« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月19日 (金)

やっていはいけない工事

エアコンの取り外し工事をおこなったときに遭遇した室内機ドレンパンのホース接続口に接着剤を使用したものがありました。

ホースを抜く前の状態はこちら、
Img_1098tc
壁内に埋設された塩ビ管にドレンホースが接続(挿入)されています。

しかし、埋設された塩ビ管が非常に細く(VP16)エアコン本体に付属しているドレンホースではつなぐことができないため、ホームセンターなどで市販されているビニルホースを使用しサイズダウンして差し込まれていました。

この時点で嫌な予感がしたのですが案の定、
Img_1100tc
ホースが固着していましたがなんとか抜いてみると接着剤が塗られています。

こちらのお宅は賃貸住宅なので、いずれ引っ越すことも考慮すれば接着をしてはいけません。塩ビ用の接着剤は母材を溶かして溶着させますので、溶けたり接着剤の固着による段差で純正のドレンホースを再度使用する場合などに隙間ができて水漏れを起こすようになる懸念があります。

また、近頃多くのエアコンはドレンパンと本体シャーシが一体で成型されていますので、水漏れなどの不具合がでた場合にはエアコンをすべて分解せねばならず高額な修理費用になります。

これは後先考えないその場限りの無責任な施工ともいえるでしょう。(某量販店で購入施工されたそうです。)メーカーでも接着はやめてくださいといっています。もっと確実な方法を検討すべきではなかったでしょうか。このような場合、建物側の不備を管理会社等へ連絡し修正してもらうのが一番です。

サイズダウンしたホースは内径が細すぎて、すでにつまり気味になっていました。あと数年以内には詰まって水漏れしたと思われます。

日は変わってお引越し先の取り付け工事では、取り外し前は左側にホースが接続されていましたが、今度は右側になるため左の接続口はゴム栓でキャップをします。

用心のためゴム栓を差し込む前に接着剤が付いていないか確認します。
Img_1117tc
内面にも接着剤が固着していました。

どうすればここに接着剤が流れ込むのか首をかしげますが、ゴム栓は接続口の中に差し込むタイプなのでピンセットを使用して丹念に取り除きました。

取り除いた接着剤はこちら、
Img_1118tc
ビニールの幕のように付いていました。

接続口の内面にライトをあてて段差がないか確認してゴム栓を差し込みました。
Img_1120tc
接続口の周囲には接着剤が完全に固着していて取れません。もうこの左側の接続口にはドレンホースを接続することはできないでしょう。

このあと室内機を取り付け終わった段階でドレンホースの先端に蓋をし、水をドレンパンが満水になるまで注水。そのまま10分程度放置して水がにじみ出てこないか確認しましたが問題なし。

一応、お客さまには冷房、除湿の季節になったら様子を見てもらうようお話ししてあります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年1月16日 (火)

時代は変わりました。

 先日、エアコン工事の見積もりでお客さまのお宅へ訪問しました。

 しばらく状況を確認し施工方法などを打ち合わせていると別の業者さんがやってきました。

 アンテナの工事を始めるようで、エアコンの設置位置と同軸ケーブル(アンテナ線)の室内への引き込み位置が干渉するため、その工事屋さんに呼ばれたのですがなんと若い女性です。作業着姿で腰道具を身につけ話す内容もプロの方です。

 その後、梯子を立てかけ、地上でマスト(アンテナを支える棒)に地デジ用の八木アンテナと衛星用のパラボラ、下には屋根馬(マストを支える足)をセットして担いで屋根へ上がって行きました。

 私も昔(二十歳前後)はエアコン工事の他にアンテナ工事をしていましたので、一人で大屋根に上って作業するのは結構大変です。たまに落ちて入院する人もいますので危険な作業です。打ち所が悪ければ・・・

 二十代後半頃に数年のブランクを経てアンテナ工事をすることになり2階の屋根に上ったときは、恐怖心でしばらく屋根の端へはいけませんでした。屋根の傾斜と周囲につかまるところがないため下へ吸い込まれるような感覚があるんです。昔は平気で屋根から身を乗り出してステー線(アンテナマストが倒れないように張る針金)を固定したりしていたんですけどね。ちなみに高所恐怖症ではないので梯子や屋上などで高いところで作業するのは平気です。

 今回のように女性が一人で颯爽と屋根に上ってアンテナ工事をする姿は初めて見ました(goodカッコイイ)。感服というかそのたくましさに脱帽です。

 以前は男の仕事という感じでしたが時代は変わったということでしょうか。いろいろな業種への女性の進出が今後も広がっていくのでしょう。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2018年1月12日 (金)

室内機から横引き配管(配管化粧カバー)

新築一戸建てで初めから壁に配管用の穴があけてあるお宅での室内機設置の様子です。

近頃では一戸建てでもマンションのように壁に穴があけてある物件が増えています。(一長一短ではありますが)

室内の状況は、
Img_0956tc
このようになっています。

本来であれば室内機は穴の開いている壁面に設置するところですが寸法が収まりません。そこで右側面の壁に設置することになるのですが、すぐ向かいにクローゼットの側壁があって吹き出した風がぶつかってしまいます。お客さまと打ち合わせをしてさらに手前の冷暖房の効率を重視した場所に取り付けることになりました。

新築ということもありパイプはテープ巻き仕上げではなく配管化粧カバーをご希望されています。

配管を通す穴の開いているところは
Img_0956tc2
穴と壁の角が短めです。

配管化粧カバーの“ウォールコーナー”(穴の出口などに使う部品)と“立面インコーナー”(壁の内曲がりに使う部品)を組み合わせると穴の位置をオーバーしてしまい寸法があいません。

そこで今回は“スライド式ウォールコーナー”という上の二つの部品が一つになって、しかもスライドしてある程度の範囲で穴の位置を調整できるパーツを使用することにしました。

配管化粧カバーの受け側部品を壁に取り付けたら配管します。
Img_0957tc
カバーの中もテープで巻きました。

今回のように横引きが長くなる場合、排水用のドレンホースは波打ったりして逆勾配になることもありますので銅管(冷媒管)や電線とともにテープで固定します。

壁の穴もパテでふさいで化粧カバーで蓋をしたら完成です。
Img_0966tc
アース線も接続してあります。

配管化粧カバーもドレン排水確保のため勾配をとってあります。特に今回のように室内機から長めに横引きする場合は室内機のドレンパン(排水の受け皿)からの高低差が少ないため、見た目を重視して水平にカバーを取り付けてしまうとドレンの勾配が取れず将来水漏れするリスクが高くなります。

エアコン工事は見た目も大切ですが、機能の確保を考慮して取り付けなければなりません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2017年12月 | トップページ