくらいの熱量なのかよくわかりませんね。

カロリー[cal]ならお馴染みだと思いますので換算します。
180305_02
11520[cal]となりました。

1[cal]は1気圧(ほぼ大気圧)のもとで水1cc(1g)を1℃上昇させることができる熱量です。

そこでこの放熱された熱量を使って20℃の水を100℃まで上昇させる場合、何ccの水が加熱できるか計算します。

180305_03
答えは144cc

コーヒー一杯分に相当する量の水を沸騰させることができる熱量であることがわかりました。

10分間でこれだけの熱量を電線から出しています。そしてこれも消費電力として電気代を払っているのです。

エアコンのコンプレッサーの回転が落ちて電流が少なくなればその二乗に比例して電線での電力消費と熱量は減りますが電流がゼロになるまでなくなることはありません。

エアコンのように電力消費の大きい機器の電線はできるだけ太く短くするのがよいのです。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 3日 (土)

ルーバーがグラグラ

いつもお世話になっている賃貸マンション(川崎市幸区)の大家さんより、ルーバーが動かなくなったとの連絡が入り点検に伺いました。

こちらです。
180303_01

このエアコンは当店で5年前に取り付けたものです。

今回は上下風向を調節するルーバーです。

いままで住まわれていた方はすでに引っ越されて空室です。その方からは突然動かなくなったとのこと。

ルーバーはグラグラで見当も付いていましたが、
180303_02
やっぱり。

ルーバーモーターとつながる部分が割れています。エアコンでよくある故障のひとつです。

汚れ具合からして結構前に割れたことがわかります。我慢して使っていたのでしょう。

室内機の内側には
180303_03
欠けた破片がありました。

ルーバーを交換すれば直りますが、このエアコンは欠陥品で多発しているようで無償修理となりました。

欠陥品でなくとも年数の経ったエアコンでは手で無理にルーバーを動かすとこのように割れてグラグラになってしまうことがあります。

上下の風向は冷暖房効率を左右する大切な役目がありますので壊れたら直しましょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 2日 (金)

緊急出動。取り外し工事

都内世田谷区にて取り外し工事の依頼をいただきました。

17時頃電話が入り、これから取り外しを・・・とのこと。お引越しも済みエアコンだけが取り外されず残っている状況でこれから他県へ運びたいそうです。

事務処理をしていたところだったので早速出動します。おっと作業着を洗濯してしまった! 夏の作業着で出発。

到着してお客さまが外まで出てきて駐車場所をご案内くださいました。

お話を聞くと・・・元々別の業者へ依頼をしていた。見積もり金額を聞いていたが到着した作業員に倍の金額を提示され会社へ電話しても答えは同じなので工事を断ったとのことでした。

しかし今日中にエアコンを運び出す必要があるため、改めて業者を探して当店を見つけてご連絡をいただきました。有り難うございます。

エアコンはこちら
180302_01
ダイキンのうるるとさらら

冷房能力4.0kW、加湿機能付きです。

現在のところ当店では、エアコンの能力や換気、加湿機能による取り外し工事費用の加算はありません。

室外機は
180302_02
うるるとさららは室外機がやたら大きく重い。

あたりはすっかり暗くなってしまったので照明を付けました。LEDの投光器もありますがやはり蛍光灯や電球のほうが暖かみがあって明るく感じます。

絶縁抵抗や冷暖房能力に異常がないか調べます。

室内機吸い込み温度
180302_03
15.5℃。

吹き出し温度
180302_04
37℃ 正常です。

エアコンは吸い込みと吹き出しの温度差で判定するのが一番簡単な方法です。

配管温度も測りましたがガス量などに問題はなさそうです。

室外機のカバーを開けると
180302_05
加湿ホースが一番太い。

うるるとさららの場合、銅管(冷媒管)、電線、排水ドレンホースなどと比べて一番太いのが加湿ホースです。掃除機のホースと同じ位の太さでしょうか。

これが室内機までつながっているので壁の穴が小さいと通せず施工できないこともあり、室外機がやたら大きいのも加湿ユニットが搭載されてるためです。

ポンプダウン(ガスを室外機へ戻す作業)も終わってあとは通常通り取り外し完了。

お客さまはこれから乗用車でこのエアコンを運ぶとのこと。ご夫妻で来られていましたがこの室外機は重さが半端ではありません。車までお手伝いさせていただきました。

会計では特殊費用は発生しなかったので基本料金で提示しましたがお客さまより、断った業者で当初見込んでいた見積金額で。とのことで有り難くも多くいただいてしまいました。恐縮です。

当店エリア外へのお引越しで取り付けへは行かれませんが、また何か機会がございましたら宜しくお願い致します。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年3月 1日 (木)

アース線の補修(前回の続き)

前回、リモコン受光部不良の修理を載せましたが今回はそれに続いてアース線の補修です。

アース線はこのようになっていました。
Img_1340_180228

これのどこが悪いのかというと
Img_1340_180228b
結露した水がアース線を伝ってドレンパンの外側へ流れて行ってしまいます。

熱交換器側部の折り返している管の表面に黒く薄い断熱材が貼ってありますが、これは断熱目的ではなく上からも滴下してくる水をドレンパンへ落ちるように導くためのもので結露防止を目的にしたものではありません。

本来は樹脂で製作するはずですが、製品化の直前またはその後に問題が判明して急ごしらえで張り付けられたような感じです。

断熱材は薄いので管に接触しているところは結露しますし、場合によっては上から水が伝ってくることもあります。

アース線の先、下側にはリモコン受光部もありますので、それが原因で壊れることも考えられます。

このエアコンは何回かクリーニング(洗浄)しているようで、前面グリルの脱着を何度も繰り返す間に元に戻せなくなりこうなったものと思われます。

アース線はどういうわけか“より線”が使用されています。
Img_1340_180228c
しかもこのつなぎかた・・・

ふつうは単線を使いますがねぇ。何かのあまり線を使ったのでしょうか。

素線径を計測して
Img_1345_180228
電線の太さを調べます。

0.9㎟しかありません。本当はもっと太いものを使用しますが今回は受光部修理のついでにサービスとして行うのでその部分は目をつぶって。悪いところを見つけてすべて直しているときりがありません。

車の中から
Img_1343_180228
丸端子を持ってきました。

より線をそのままネジにとめるのはちょっとムリがあるので端子を使います。

端子のスリーブの部分の太さは2㎟なので、
Img_1342_180228
フムフム。電線包合容量1.04~2.63㎟。

0.9㎟では細いので素線の数本を長めにして折り返し包合容量内に納めます。

そしてこれ
Img_1344_180228
裸圧着端子とスリーブ用(赤色)の圧着ペンチです。

リングスリーブ用(黄色)のペンチでなんでもかまわず圧着している日曜電気工事屋さんもいますがいけませんよー。

またこの赤色の圧着ペンチでリングスリーブは圧着できません。P形スリーブ用です。

圧着
Img_1346_180228
2㎟のダイスで圧着したことを示す“2”が刻まれます。

あとはエアコンの前面グリルを戻してアース線を接続します。
Img_1347_180228
これが本来のアース線ルートです。

Img_1347_180228b
アース接続端子部から線が上へのぼっているので水はきません。

これで水漏れの心配はありません。

そして今回の修理はすべて終了。
Img_1350_180228

長持ちしますように。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »