« 配管化粧カバーの直線出し | トップページ | 賃貸住宅に配管化粧カバーは許可が必要。 »

2017年7月 1日 (土)

超強力レンジフード恐るべし・・・

今年3月にこちらで取り付けたエアコンから換気扇を回すと変な音がするとのことで早速現地へ向かいました。

ドレンのポコポコ音だとすぐに気が付きましたが一戸建てなので「はて?マンションでもないのにそんなに室内が負圧になるものか・・・」と不思議に思いながら到着。

状況を確認させていただきました。ポコポコと音がします。

タバコをお吸いになる部屋(8畳)とのことで別の部屋へ匂いが行かないよう窓を閉めてレンジフード(台所用換気扇)を最大風量で回しています。しかし外気を入れる通気口が見当たりません。
あとでわかったのですが押し入れの中に通気口があるようであまり有効ではありません。

部屋のドアも空気が漏れないように隙間テープでしっかりと塞がっていて周囲と比べて部屋が負圧になっているため力を入れないと開きません。どこからも吸気ができないためエアコンの排水用ドレン管からは強い勢いで吸気しています。さすがにこりゃ音出るわ~wobbly

お家を建てる際に別の業者さんで銅管とドレン用塩ビ管を先行して壁の中に埋め込んである隠ぺい配管でしたのでこちらで行った工事範囲に逆勾配がないか念のため確認します。勾配は緩やかですが逆勾配はありません。

側面から見るとこのような感じにつながっています。
Drain_oto

試しにもっと勾配が取れるように手で押さえてみました。静かになるかと思いきや逆にひどくなってしまいます。どうもドレン管内を通る空気はその速さで曲がり部分などで乱流や渦を巻いて水を戻してしまっているようです。

ドアに付けていた隙間テープを下半分外していただいたところ音は出なくなりました。

お客さまには有効なところに吸気口を設けるか、ドレンの逆止弁を付けて強制的に止めるか、判断していただくことになりました。

なぜここで逆止弁をお勧めしなかったかというと壁の中の隠ぺい配管されているドレン塩ビ管には室内機のドレンホースが差し込んであるため、万一逆止弁が詰まって水漏れを起こすと壁の中で漏水し最悪の場合気が付かないで被害が増大する懸念があったためです。

いろいろな意味で隠ぺい配管は設計士さんに勧められてもやめたほうが将来的に無難です。

レンジフードは吸気が不足する状況では同時吸排気タイプが良いかもしれません。

なおレンジフードは本来、調理の際に短時間使用するもので常時換気には強力過ぎて不向きです。たとえ吸気が効率よく行える状況でもこんどは冷暖房効率が低下します。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 配管化粧カバーの直線出し | トップページ | 賃貸住宅に配管化粧カバーは許可が必要。 »

エアコン工事作業」カテゴリの記事