« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月27日 (月)

フィルター自動掃除機能に任せきりはいけません。

こんにちは。happy01

 みなさんはエアコンのフィルター掃除をマメにしていますか?
 「高いところに付いているから面倒」、「とりあえず使えてるから大丈夫」とか、中には「フィルターなんて見たことない」という方もいるかもしれませんね。

 それはさておき、近頃多く見られるフィルターの自動掃除機能が付いているエアコンのお話です。
 面倒なフィルターの掃除をエアコンが代わってしてくれる便利な機能で人気が高い商品です。 お店でも「フィルターの掃除を自動でしてくれるので便利ですよ。」と勧められることも多くなっているのではないでしょうか。

 しかし、そこには大きな落とし穴があります。
 過去に「10年間、手間いらず」と宣伝していたこともあり、それが影響しているのか定かではありませんが「掃除しなくてよい」と思われている方が多く、フィルターが詰まってエアコンが効かなくなってしまい点検依頼も増加しています。

 自動掃除機能はブラッシングなどでホコリを取るような構造になっていて、それをダストボックスに溜めたり機種によっては屋外に排気と一緒に飛ばすようになっています。自動掃除機能の付いたフィルターはブラッシングで網の目にホコリが徐々に詰まって数年で空気が吸い込めなくなります。特にキッチンの近くでは調理の際の油煙を吸い込むため油とホコリが絡み合って顕著になります。
 このときフィルターはブラッシングでキレイに網の目が詰まっているため見た目には汚れていないように見えます。

 設置から3~5年程度で冷暖房が効かなくなっての点検依頼が多く、お客さまは「フィルター掃除はしなくていい」と聞いたという方が大半を占めます。

 エアコンのフィルターが詰まっているとどのような症状が起きるかというと、
 1、エアコンの効きが悪くなり、電気を無駄に消費する。
 2、エアコンが異常を検知して止まる。
 3、エアコンの寿命を縮める。
などがあります。

 結局、回数は減らせますがご自身でフィルター掃除をしなければなりません。coldsweats01

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

2017年2月 8日 (水)

室内機アンカーボルト固定

こんにちは。happy01

 鉄筋コンクリートの建物に室内機を取り付けるにはいろいろな方法がありますが、今回はアンカーボルトの打ち込みです。(川崎市内にて)

 コンクリート躯体に穴を開けてアンカーを打ち込み、そこへボルトを差し込むことにより強固に取り付けることができます。

Photo
 これがコンクリートの中に打ち込まれるアンカーで雌ネジのところにボルトが入るようになっています。今回打ち込んだのはショートタイプ(3㎝)で浅めなので鉄筋に当たる確率を低くできます。強度的には室内機に使用するには十分すぎるくらいです。

 打ち込みを行っている最中の写真は撮り忘れました。coldsweats01

 表面の石膏ボードの裏に3~4㎝の空間があってその奥にコンクリートがあるため、コンクリートに適度な深さになるようにドリルビットに印をつけて穴あけします。
 穴あけが終わったらブロワーで穴の中の粉をきれいに吹き飛ばしてアンカーをセットしハンマードリル用の打ち込み棒で打撃を与えてアンカーを広げて固定します。

長いボルト(全ねじボルト)を差し込んで、(写真がないため他の現場のものです。coldsweats01このように壁のクロスが剥がれることはありません。)
Photo_2
長さを計測してマーキングしたら一旦抜いて切断します。
Photo_7

左右2本打込みます。
Photo_4
2本のボルトの間隔は昔公団が決めた寸法でどこのルームエアコンも同じ幅でボルト固定できるようになっています。ただし室内機との位置関係は機種ごとに違うためエアコンによって位置が多少上下左右にずれます。

ナットで据付板を固定します。
Photo_5
Photo_6
このように固定されます。

 アンカーボルトを打ち込む施工は室内機が落ちる心配がなく安全ですが、管理会社や管理組合などの許可がなければできません。分譲マンションではコンクリート躯体は共用の構造物となります。
 今回は大家さんからのエアコン設置依頼で予めボルトがなければ打ち込んでもよいと許可をもらって施工しました。

Katoairconservice_mark160
http://kato-aircon.com/

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »