« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

引越しでしてはいけないガス補充。

Gas_hoju

 エアコンを引っ越しなどで移設したときに工事屋さんから「ガスを補充したほうがいいですよ」と勧められたことはないでしょうか。

 しかしルームエアコンで正確にガス補充をすることはできません。いまだに車のエアコンと同じような感覚でしている人がいるようです。

 “圧力計でわかるのでは?”と思われるかもしれませんが、エアコンのガス圧は室内温度、外気温度、室内機風量、室外機風量、冷媒(ガス)流量制御、コンプレッサー回転数、機器ごとの特性、その他の要因で時々刻々変化するので不可能に近いと思います。

 エアコンを数回移設した程度では、きちんとポンプダウン(取り外し時にガスを室外機に戻すこと)をして取り付け時に真空引きをすれば、バルブなどの不良箇所が無い限り、通常はガス不足に至るほどガスは抜けません。

 またガス不足に至るほど移設をすることはエアコン本体が工事上、耐えられないでしょう。

 もっとも深刻なのは補充によるオーバーチャージで、電気をたくさん使ったりコンプレッサーを傷めたりとエアコンの寿命を縮めてしまうことがあります。

 では万一、明らかにガス不足が判明した場合は補充をするか?と言えば、答えは“NO”です。

 ルームエアコンにガス補充はヒートポンプサイクルのアンバランスをもたらします。

 ガスが不足したら補充ではなく全量を秤を使ってエアコンの機種ごとに定められた規定量で入れ直すことになり、これが一番確実で安全な方法です。もしもエアコンに不調があっても規定量にすることでわかることもあります。

 ガス補充をしてよいのは、取り付け施工時にチャージレス配管長(ガス補充をしなくてよいパイプの長さ)を超えたとき、メーカー仕様書に記載された補充量を正確に秤(はかり)を使って入れる場合です。

 普通のエアコン工事屋さんでは修理やメンテナンスまでの知識がないので、エアコンが効かないとすぐに“ガス不足”と安直に考えますが、そうではない機器の不具合ということも考えられます。それを知らずにガス補充でごまかしたりすると、のちにもっと重症になるケースもあります。

 エアコンは“工事人にしかわからないこと”、“修理人にしかわからないこと”がありますので、一人の者が双方の経験と知識を持ち合わせ一連となってはじめて現場でのエアコン技術者といえるのではないでしょうか。

 ガス補充は簡単に利益を上げられるので多用されているところがありますが、中にはガスを入れている“ふり”という悪質な場合もあるようです。

「ガス補充をしたほうがいい」は熟練技術者の使う言葉ではないと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2017年11月29日 (水)

今年もインフルエンザ予防接種。

 そろそろインフルエンザ流行の季節になってきました。

 私は10年くらい前から毎年予防接種を11月下旬から12月初旬に受けています。

今年も受けてきました。
Img_0929t
一昨年あたりからでしょうか4価ワクチンになってより多くの種類に対応できるようになっているようです。

 ルームエアコンの作業は不特定のお宅へ伺っておこないますので、お子様がインフルエンザで休んでいるということもあります。

 予防接種を受けることで感染しても軽く済むということで接客をする仕事では必要なことと思います。

 効果は3か月程度みたいです。このタイミングで接種すると来年2月下旬から3月上旬までは期待できます。

 ときにはマスクも活用しながら健康管理に配慮しこの冬を乗り越えようと思います。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2017年11月24日 (金)

室内機から異音で点検。

川崎市高津区で新規のお客さまより室内機からカタカタと音がするとの点検依頼を受け訪問いたしました。
(当店をお選びいただき有り難うございます。)

到着して音を確認するため運転スイッチを入れていただきました。

室内機の右側から「シャッ、シャッ」と送風ファンの回転に合わせて擦れている音が出ています。
Img_0917tc
ファンの回転速度が上がるとカタカタという音になるようです。

お客さまで特にファンに触れるようなことはなかったそうです。

ファンが周辺のケーシングに擦っているようなので前面グリルをはがしてモーター部分を見てみます。
Img_0916tc

モーターを軸部分にドライバーを使用し移動させ音の出なるなるところを探します。この応急処置でとりあえず音は出なくなりました。

モーターを支えているゴムのブッシュなどがヘタって沈み込みケーシングに擦るようになった可能性もありますが、メーカー技術部でもこの機種で前例情報を把握している様子もなく当店でも初めて見た事例です。

お客さまの話では、このエアコンは一度お引っ越しの移設時に業者が持ち帰って分解洗浄をしているとのことで、その時の組み付けミスや部品の紛失、破損なども考えられます。

この機種は室内機を一度取り外してすべて分解しないとモーターにアクセスできないとのメーカー技術部の話だったので、この状態でしばらく様子を見ていただき再発するようであれば部品を取り寄せて修理をするか、もしくは使用年数を考慮して買い替えを検討していただくことになりました。

今回はメーカーさんから修理対応に備え展開図(PDF)を送っていただいてます。
Tenkaizu
ぼかしてあります。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2017年11月20日 (月)

こんなネジも揃えています。

マンションなどでパイプを通す穴の外壁側には、
Img_0987t
このようなアルミでできた穴の蓋(ふた)が付いています。(持ち合わせの写真でボケてますが)

 丸い枠に円盤状の蓋が付いていてネジで固定されています。ネジはステンレス製です。

 お引っ越しなどで退去時のエアコン取り外し工事の際、原状回復のため「蓋は保管してありますか?」とお聞きしますが、「これです。」と渡された蓋にネジが付属していない、もしくは1、2本紛失していることが多々あります。

 紛失する原因はネジが小さくてどこにいったか分からなくなってしまうためです。

 保管中にどこか転がってなくなる場合もありますが、多くは取り付け工事で蓋を外したときに落として見つけられなくなったものです。

 落ち着いて工事を行えば滅多になくなりませんが、数を抱えて慌て急ぐ下請け工事人は落としてもたいして探さず知らんぷりですからね。

 大きさは米粒とまではいいませんがかなり小さく、落とすと跳ねてどこかへ飛んでいってしまいます。下が砂利などの場所ではまず見つけられません。

 当店は以前、取り付け工事で外した蓋とネジを一緒にお客さまへ渡していましたが、現在では蓋を外した時にネジだけ枠に戻して紛失防止をしています。

 この蓋に合うネジがそろそろ在庫切れになるため探していたのですが、ホームセンターを回ってもなかなか置いてありません。近くのお店では同じ太さのものはあっても長いものばかり。少し遠くにある大きめのホームセンターでやっと見つかりました。

Img_0910
3×5mmステンレス製50本入り。

 お引っ越しで退去される場合、できる限り原状回復をしなければなりません。ネジ紛失で蓋が取り付けられず不動産屋さんにマイナスカウントされたらたまりません。

 こういったネジも揃えいていますのでご安心ください。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2017年11月16日 (木)

エアコン入替工事(2階横引き)

横浜市のお客さまのお宅へエアコンの入れ替え工事で伺いました。毎度ありがとうございます。

今回は2階に室内機、バルコニーに室外機が設置されていますが、バルコニーは少し離れたところにあるため長い梯子(はしご)を使用しパイプを横引き配管する工事になります。

撤去するエアコンはこちら、
Img_0849tc

Img_0850tc
運転したところ能力が弱くなって温度があまり出ませんでした。

パイプの状態は、
Img_0851tc
だいぶヨレヨレになって日の当たりの良いところはバンドが紫外線で劣化切れしています。

パイプの横引き部分はヨレで逆勾配となり排水管に水が溜まっていました。

ガスはまだ入っているのでポンプダウンし外します。
Img_0853tc
ガスが入っていない場合は危険なのでポンプダウンはしません。

室内機とパイプを分離するため梯子をかけて作業します。
Img_0854tc
今日は天気が良くて気持ちいい。

穴のパテを外してみると、
Img_0857tc
いつものように養生管は入っていません。

養生管は壁内での配管結露の防止、虫やネズミによる被害の抑制、空気の流通を抑制する効果、モルタル壁ではメタルラスからの絶縁効果、などがあるため必要なものです。

室内機を外して中から見ると、
Img_0858tc
このような感じです。

室内機の据付板を外すと、
Img_0860tc
ねじ込み式のボードアンカーが使われていました。

これは室内機の落下事故が多発するためエアコンメーカーより使用が禁止されています。落ちなくてよかったですね。

ねじ込み式ボードアンカーは据付板と壁との密着を妨げ、滑りやすくなるため撤去してパテ埋めしました。
Img_0864tc

撤去作業も終わり、
Img_0862tc
新品エアコンの登場です。

お久しぶりですシャープさん。(AY-G22DH)

据付板を取り付ける前に壁の厚みを測ります。
Img_0865tc
今回は壁の穴があるのでそこで計測。

何のために測るかというとボードアンカーの選定のためです。ボードアンカーは壁の厚みによりそれに合ったものを使用しなければなりません。短ければ石膏ボードを破壊して数か月から数年でエアコンが落下、長ければグラグラで使えません。

こちらは12.5mmで普通の壁に使用される厚みです。たまに9.5mmボードを使用していたり、ボードを二枚貼りしているお宅もあります。

新しくボードアンカーを打ち込みました。
Img_0866tc
もちろん金属製カサ式ボードアンカーを使用。

エアコンの重量、形状、配管方式などを考慮して打ち込む本数を決めています。

真ん中の一本は、
Img_0867tc
ネジで固定します。

このネジを打ったところは間柱(在来木造の柱と柱の真ん中にある細い柱)に強固に固定されています。万が一大きな荷重がかかり、ボードアンカーが抜けたとしてもエアコンが落下することはありません。

据付板の取付完了。
Img_0868tc
養生管も差し込みました。

室内機を取り付ける準備が終わったら、
Img_0869tc
室内機を据付板に引っかけます。

どこのメーカーでも室内機は据付板に引っかけてあるだけで、下から持ち上げると外れてしまうので注意しましょう。

今度は外側の作業になります。
Img_0870tc
梯子に登って配管接続、テーピング、固定と行います。

梯子に登っての横引きは体力を消耗します。(年齢もあるか・・・)

横引き配管の仕上がり具合は、
Img_0878tc
このようにヨレはありません。

エアコンのパイプには排水用のドレンも一緒に配管するので下り勾配を付けなければなりません。サッシに干渉しない程度に1/50勾配(1mにつき2cm)を確保しました。

屋外に使用しているテープは厚めで劣化の少ないものを使用しています。

パイプを固定するバンドは、
Img_0878tc2
お客さまとの事前の打ち合わせで硬質サドル(有料)を使用しました。

普通のエアコン用のバンドでは太陽光の紫外線を受けて、2~3年で巻いたテープより先に切れてパイプがブラブラしてしまうことがあります。これがエアコン用として流通しているのですから不思議です。

室外機周りの配管は、
Img_0871tc
お客さまのご希望でバルコニー排水口近くでエアコンドレン排水を放流するため勾配を多くとります。

バルコニー内ではパイプや室外機に人や物が接触することが多いため、少ない勾配だと動いたときに逆勾配になってしまうことがあるためです。

一通り配管処理が終わったら
Img_0873tc
電線も接続して真空引き作業を行って工事完了。

バルコニー自体の排水勾配で室外機が大きく傾くため、
Img_0883tc
右側に防振ゴムを敷きました。これでほぼ水平です。

次に絶縁抵抗を確認したら
Img_0881tc
試運転です。

いつもの項目と現場ごとでの必要と思われる項目を確認してすべて合格で完了となりました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2017年11月11日 (土)

パイプカッターへのこだわり

エアコンの工具にパイプカッター(チューブカッター)というものがあります。

エアコンでは冷媒管(銅管)を切るために使用する工具です。

近くのビーバープロというお店でLOBSTER(ロブスター)製のバリの出にくいチューブカッターというものが目にとまりました。

Img_0884t

パッケージには”銅管専用、一般冷媒配管用”、”自動送り機構”、”極薄丸刃”、”バリの大きさ約50%削減”などエアコン工事のためにあるようなカッターじゃないですか!

価格は税別¥4000位できれいなフレアが開けるならと購入しました。

パッケージから出すとこんな感じです。
Img_0885t
樹脂のパーツが多く、プロの使用に耐えられるのか少し心配になりますが、さっそく銅管を切って試してみました。

結果は当店では”残念ながら使用できません”でした。
※あくまでも当店における結論ですので使用者によって異なると思われます。

試したのは切断面の影響が出やすい3分管(φ9.52㎜もしくはφ9.53㎜)で新品のなまし銅管(O管)を使用。

銅管を切ってみると、
Img_0886t
切断面はキレイですが実際は返りが大きくなっています。

バリ自体は少ないことは確かなのですが、自動送り機構による刃の押さえつけが強く、刃の当たる部分の銅管が内側へ押されて返り(変形)が大きくなっているようです。

切断したところをリーマーで処理してからフレアツールで広げました。
Img_0890t
ちょっと見にくいですが返りの部分は段差になって現れます。爪で触れると段差がはっきりとわかります。

この段差の付いている面はガスが漏れないようにシールとなるところで、できる限りフラットに仕上げたいところとなります。

何回か同じ作業をして、さらにパイプカッターの使い方を変えてもみましたが極薄刃は食い込みが良すぎて手による微調整はほとんどムリでした。

昔から使っている”ROTHENBERGER(ローテンベルガーと読むらしい)製”の普通のパイプカッターで切断してリーマーそしてフレアを広げると、
Img_0889t
段差は少なく仕上げられます。爪で触れても段差はほとんど感じられません。

普通のパイプカッターを使用する場合は銅管の周りを回転させながら同時に刃のあて量を調整します。刃の切れ味を加味してあて量を感覚で調整して切るため難しいところもありますが、こちらのほうが満足いく結果が得られます。

肝心なのはフレア面の仕上がり具合で、”ただ切れればいい”というものではなく、思った以上に奥の深い工具です。

ということで、また無駄遣いして余計なものを買ってしまいました。ガックリ

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2017年11月 8日 (水)

石膏ボードへの室内機取り付け

川崎市多摩区のマンションにてエアコン工事をおこなった際の石膏ボードへの室内機(据付板)取り付けの模様です。

そもそもこちらのお客さまからは隣の部屋に付いているエアコン(引っ越されてきたときに既に付いていた)を寝室へ移設する工事を依頼頂いたのですが、そのエアコンの室内機は高さよりも奥行きが大きく壁から出っ張っている感じで、質量も十数キロと重いため寝室には取り付け不可と判断しました。

そのため取り外し工事も手を付けませんでした。

こちらのマンションにはエアコンの室内機を設置するための補強がされておらず、石膏ボードだけで固定することになるためです。

隣の部屋は内装を防音工事されており、壁が補強されてエアコンが設置されているのかもしれません。

寝室側の壁の構造はこのような感じです。
Glkouhou
GL工法、”ダンゴ貼り”ともいいます。

躯体コンクリートには結露防止などのため発泡ウレタンなどの断熱材が吹き付けられていて、その表面にダンゴ状に盛ったGLボンドで石膏ボードを貼り付けています。

躯体コンクリートへアンカーを打ち込めば重い室内機でも問題なく付きますが、建物側からの許可が下りませんでした。

運よくGLボンドにネジが効かせられるとある程度の強度が出ますが、そうはうまく合いません。ひとつのGLボンドにはその中央に1本打つのが限界で、複数打ったり端に打つと割れてしまいます。

また移設先の寝室は壁にある配管用の穴が床近くにあり、室内機が外れて落下すれば支えるものがなく、寝ているところに直撃する恐れもあります。

いまどきエアコンがない生活は考えられませんので、この壁で耐えられるであろう軽くて薄型のタイプを購入されることをお勧めして退却しました。

当店は工事と修理が専門でエアコンの販売はしていません。

- - - - - - - - - -

後日、”エアコンを購入したので工事を”と連絡いただきました。ありがとうございます!

エアコンは三菱電機のMSZ-GE2217で室内機質量は8㎏で薄型です。

室内機を取り付けるためのボードアンカーを打ち込みました。
Dsc_0003t
粉が落ちないようにマスカーで養生しています。

ボードアンカーは金属製のカサ型で、壁の下穴はもちろんドリルで開けています。

よくあることですが石膏ボードと躯体コンクリートとの空間(空洞部)の距離が少なくネジが”地つき”します。
Anchor1
このままネジを最後まで締めると石膏ボードやGLボンドが剥がれて壁の強度が極端に落ちます。

そこでネジをカットします。
Dsc_0001t
この工具は車のDIY用ペンチですが、ネジをカットする機構が付いているので、その目的だけに昔から使用しています。

カット後はこのようになります。
Anchor2
ネジを最後まで締めても地つきしません。

据付板を取り付けて
Img_0844t
一か所だけGLボンドの中央にネジを効かせられました。(保険です。)

その後エアコン工事および試運転は問題なく終了しました。

- - - - - - - - - -

リビングにも前の居住者さんが残していったエアコンが付いていますが、こちらは室内機が外れかけています。

やはり高さより奥行きが大きいタイプで質量も15.5㎏と重い機種です。

室内機の右側が壁から浮き上がってきていました。

鏡を使って見てみます。
Img_0845t
ボードアンカーで固定しているところが盛り上がってきています。

拡大すると
Img_0845t2

さらに拡大
Img_0845t3
矢印のところは山の裾野のようになっています。

お客さまにはこの状況であまりエアコンの下にいないほうがよいことをお伝えし、取り付け直すか、こちらも軽いエアコンを購入するか検討していただくことで今回は終了しました。

しかしマンションで室内機用に補強もなく躯体にアンカーも打ち込み禁止では付けられるエアコンが限定されます。昔はエアコン取り付けというと当然のようにコンクリート用アンカーを打っていたのですが…

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2017年11月 4日 (土)

ドリルドライバーを使っています。

Img_0825t

 当店では電動のドライバーとして充電式の”ドリルドライバー”を使用しています。

 以前はインパクトドライバーも使っていましたが、ルームエアコンの工事や修理をメインとする作業にはオーバースペックだと思います。

 ルームエアコンの施工ではインパクトドライバーを必要とするところはありません。

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違いは、
○ドリルドライバー ・・・ トルク調整(クラッチ)ができてネジであれば小さなものから長い木ネジまで、またドリル刃も使用できます。
○インパクトドライバー ・・・ 打撃を与えながら高回転するためトルクが高く硬いネジやナットも難なく回すことができます。

 ルームエアコンの工事にインパクトドライバーがオーバースペックであると思う理由は、細かなトルク調整ができず打撃音がうるさいためです。

 インパクトドライバーでエアコン本体のネジを緩めたり締めたりすると、インパクト機構の衝撃や回転の速さで素材を割ってしまったりネジ穴を駄目にします。取り外し工事でよく室外機のカバーなどのネジがバカ穴になっているのがありますが、取り付け工事をした人がインパクトドライバーで締め切って空回りさせたものがほとんどです。

 インパクトドライバーは打撃音が大きく、工事の際にはご近所迷惑なこともあり、いきなり使うと依頼者のお客さんもビックリします。小さなお子さんは怖がって逃げていきます。

 道具は使い分けということが大切です。インパクトドライバーは硬くなったネジなどを緩めるには最適な工具ですが、本締め(最後の締め付け)で使うとオーバートルクでネジの頭が飛んでしまうことも多々あります。

 その点ドリルドライバーはトルク調整が細かくできて素材に合わせた締め付けが可能になります。また回したネジがどれくらいの強さで締め付けられたか分かりやすいのも利点です。

 音はトルククラッチが働いても”カタカタ”となる程度でうるさくありません。

 以前はドリルドライバーの最高回転数が低かったためインパクトドライバーを使っていた時期もありました。電圧も高く重い機種だったため、長い時間かまえると手がプルプルして定まらないということもありました。現在ではドリルドライバーでも割と高回転数の機種が増えました。

 日本のメーカーも使いましたがデザインや形状が好きではないので現在は落ち着いた感じのボッシュ(BOSCH)を使っています。(ボッシュのドライバーはこれで3台目)

 ハンマードリルもボッシュで、どちらも青色のプロフェッショナル仕様です。よくホームセンターで販売されている緑色のボッシュはDIY用で耐久性が低めになっています。過酷な使用には耐えられませんが、ご家庭でたまに使用するなら十分だと思います。

- - - - - - - - - -

こちらは割とレアなコードレスドライバーですが、
Img_0835t
”GSR PRODRIVE”3.6Vの手のひらサイズのものです。

 これはホームセンターで売られている”IXO”(DIY用)というシリーズのプロフェッショナルバージョンとでもいいましょうか、プロ用として販売されているものです。お店には置いてなかったので取り寄せてもらいました。

 IXOとの違いは電子無段変速、トルクが高い、電子式手締め機構という点です。わたしには電子無段変速が必要不可欠な機能なのでこちらを使用しています。無段変速でないといきなり定格回転数で回るのでネジの頭を傷めたり、ズッコケてあらぬところにキズを付けたり怪我をすることもあります。

 べつにボッシュではなく他のメーカーでも良いのですが、欲しい機能や形状で選んだらボッシュだらけになっていました。

なお道具を集める趣味はありませんので必要なものだけしか持っていません。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »